トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

佐渡市、合併11年へ、、”潮目がかわった?!”=計画その3



 ネタ、、、?”潮目が変わった?”、、というより、、”潮目が変わるか?”かも知れない、、、かも知れない、、。

 市町村合併10〜11年、、、。当方的に、大きく変わったと考えているのが、、、佐渡市の最上位計画、、。これまでは、「基本構想=総合計画」で、市民ぐるみで、各分野の課題などを洗い出し、、今後の方向性を決めていたが、、、法的義務ずけがなくなったことから、、、主に市内部で立てた「将来ビジョン計画」に変更された、、、、ということである。(「将来ビジョン」関係は、、、こちらの書き込み〜〜参照

 ・・ちなみに、この「将来ビジョン計画」について、、、あまりあれこれ言う議員は、、、少なく、、、当方だけかも知れないのでも、、、ある。

 「たかだか、、やれるかどうかも分からない絵に描いた餅でしかないのに、どうして〜〜??!!」、、といった声も聞こえそうですが、、、。(^_^)

 こだわる理由の1つは、、、不十分だと言っても、、、市民の意識調査を行い、、、市民の想いが、、それなりに分かる、、。そして、それを前提にして、、、市民の委員も参加して計画(これが2つ目のこだわる理由)をつくるのである、、、。(ま、行政主導には、ちがいないですが、、、。それでも〜〜)
 =将来ビジョンには、、、これがない!!!

 3つ目は、市長の政策、公約主導になることは、否めないのですが、、、、市民が参加して計画を立てた、、、ということの意味は大きい。=ここには、(1)市民との問題意識の共有ができる。(2)「どうするか」を一緒に考える意義は大きい、、、などなどである。

 4つ目は、時間や国の政策のあり方などで、軌道修正が当然必要になることがありますが、、、その時に、何を目指そうとしたのかの原点になる。

 5つ目は、憲法ではないが(のように)、計画を破ってしまう行政をしばる(=市民の想いの方向)ことになる。。。などなどが、あると思う訳である。


 ・・・先の議会での市長の考えは、、、、。

 「将来ビジョンとはどういうものかということでありますが、これまでの総合計画では総花的であり、形骸化しているという見方が市民を含め全国的にもございます。この今までの総合計画では何でもできて、また何でもできないようなこういうものであるというふうに考えておりました。したがいまして、優先的、重点的に実施する施策等を明確にすることによって、佐渡市が何に力を入れるか、そういうものを示したものであります。ただ、このビジョンというものはあくまでも重点的に取り組むことを示したものであり、それ以外のものは取り組まないということではないわけでありまして、個別の計画等においてビジョンを補完するということでございます。

 ま、一言で言えば、、、「総花的で実効性がない」、、、ということのようですが、、、、行政は総合的ですから、福祉から産業政策までのある意味「総花」的なものであるが、、、残念ながら、すべてやらなければならないものなのだ。
 実効性がない、、、ということの問題は、それをやらなかった、やれなかった、、、というところに問題があるのである〜〜〜。

 (^_^)、、、、今回の「将来ビジョン計画」、、、大きな柱の1つには、「合併11年目以降、合併特例が終わり財政が厳しくなる」、、、、2つには、「庁舎建設問題」、、、3つには、「観光などの産業振興策の色が強い」、、、ということのように当方は、とらえています、、、、が!
 財政が厳しい>本庁舎建設、、、、この流れが、、市民との協働作業の計画であったなら、、、果たして?出てきただろうか?とも〜〜〜。(ま、昔の「総合計画」でも、基本は行政がたたき台を出して、、主導しますから、、、まあ、なんとも言えなくもないのですが、、、)

 はてさて、、、当方的には、、かなり横道にそれてしまいましたが、、、、(^_^)

 行政と市民が協働でつくった計画を実践する、、、、これならば、市民も、、、実は、あまりとやかく言わないのではないだろうか?、、と思う訳である。。。。
 ところが、合併後〜〜〜これまで、、、市民は、あまり市や市職員のことをよく言いません。(もちろん、社会的に「公務員バッシング」があったこと、、、市民の暮らしや雇用などが厳しいこともありましたが、、、)

 これは、市民が嫌がる方向の行政を進めようとしていたからではないのか???市民のために、、、やってくれていれば、、、そんなに批判もでないのではなかろうか?、、、と思うのである。。。
 
 どちらの方向に向かって進むのか=「計画」がしっかりしていないから、、、であろうと、、、思うのである〜〜。
 以前にも何度も言いましたが、、、”2S3K”でスピードをもってサービスする、、、これ自体は、大変よいことであるが、、、市民の為にならない、、、ことをやれれたのでは、、、たまらない、、、訳で、、、やはり、、、どちらの方向で”2S3K"をやるのかが、、重要なのである〜〜と!!


 はてさて、、、合併10〜11年目の市の最上位計画、、、、どうなるか?、、、が当方的心境なのである〜〜(*_*)



 
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1026:Windows XP ご臨終 by 丹下斜膳 on 2014/04/08 at 23:27:50 (コメント編集)

 Microsoftは「Windows XP」のサポートを終了しました。『千種サティアン』(市役所)や市行政関連施設は、新システムに問題なく移行できたのでしょうか?(当方の調べ方が足りないのか、それらしい予算計上や移行終了等の報告が見当たらないので) XPベースで組まれた土木積算システムなど、容易に移行できないものがあるはずだが… ま、「日本一お客様に愛され、選んでもらえる島」を目指すのですから、いらん『へちこうぜい』か…

 調査報告をお願い致します。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!