topimage

2017-02

3月議会の質問〜 - 2017.02.28 Tue



 3月議会の各派代表質問と一般質問の通告!(上の写真:9番と10番の中村議員と猪股議員の順番が最終的に入れ替わっています)

 完全に、議会モードに投入といった心持ち〜〜〜になった!!(かなりの「焦り」)

 はてさて、、、代表質問と一般質問の特徴は、やはり市政の年度方針に対する(施策などへの)視点、角度に基づいた質問が多く、共通点である。(ま、当たり前ですが)

IMG_0828.jpg

 また、、、、当初予算議会ということもあるのだろうが、、、、請願・陳情もそこそこ出ています。

 さてさて、、、、。

激論!3月議会〜攻防編 - 2017.02.27 Mon



 (写真:昨日の真野地区の芸能祭〜〜。結構、各地区でもやっていた〜〜〜。)

 ”激論!3月議会〜攻防編”、、、このタイトルは、かなり大げさで、、、あり、中身はありません〜〜のでご注意ください〜〜〜。

 今日が、各派代表質問と一般質問の通告の締め切り日、、、、。両方あわせて、、、15名前後の登壇者であろうか?ま、明日の議会運営委員会で明確になりますが、、、。ちなみに、今回から、明日から議会日程の予定(変更もありうる&確定していないが)が公開される運びとなっている。

 代表質問は1回のみ質問ということから、、、45分の質問時間の中で再質問を繰り広げることができる一般質問を選択する傾向になっています。(ちなみに、当方会派は「選択性」ではなく、両方やれるようにすべき!が考えです!)

 これは、最近、議会開催日程についての市民からの問い合わせ、関心が増えていることから、できるだけ早く公開しようということで、変更になったものです。本来なら、議会開会日の初日の3月3日の本会議で確定されてから、公表されていたのである。(HPで公開されるはず)=いわゆるプチ議会改革〜〜〜。

 これにあわせて、、、閉会中(定例会でない)の各常任委員会などの閉会中の委員会日程も分かり次第HP公開することになったのでもある〜〜〜。

 はてさて、、、なんとか、一般質問の通告を終えると、、、答弁者側(課)から、質問趣旨などの「問どり」が行われる。当方的には、基本、そんなに「隠し球(伏せ質問」があるわけでもないので、、、、聞かれたことにはできる限り答えることにしている。(何度も、書いていますが「問どり」=これは、質問の趣旨に正確に答弁できるようにするというのが趣旨で、、、中には、裏で通じているとか、、、結局、パフォーマンスだ、、、とかいうないようではないつもりです。もちろん、議員にもよろうが〜〜)

 この問どり、、、以前は、電話でやっていたが、、、めどくさいので、当方の方から、本庁に行き、、、順番に答える・問どりに応じることにしている。

 部署部署によって、、、その問どり、、、の姿勢?がちがう訳で、、、、。中には、、、いきなり第一回目の質問は飛ばして、、、「第二質問は、何を言いますか?」といった、、、凄い方も〜〜〜。。。。
 だいたい、、、第一回目の答弁があって第二質問になるのですから、、、そこまで言うのなら、、、「まず、そちらの第一回目の答弁を教えて〜〜」となるのであり、、、、、答弁により次の質問が決まるのである〜〜〜。

 また、、、「ブログに書いてください〜〜」などと言う輩も〜〜〜。もちろん、問題意識的には、、、すでに間接的には書いているつもりであるが、、、、。実は、質問前日までくらいにならないと、、質問角度・視点は定まらない〜〜。(それ以外は、聞かれれば全部答えているつもりなのだが・・・。もちろん、「問どり」日以降は、、時間的経過で、、少しくらいは質問内容がグレードアップすることは、当然ありますが、、、何も攻める側(ということになる)から、、、いちいち伝える訳もない。=答弁側も同じであろう〜〜。そういえば、いつぞやは、、、答弁者の隠し球答弁をやられたこともある〜〜。実は、怒ってますが〜〜〜。!!それ以来、少々、不信感も持っている〜)

 ま、大げさだが、、、攻防編、、、とも言えなくもない〜〜〜なぁ〜〜と。

 ”激突”の意味は、、、、新年度の当初予算であり、、、この年度の1年間の予算が決められるという重大なもの。最近では、、、、当初予算で、、、主要事業などを隠しており、、、補正ででてくる傾向もなくもないが、、、これは、予算の原則を踏み外しているものである。(もちろん、補正予算を認めないというものではないが。。。)

 ・・・つまり、、、年間予算を決める議会であるがゆえに、、、まあまあ、、とか、であってはいけないのである!激論してこそ、、、市民のための予算になる、、、、という意味なのでもある。

 さてさて、、議員側から言わせてもらえば、、、、もともと、執行部が考える1年間予算が提示・提案される訳です=つまり、執行部側が攻勢的な訳である。=従って、、、議会は、それを受ける側、、、という要素が強いのが3月議会なのである!

 議員・議会側の利点となくもない、、、3月議会は、1年間の予算のすべてを決めるというのが原則ですから、議員側からいえば、、、通告の範疇で、どのような問題でも問いただせるというのが、、、、議会・議員側の優位性とも言えなくもない!(ま、執行部は、当然分かっていることでもあるから、必ずしも「優位」というものではないけど〜〜〜。)

 ・・・ま、どちらにしても、、、市民的にも新しい市政の方針・予算に期待しているはずであろうから、、、、3月議会のお題は「新年度予算案=施政方針」である〜〜〜。さてさて、、、、。
 (何度も書いていますが、、、、質疑などが重要になるのが3月議会、、、、。質問の提案も予算案に対する角度が必要なのである〜〜😎)


ハドソン川のAI??? - 2017.02.26 Sun



 ・・・ついつい、、見てしまった、、、クリントイーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」、、、、。(明日が、一般質問の通告というのに〜〜〜。はてさて、、、通告できるかどうか〜〜である〜〜)

 この映画が実話に基づく物だというのも興味深いのだが、、、、当方的に、、、興味深く見たのは、データロボ(だったかな?)、、、事故のフライト記録・情報に基づき、、、果たして川に着陸(「墜落」でない。「着水」だが)条件設定された状況下で、実際の人間(パイロット)が操縦してみる、、、検証する、、、、というもの!(ま、いわゆる特化型AIですな〜)

 トムハンクスが演じるベテランパイロットは、「着水」というが、、、検証側は「墜落」で判断ミスとの平行線になる訳であるが、、、、それを見事に、、、トムハンクスが論破し、、、、結局、人間であることの情報が入っていないシュミレーションでは、間違いであった、、、という結末になる〜〜〜。ふむふむ、、、、なるほどAIなどと思いつつ見たのである〜〜〜。

 実は、すでに映画の評論も読んでいる(と言ってもAIについては、なかったが・・・)のだが、、、、目立たないが、、、労働組合が彼を支える場面が、、、遠巻きだが出ている。。。。このあたりが、クリントイーストウッド監督作、、、と!

 ちなみに、論評は、、、クリントイーストウッドは、大統領選では、消極的ながらも「トランプ」と発言した人物。実際には、この映画の主人公の実際の人物のサリーが出るべきと言っていた〜〜〜。(実は、映画評論ではなく、、、大統領選評論で映画の論評もよんだのであるが〜〜〜)

 ・・・ということで、、、、、きゃ〜〜、、、こんな時間〜〜〜。やべぇ〜〜という心持ちだが〜〜〜。

一席、、、。 - 2017.02.25 Sat



 遅れている、、一般質問の通告も、、未だ、まとまっていないので、、、小噺の一席〜〜〜。

 23日の議案の概要の中で、、、示されたのが写真の「佐渡市教育基本振興計画」案の概要〜〜〜。

 昨年できた「教育大綱」に基づき、この間、専門家などの会議・審議で、、、8回にわたる修正などを経て、ここまできた。残りは最終仕上げで、3月中にパブリックコメントをしっかりやって4月に確定(策定)させます、、、、というのが、、、教育長の説明であった、、、、。

 そこで聞いた、、、。

問 「教育大綱に基づいた計画ですよね?」
答弁 「教育大綱に沿った分野別の計画で、最終的には、市民の意見を反映するパブリックコメントで仕上げます」
問 「だいたい、教育大綱自体、パブリクコメントもやらずに勝手に作った計画(大綱)であり、建物で言えば基礎がしっかりできていないところに建築するようなものでいいのか?」
答弁 「はい、すいません!教育大綱のパブリックコメントは、やっていません」
問 「そういった計画を作ることこそが大問題だし、すいませんではすみません!」

・・・・ちゃんちゃん、、、というオチである〜〜〜。

 ちなみに、「大綱」=根本的な事柄。おおもと。(大辞林)、、、、、。

 実は、、、小噺では済まない、、、実話、、、である。ま、どちらかと言えば、、、「本当にあった怖い話」かもしれない、、、と。
(しかし、あれこれ言う議員なのだが、、、こういったことは、、、ほとんど問題にしないのである〜〜〜。)

 ・・・結局、市民は、、、行政の対象者としか見ておらず、、、決めたことに従えてき思考回路なのである、、、、。


 

ガス抜きと議会〜。。。 - 2017.02.24 Fri



 昨日の議会告示日の全員協議会ネタ、、、、。

 テーマは、、、タイトルの通り、、、「ガス抜き」である。この「ガス抜き」という意味は、、、”議会・議員に多くの批判的な点や問題点などがあるが、、、、一応、議会・議員の言い分を言いたいだけ言わせて、、、スッキリ?諦めさせる?技”とでも言おうか?!その結果、、、、問題点がある議案や案件でも、、、とにかく通る。。。。という結果になる訳である。

 ま、世間的にもよく使われるフレーズ・技でもあろう〜〜〜。

 昨日出たのは、、、1つは、「あいぽーとさど」に観光協会や観光課などを配置するという新年度の方向!新聞などでは、すでに決まったように書かれていますが、、、、議会的には(逆に言えば「執行部的には」)、、、、議会と協議中、、、というものであり、、、、次年度の組織改変の部長制とも関わる重要な案件なので、施設の所管の総務常任委員会での協議、、、観光関連が所管の産業建設常任委員会での協議を経て、、、どちらにも属していない市民文教常任委員も入れた全議員での場でも協議を経るという手順になっていたが、、、、、このプロセスの最後の段階を無視して、、、いきなり、関連する議案が提案!

 誰も吠えなかったが、、当方が吠えた!もちろん、執行部的にも関係ないとは言いませんが、、、、議会側の姿勢の問題でもあるのである。

 「たかが、、そんなことに!」という方もおろうが、、、、これは、この案件だけでなく、他の案件の場合とて関わるものであり、、、審議・審査を基本とする議会としては、決して軽視してならないものなのである。(もちろん、ケースバイケースで省略の場合もあろうが、、、それは、そのことを認識した上でのことであるはずである!)=故に、吠えたのである!

 いつもなら、、、「議会の権威が・・・」云々という古手議員も当初は静観のようだったが、、、途中から、、、「指摘されている通りだ!どうするのだ!」という声も飛んだのである〜〜〜〜。。。
 そのうちに、、、「ガス抜きだ・・・」との声もでた、、、、。

 ま、議案を出すことを決めておいて、事前の協議というか審査、、、、これでは、全く力は入りません〜〜が!
 (昨日の相川温泉の廃止条例と同じで、、、、色々市民の声を聞く、、言わせておき、、、その一方では、廃止を決めている!という、、、これも「ガス抜き」である〜〜〜)

 例えば、、、不祥事問題の外部監査報告結果的にいえば、、、、当然のルールに従ってことを進めるべきというものだが、、、それを無視する、、、という形になるのではなかろうか?と、、、、。(こういったところが、、、誤りを生み出すのである〜〜〜。つまり、、、、実は、議会の姿勢のあり方も大きく関わるのである、、、と言えると思うわけである〜〜)

 「ガス抜き」、、、よくよく考えてみると、、、政治的意味合いも強いフレーズだが、、、、実は、この「ガス抜き」が連発、、続くと、、、抜いたつもりのガスが、、、逆に多くたまり、、、大爆発もするのではないか?とも思うのであるが、、、はてさて〜〜。

 新しい議員もほぼ1年になる当初予算議会、、、、結構な見どころもあるなぁ〜〜とも、、、。






狐につままれる?いや、二つ岩の団三郎に気をつけろ〜 - 2017.02.23 Thu



 ”中川もちょっと、来い!”という電話で、朝一に温泉のワイドブルー相川を「存続させる会」さんの市長への申し入れ、、、に!(ま、枯れ木も賑わい、、、といった心持ちで参加!)

 今日のサドTVさんもニュースで報道していた〜〜〜。

 このグループの要望は明快で、、、。

 一、10月18日の温泉説明会以降、市からの正式な結果報告(廃止するとかどうするとかの最終報告)もなく、住民の合意もない中で一方的に廃止ありきですすめることは、市政に対する不信感がつのるばかりです。少なくとも納得できる結果報告し住民の合意の上すすめてください。【その後の説明会もなく、今後の方向も示さないで、一方的に廃止を決めないで!】

一、温泉施設は採算だけで考えず、旧相川町の時と同じように行政として福祉や地域コミュニティの場の位置付けで運営できる方向で存続してください。【「存続」を願う住民の声を聞いて!】


 というもの!!!これは、当然であろうと!・・・・元々、温泉問題での住民説明会では、、、どこを廃止するとか言っていません!それどころか、「どこか残すためには、どこか廃止せざるを得ない」といったテーマで行なっていたものである。

 当方も、相川温泉の説明会には参加して聞いていたが、、、”財政が厳しいので、、”フレーズは強調していたものの、、、、明確に相川温泉を廃止する、、、とは言っていません。(証拠:19日のサドTVでの報道での市民の受け止めと説明した副市長のインタビュー。そこで語っていることを見れば明快です。また、説明会自身、録画報道されていますから、それを見ればわかることです。)

 このことは、今日の参加者の口からも異口同音に語られたが、市長は、、、廃止すると説明した、、、という一点張り!(ま、十分伝わらなかったとすれば、謝りますが・・・みたいにも言っていたが、、、、。しかし、当方的にびっくりしたのは、今日同席した幹部職員や副市長もその点には異論を言わない!=ま、こういったものなのか〜〜と(涙))=おそらく、市長は、録画を見ていないのでしょうけど。。。。。

 ま、百歩譲って言えば、、、、市民が市が言うように受け止めていなかった(説明不足)とすれば、、、それに応えて結果説明会をひらけばいいだけではないか?????

 (ちなみに、議会や議員も今回の温泉存続に至った根拠や今後の方針は、誰も知っていません〜〜)

 住民の動きは、、、、一言で言えば、、、当方的も重視している「住民合意」ですすめる市政!をやるかやらないか?、、、と言うことに尽きると思うのである〜〜〜。

 朝の模様を放送した今日のニュース(サドTV)では、、、インタビューで、市長は住民説明会がいるよう、、、答えをしている!!!

 追記:24日付けの新潟日報も「・・・冒頭以外非公開で行われた。終了後、三浦市長は取材に対し『今後については住民に説明させていただく。現状、譲渡先が見つかっていないので存続は難しい』と話した。」、、、、と?午前中(議会前)には、、、、、住民説明会をやると、、、語った記事になっている〜〜〜。

ーーーーー第二幕ーーーーーー

 さて、午後からは、、、3月議会の議案が示された、、、、。(これもニュースでやっていたが〜〜)

IMG_0738.jpg

 なぬ〜〜???相川温泉を廃止する条例案が出されているのである〜〜〜(大涙)。。。。そこで、「廃止することを明確に言わない!住民説明会をやるのかやらないのか!」と当方は、明確に問いただした!

 答えは、従来どうり、、、市長記者会見でやっているから、やらない!と、、、、これも明快に答えたのである〜〜〜。

ーーーーーー第三幕ーーーーー

 お分かりだろうか?・・・・・TVを見たのは、、、議会の全員協議会が終わってからなのです。つまり、午前中には、市民の申し入れ直後、市長はインタビューで、、、住民説明会がいるよう、、、ことを言っていた!!!

 ところが、、、午後の議会の協議会では、、、明快に「やらない」と言う、、、、。

 そんでもって、夜にTVを見たら、、、、住民説明会がいるような言い方をしている、、、、訳で、、、、まるで狐につままれた、、ような心持ちなのであるR。

 そうだ!!!相川温泉の向かいの山には、、、ムジナの大明神の二つ岩の団三郎が祀られている、、、。狐ではなく狸に化かされた、、、、、、、のかもしれない〜〜〜〜。

 ま、住民も10月18日の説明会から、、、、ムジナにつかれた、、、という感じなのかもしれない〜〜。二つ岩の団三郎に気をつけよう〜〜〜。(ちなみに、狐も狸も化かすが、、、狐と違って、、、狸は、どちらかというと、ユーモア?憎めない化かしなのだが・・・)

ーーーーー第四幕ーーーーー

 (再度、夕方のTVに戻る〜〜)

 グループの代表者のインタビューでは、、、、「なし崩しになるのか・・・」といった趣旨を答ていたが、、、、、。

 TVを見ながら、、、、「なし崩しかぁ〜〜」と呟いた、、、のである。(気になった点*何故か?マスコミなどは、冒頭だけで退席させた!「自由に意見を言うために・・・」といった主旨だが、、、なんだかちゃうんじゃねの〜〜と。ちなみに、歴代の市長でのこういった場面では、、、、最後までいた!というのが当方的経験値ですが、、、。もしかして、流行のマスコミ嫌い?かなぁ〜〜と。。。)

追記:下記は、当方が10月18日の相川の温泉説明会でその場でPCに記録した当方的簡易議事録(メモ)である。(あくまでも、当方の主観的メモであるのでご注意ください。

■温泉施設説明会(相川)

10月18日 相川温泉 住民説明会
・12月までに結論(行革課長)
・脊椎狭窄症=温泉で治した。3Fにも上がることができなかった。
・「熱の籠ったお話、ありがとうございました。」藤木副市長
・人件費を除いて、約2500万円の赤字です。(藤木副市長)

市民1
・佐渡市予算で見れば、大した%ではない。
・市の福祉事業で、年間3万人も集まるか?よく考えてみろ

・健康は重要なことだ(藤木副市長)
・三浦 市長は、このままでは佐渡の温泉施設がなくなっては困るので、何箇所か残す方策が必要!という意味で
乱立していては、共倒れになる===これが三浦市長の出発点である。(藤木)
・あったほうがいい、、それは当たり前だが、これから人口が減るので、このままでいいのか(藤木副市長)

市民2
・40年相川を離れていた、8月に帰ってきた。整形外科に通っていた膝が悪かったが、この施設で膝が治った。週に4回くらい使っている。痛みを抱えている人がたくさん通っている。老人クラブの憩いの場、トライアスロンの人も。「プールがあるから相川に帰ろうと思った」。赤字だからといって止めないでほしい。真野(国中)まで、バスに乗って、プール、温泉かよえない。ふるさと納税で維持するとか、知恵を使ってほしい。

市民3
・このプールで、70歳になつて、プールに通うようになった。
・プール活用での健康増進や体調の向上に繋がった。季節に関係なく使うことができるプール、
・世界遺産だなんだというが、、、人が生きるのは、こう言った施設があることだ。
・損をして得を取れ、、、の諺のように考えるべき
・何もない相川町だからこそ、この施設が必要。
・確かに、寂しい街だが、相川には、プールと温泉がある。
・ワイドの前に車がたくさん並ぶようにしてほしい。相川の財産だ!

市民4
・街で商売している。お祭りと利用している高齢者なので、説明会に参加できないので、声を預かってきた。腰などの痛みをかかえている人が利用している。
・一度、閉鎖すれば、復活するのに大変だ。
・夏場は、観光客も含めて賑わっている。
・伊藤副市長は、どう感じているか?=伊藤副市長「私も腰痛を指導員の方から教えていただいて、よくなった。大変、いい温泉だと思う。私も残したいが、いろんな状況があります。皆さんにご理解をいただいて。全部残すのは、難しい」

市民5
・廃止するのを最終的に決めるのは誰だ。=条例なので、最終的には議会の議決で決まる。
・あなたたちは、廃止したい。新しい市長になって、、、改革改革というが、民間ではない民間なら赤字なら切るだろうが、、、、。新しい市長になって、、、努力したか。
・2500万円なら、職員五人も削れば出てくるじゃないか。

藤木=少しでも残すのが三浦 市長の転換だ。佐渡に1つも残らないのは困るだろうが市長の考え。集約をするのもしょうがないの人もいる。ガラス張りなのでTVでも報道されるのである。=今後の対応を決めて

市民6
・相川を切るのか!!!!(叫ぶ声)

・藤木副市長=相川の場合はやってくれる人がいなかったので、直営になっている。やってくれる方がいれば、相談する。

市民7
・利用者の推移。なぜ、相川は2万人減と佐和田が伸びているのをどう見ているのか。
・今後の、方向性=どのような決め方担っていくのか?

・プール利用は、昨年に比べ半減している。(社会福祉課長)

・市は、こんな風に努力するということがない!この後、市がどんな努力をするのかを聞かせていただきたい。

・直営のため、民間のように、集客努力が足らなかった。→足湯を外ではじめてみた。子どもたちが、第一号の客だった。全体的に、足湯の利用が良かったと思っている。

市民8
・両津からなぜ、来たか分かりますか?幼児用のプールがあるのが相川の施設。真野は、小学校以上〜。相川のプールがなくなると佐渡唯一の幼児プールがなくなるという意味がわかりますか。佐渡には、遊園地も何もない中、必要な施設ではないか。2500万円の赤字のために切るのか?「選択と集中」というのなら、相川は、残されるべき施設ではないか?両津から定期的に利用している。佐渡でプールに入れなくなる。
・海に、11ヶ月間入れない佐渡で、年間を通じて泳げる施設。無料の利用券を出したら。
・2年前に世界遺産との関連で残していくといったばかりなのに、あい方口がふさがらない。

市民9
・2年前から、直営にしたのに、もう廃止するんだ、、という噂ばかりで、気持ちが萎えてしまっている。壊れても直さない、、、ということでは、お客さんが離れる。現在は、、、どこを見ても故障故障で、、直さないじゃないか。これではお客様が来るわけがない。
・テレビを見ながら温泉に入るのが楽しみだったが、、、あのテレビはなんだ。今時、あんなテレビはどこにもない。
・少しでも、経費削減のためにテレビを消そうとしても、、、消せないじゃないか?
・営業時間を短縮による経費削減でも、、私はいい。工夫が必要ではないか。廃止、廃止でなく。税金使ったていいじゃないですか?

市民10
・世界遺産を目指しているところであるのに、夏場、泳いでシャワー使えるようなところがないかと聞かれて、温泉を紹介した。
・町に一件も銭湯はない。一人暮らし高齢者は、風呂もつかわない
・膝が痛いのでプール利用で膝の痛みがなくなった。
・60歳を過ぎると大体の方が膝が痛くなる。整形とかに行ったけど、全ぜん治らなかったが、プールで治った。
・働きかえこそ重要では、ないか。老人グループへの啓蒙を提案します。こう言った努力をしたのか?
・施設の空間利用をもっと考えるべきではないか。
・経営感覚の人に手伝ってもらったらどうか?テンントは、利用料が高いので入る人がいない。安くして、使ってもらった方がいいのでは?
・住民としても何ができるか、考えなくてはいけないと思うが。家族や友達を誘いあってやる気持ちが必要。=こんな提案を市の方でもやってほしい。

社会福祉課長=みなさんの声を聞くと、やはり集客など努力が足らなかったかなと反省している。

市民11
・直営なのに600円だったのか?誰が決めたのか?毎日、温泉に入っている。自動販売機も掃除も委託しているのは?結局、利益を外に出しているのではないか?
・社協は、温泉の運営でなく、赤字を作らせるためにやらせたのではないか?
・赤字なので、社協に移管したのではないか?=民間がやった方がいいということなので民間譲渡したのだ(社会福祉課長)

市民12
・温泉を掘った張本人の当時の担当者だった**です。(当時、当人が中継されているのに自ら名前を発言していました。「個人名は伏せた方が・・」とのコメントもありましたので、、、変更しました。
・世界遺産のお客さんのためにも、分湯する方向。できるだけ、今の状況を維持してほしい。

市民13
・佐和田から来た。疑問なのは、相川は、料金が高いから、集客が下がっている。高いので佐和田に入って、帰って来る。週何回か来ています。幼児が入れるプールは、ここだけなんです。子どもだけ入れる。真野に比べて水温が少し高く、健康増進に使う方が多い。

市民13
・この1年半、「市の意向を反映して・・」というがそんな努力は、微塵も感じられない。「もう1〜2年佐渡市でやらせてください」というのが正しい。
・佐渡市でいろんな努力してから、、ではないのか?

市民14
・話は10年前に戻るが、、、佐渡市合併時は、、それぞれの地域の特色やエリア分けしたが、相川は、どのような観光客誘致をやられたか?ふるさと納税は?=約1億円(行革)
・世界遺産に登録されたら、、行ってみたら、何もない地域でいいのか?3軒あった本屋が1軒になった。大げさに言えば、大佐渡に本屋1軒。損益分岐は超えているが、私は書店経営を守っている。=この気持ちが行政にいるのではないか?

藤木副市長(閉会の挨拶)
・相川の地域づくり
・今日いただいた意見を
・嬉しかったことは、両津やその他の地域からも参加してくれたこと=旧市町村の枠にとらわれないことが必要。これが佐渡市であると思ったわけである。(この発想がおかしい〜〜(^^;)。「だから」相川という枠にとらわれないことが必要だという結論に持っていきたい意図が見え見え〜〜)


観光が問われるかなぁ? - 2017.02.23 Thu



 いよいよ、23日には、新市政の初めての当初予算編成=市政方針=具体的施策などなどが明らかになる3月当初予算議会の告示となる。とりあえず、議員への概要説明も開かれるので、議員的には、明らかになる。
 よく、ニュースなどでやっている、、、「新年度予算」といった対マスコミ向けのものがあるのかどうかは?わからないが〜。

 はてさて、写真記事は、22日付けのものだが、、、、観光分野を大きな柱にするのか?・・・・ま、もともと、佐渡市に限らず、、、特に地方都市(市町村)では、、、、「地方創生」などの掛け声もあるのだが、、、”どこでも観光振興による地域づくり”が進められているから、、、ま、ま、ま、、、、、ある意味驚くべきでもないのであるが、、、、(涙)。

 ちなみに、、、”どこでも観光振興による地域づくり”というのは、、、ま、それくらいしか地域経済や人口減対策や活性化の打開方向がないというのが、、、今の日本の政治の状況であろうが、、、、。(つまり、全国各地で「観光振興」による争奪合戦化、、、しているということでもある。)

 (ま、ザックリ言えば、、、、”リゾート”、”一村一品”、”テーマパーク”などなど、、、、こんなブームに踊らされた過去の経過もあり、、、それらに地方自治体も翻弄された〜〜と言えなくもないので、、、「さてさて」とも〜〜。
 また、記事のこの施設とて、、、計画時には、、、、このような書き方をされるような現状にするつもりもなかったはずであろうが、、、、。それにしても、、、。)

 記事によれば、、、もう、決まったかのような書き方になっていますが、、、、議会的には、、、、”執行部から相談をかけられている”といった状況で=ま、検討中〜〜というものなのだが、、、。(はて?)

 ま、どちらにしても(力を入れようが入れなかろうが〜)、、、、世界遺産登録などもありますし、、、「観光」をどうするのか?ということが大きく問われることも間違いないであろうと、、、、。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (9)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (120)
住民投票 (25)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (729)
議会報告 (57)
一般質問項目 (32)
政治 (206)
議会改革 (50)
議員 (71)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (26)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (202)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (36)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (143)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (51)
福祉 (135)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (41)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (13)
平和 (69)
ガメラレーダー (18)
農業 (80)
行革 (47)
公共施設 (29)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (19)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (37)
文化 (10)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (51)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (22)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (287)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (23)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (25)
2016市議選 (6)
地方自治 (14)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)
2018、最強寒波〜断水 (13)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

気まぐれクラウド

読み込み中...
powered by syany

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!