topimage

2017-07

政務活動費、、、。 - 2017.07.31 Mon



 コメントにも、、、寄せられたので、、、、改めて、、、佐渡市議会の政務活動費(リンク)、、、。

 一連の、、、議員などのこういった政務活動費は、、、批判もされていますが、、、佐渡市議会は、議員が提出しても、、、「これは認められない」とかとかなり厳しいチェックをしているので、、、、問題はないかなぁ〜???と、、、😎思うのですが〜〜〜。

 ちなみに、、、(あくまでも、当方会派の場合ですが、、、、領収書紛失などで、、記載してないものも多くあります。また、他会派などでも、、、政務活動の予算範囲でしか、領収書を出していないところもあるようですから、、、、、掲載されているものが全てというようではありません〜〜〜。)。。。。。

 政務活動費は、、、判例などももちろん重要ですが、、、やはり、そこの住民的視点でのローカルルールぽい(あくまでも「ぽい」ですが・・・)ものも必要ではないかと当方的には考えていますが、、、、。(注:判例などに基づくことは当然ですが、、、そこの自治体、議会、住民的視点で見て納得できるものに、、、という意味のつもりなのだが、、、、。)

 ご意見(コメント)、、、、実は、内緒ですが。。。(大汗)。。。ちょっと、当方的にも気になってはいたのですが、、、。判例などを参考に、、、、チェックの結果と思われますが、、、、。

 (政務活動費、、、これは、各議員任せではなく、、、、議会(議長などは特に主導が必要でしょう〜)としての研究やあり方論を積み重ねて行かなければならないものだと思っているのですが、、、、、、。。。。


世界遺産??? - 2017.07.31 Mon



 3度目の挑戦、、、の佐渡の世界遺産の候補入り????。。。。。結果は、、、。

 「・・・文化審議会は今回、「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道と青森、岩手、秋田3県)、「金(きん)を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟県)とともに審査。古墳群を選んだ理由について、文化庁は「(世界遺産登録に欠かせない概念の)『顕著な普遍的価値』が比較的理解されやすく、推薦書の準備が相対的に最も進んでいる」と説明している。

 世界遺産の推薦は1国につき年に文化遺産と自然遺産が1件ずつに限られている。来年の世界遺産委員会で審議される推薦候補には、文化遺産の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)と自然遺産の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)が決まっている。・・
」(朝日新聞7・31)

 ちなみに、、、、「・・・10年に国内候補の「暫定リスト」に記載されたが、13年から国内候補を3度落選し、今回が4度目の挑戦。今年、保存状態が万全ではない10基を除外した。・・」( 同 )、、、というもので、、、4回目の挑戦だったのが大阪古墳群〜。

 そう、もう一つの、、、縄文遺跡群は、、、「・・・「縄文遺跡群」は4道県17資産で構成し、09年に暫定リスト入りした。国内候補を絞り込む文化審議会で13年から4年連続で「落選」。構成資産や地域設定、保存管理などの課題を指摘され、15年には保全状況に問題がある八戸市の長七谷地(ちょうしちやち)貝塚と北海道の鷲ノ木(わしのき)遺跡を除外した。・・」(岩手日報7・31)

 こちらは、、、5度目、、、。

 ふむふむ、、、。


稼ぎが基準、、地方創生〜地方が勝手にいいように解釈している? - 2017.07.30 Sun



 「山本幸三地方創生担当相は28日、地元の北九州市で講演し、地方創生を地方の平均所得を上げることと説明した上で「とにかく稼いでもらいたい。自助で稼ぐところは応援するし、そうでないところは応援しない」と述べた。
 企業誘致など地理的に不利な地域を抱える自治体から反発が出る可能性がある。山本氏は「自助の精神を発揮すれば、地方創生は必ずできる」とも訴えた。
 山本氏は、これまで視察した各地の取り組みを紹介。成功例として、島根県・隠岐諸島の海士町で町と住民が協力して魚介類の細胞を壊さない急速冷凍装置を購入し、特産のカキが高く売れるようになったケースなどを挙げた。
」(共同通信7・28)

 「・・・・山本大臣は「(地方は)稼がなければだめだ」と言った上で、「稼ぐことに頑張ろうという所はどんどん応援し、そうじゃない所は(応援)しませんということだ」と言い放った。まあこれは、失言でも何でもなく、山本大臣の本心だろう。過疎化など自力で解決し難い問題を抱える地方には何とも冷酷な発言だ。
 国家戦略特区諮問会議で竹中平蔵氏らと同じ空気を吸う中で、弱者切り捨ての思想が身についたのだろうが、地方創生大臣ならそうじゃない所も頑張れるようにする」だろう。山本大臣はもっとも地方創生大臣にふさわしくない人物だ。
」(日刊ゲンダイ7・28)

 地方創生、、、、結局、稼ぎが基準か?といった批判的な論評が目立つ、、、。しかしですね、、、共同通信記事のように、、、「地方創生を地方の平均所得を上げること」、、、もともと、国の狙いであったはずである。
 何度も書いていますが、、、「地方創生」、、、ま、いわゆるローカルアベノミクス=地方経済のアベノミクスという経済政策を実証させる、、、というものであったはずである。
 しかも、、、、地方創生の各自治体の計画に、、、目標数値まであげさせて、、、達成できなければ、、、「選択と集中」だ!という代物であったはずですから、、、地方自らの責任に経済政策を転化し「稼ぎ」を基準、モノサシにすることには賛同できませんが、、、当方的には、、、、そもそも「地方創生」は、そんなものであったし、、、そうである、、というのが感想である。

 しかし、、一般的には、、「地方創生」=「地域活性化」といった図式で捉え、、、ま、地方が自ら知恵をだし考えて地域をどうするかと真剣に考えるもので、、、いいもの!、、、といった捉え方も色濃い、、、地方が勝手にいいように解釈している、、、、、というのが、、、、当方周辺の感触、、と思っている。

 例えば、、、すでに書いていますが、、、、都市圏の高齢者を地方で受け入れ、、、、人口増や経済活性化などなどに繋げるという「CCRC」構想も同様のような気がする。
 これも、国の狙い、中心点ではなく、、、地方が勝手にいいように解釈している気がする〜〜〜。

 もちろん、国の狙いを見定めながら、、、(当方の言い方なら)「うまく利用して」地域づくりに生かして行く、、、ということもありですけど、、、。

 介護でも医療でも、、、なんだか、、国の狙いではなく、、、地方が勝手にいいように解釈している、、、といった気がするのである、、、。



道路、、、。 - 2017.07.29 Sat



 報道されたほどの被害ではないと言うものの、、、、個々に見ると、、、被害は深刻である。特に、農業関係者の中では、、、、今の米価や来年の「30年問題」=減反廃止とともに、所得補償などもなくなる〜また、流れは、今以上の米価の下落傾向、、、の中で、田んぼなどの災害を修復するとすれば、、、費用がかさむ、、、。それなら、一層のことやめてしまうか、、、という声も聞いた。

 ちなみに、写真は、、、、当方の山の田んぼは、事実上の孤立状態、、、。・・ということで、考えた挙句、、、「そうだ、確か、隣の町(旧市町村)の山の方から行く道路があったはずだ」ということで、、、、、とんでもない距離での回り道で突入した。(その道路の写真)

 一か八かでの突入でしたが、、、、なんとか、道ぽい感じになっていて、、、無事到達〜〜〜。

 ちなみに、田んぼのある山は、、、十数年前まで、「集落」という位置付けだったこともあり、、、市道となっているのである。・・・つまり、ここは、もし住んでいれば、、、「孤立状態」だったということであろうと、、、。

 こんな災害が起こって、、、改めて「道路」、、、ということが、身にしみたのである。。。。


防犯灯か街路灯か??? - 2017.07.27 Thu



 国仲(新穂、畑野、金井、真野)地区の、、、、???街路灯組合の方々が、、、街路灯の維持管理に関する要望を市長と!先の6月議会にも議会にも請願(陳情)が出され採択されているものと同趣旨の内容です、、、。
 誤解を恐れずに趣旨を書けば、、、、佐渡市合併前の旧市町村時代から、、、中心部(商店街な度)に行政と一緒になって設置してきた街路灯が、、、、商店街の疲弊、、、街路灯の老朽化で、、、維持できない!というものである。それぞれは、街路灯組合などといった名称になっていますが、、、中心が商店などの自営業者(商工会)が中心的存在とも(地区により、若干の差はありますが〜)、、。

 ある業者は、観光客は、半分だ、、、、やめるかどうか?などとも口ばしてってましたし、、、地域経済は深刻である〜。

 実は、当方は、、、、この問題は、中心を担っている自営業者さんらへの「経済対策」的一面といえようとも考えていましたが、、、。市長は、防犯灯として市の方で次年度から対応する、、、といった主旨の答弁で、、、、ある〜。

IMG_2609.jpg

 ま、もともと、、、防犯灯と街路灯、、、、そう大した違いはない、、、と!(厳密に言えば、、、、明るさなどなど、、、それなりの基準があるんですけど〜)、、、、。訪問したある方は、、、「あくまでも要望、お願いですけど・・・」、、、、「無味乾燥な防犯灯でなく・・・」(主旨)とも、、、、語っていましたが、、、。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (60)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (681)
議会報告 (55)
一般質問項目 (28)
政治 (193)
議会改革 (44)
議員 (68)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (131)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (45)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (267)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (104)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (54)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (6)
公共施設 (2)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!