トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

このチャンス、、って何???(解散総選挙)



 急浮上、、、解散・総選挙、、、模様。(今日明日には、明確になるけど・・)

 TVなどを拝見すると、、、「大義なき解散・・」なんてフレーズが結構多いし、、、「解散総選挙どころでなく、庶民の暮らしに一生懸命になるべし」では??などといった感じもある訳である、、、。

 ・・・昨日の消費税増税での一層の低迷、、、。(=国民の暮らしは深刻、、ということになるのですが)、、、これに関しても、、、「消費税は必要なので、、、それとここれは、、別・・」みたいな論調もある〜〜。
 これは、、、自公民3党、、つまり現在の野党の民主党も、、、。この3党で、、消費税増税と社会保障の一体改革なるものを決めている。。。。故に、、民主党などは、、、いまだに消費税増税について、、キッパリした態度をとれないでいる。(実は、、このへんが、、この関係では見づらくしてる。。。)

 本当に、、、社会保障のための消費税となるのか???=消費税率10%などありえない - 消費税導入の前提条件すら欠けている日本では消費税は廃止すべきもの・・・わかりやすいので、、こちら〜〜〜(^_^)

 ・・こういったことが、、、今回の解散総選挙を、、分かりにくくしてないか。。。(してます)

 ちと、長いスパンでみれば、、、小泉政権以降の急激な新自由主義路線と構造改革などで、、国民の格差と貧困地方の疲弊、、、が生まれた(この時は「痛みをがまんすれば、、、いずれよくなる・・」なんて言われた〜)、、、こんなんじゃダメだ、、、と言って、、国民は、、この流れを変えて欲しいと民主党政権に!

 ところが、、この民主党政権も、、、国民の期待を裏切る結果に、、、(原発事故なんかも発生)、、、で、再度、自公政権となった、、、訳で、、、その流れの大きな流れは、、、小泉政権以降に急激に進んだ、、貧困と格差、地方の疲弊などなどを、、、変えて欲しいという国民の期待なのである。

 このことに対して、再登場した自公政権=安倍政権は、、、、アベノミクスの経済再生(実は、これは、過去に実証済みのものだったのだが・・)で、、国民の期待に応える(暮らしをよくする)、、というものだったはず!

 昨日あたり、、安倍政権さんの言い分は、、、アベノミクスの経済再生は、緒に就いたばかりで、これをすすめれば、必ず良くなる。。。ただ、消費税増税後の景気がちょっと悪いだけなので、、、社会保障のための増税は、、先送(延期)し、、、アベノミクスのさらにすすめれば、、良くなります=「このチャンスを手放してはならない」、、これまでのものが水の泡になります。。。。ということのようである。。。。。

 今度の総選挙、、、これを信ずるかどうか???じゃないか、、、なんて気もしなくもない!!!と思ったりする訳である。。。。
 逆に言えば、、、この流れで国民の暮らしがよくなるのか?それとも〜〜〜であるし、、、暴走安倍政権への痛打をあたえる絶好のチャンスでも〜〜〜






関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!