トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

正しい「行革の作り方」、、、(^^;)



 図書館廃止の鬼の行革、、、。結構〜〜反響ありです〜〜〜。

 ある方から、、、”いったい誰が行革方針を決めているのか???”と問われたもので、、、、。「行革の作り方 編」ネタ〜〜〜〜(^^;)、、、。

 まず、市民的な疑問は、、、「議会は図書館を廃止する(今回みたいな計画)を許したのか?決めたのか?」と問われることが多い(今日も)のである。。。。

 (ちと、専門的かもしれないけど〜〜〜)議会は議案や予算の議決権(賛否)で、市政の方向を決めます。。ところが、、、、図書館廃止計画や行革計画などなど、、、というものは、、、議決の対象ではないので、その計画の賛否を問うことはありません〜〜〜。

 (今回の図書館行革の例で言うと)、、、行革路線をすすめるという予算案を認めるかどうかということが、その計画を認めるのかどうか?ということになります。(予算は議決の対象)

 ど〜〜も議会(議員)方針を決めている、、、と思われがち、、。ただ、、、議員は質問や審査の段階で「図書館行革をやれ」といった主旨での発言があり、、、この議員の意見を参考に執行部は、、、計画を練っているのも事実であり、、、、ま、議会(議員)も、、、荷担してる、、、ともいえますが〜〜〜。

 ・・・はて、、、ネタの本題の「行革の作り方」、、、。(まずは、材料の下ごしらえで、、、(いやいや、、、これは料理〜〜〜〜)

 1,市長の方針や考え、、、それに参考となるのが、上記の議会での議員の発言や主張がある。。。に基づき、「大まかな行革方針を市が立てる」、、、(行革本部などもかかわるのであろう〜〜)。

 2,次に、、その案を市民から選んだ(もちろん公選ではない)、、、「行革推進委員(会)」にその計画を「諮問」する。。。すると、、、この推進委員(会)で、、、「これはもっと厳しくやるべき!」とかの議論がされて、市に「答申」(市民代表の意見が加味される)として、市に返る。。。

 3,それをさらに、、「行革推進本部(市長をはじめとする課長などなど)」をさらに検討して、、、具体化し、予算として出してくる、、、。

 4,行革計画が予算化された予算等(等には、その施設の廃止条例などがある)の段階で議会は正式に知る。。。これが、議会にかけられ賛否で決まる〜〜〜。


 ・・・・これが正しい???「行革の作り方」である、、、。(あくまでも、当方認識〜〜です)

 建前上は、、議会は市民の代表ってことになってますが、、、(^^;)、、、最初の初期の段階で市民代表ともいえる市民の行革推進委員(会)が、、、計画立案をしていることになります。。。当たり前だが、この段階でどう料理(整理・方針等)するかが、、実は極めて重要であると思うのだが、、、当方的観測では、、、市の案をまるまる認めている傾向が強い。(場合によっては、もっとやれ〜〜〜とはっぱをかけている)

 今回の図書館行革、、、これは、H16年ころから、、、ある意味出来上がっていた計画ですし、、、歴代の行革推進委員(会)がこれを追認してきています〜〜〜。歴代の行革推進委員名簿=また、怒られそうですが、、、。当方的には、市民のかわりに重要な行革にお墨付きを与えている委員会ですから、隠すべきものではないと考えてます。)

 ちなみに、、、市長以下でつくる「行革本部」は、「要綱」「第1条 行政改革の推進を図るため、佐渡市行政改革推進本部(以下「本部」という。)を置く。」、、、となっている。

 市民から選ばれる「行革推進委員(会)」は、「要綱」よりも重い「条例(法律)」で、、、「第1条 社会経済情勢の変化に対応した簡素かつ効率的な市政の実現を推進するため、佐渡市行政改革推進委員会(以下「委員会」という。)を置く。    第2条(任務) 委員会は、市長の諮問に応じて、本市の行政改革の推進に関する重要事項の調査及び審議を行う。」と規定されているの〜〜である。。。

 ・・・む〜〜〜ん分かりにくいかも????(写真:小木図書館。。。)


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号19番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!