topimage

2017-08

自治の・・視座、、。 - 2014.08.17 Sun



 「議員の生態」編なので、、、おもしろくありません。。。

 8月も半ばであり、、目の前に9月議会が迫っている。。。(ま、前から分かっていることではあるんですが・・・)・・・ぽちぽち、、「議員の生態編」としては、、なにかとせわしなくなっているのである。(「今から、準備?」というのではなく、、、、焦点や論点など、を絞りきって(整理・まとめ)、、質問を具体化・作成する時期、、、っ〜〜ことであるのですが、、。(ま、、、、)

 はてさて、、、いつも思うのですが、、、先入観なるものは、、、間違いを生じる、、ということ、、。マスコミ報道や雑誌などで、、、「なるほど〜〜」と分かった気になっていると、、、実は、、それが、大きなな違いだったりすることも、、なくはない!!・・特に、最近のマスコミ報道ってのは、、、あてにならない〜〜面もあるので、、やはり、自分で再確認する作業が必要、、、、なのである。

 平成の大合併から15年、、、。(佐渡市は11年目ですが)
 合併に伴い実は、、多くの職員、公務員が削減されています。ま、いわゆる「行革路線」ということなのですが、、、、。

 市町村合併の推進系のかたと話しをすると、、、必ず出てくるのが、、、「・・・確かに(実は、、このフレーズが公平ぽくみせるのですが・・)、、合併に伴う問題は、小さくありませんが、、、でも、合併しなかったとしたら、、どうなっていたのかも重要ではないでしょうか?」みたいな、、フレーズに必ずと言っていいほど、、出っくわします、、、。

 これは、、、、”合併したことで、、、周辺部がわびれたなどのいろんな問題や今後の問題も出ている、、、が、、、では、合併しなかったら、、、もしかすると、いまより状況は悲惨なのではないだろうか?”、、、ってな主旨のことを、、実は明確に言いたいのである。

 実は、行政関係者(佐渡市)でも、、、こういった雰囲気があるような気がします。(もち、議員にも)

 ・・・ま、この答えは、、実は、、はっきりしています。。。。全国に、、、合併しなかった自治体がかなり多く残っていますから、、、そのこと自体が答えとなっているのである。(実は、上の論者は、、、これだけでは、「納得」しないのである、、、これも特徴だが。。。ま、この関連は、そのうちに、、、ということで、、、)

 さてさて、、、「合併に伴い職員数が減った」、、、???。。。実は、これは、、、どうも傾向としては、、正しくないようである。。。「公務員総数は合併自治体も非合併自治体もともに急速に減少したが、非合併市町村の方が減少数は大きかった・・」(『「平成の大合併』自治の視点からの検証」加茂利男)、、、、なりほど、、、。

 では、、合併に伴う、、財政効率は、、、これも、、当然、合併した方が、、、と思いがちですが(実は、これは合併推進のための大きな根拠?理屈?だったのであるし)、、、。
 「・・1人当たり行政費用と人口規模を基準に分析したところ、合併自治体よりも非合併自治体の方が、財政効率が高まっていた・・・」( 同 )、、、なり〜〜ほど、、。
 (・・・非効率である市町村同士が合併したから、、、とも言える)

 ちと、、元に戻る、、、”合併したことで、、、周辺部がわびれたなどのいろんな問題や今後の問題も出ている、、、が、、、では、合併しなかったら、、、もしかすると、いまより状況は悲惨なのではないだろうか?”、、、。

 この論者がおっしゃるように、、、実は、、、合併しようが、、しなかろうが、、、当時の小泉構造改革、、三位一体改革は、、自治体をもろに直撃していましたから、、、「どちらも、大変だった」ことも、事実である。
 つまり、、、この状況に対応して、、、職員数の減少のような対応がどの自治体でも行われたのである。・・・とことが、、、合併しなかったところでは、、合併特例も期待できないし「自ら独自で生きていく姿勢」の中での抑制を図ったということが大きな違いなのであろう。

 小さい自治体での行革では、、、自ら独自で生きていく=自律のための財政削減を最優先し、、、「自律の理念・基本方針」の中で優先順位を明確にする(何が、住民にとった重要か、必要か、、、で)、、、という「視座」であったのである。
 また、、こういった町村(もともとの”市”より、、、町村の方が傾向がある)で、、どうも共通しているのは、、、「住民と共に」解決策を出す、、、といった手法がとられているようである。(「市町村は、地域住民の暮らしに一番身近な、団体自治とそれを機能させていく住民自治の役割を果たしていく場です」、、「自治体としての役割(団体自治)を果たすためには、住民自治を生かす事以外に方法はない。住民自治が地域のいろいろな問題解決の砦になると、私は考えています」(前田綾町町長)、、、と明確な視座、、、)

 ・・・・やはり、、ものごとをすすめるには、、、やはり、、「視座」が大切なのでは??と!!

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taiyoudesu333.blog95.fc2.com/tb.php/2267-7ca866ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「佐渡たたみ」論??? «  | BLOG TOP |  » 甲斐市長の非核平和への決意コメント、、、。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (60)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (681)
議会報告 (55)
一般質問項目 (28)
政治 (193)
議会改革 (44)
議員 (68)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (131)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (45)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (267)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (104)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (55)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (6)
公共施設 (2)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!