topimage

2017-10

官民協働委員会は、第二議会的でしかない、、。 - 2013.11.03 Sun

 市長の私的諮問機関の「官民協働委員会」なるものが市政を動かす?

 この問題は、過去にも書いていますが、、、、要綱でこの組織を決めている(「条例」は、市の法律で議会議決にもとづきますが、「要綱」は、、市長が勝手に決める。本来なら、上位の「条例」に基づき、、、その精神、枠の範疇で「要綱」は決めるものです。)

 しかも、、、「第1条 本市における重要課題の解決を図るため、民間との協働により解決策を企画し、実践し、及び進行管理を行う委員会(以下「委員会」という。)を設置する。」、、、例えば、高齢者福祉のの課題、問題の解決策をつくり実践するのか、、、高齢福祉課や社会福祉課の仕事ですが、、、それにとってかわれる中身です。これは、「諮問委員会」の枠を越えているし、、、しかも、「私的」な機関が行うべきものではありません。

 佐渡市HPにものすごく簡単な会議録が掲載されていますが、、当方が見る限り、、議論の中身は、議会のものとほとんど違いがない、、と思えます。つまり、第二議会的でしかない!!(あまりにも簡単な会議録ですので、、、そこからの推測ですが、、、)

 ・・・いったいこれは、、、なんなんだろう、、、。

以下、H24年度の第一回の模様をHPのままアップしてみました。

日時
平成24年8月21日(火) 14:00~16:05
会場
佐渡市役所 会議室棟 第2会議室
出席者
佐藤委員(委員長)、小田委員(副委員長)、萩野委員、山本委員、 計良委員、伊豆野委員、高野委員、河原(代理)、笠井委員、清水委員、 加藤委員、尾潟委員
議題
1本市行財政改革の概要について
2官民協働委員会の役割及びスケジュールについて
3その他
議事概要
1本市行財政改革の概要について
(資料 No1、2)を事務局より資料に基づき説明。

【委員からの意見】 ・住民サービスを維持しながら人員削減は難しいと思うが、職員が 強い気持ちをもって取り組む必要がある。(例えば民間だと目標を必 ず数値化している) ・減らすことばかりではなく増やすことも検討が必要ではないか。 ・収入を増やす等の改善方法の検討はしているのか。(民間の場合、 収益がなければ存続しない。目先の計画ではなく、中長期的な計画 を立て数値実績を追いかける等の工夫を) ・民間の人が動きやすい住民サービスの仕組みづくりを。 ・住民サービスの分野では、正職員を配置しなくてもパートで対応 できる業務があるのではないか。 ・税収入を上げる工夫や建物・土地の借地契約の見直しが必要。(契 約時は長いスパンで考え見極める必要がある。)

2官民協働委員会の役割及びスケジュールについて
(資料 No.3、4)を事務局より資料に基づき説明。 ・官民協働委員会は、民間有識者の委員から行財政改革に企画段階 から参画してもらい進捗管理まで協働で進めていきたい。 ・工程表の通り新年度予算への反映を考慮して、11 月中旬までに会 議を 5 回開催予定。 ・行政事務改善委員会分科会で検討した具体的な素案について意 見・提案をもらいたい。具体的な項目は、1地域を支える拠点とし ての出先のあり方、2市民満足度の高い行政サービスへの改善、3 公共サービスの役割分担、4自主財源の確保と徹底した経常的経費 の削減の 4 項目。

3その他
(資料 No.5、6)を事務局より資料に基づき説明。 ・次回の会議では、地域を支える拠点としての出先のあり方と市民 満足度の高い行政サービスへの改善について意見・提案をもらいた いと考えている。現在の行政組織・将来組織について検討中の組織 機構図(案)を説明。
【委員からの意見】 ・支所、サービスセンターの人員配置は、市民からの要望に応えら れる体制づくりが必要である。地区の事情に詳しい人、地区の重要 事業に対応できる人等の配置が必要である。(例えば、相川支所には 世界遺産関係の業務経験者等。)
(資料 No.7)を事務局より資料に基づき説明。 ・現在、各集落等からの要望について実施方法が統一されていない ことから、統一した仕組みづくりを提案したい。
【委員からの意見】 ・旧市町村単位で、集落からの要望に対する取扱いに違いがあるこ とは問題であり、早急に統一する必要がある。

次回検討 事項
・「地域を支える拠点としての出先のあり方及び地域要望システムに ついての意見・提案」を事前に行政改革課へ提出してもらい、次回委 員会で取りまとめる予定。
・次回は 10 月初旬開催予定。


関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taiyoudesu333.blog95.fc2.com/tb.php/2050-a8492e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

図書館再編計画と官民協働委員会、、、。 «  | BLOG TOP |  » 事実を隠す、言わないということは、、「嘘」ってことではないか?

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (702)
議会報告 (56)
一般質問項目 (30)
政治 (198)
議会改革 (49)
議員 (70)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (132)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (50)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (274)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (23)
2016市議選 (6)
地方自治 (8)
公共施設 (2)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!