トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

会議記録を考えてみるのだが。。。



 市民の委員(?)も参加して議論・検討された「本庁舎・支所等」の建設整備計画(案)が、、どのような検討・議論を経て決まったのか、、、ということに、、、関する、、、佐渡市新庁舎等建設・整備基本計画検討会議会議録、、が市HPで公開されている。。。。

 当方的には、、、これまでもいろんな分野について、、、やはり全文形式の会議記録(議事録)を残し、、それを市民に公開することが、、、必要〜〜〜と言ってきましたが、、、。

 今回のこれは、、、果たして「会議録」などと呼べる品物であろうか???(かなり「会議録」に失礼だと思われます〜〜😝)
 だいたい、、、どういった意味合いで、、、こんな公開をしたのか、、、そのものが、、はなはだ疑問である。・・・市長の3Kの視点で仕事をしろ、、、という方針に、、、反している〜〜んじゃなかろうか???

 3Kの1つは、、、現場(K)の気持ちや視点に立つ事なのだが、、、これには、そのような視点は、全くないのである。。。。。
 恐らく、、、「私たち(市)は、、、市民の参加のもとで、、、こんなことを検討してんですよ!!おわかり??」、、とでも言いたいのであろうが、、、はてはて、、、である。(市民の関心や視点からみたら、、、まったく〜〜ではないか?)

 ・・・ということで、、、議事録って????

 議事録とは会議や打ち合わせの内容、経過や結論などを記録し、それを伝えるための文書です。人類の歴史をひもといても、会議は常に重要な役割を果たしており、それは現代社会においても同様です。
 会社、企業間、顧客との間において会議は日常的に開催され、また企業以外の場面においても、さまざまな会議が開催されています。 会議の内容や情報を共有する目的で、議事録を作成する機会は非常に多く、その重要度は高いといえるでしょう。
 会議には、社内の部門ごと、また出席者を限定する小規模なものから、株主総会や、国会・地方自治体の議会などの大規模なものもあります。 議事録はそういった会議や打ち合わせの内容を、事後の証拠資料、参考資料として記録保存しておくための重要な文書です。


 会議は情報を共有化し、今後の方針や方向性を決めるために行います。
 議事録の作成は、出席者が決定事項を確認することはもとより、会議に参加していない人と情報を共有し、決定事項を明示することにより、時間の経過による記憶の劣化を防ぎ、今後の活動の羅針盤とすることができます。
「誰が何を発言したか」を明確にすることによって、トラブルを防ぎ、決定事項が口約束になることを防ぐことができます。 また、社外関係者との会議の議事録は、覚書と同等な契約書になり、会社間の約束事にもなります。
(株・議事録発行センターHPより引用)

 ・・・まったくもって、、、、あきれた議事録(ま、「だから、、会議録と表記してあるでしょう!!(怒)」と言うのでしょうけど。。。)、会議記録である、、、。

 恐らく、、、表に出せない内容があったり、、、胡散臭い議論がやられていたり、、、市民に隠すことがあったり、、、、、するのかも???(こういった、疑問が当然に出ることになる、、、もとなのである〜〜😝)

 引用分では、、、「人類の歴史をひもといても、会議は常に重要な役割を果たしており」ともだが、、、佐渡市の最上位計画の「将来ビジョン」の大きな柱は、、、、、こんな会議録では、、、、のちのちになって、、、「記録がありませんので分かりません。??」、、、となるのである〜〜〜。。




関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!