トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

山菜採り、、、

IMG_3963.jpg


「佐渡の山菜、売れ行き好調--販売量3年で10倍に

 佐渡市内の農家らでつくるグループ「佐渡の山の幸プロジェクト」が売り出している、山菜の売れ行きが好調だ。佐渡の山菜の存在が知られてきたことで、首都圏などからの引き合いが増加。3年目となる2013年度の販売量は、販売当初の10倍に達する見込みだ。グループのメンバーは、寒ブリなどの海の幸に続く特産品にしたい考えだ。
 山菜の販売は、市の支援を受けて11年度にスタートした。メンバーは約30人。各自が持つ山林や山間部の水田周辺で、カラシナやタラノメ、ウドなどを採ったり、栽培したりしている。採った山菜は詰め合わせ、県内外の飲食業者に販売する。価格は2キロ詰めで2100円(送料込み)。
 当初は採取後の保存方法が分からず腐らせてしまうこともあったが、研修会を開くなどして改善。料理の作り方をまとめて一緒に送るなど工夫を重ねてきた。
 11年度に約200キロだった販売量は11年に約1・3トンに増加。13年度は2トンとなるという。。。。。」(新潟日報4/25)


 ・・・・・む~~~ん?わらびも盛りですし、この連休は、山菜とり、、、か?先日、金井地区の方も言ってましたが、、、。山菜とりのマナーがひどすぎるーーーーと!
 その方曰く、朝早くの早朝から((^_^))、、、、ゴソゴソと家の裏で山菜採ってる、、、、。「すいません、うちの家のなんで困りますーーー」と声かけると、、、いなくなるが、、、翌日は、、、もっと早くに来てかえってるーーーー!、、、とか。

 そうそう、当方がやっている山ん中の田んぼのところもこんな感じに、いつの連休もこんな感じになる、、。

 特に、最近気になるのがたらの芽、、、。大きくなる前に枝ごとバッサリ、、と切って持ってくし、来年のための芽などまったく残さないという始末で、、、、たらの木が、、なくなった、、、所もあります。
  ワラビなどでも、、、根こそぎとるもんだから、、、ほとんどでなくなった減反田んぼもあります。(タラの芽ほどではないけど)

 ・・・換金してるかどうかは分からないけど、、、やはり、少なくとも、、、来年も育つような山菜とり、、、必要だね、、、。それに、、、自分がいただく分プラスアルファーくらいを採るって姿勢が必要じゃないだろうか?

 ・・・そうそう、、だいぶ前ですが、、、「雪割草」(ミスミソウ)がブームになった時も、、、根こそぎ〜〜って感じでした、、、おらんの住む近辺、、、。・・・もちろん、自分もですが、、、なんだか人間様ってさぁ〜〜〜(^^;)。。。。

 注:引用記事と関係あるという意味ではありません。。。ので、、、、ご了承〜〜を!

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!