トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

図書館再編計画への市民グループの申し入れ、、は?!



 ・・・はや6月である〜〜。。。ってことは、今年も折り返し時期にはいった訳であり、、、はえっ〜〜。さすがに、5月末、、、月末ってことで何かとあるわけで、、、労多くして、、、なのだが、、。

 さてっと、、6月気分で、、、”いってみよう〜〜”(「全員集合」のオープニング〜〜。わからない?(^^;))

 図書館の教育委員会の縮小計画の意見交換会(市民説明)をうけて開かれた5月28日の教育委員会が開催後(結論は、「計画の再々見直しで、6月末に事務局案を再度検討する」というもの)、2つの市民グループが、教育委員会に申し入れをした。。。ってことで、、、。

 市・教育委員会の図書館縮小計画が明るみになった(3月議会か?)〜〜〜。その後、両市民グループとも、「図書館で佐渡を元気にする会」さんは、、「教育委員会」、「市長」などへ要望書を出し、、、もう一方の「地域の図書館をよくする会」さんは、署名を集め、、市長・教育委員会へ,、、、、。
 ・・って、、市民の計画に対する関心も高くなった〜〜教育委員会が「意見交換会」(市民説明会)〜〜それをうけての教育委員会の新たな方向、、、が出た後に、、、出したものですから、、ある意味この間の総括的なものなのではないだろうか??と、、勝手に当方推測〜〜〜したわけで、、、「図書館戦争の重要な攻防戦〜〜」
を考えてみたのだが・・・。

 長いんですが、、、全文紹介(勝手に公式HPより引用させてもらいました〜〜〜。「怒」かな?)

「図書館で佐渡を元気にする会」(申し入れ、27日)

佐渡市図書館の整備方針についての申し入れ
 
 佐渡市図書館・図書室の充実にご尽力いただき、深く感謝いたします。
 図書館整備計画は、3月議会や図書館協議会、地域審議会などあちこちで説明され、5月14日には教育委員会臨時会において、図書館整備計画の見直し案が提案されています。私たちの会では、先月18日に要望しましたように、地域の教育・文化の拠点である図書館・図書室の経費削減ではなく、維持と充実を強く願っております。今年になって突然公表されたこの計画には混乱し、高い関心を持って注目しているところです。
 つきましてはこの計画について、下記の通り申し入れと質問をいたします。
 なお、お忙しいところお手数おかけしますが、6月3日までにご回答いただけますよう、よろしくお願いいたします。



1.図書館等を、他分野・他施設と横ならびの予算削減対象として位置づけないで
 ください。地区の図書館等を「成長力強化戦略」拠点として再評価し、人材、蔵書、
 設備等のさらなる充実のため、予算確保等施策上の特段のご配慮・取り組みをされ
 るよう申し入れいたします。

2.図書館・図書室の将来像については、ひろく地域の実情を把握・考慮し、教育委
 員会や図書館協議会だけでなく、利用者・市民と図書館等職員や専門家も交えた、
 充分議論を尽くすための機関を設置されるよう申し入れいたします。

3.図書館整備計画についての協議および決定の経過について
 ①佐渡市図書館の現状把握と分析、その評価について、市教育委員会の見解を示して
 いただきたい。

 ② 平成24年度の地域審議会(平成25年2月開催)において、社会教育課は『図書
 館は基幹図書館1館とし、周辺の図書館、図書室については図書室として地区行政
 サービスセンターの施設内におき、地区教育係が貸出し業務を行う方向で考えてい
 る』などと説明されていますが、この方針(案)の審議および決定はいつ、どこで
 されたのか、議事録または決済書類を示していただきたい。

 ③平成25年3月議会の代表質問や一般質問で、1館9室の計画案について、社会教育
 課長は『1図書館9図書室の計画案は協議会の意見を集約したもの』『今回は提案
 で協議いただいている最中』と回答されています。また、平成25年3月19日の新
 潟日報の新聞報道では、『佐渡市教育委員会は2014年から市内の5図書館の機能
 を金井地区の中央図書館に集約し、残りの4図書館を図書室に再編する計画を進め
 ている』とあります。さらに3月下旬に地区図書館に掲示された、市教育委員会と
 中央図書館からの告知文書にも『市では平成24年度の図書館協議会において1図
 書館(基幹図書館)9図書室とする案を提案させていただいた』と説明されていま
 す。この整備方針(案)に至る経緯と、整備方針を確定した根拠を具体的に示して
 いただきたい。

4.私たちの要望書への回答と佐渡市教育委員会臨時会について
 ①私たちの要望書(4月18日付)に対する市教育委員会の回答(4月26日付)に
 『社会教育課は、平成24年度の図書館協議会において、「佐渡市将来ビジョン」をもとに、
 平成31年度までに25%の経費削減を目指さなければならないことを説明し、10館を存続
 しながら一律に経費を縮小していくのか、それとも1館に機能を集中して他の9館は経費
 を縮小していくのかについて意見をうかがいました。その結果、「ここへ行けば何でもそ
 ろっているという図書館が1館ほしい。」「地区の図書館・室は無くさないでほしい。」
 という意見が聞かれました。そこで、社会教育課内で協議し、平成25年1月開催の図書館
 協議会で佐渡市立図書館として1館に機能を集中して整備し、他の9室は地区教育係の管
 理下に置く方針を提案しました。』とありますが、社会教育課内だけで協議されたものを、
 市教育委員会の方針(案)とすることに、どうしても納得がいきません。市教育委員会の
 責任ある回答を求めます。平成25年1月の図書館協議会に提案された方針は、いつどのよ
 うに市教育委員会で協議されたかを示す書類を開示していただきたい。

 ② 5月14日に、今後の図書館のあり方について、教育委員会臨時会が開催され、そ
 こで社会教育課から、図書館整備計画の見直し案が提案されています。この見直し
 の元になっている整備方針(案)は、どのようなもので、いつどこで協議、決定さ
 れたのかを開示していただきたい。

5.佐渡市図書館協議会について
 佐渡市図書館協議会の位置づけと権能について、教育委員会の見解を示していた
 だきたい。また、平成25年1月開催の図書館協議会における、館長の諮問事項を
 開示していただきたい。



「地域の図書館をよくする会」(5月30日申し入れ)

図書館整備計画の再々見直しに「意見交換会で出された市民の願いを入れた計画に抜本的に見直しすること」についての申し入れ

 5月22日から市内9か所で行われた図書館整備計画に関する意見交換会では、参加した市民から、効率化一辺倒の予算削減の行政改革路線でなく、各地域の図書館、図書室を充実発展させるべきという意見がどこの会場でも多く出されました。 再々見直しする計画は、意見交換会で出された「現在の行革路線を見直し図書館、図書室は充実」という多くの市民の願いを入れた計画にするよう申し入れます。



1,5月28日の定例教育委員会で、教育委員長が意見交換会で出された意見は「図書館は行政改革の対象と違い予算を確保してほしい。削減では困る。」というものであると発言されました。 市民の声は、地域の図書館,図書室は縮小ではなく充実・発展させるべきものであるというのが圧倒的です。これまでどうりの行革の経費削減の枠の中での計画見直しではなく、充実・発展させる計画として行革対象から外したところでの見直しを検討してください。

2,各地域で、専門・専任職員が配置されていてこそ図書館,図書室の役割が発揮され、子どもから高齢者まで親しまれ活用されるということが、異口同音に多く語られました。 兼務職員では対応できないことも相川図書室の事例でも明白になっていますし、兼務体制について疑問の意見も多く出されました。職員体制は、計画の兼務職員化や減員・縮小しないでください。

 住民説明のないまま平成25年4月から、相川図書室は「無人化」され、新穂・畑野図書室は、人員配置が週1回から月2回に減り、赤泊図書室は、時間短縮されています。 相川では、無人化を「まず、元に戻して下さい」と切実な声が出され検討する回答したにもかかわらず、28日の定例教育委員会では、この声は取り上げられませんでした。 畑野では、子どもをもつ親たちに喜ばれていた図書バスが人員短縮により廃止せざるを得なかったことも語られました。 専門・専任職員が常時いて多様な機能が発揮されるという意見交換会の立場で、専任職員がいる図書室にしてください。

3,意見交換会では図書館の役割に対して、市民と教育委員会の考えが大きく違っていることが明らかになりました。 図書館は、無料貸本屋、大きな資料室ではなく、知的活動を通してのコミュニケーションの場であるという現状をしっかりと受けとめた上で、意見交換会で出された多くの市民の意見を入れた将来像を示すべきです。


 ・・・というのが両市民グループの申し入れである〜〜のである。(正確には、公式HPご覧下さい〜〜)

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!