トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

なんちゃって私的図書館考察2 司書と議会事務局?



 この写真は、おそらく世に出ることなどないはずの、、、佐渡市議会図書室である〜〜(^^;)。。。見てのとおりで、、それほど大したこともないかも知れない〜〜〜(^^;)、、。

 はてはて、、、図書館の司書は、、利用者と本・知識・情報をつなぐ(人と本・知識・情報をつなぐ)、、結びつける、、役割で、、、書誌情報を基本的ベースにして、利用者の求める知識や情報、、、本をつなぎ、、利用者の納得できるようにする?、、、お仕事が基本〜〜、、、!!

 特に、、、司書と研究者との違いが論ぜられている、、、。
 ひとつの本にどうむきあうのか、、といえば、、、司書は、、書名・著者・出版年などなどを確認して、目次やキーワードなどで、その本の概要をつかみ、、、その本のもっている概要把握。
 研究者は、、、一定程度の書誌情報も確認するが、、何よりも探している内容があるかどうかの本の中身に焦点がある、、、。(もち、、受け売りで、どこかの本に書いてあった〜〜)

 なるほどなるほど、、と当方的には!・・・というのも、、、議会事務局と議員との関係に似ている気がするのである〜〜。

 議会事務局は、テーマテーマの中身については、あまり詳しくないが、、例えば、、、”環境分野の全体の流れはこんな風で、、佐渡市ではこんな感じの取り組みや施策が・・・”、、と書誌情報ならぬ、、、政策情報(?)の概要把握をしていないと、、議員の要請に応えられない〜〜〜〜。(司書に似てる〜)
 一方、議員は、、、もちろん全体の流れもなのだが、、、自分が追いかけているテーマの中身にこだわる。。・・ってことで、、、議員は「***分野の**についての計画はどうなってる?」と問いかけ、、事務局は「それは、**年に策定され、条例ではこうなっています〜」となり、、その元資料がレファレンスされたりするのである〜〜。(あくまでも、当方的感覚です〜)

 当方的議員では、、、上記のこれがないと、、目的地までたどりつけないのである〜〜〜。=つまり、司書もこういった役割を発揮しているのであろうと・・・。
 (ちと、マニアック的に言えば、、、議会ですから、、、自分の知らない過去に同じ角度やテーマで議論されていたりすることって、、少なからずありますが、、、それを知らないで喋くってたら(質問や質疑してたら〜)、これは生産的ではないのである〜〜。・・・でも、、結構〜〜そんなのもありますけど、、、(^^;))

 ・・・おっと、、かなり横道〜〜〜。。。。これだけ情報化社会であり、、、またまた、、、法改正なども頻繁に行われたりなどするし、、、いろんな角度・論点の著者もいたりしますから、、、、この大量の情報の中から、、、本を選んだり、、、ものを探したりするには、、、やはり、、本・知識・情報の水先案内人なる司書がいなければならないのではないかと、、思う訳である〜〜〜。

 市教育委員会の計画のように、、、無料貸本屋??本棚化、、、は、やはり、現代の図書館(室)ではないとおもうわけである〜〜〜〜(^^;)(^^;)、、、。(やっぱ、図書館を無料貸本屋、、、としか見ていないのではなかろうか?)

 ・・・そうそう、、、議会事務局の場合、、相手は「千変万化」、「妖怪変化」???する暴れ議員先生〜〜〜たちで、、、、本と知識・情報を純粋に求める利用者の司書さんとは、、基本的に大違い、、、なのかも知れないなぁ〜〜(^^;)

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!