topimage

2017-08

アクセス??? - 2017.08.31 Thu



 一般質問の通告のせいでしょう〜〜多分!!!!アクセス数がちょい増えている。ま、恐らく、、、答弁側の方かなぁ、、と思われます。今日の質問どり(問どり)でも、「早く質問資料を〜〜」などというご意見もいただきましたが、、、、。

 質問予定が狂ったので、時間がありませんので、、、今回は、一般質問のための「質問資料」は、つくりません〜〜〜ので、ご注意😎を!その分、、、問どりでは、明確に***について、、、とか伝えてあるつもりです。資料は、、だいたい答えが書いてあるのですが、、、今回はありません。当然知っているというつもりでお尋ねしま〜〜す。(ま、これが本当なんですけどね〜)

 ・・・これは、、、与太ネタ〜〜〜。

 写真、、、、「介護保険改悪」、、、これは、普通の雑誌でも、、、このように書かれている、、、、、のである。。。。だから、、、なのだが、、、、。


ま、、こんなもん〜〜誤送信〜(涙) - 2017.08.30 Wed



 (大汗〜)、、、昨日に続き、、、”議員の生態編ネタ”〜〜〜。おもしろくありませんので、ご注意を〜。

 ドタバタした、、、。気がつけば、、、一般質問通告案をメールに下書き保存しておいたものが、、、「誤送信」されていたようで、、、事務方は、処理したそう、、、、。(内心、、、「おいおい・・。こっちとら〜全体の議案なども換算して、、、質問日までの時間的経過も含めていつ頃に!と算段しているのに〜〜」である〜)

 それが、どうした!という声が聞こえそうですが、、、、。ま、議員にはそれなりの議員の習性があるのだが〜〜〜。

 今回の通告は大ききく7項目と多い訳で、、、、それなりの構えなのであるが、、、(汗)。他県のある市議は、、、、「一般質問の時間は1秒でも市民のために使う!」という迫力ある言葉を聞いたことがありますが、、、一応、気持ちだけは、そのつもり〜なのである。

 ・・・ということで、、、全体の組み立てをどうするか?と呆然だが、、、。ま、議員は与えられた条件の中に対応しなければならないという根本的なものがあります。(例:質問時間以上にできない=とすれば、その中でどう工夫するか、、、というもの〜)

 ・・・・・ということで、、、、、結論的には、従来の質問スタイルを変えてみようかということに至った。ま、これも、、自分のどこまでコントロールできるか〜とでも考えよう、、という到達点に至ったのである。




”やっべぇ〜”一般質問〜〜〆切り😎〜 - 2017.08.29 Tue

IMG_2879_20170829182309b85.jpg

 ”ある議員の生態編”ネタ〜〜〜😭。。。。

 朝からミサイル発射〜〜で、、、大騒ぎなのですが、、、。

 昨日から、、、9月議会の一般質問の通告がはじまっている〜〜〜。なかなか、質問設問ができない〜〜。(報酬もらっているのに、、、そんなものは、前から決まっているのに、なにごとか!との怒りの声が聞こえそうですが〜〜〜)

 ・・・・・すんません、、、田舎の議員で〜〜ってなところですが、、、、。(大汗)

 当方的には、、、というか経験値的にとでも言おうか、、、、。一般質問の場合、、、、質問の設問をしっかり立てないと、、、うまくやりとりできない、、、。つまり、逆に言えば、、、設問がしっかりすれば、、、なんとかなる気がします。
 それと、、、やはり市民との関係での質問設定や政治情勢設問なども重要な訳でもある。(例えば、予算査定が終わっているのに、こんな予算を入れるべき、、、などといっても、、、ピントがずれてしまいますし〜〜〜)

 と、、、焦り気味、、、、、。



地域・歴史・風土??? =2= - 2017.08.27 Sun


 
 ついでなので、、、おもしろかった、、というネタ、、、の1つ、、、。

 これは、両津市時代のもの、、、「両津市のあゆみ」、、。昭和29年(1954)に平均寿命が53才、、、昭和30年には、、、58才、、、そして、平成12年(2000)には77.2才(男)、、、というもの、、、。平均寿命にも、、歴史ありである。。。当たり前だが、、、。(・・ってことは、、世が世なら、当方なんぞは、、すでに〜〜😎というものである。)

IMG_2877.jpg

 さてこれは(カテゴリにあわせて)、佐渡汽船100年史(H27)の冒頭に出てくる座談会記事の最後のしめっくり部分である。今回のドタバタ(赤泊航路撤退?)で、、あらためて眺めてみている〜〜。

 大変、失礼で、恐縮なのですが、、、現社長さんの言葉が、、、「なるほど!」と思ったのである。

 「最近では少しずつ勉強して分かってきました。離島航路は人口減少と相まって、全国どこも厳しい状況にあります。そして佐渡汽船は、民間企業でありながら、新潟県が筆頭株主という、全国にもあまりない会社です。・・・・」と、、、。ま、これが「公益企業」とでもいうのであろうが、、、、。

 ここにも、、歴史があり、、今回のようになっている、、ということか???と!!!!!!

地域・歴史・風土??? - 2017.08.26 Sat



 ・・・ただなんとなく、、、、旧市町村時代(佐渡市合併前の)の町史を斜めに眺めてみた〜。(実は、「ただなんとなく」でもないのだが〜😎)

 写真は、「赤泊村史」の「発刊にあたって」で、当時の教育長が書いている。。。。

 「郷土史をつくることは『郷土人の自己を認識する時間的な反省であり、郷土の未来への方向を知るために郷土の歴史から学ぶ』ことなのである。」、、、と!・・・ふむふむと納得な訳である〜。

 恐らく〜〜〜く、、、、”私は佐渡が好きなので、”地域へのこだわり”はありません”などといった方々からすれば、、、そんな屁理屈(結局”地域エゴ”で、全体の課題を解決しないからダメだ)が佐渡の発展を阻害し続けているので、こだわりのない私こそが未来を語れるのだ”、、、といったことを語る方がみうけられますし、、そんな方からは、旧態依然とご批判を受けそうですが〜〜〜〜。まあまあ、、、温故知新、、、という諺もあることですし〜〜〜😎。。。

 和辻哲郎の「風土」を思い出していた、、、、。もちろん、この環境が人間を決定する、、、という論にも批判があるのだが、、、、一理くらい言えているはずである、、、。
 その人間が置かれている外的要因である環境が全てを決めるなどとは思いませんが、、、少なくとも、一定程度の影響くらいはあるはずである。

 そもそも、生物的には、、、遺伝のDNAなどは、、、確かではないと思うが、、、まさに「どうしようもない」要素もあるわけで、、、ある。

IMG_2825.jpg

 赤泊村史を読んでみて、、、思ったのは、、、、湾とも言えなくもない、、、対岸と向かい合い海に面している地域だけあり「港まち」が歴史なのだなぁ〜〜ということであった。(再発見〜〜〜)

 上記は、明治34年=1901年の佐渡の港別船舶出入り数、、、、。この当時の佐渡の港は6つ、、、。隻(せき)数、噸(とん)数でみると、、、ダントツに小木港が、、多かった訳である。・・・ふむふむ、、、歴史はかわるものなのだなぁ〜〜と、、、。(「それがどうした!!」という声が聞こえそうですが〜〜〜(涙))

IMG_2829.jpg

 これも、今回、知ったものだが、、、あの赤泊の海上相撲、、、。これは、昭和28年(60数年前)の8月5日、、、、からはじまっていた、、というもの、、、、。これも、、ふむふむ、、、。

 ”地域なんか関係ない〜”という方もいらっしゃいますが、、、当方的には、、、「地域・歴史・風土」かなぁ〜と、、、。


地方自治のかたち??? - 2017.08.25 Fri



 安倍政権下での社会保障の改悪、、、、の途中経過を示した、、、記事である。

 医療・介護総合法、医療保険改悪などなど、、、公的医療・介護制度の改悪の現れである。この程度で驚いてはいけない、、、社会保障改悪の先陣として来年度からは、国民健康保険の保険制度の本格改悪がすすむ、、、、。要は、、、個々の社会保障や医療制度だけをみていては、全体像がつかめない、、、と言う感じである。

IMG_2814.jpg

 (・・・・(^^;)。。。というわけで、たまには、本格的に学ぶ〜〜〜(^^;)。。。国保の広域化で何がおこるか〜〜)

 「・・・ま、分かりやすく言えば、、、”新自由主義者”(論)ということでしょうか?」と話したら、、、ある方(それなりのお偉い方〜)が、、、「新自由主義者ならまだいいが、それもわかっていないんじゃない!?」と仰せになった〜〜〜。

 実は、このフレーズが、どうしても気になっていた、、、、、。

 日本的に言えば、2000年代のはじめに「地域主権改革」などというフレーズが出たが、、、これ自体「新自由主義的構造改革」の延長線上のものである。・・・・なんだか、言葉、文字だけみると、、、とてもいいように思えたりもする〜。
 2000年代以前からもあったが、、、公共部門の民営化、社会サービスの市場化、公的規制の撤廃や緩和などなどは、、これらの流れである。もっとザックリ言えば、、、、市場原理か?はたまた、合理的経費削減か????行政改革(正式には「ニセ行革」だが)??とでも言えよう、、、、。

 これらは、公的人権原理を競争的市場原理に変えようということであることは、、、多くの論者が語っている〜〜R。

 もうひとつの言い方(論立てであろうが・・・・)では、、、福祉国家(型)か、、、小さな政府(型)、、、ということ。(厳格には、「小さな政府」と「第二段階市場化推進」は同一論ではないようだが。。)

 何を言いたいか???言うまでもないが、、、こういった潮流は、政治の現場に如実に表れる訳で、、、。どうも、、そういった方々が多いような気がする、、、ということなのが、、、当方的感想である。

 ・・・・が、、、最初に書いたように、、、、「新自由主義者ならまだいいが、それもわかっていないんじゃない!?」、、、という感じもも強く受けるのである、、、、、。

 どうも、、、考え方の一貫性に欠けてる気がしたりするのである〜〜〜。

 もちろん、当方も、、実は、分かっていないのだが、、、、(^^;)〜〜〜〜。

佐渡航路と、、、県??? - 2017.08.24 Thu

赤泊航路、申し入れ&記事-4

 ・・・米山県知事の佐渡航路に対する姿勢、、、、。今日の地元紙の新潟日報さん、、、。

 23日の記者会見(これが記事になっている〜)、、、。これまでの「米山知事は「関係自治体と適切な合意ができるよう、必要なところでは間を取り持つ」として、佐渡汽船の意向を尊重する考えを示した。・・・」(毎日新聞2017年7月15日)、、、、の具体的な中身に少し踏み込んでいる〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(寺泊赤泊航路について)

Q 新潟日報
 明日、佐渡航路確保維持改善協議会が開かれるとのプレスリリースをいただいたのですが、知事としては協議の場が必要であるというのは以前発言されていたかと思います。この協議会は既存のものであると聞いていますが、知事としてあらためてこの協議会の意義や目指すところはどんなところとお考えでしょうか。

A 知事
 まずは、既存の枠組みの中でお話をさせていただいた上で、そこでおそらくいろいろな要望が出てくるので、またこちらからも多少なりとも提案させていただいて、少し広い範囲で協議の場を持つ必要があれば、少し広い範囲で持ち、同時に広い範囲で持っていると結論が出づらいので、例えば佐渡市、長岡市、佐渡汽船、県の四者会議のようなものでやるべきということであれば、それも考えるという形で、これからの意思決定の契機とさせていただきたいと思っています。ずっとそこ(佐渡航路確保維持改善協議会)でやるというわけではなくて、これからどうしていくかということに関して、突然(方針を)打ち出すわけにはいかないので、今までのものを生かしながら、次への契機とさせていただきたいと思います。

Q 新潟日報
 県からの提案というのは、今仰った部分ですか。

A 知事
 まずは、ちょっと広い範囲で(意見を)お伺いするというのは考えています。

Q 新潟日報
 なかなか結論を出すまでに時間がないということもあり、明後日、知事は佐渡市長とお会いすると思いますが、あらためて今後の展望について時期を含めてお願いします。
 
A 知事
 佐渡汽船が仰っているスケジュール感というのは、法制度に基づいてここまでに届け出しなければいけないということに基づくスケジュール感ですので、それはもちろん念頭に置かせていただきたいのですが、同時に、この航路は必ずしもプライベート(民間)だけ(の問題)でもなくて、プライベート(民間)と行政が両方関わっている話であり、大きな方向転換をしていくときに、あまりスケジュールありきにしてしまうと、かえって合意形成はできません。そこは最大のステークホルダー(利害関係者)である事業者が一番希望としているスケジュールはもちろん最大限、念頭に置いた上で、スケジュールも少し柔軟に考えていく余地はありませんかというお話もさせていただきたいと思います。

Q 新潟日報
 佐渡汽船の立場を考慮しつつも、県としては時期を区切るべきではないと。

A 知事
 多少柔軟であってもいいと思います。やはり関わる人にとっては非常に重大な問題ですし、人間は合意できたかできなかったかというのが非常に大きいのです。きちんと時間を取って合意をした上で出された結論と、それがなく出された結論というのは、そのあとで結論が実行できるかどうかが随分違うと言いますか、結論に対する納得感と言いますか、それに基づいていろいろなことができるかどうかはだいぶ変わってくるので、スケジュールをどうするかを含めて結論ありきではないのですが、少なくとも柔軟に考える余地がないかということに関しては検討してもらいたいと思っているということですね。

Q 新潟日報
 それは、明日の協議会で県から話をするのでしょうか。

A 知事
 明日の協議会ではまだ言えないと思います。明日の協議会はこれからそこを含めて考える土台、スタートを作るということになるかと思います。


 ・・・と!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (9)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (120)
住民投票 (25)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (731)
議会報告 (57)
一般質問項目 (32)
政治 (206)
議会改革 (50)
議員 (71)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (26)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (202)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (36)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (143)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (51)
福祉 (135)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (41)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (13)
平和 (69)
ガメラレーダー (18)
農業 (80)
行革 (47)
公共施設 (29)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (19)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (37)
文化 (10)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (51)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (22)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (287)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (23)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (26)
2016市議選 (6)
地方自治 (14)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)
2018、最強寒波〜断水 (13)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

気まぐれクラウド

読み込み中...
powered by syany

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!