トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

図書館の空間をちと考えた、、、。



 (あいもかわらず、、、図書館戦争ネタ!、、なのですが、、、すべてがこういった思考回路で動きます〜)

 ・・・写真は、今月から試行されている真野図書館の開館時間の延長(6時まで)、、、を覗いてきた。夕暮れ、夜の図書館も趣がある、、、と実感しましたが、、、。(絶対、夜はいいかも?と!)

 この真野図書館は、地域の図書館・室の縮小計画では、縮小度合いが一番大きいと思われます。(あくまでも、推測ですが、、、)、、、。なぜかと言えば(推測)ですが、、、。
 唯一、独立した建物であり、維持管理経費を削りたい存在!小木図書館も独立した建物だが、、アマチュア美術館と併設でもあるし、、、現在の行政サービスセンターが目の前にくる可能性もある。(あくまでも「可能性」と当方の「推測」ってことで、、、)、、、したがって、縮小計画にとって唯一の目の上のたんこぶ、、、かも知れない〜。

 ・・・ってなこともなかろうが?(^^;)、、、。この真野図書館でサービス充実の試行(「意見交換会」での市民の意見に応えた、、、という形である)。
 はて?どうだろう、、、、?”やっては見たが、、、それほど利用者も少ないし、それにかかる人件費や光熱費はやはり、費用対効果に見合わない”、、という結論となるのか、、、。・・・ひねくれて言えば、、、”まあまあ、利用者もいたが、、、、、、費用対効果では?”、、、とも言えなくもない!

 こういった施設は、やはり、、、図書館や室を中心とした、、「図書活動」がまず前提にあり、、、その中で開館時間が延長されているから、、、といっていろんな利用形態が生まれてくるのではなかろうか?
 いつぞやの教育委員会の会議では、、、”旧金井町(現中央)が夏だけだか9時まで開館していたがほとんど利用者はなかった”、、ということを図書館自らが語っていたはずである。・・・やはり、ただ開けているだけでは、、利用者が増えるものでもない、、はずである。。。。そこには、豊かな図書館活動があってこそであろう、、と。

 「そんなこと言ったって・・」との声も聞こえてきそうだが、、、、利用者や住民の利用が”図書館活動”とあいまって深まってくれば、、、そんなもの、、、住民主体でも、、、いろいろと動いていくはずではなかろうかと思うのである。・・・・結局、こういった部分を抜きにして、、試行を行うというのは、、、なんだか魂胆がみえみえ、、と思う訳である。(もち、現場の司書さんは、がんばってるようですが!)・・・だいたい、”縮小するという視線でしか考えていない思考回路”でやるのでしょう。そうでなければ、「1日あたりこの時間帯の利用者が5〜10人いれば残します」とでも言うものでないし〜〜、、、、、のであり、、、やっぱ魂胆が見える訳である。(当方観測〜〜)

 ある地域のある図書館の話を聞いた、、、、。
 ”公立で直営だった時よりも、、、民間に業務委託したら、目に見えて違った”、、という実例のお話。この方は、「民間委託がいい」という論者ではないのですが、、、、。

 (これも、また「怒られそうですが」)・・・その仕事に熱心であるのか?頑張って企画してきたか?、、、そのへんが重要でしょうね!、、、と!・・・ここで思い出したのが「官民協働委員会」ってな市長の私的諮問機関が市政を動かすので、、、担当課はいらない〜〜ってな当方が思う流れ!!!かぁなぁ〜〜〜と!(”おいおい!!しっかりしろよぉ〜〜〜自治体労働者〜〜〜!!!なのである)

 当方的観測での図書館縮小、、、の推理編、、、。「支所や行政サービスセンターに図書室を入れる」、、とした場合(ま、これが現在の方向)、、を考えてみた!

 両津は、中心部に現在ありませんから、、支所に入れるとしたら、、、現支所は老朽化すぎるので、前にある佐渡島センターに入るとすると、、、それなりのスペースがあれば、、、おそらく現在のスペースよりも広くなる可能性もあるのではないか?また、最近では普通になったコーヒーなどが飲めるようにするとすれば、、このセンターには、以前喫茶室もあった、、、から、、、、やる気ならできる。【面積的にプラス?】

 佐和田は、やはり狭い、、、これも仮に行政サービスセンターに入れるとすれば、、、現在スペースよりも広くなる可能性があります。現在、社協が入っているところは1階で入口も別設定できなくもない、、、。(注意:勝手に想像です)【面積的にプラス?】

 畑野は、現在もへんなところに同居で現場所より、行政サービスセンター工夫して入れれば、、今より使い勝手がよくなる可能性もある〜〜〜。【プラス?】
 新穂は、すでに入っている。。。が、現行政サービスセンターは、、、別の場所となる可能性が大きいので、、、微妙〜〜〜。【微妙〜〜】

 相川は、今、作っている津波のくる支所に同居だが?・・・・現在は、それなりのスペースと空間だが、今のスペースは確保できないのではないか?【面積的にマイナス?】

 羽茂は、スペースが狭い、、、いまより広くなれば、、、。【面積的にプラス?】

 赤泊は、すでに行政サービスセンターと同居である。(・・というか、形上は、、図書室に行政サービスセンターが同居している)ので、スペース的には【変わらず?】

 小木は、行政サービスセンターが近くにくるとしたら、現場所の移動はないかも?【変わらず?】

 ・・・・というのが、、、支所等に入れるとした場合の勝手な面積的基準の推測〜〜。当方的推測です!(あくまでも、推測です)

 ・・・ぶらりと立ち寄った夕暮れ図書館、、、、。図書館は図書館であることが、、、空間をつくるのだと、、、、も、、、、。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!