トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

"一部の市民・・”、、、(総務委員会傍聴記〜)



 昨日の、議会の総務文教委員会で、、図書館再編計画を「「1館9分館」と呼称を変えたこと」、「中央図書館の整備・充実の中に、中央図書館の増設か新築が入っている」、、で進めているとことを教育委員会が明らかにしました。

 ・・・はてさて、、、当方が傍聴をしていて一番気になったのが、、、、社会教育(施設)への認識が議員と担当課が示した発言がありましたが、、、実は、これが一番,、、当方的には、衝撃でした〜〜(^^;)。

 **議員)・・・私の周りの市民に聞いてみたが、、、。・・・・仕事ををやっていて図書館に本を借りに行く暇が無いこういった人が佐渡の市民に多い思う、、図書館問題に関心をもっている人も当然いると思うが、、、せいぜい図書館を利用する人は、自分のようにリタイヤした人が「もう一回・・」といった人が多くて、、、一生懸命働いている人は、図書館がどうなろうが、関係ねえ〜と、それよりも、地域のことなどをやってくれー同じ金使うなら、、こういった意見が全部であった。
 市民トータルとして考えた場合、役所には、別のサービスを望んでいるのであって、、、地域の図書館・室の存続・充実を言っているのは「多くの市民ではない」なぁと思うので付け加えておく。
(主旨)と教育委員会に意見を述べた、、、。

 それを受けた教育委員会(課)が、、、

 課長)・・・図書館であり、博物館であり、公民館などが私の課の担当だが、利用しているのは一部の市民です。体育館を使う方が図書館や公民館を使っているかと言えば、そうではなく特定の方が使っているの(一部の利用者)、、なので効率化・適正化をめざす。。(主旨)

 新聞記事も「一部の市民の反対で・・」、、と毎回書いているように、、、、人口の1割の6000名の「存続・充実」を願う署名が出されているのだが、、、結局、、、教育委員会も議会(あくまでも、**議員という意味ですが)、、、某新聞、、、は、「一部」としか見ていないのである〜〜。

 図書館、、、体育館、、、博物館、、、これらは、「一部の市民しか利用しないので。。。。」という思考の根底で社会教育、、という分野を見て、、やっている、、のが、、、教育委員会と社会教育課、、、なのである。(これで、佐渡市の社会教育が、、、発展する訳はないのである。。。。

 市民の言っていることが理解出来ないのは、、、教育委員会の思考回路がこうなのだからである、、、。話せば分かる、、、といった感じではない〜〜なぁ〜〜〜と、、、。

 さてさて、、「一部の市民しか望んでいない」論???
 当方がとりあげる、、、「ガラス張りの国際会議場〜〜」、、、、これは「一部」も望んでいない、、、当方界隈では〜〜〜〜〜。(ま、都合のいいときに「一部の・・」、、というのだろうが、、)

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!