トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

会議録を考えてみた。。。(図書館再編計画から)



 8日の「地域の図書館をよくする会」さんの教育委員会への申し入れ(?)・懇談(?)で、会議録のあり方があった。。。。ので、、、ちと考えてみた。

 主張は「簡易会議録(=要点筆記)では、実際に何がどう協議されたのかが、はっきり分からない。また、記録のまとめ方で中身が変わるし、読む人によってもうけとりが変わってしまうので、発言の全文記録にするべきだ。」というものです。・・・議会本会議の会議録のように、、という意味である。

 ・・・当方的には、、この間、教育委員会の会議で「中央図書館の建設」を「決めた」、「決めていない」、、と市民の間でも、大きな隔たりがありましたから、、このようなことを指しているのだろうと思いました。(ちなみに、市長や教育長の9月議会の答弁で「教育委員会の話を聞き建設を検討している」(主旨=市長)と答弁していますから、上記の問題は、結論的には「決めていた」ということになりますが、、、。

 さてさて、、、実は、当方も、会議記録は全文派なのですが、、、そうすることにより責任ある発言にもなるし、上記のように市民がみても、なにが協議されたか「ガラス張り」になるし、後日のいざこざがなくなりやすい等々と思っています。

 現場論的に言うと、、恐らくなのですが、、、「そんなことをしたら、委員等になってくれる市民はいないので、人選やお願いするのが大変になる・・・」ということがあるようでもある。(ま、それも分からんではないけど、、、む〜〜ん???と考え込んでしまいます〜〜)

 ・・・ま、、、こういった委員等のものの会議は「全文記録です」と割り切ってしまえば(慣れてしまえば)、、、実は、どうということはないのでもある、、、。(実際、議会など、、、、平気でいろんなこと喋っています〜〜し、慣れれば、実はどうということはないものだ〜〜とも。)、、、実は、ただそれだけ!ってな気もしますが、、、。

 具体的に考えてみると、、、、市民説明会(例:「図書館意見交換会」)などは、もちろん全文は必要ないのではないか?、、、やはり、「物事を決める権限をもつ&権限はなくとも決めることに大きな意味をもつ」会議や委員(会)は、必要なのではないか?

 少なくとも、、、教育委員会や図書館法に基づく「図書館協議会」、、、行革方向を決める「行革本部」や市長の私的諮問機関となっているが行革をすすめる意見を出す「官民協働委員会」などなど、、は、やはり、、、全文記録なのであろう、、、。

 ・・ちなみに、、記録起こしに時間と予算がかかる、、というのなら、、百歩譲り、、、ユウストリームなどのネット動画にしてしまえば、、ほとんどお金がかかりませんし、、早い〜〜って手もあります。

 話を元に戻すと、、、8日の教育委員会、、、では、「会議録を請求していただければ、簡易記録ではあるが公開しています」(主旨)ので、隠してはいません、、、みたいな発言でしたが、、、、。議会を見てください、、、どこの議会だって同じですが(ほとんどであろう〜〜)、、、請求などしなくても、、、HPでみることが出来る、、というのが、、、現代社会なのではないでしょうか。。。。などなどと不十分ながら、、考えてみました〜〜〜。

 追:教育委員会の会議録は、、、すでに、、、娑婆ではいろいろと出回っております。(隠す必要はないものですから、、、実は、何も問題がないのですが・・・)・・・かえって、不十分であることが、、、問題となっているように思えます〜〜〜〜(^^;)。。。。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!