トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

みんな怒ってますよ・・・



 今日の地元紙に、、、「島の文化拠点 図書館守れ」の投書(「窓」)、、、やっぱ、みんな怒ってます〜〜〜(^^;)。

 ・・・・答弁では、、、地元の意見を聞いた(図書館協議会を通して、、、という主旨だったが)というのだが、、こんな声が出ること自体、、、きいてない〜〜〜としか、言いようがない!(ま、教育委員会は「それは、一部の意見だ!」とでも言いそうですが・・・)

 H24年の文科省告示第172号の「図書館の設置及び運営上の望ましい基準」では、、、。
 
 (設置の基本) 市(特別区を含む。以下同じ。)町村は、住民に対して適切な図書館サービスを行うことができるよう、住民の生活圏、図書館の利用圏等を 十分に考慮し、市町村立図書館及び分館等の設置に努めるとともに、必要に応じ移動図書館の活用を行うものとする。併せて、市町村立図書館 と公民館図書室等との連携を推進することにより、当該市町村の全域サ ービス網の整備に努めるものとする。」、、、と!(図書館法でも同じようなことを定めてあるが・・・)

 (運営の基本)1 図書館の設置者は、当該図書館の設置の目的を適切に達成するため、司書及び司書補の確保並びに資質・能力の向上に十分留意しつつ、必要な管理運営体制の構築に努めるものとする。
 2 市町村立図書館は、知識基盤社会における知識・情報の重要性を踏まえ、資料(電磁的記録を含む。以下同じ。)や情報の提供等の利用者及び住民に対する直接的なサービスの実施や、読書活動の振興を担う機関として、また、地域の情報拠点として、利用者及び住民の要望や社会の要請に応え、地域の実情に即した運営に努めるものとする。
、、、と、、、専門職の司書がいてこそ図書館の目的が達成されるのであると〜〜〜。

 図書館は、専門の司書がいることが最低必要な条件なのですが。。。

 ・・・しかししかし、、、どこをどう理解すれば、、、実質、無人化の図書室(本棚)の発想がでてくるのだろうか???と、、、かなり疑問な訳であるが、、、。(ま、これが、佐渡市の教育委員会の水準ということなのだろう〜〜〜(^^;))・・・市長の言葉でいえば、、、「真に必要でない」ということなのだろうし、お金計算上の思考回路、、、。ちなみに、図書館は教育委員会の所管ですが、、、予算措置権限のある市長も納得してる〜〜ってことになるのだが・・・・はて???

 ・・・家庭で考えると、、、おやじが道楽で、モノを買う(例:ガラス張りの国際会議場をつくる)ので、お金がないので、子どもが勉強のために買う本の金を削る(図書館、図書費を削る?)、、、ってな感じかも?(かなり無理がある例かも知れないが〜〜)

 コメントもあったので、、、再掲(動画)、、、です!(3月議会でのやりとり〜〜)





関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!