トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

12年といえば、干支も1周するが、、、



 これは、2013年時の佐渡市市町村合併10周年記念冊子、、、、。なにげに、、目とまった。

 佐渡市になったのが2004年、平成16年の3月でしたから、、、2015年、平成27年には、、、佐渡市になって12年目に入るということになるのである。・・・月日の流れるのは、早いものです。

 はてさて、、、10年一昔ろいうフレーズもあるが、、、進歩の激しい時代ですから、、「10年、、大昔、、、と言う方が正しいのであろう。。。。
 12年といえば、、干支も1周するわけであり、、、佐渡市になって生まれた子どもも12才になるということである。子どもの成長ほどではないが、、、佐渡市行政なるものも、、それなりに成長・進化しているのであろうか、、、と、、ふと思わざるを得ない、、気もするが、、、当方だけであろうか?

 何か目標を立てれば、、1つくらいものになる年月でもある〜〜〜。(「お前さんの思い込みすぎるぞ!、、、朱鷺だって自然界に定着しはじめているし、、、、世界遺産だって・・・」、、なんて声も聞こえてきそうですが・・・)

 自治体=行政にとって、一番重要なのは、そこに住む住民、主権者である市民、、、がどう受け止めているのかが重要ではなかろうか?そんな風に考えると、、、果たしてどうであろうか?
 いまさら、あらためて言うまでもないが、、、市町村合併は、、、「いまよりよくなる」、、というのが最大の大きな目標と謳い文句であったはずなのであるが、、、、。

 佐渡市2代目市長と3期目(3代目)議会は、このことに向きあわなければ、、ならないのではないか。。。もちろん、市民もでもあるのだが、、、やはり責任のありようがちがうのであろう、、、。

 昨年来、、、佐渡市10年といい、、ひとつの大きな節目といい、、、「将来ビジョン」(佐渡市の最上位の計画だそう)がスタートさせられている。。。

 その計画で、、来年度は、本庁舎の増設新築計画が大きく動き出すはずであるし、、、旧市町村時代、、(良きも悪くもでもあろうが)につくった「健康保養センター」(温泉施設=ま、ほとんどの市町村にある)を民間に譲渡(くれた)したが、採算があわないと市に返却され、、、再度、民間でやってもらう、、、。
 エコだ、、朱鷺だ、、などなどと観光立島をめざす佐渡市(?)のシンボリック的存在(当方の見方)の北埠頭=観光インフォメーションセンター「あいぽーと」も本格、オープン。。。(「偽装請負」の中身ですが=12月議会時点)、、、、、。

 はてさて、、、「来年は、どうかな〜?!」、、、的心境の年末の当方なのだが、、、。

IMG_6033.jpg

 (再掲)花鳥風月的に、、、、。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!