トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

TPP公約破り〜〜〜〜

IMG_7560.jpg

 TPP交渉での「重要5品目」でさえ自由化で、、一般紙でもいろいろと報道されていますが、、写真(しんぶん赤旗)が、一番分かりやすい〜〜〜。

 先の9月市議会「TPP参加断念」の陳情での賛成討論でもやりましたが、、、やはりこれはもう、TPPから抜けるしかありません。。。

 TPP参加前の国会決議は、、、以下の通り〜〜〜。。。

第183回国会 農林水産委員会 第6号
平成二十五年四月十九日(金曜日)

環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉参加に関する件
     ――――◇―――――
○森山委員長 これより会議を開きます。
 農林水産関係の基本施策に関する件について調査を進めます。
 この際、宮腰光寛君外四名から、自由民主党、民主党・無所属クラブ及び公明党の三派共同提案による環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉参加に関する件について決議すべしとの動議が提出されております。
 提出者から趣旨の説明を聴取いたします。鷲尾英一郎君。
○鷲尾委員 ただいま議題となりました決議案につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。
 案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきたいと存じます。
    環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉参加に関する件(案)
  本年三月十五日、安倍内閣総理大臣はTPP協定交渉への参加を表明し、四月十二日、TPP協定交渉参加に向けた日米協議に合意した。
  そもそも、TPPは原則として関税を全て撤廃することとされており、我が国の農林水産業や農山漁村に深刻な打撃を与え、食料自給率の低下や地域経済・社会の崩壊を招くとともに、景観を保ち、国土を保全する多面的機能も維持できなくなるおそれがある。また、TPPにより食の安全・安心が脅かされるなど国民生活にも大きな影響を与えることが懸念される。
  これまで本委員会では、平成十八年十二月に「日豪EPAの交渉開始に関する件」を、平成二十三年十二月に「環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉参加に向けた関係国との協議に関する件」をそれぞれ決議し、二国間、複数国間の経済連携協定が、我が国の農林水産業や国民生活に悪影響を与えることがないよう、政府に十分な対応を求めてきたところである。
  こうした中、本年二月に行われた日米首脳会談における共同声明では、「日本には一定の農産品、米国には一定の工業製品というように、両国ともに二国間貿易上のセンシティビティが存在することを認識」したとしており、政府は、この日米首脳会談において「聖域なき関税撤廃が前提ではない」旨確認したとして、TPP協定交渉への参加を決断した。
  しかしながら、我が国には一定の農産品以外にも、守り抜くべき国益が存在し、この確認がどのように確保されていくのかについても、その具体的内容はいまだ明らかにされていない。そのため、各界各層の懸念はいまだに払拭されておらず、特に、交渉参加について農林水産業関係者をはじめ、幅広い国民の合意が形成されている状況ではない。
  よって政府は、これらを踏まえ、TPP協定交渉参加に当たり、左記の事項の実現を図るよう重ねて強く求めるものである。
      記
 一 米、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物などの農林水産物の重要品目について、引き続き再生産可能となるよう除外又は再協議の対象とすること。十年を超える期間をかけた段階的な関税撤廃も含め認めないこと。
 二 残留農薬・食品添加物の基準、遺伝子組換え食品の表示義務、遺伝子組換え種子の規制、輸入原材料の原産地表示、BSEに係る牛肉の輸入措置等において、食の安全・安心及び食料の安定生産を損なわないこと。
 三 国内の温暖化対策や木材自給率向上のための森林整備に不可欠な合板、製材の関税に最大限配慮すること。
 四 漁業補助金等における国の政策決定権を維持すること。仮に漁業補助金につき規律が設けられるとしても、過剰漁獲を招くものに限定し、漁港整備や所得支援など、持続的漁業の発展や多面的機能の発揮、更には震災復興に必要なものが確保されるようにすること。
 五 濫訴防止策等を含まない、国の主権を損なうようなISD条項には合意しないこと。
 六 交渉に当たっては、二国間交渉等にも留意しつつ、自然的・地理的条件に制約される農林水産分野の重要五品目などの聖域の確保を最優先し、それが確保できないと判断した場合は、脱退も辞さないものとすること。
 七 交渉により収集した情報については、国会に速やかに報告するとともに、国民への十分な情報提供を行い、幅広い国民的議論を行うよう措置すること。
 八 交渉を進める中においても、国内農林水産業の構造改革の努力を加速するとともに、交渉の帰趨いかんでは、国内農林水産業、関連産業及び地域経済に及ぼす影響が甚大であることを十分に踏まえて、政府を挙げて対応すること。
  右決議する。
以上です。
 何とぞ委員各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。
○森山委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
 採決いたします。
 本動議に賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕


 ・・・であります。。。上記の、、、農林水産分野の重要五品目などの聖域の確保を最優先し、それが確保できないと判断した場合は、脱退も辞さないものとすること。、、のようにキッパリ考え方を示しているじゃないですか?

 ・・・それどころか、、この決議にかいてあることなんぞ知らぬ顔で、、、”(重要5品目を関税撤廃の例外から)抜けるか、抜けないか、検討はさせてもらわなくてはならない”、、と関税撤廃の検討に足を踏み出す。。。いうこの国の政治は、、いったいなだろうか?

 農家の秋の収穫も終わりかけ、、、おまけに、米価の生産者価格も下落の最中に、、、よくもまあ、、、こんんことが言えたな、、、とも、、。

 上記の決議は、今年の4月25日である。。。それから、半年もたたないのに、、、。こんなもんか政治は!

 そうそう、、昨日、ある方JA関係者とあったので”TPP反対なのに何故、自民党だったんですか?”と聞いたら、、、”苦渋の選択”と答えたそう〜〜〜。

 また、某政党に属する方から、、、電話、、、。”どうも、コメもだめのようだ!、、お前さんら(日本共産党)が言っているのが、やはり正しいなぁ。消費税も原発も、、、言うとおりだなぁ、、、。”ってなお話でした、、、。TPP、消費税増税、原発、、、これは、政党政派を越えた一致でがんばらなくては、ならない課題じゃないか、、、、と答えた、、当方、、、でしたが、、、。


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
987:TPPにかける科目はタバコのみで、それ以外は絶対反対!!! by 新幹線規格の海底トンネル男 on 2013/10/15 at 12:28:31

僕自身がTPPに絶対交渉すべき項目は、自民の青森3区・大島議員やアイドル小泉今日子の大好きなタバコのみかけるべきです。
タバコのみかけると、アメリカタバコに比べ倍以上の高額な製品になるので、誰も買わなくなります。
小泉今日子や大島議員にとっては絶対買う気はなくなります。「あまりにも高すぎて・・・・・」

それ以外の項目はTPPには絶対反対です。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!