トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

本庁舎建設を考えてみる、、その2。。。

面積

 庁舎建設は、、、”防災機能の充実”というのが、、ま、大義名分(ま、特例債の延長で考えれば、、こういった事にならざるをえない。。。)

 ???でも、そういえば「減災債」なんてのは、昨年度、普通〜〜の学校建設に利用した。”減災・防災債という、震災教訓の借金を使うのだからこそ、、学校建設において、避難所機能などを加えるべきではなかったのか?」と質せばこの点を質せば、、、答弁は「避難所機能は考えませんでしたが、”学校”建設そのものが『防災』につながると考えている・・・」とのことであったが、、、、ま、この程度なのかもしれないけど、、、。(この答弁内容、、ま、こんなとこで許容範囲っしょ???(^_^))

 はて、佐渡は離島といっても、日本の中では、だだっ広い島であり、他の多くの島との相違点は、大きい・・・防災の拠点と言っても、他の島のように小さくない。他の島が2〜3つ以上かたまった島、、、従って、ど真ん中に1つの防災拠点があればいいというものではない。近年多発の自然災害では、、、想像を超える、、、新潟豪雨では、山の上の方が孤立して連絡も途絶えた。。。『集落孤立』というか地形上みても地域(旧市町村孤立)孤立などにどう対応するかが重用となる。=従って、本庁舎だけでなく、、、地域地域での拠点が必要!、、ってのが、当方視点です。。。。。

 上記表は、総務省〜〜で、1自治体の面積、、。全国平均は206.8 km²〜〜〜です。佐渡市は、、855.3 km²で平均の約4倍の面積ということです。

市町村面積1

 同じ資料ですが、、合併した自治体結果、、、368.9 km²ですが、、、これからみても2倍の大きさです。。。

 また、山は浮いているような島ですから、、国仲平野以外は、、、アクセスが難しい地形でもあります。=相川、南部などなど、、、。

IMG_0562.jpg

 例えば、、、北のとん先の「願」への本庁舎の距離は、、、上記のようで、約1時間半(車)、、、。

IMG_0565_201401271821068f0.jpg

 小佐渡の「赤玉」までは、約50分、、、。

 IMG_0561.jpg

 小木方面に約1時間15分、、、。

IMG_0566.jpg

 金井の向こうの「入川」まで、1時間〜〜〜〜ってな調子な訳である、、、。

 また、地図を見れば一目瞭然ですが、、地震などの災害だと道路が寸断、分断されますから、、、、『孤立化』しやすいと見るべきでしょう〜〜〜。
 (こんなことを書くと「それは考えすぎだ!!!」とか言われそうですが、、、津波災害関連の法では、、、最大級の津波が来ても、、また、「なんとしても人命を守る」、、、という姿勢ですから、、、その角度からみたら、、、それほど大げさでもないと思うのですが、、、。

 ・・・「防災機能」の充実、、、というのなら、、、本庁舎だけでなく、、地域孤立などを考えた、支所などの拠点の充実も必要なのである。。。。と思うのだが、、、。(ま、財政もそんなにないし、、、支所は、どこかにいれちまえばいいさ〜〜〜ってな感じも???かな?)


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!