トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

としょかん。。。



 ・・・年間3700万円〜程度で、なんとか各地域の図書館・図書室が動いてきている佐渡市です。専任の職員、、といっても、、15名程度のうち2名以外は、、すべて非正規の職員、、、です。

名称未設定-1

名称未設定-2

 佐渡市図書館としての振興計画は、なかったが、、人口も減る中で、H18年の17万冊から20万冊への貸出数と利用者も伸びてきている、、、。

 冷静に考えると、、、なにゆえ、、、この地域の図書館・図書室を、、、財政のため、、効率化、、、といって支所などの役所の中に押し込め、、兼務職員化による対応を基本としなければならないのか?

 その一方で、、「立派な図書館」として中央図書館を7〜17億円もかけてつくらなければならないのだろうか?

 意見交換会での利用者(が中心と思われるが)自身が、、、「いまある地域の図書館・図書室を縮小してまでも、中央充実は必要ない」と明確に言っているのにである。

 当方も、、、地域の図書館・図書室は、、、地域をつくっていく力になると考えていますから、、、意見交換会の市民の声に大賛成です、、、、。(あははは〜〜〜。。。。もう〜〜悪く言われることには、、慣れていますが、、、。ある市民曰く「なかがわ議員もやってるんでしょう〜〜。私、嫌いだから〜〜〜」とか?、、、当方がどうのこうのでなく、、、「地域の図書館・図書室」の存続・充実、、、これが大切なんだが〜〜〜(^^;))

 財政が厳しいといいつつ、、、「一部の市民」も賛成しない、、、ガラス張りの国際会議場に17億円〜〜〜。どっか、、おかしいのではないか、、、。

 佐渡というおもしろい島、、、地域と人々の発展なくして、、、島のよさは活かされません〜〜〜。

 人を育てる行政を担当している教育委員会さ〜〜ん、、、大丈夫ですか?
 なにゆえに、、そこまでして、、、僅かばかりの地域の図書館・図書室を切り捨てようとするのか、、。そんなに、、、そのことで利があるのだろうか????

 図書館は、、、無料貸し本屋ではありません。。。どのような人でも集え、、、情報と知の拠点、、、知の空間・広場です。。。。この地域の図書館・図書室を大切に育てれば、、、きっと、、、何かが育ちます、、、そんな気になれないのだろうか。。。。

 見栄や体面などどうでもいいじゃないですか、、そう思いませんか、、。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!