トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

コピペばやり、、、。



 台風11号は、、全国ニュースほどの影響もなかった、、、ここいら、、、。でも、只今、可練りの風〜〜。

 はてはて、、、、8月6日の広島の平和記念式典での安倍首相のスピーチが、、、「安倍首相の平和祈念式典スピーチが去年と同じ!? ありえん!・・」、、、、などなど、、、ネットやニュースでもとりあげられている〜(*_*)。

・・・と思いきや〜〜〜。

 「原爆投下69年の6日に広島市で開かれた平和記念式典でのあいさつが「昨年のコピペ(文章の切り貼り)」と指摘された安倍晋三首相は9日、長崎市の平和祈念式典でも昨年と酷似した文章を読み上げ、被爆者から「がっかり」「使い回しだ」と批判の声が上がった。

 長崎市の式典で安倍首相はあいさつの冒頭、「被爆の辛酸をなめた私たちは、にもかかわらず、苦しみ、悲しみに耐え立ち上がり、祖国を再建し、長崎を美しい街としてよみがえらせた」と昨年と同じ言い回しを使った。「被爆68周年」「68年前の本日」の数字部分がそれぞれ「69」に変わっただけだった。

 続いて、この1年間の核軍縮や原爆症認定への取り組みを説明したが、これは今月6日の広島市でのあいさつとほぼ同じ表現。結びの「核兵器の惨禍が再現されることのないよう、非核三原則を堅持しつつ、核兵器廃絶に、世界恒久平和の実現に力を惜しまぬことを誓う」のくだりは、広島、長崎いずれも2年連続で同一の表現だった。・・・」
(スポーツ報知8/9)

 ちなみに、、この記事のタイトルは、、「安倍首相、長崎でも「コピペ」?昨年と酷似文章読み上げ」〜。

 ・・・おいおい、、、と思ってしまうのは、、当方だけではない〜〜〜。まさに、、、コピペ流行〜〜である。

 ・・・「平和を、仕事にする」。自衛隊の募集案内が七月上旬、全国の十八歳の若者宛てに一斉に送付された。安倍晋三首相は七月一日、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した。このタイミングで自衛官募集のダイレクトメールが届けられたのだ。
 インターネットを利用したツイッター上では「赤紙が来た」「召集令状だ」といったつぶやきがあふれた。防衛省は地方自治体が持つ住民基本台帳から適齢者の住所、名前などの個人情報を入手している。政府が自衛隊に入隊してほしいと考えた適齢者(十八~二十六歳)へ、いつでも募集案内を送りつけることができると証明された。・・・
」(東京新聞8/6)

 2日前、、、70才くらいの女性の方が、、ある場所で、、、「孫が戦争に行くんじゃないか?」などと、、心配そうな顔で、、話されていた、、、。その一方で、、中年の女性は、、、そんなでもなかったが、、、。(時代の差か?)

 ・・・・
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!