topimage

2016-10

各地温泉施設(廃止?)の住民説明会(畑野編) - 2016.10.31 Mon



 はてさて、、、、今宵は、畑野の温泉の住民説明会〜〜〜(^^;)。
 中身は、言うまでもなく、、、圧倒的に、、、、存続を願う住民の声!!!といった状況で、、、どこも同じ!、、、。

 ちょっと、別件、、、。最近、耳に入ってくるのは、9月議会で請願陳情を議会が否決したことを上げて、、、「もうこれで廃止は決まりましたから・・・諦めなさい」と住民に行政側が口を開いているそうである、、、ということが、よく耳に入ってきます。
 市政とは関係ないとは言いませんが、、、9月議会の請願陳情は、、、市民からのものを議会が賛否を問うたのであって、、、これで決まったものではありません。場合によれば、、市長が「やります」は、当然あり得ます。(例:庁舎問題では議会の賛否とは、別に動いています〜〜。結局、都合のいいように言うのである)

 また、請願陳情に法的拘束力があるかといえば、、、「ありません」。過去にも議会が採択したから、必ずやった、、、などということはなく、、、それどころか、、、「やっていない」方が多いはずである。

 またまた、ある時は、幹部職員は請願陳情を出した市民に対して「請願が採択されても、従わなくてはならないものではない」とも語っています。(確か、、、過去に書いたつもりですが〜〜)

 ちなみに、、、当方は、、、、「仮に議会が否決しようが、市長が住民の声を聞かないとすれば、、、それは、そちらが間違っているだけだ。政治の主人公は、住民!!」、、、と答えることにしてある。(最近では、、、コロコロ態度を変える議員に期待してはだめだ〜〜」なんてもね〜〜〜。(^^;)。。。。「ずきゅ〜ん」(打たれた音」〜〜(^^;)(-_-;)(^_^;)。。。。

 さてさて、、、本題〜〜〜〜(^_^;)。

 今日の会場では、、住民が説明に入る前にと言って、、、、「説明会の前に言いたい。なぜ、市長が来ないのか?それに不祥事問題について開会の挨拶の中で謝らないのか?市民が怒っている。副市長に決定権があるのか?言っても無意味なら、話し合いにならない。全権を持って参加しているのか?」(当方メモ=正確には、録画放送を見てください〜)、、というところからはじまった。

 市側は、、、ま、従来の話だが、、、。当方的に言えば、、、「市民1人当たりの税金は、9万円で最低で、1人あたりの借金も100万円・・・、財政が厳しい・・・」から廃止という主旨の市の説明に対して、、、、市民が「地方交付税の一本算定になるから財政が厳しいように言うが、当初60億円も削減されると言っていたものも、7割が保たれるし、当初に比べれば、そんなに厳しくない。また、借金借金というが、合併特例債は7割返ってくると言っているではないか!(100万円借金なら、、実質は30万円ということになる〜)」と反論があった〜〜〜。。。(当方的には、「正解」である)

 何を言いたいかといえば、、、、財政逼迫論を出せば、、市民になぞ分からないだろうとの市の説明に対して、市民が反論した点である。。。。とうとう、市の説明では、、、、「国の借金が国民1人あたり670万円〜〜」と国の借金論まで出てきた、、、。(さすが、国の役人出身の副市長〜〜(「よぉ〜」)、、、おまけに、厚労省畑ですから、、、社会保障財源論なんぞ、、、お得意なのであろうと、、勝手に想像〜〜したのである。)

IMG_7895.jpg

 市民から、、、最終的に誰が決めるのか?(他の会場でもありましたが)に対して、、、「最終的には、議会の了承で決まる」とも〜〜。

 当方の前では、、、70歳代と思われる女性が真剣にメモをとっていた。。。

 追*(おそらく当人だけがお分かりと思うが〜〜)、、、当方の直前の席には、、、おや〜〜見たことのある方〜〜〜であった。。チャンチャン!!


本庁舎建設問題から、、、地域の温泉問題〜 - 2016.10.29 Sat



 「本庁舎建設問題から、、、地域の温泉問題〜」のタイトルだが、、、当方的受け止めでは正確に言えば。。。「本庁舎建設中止問題から、、、地域の温泉廃止問題〜」ってなところである。

 ちなみに、住民説明会での市の言い分で温泉問題を正確に言えば、、、「存続させるために廃止します」ということである。各地での住民の存続を願う声は、、どこでも大きな声となっている〜〜〜。ま、議員的(あくまでも、、「当方だけ」かも知れないが・・)に言えば、、、当然の如く、住民は福祉的位置づけで存続、、、残して欲しい、、、と言うというのは、、、説明会を見るまでも、聞くまでもない!!!(恐らく、、、執行部とて同じであろうと推測できる。逆に言えば、、、、市民の思い、願い、声が分からないのだろうか???・・・分かっていて断行しようと言うのかも知れないが・・・・)

 大体、「残すために廃止する」=「このままでは、全部共倒れになり佐渡市から、、市有温泉がなくなるので、どこかを廃止し、、どこかは残します」、、、ついては「これまでのような運営費補助(的)な、現在の年間1700万円は止めます。・・が、何らかの支援は考えていきたい」、、、というものである。

 よくよく考えて見ると、、、ではどうするのかという具体案がまったく分からない。例えば、、、過去には、、、地域エリアを考えて整理する案があったが、、、、これもない!!
 また、、、「運営費補助は行わない」といいながら、、、「何らかの支援を考えたい」、、、これは、実際には、、、運営のための支援=ま、運営費補助につながるものであろう〜〜。これとて、、、具体的に、、、予算支援なのかなんなのかも分からない〜〜。

 結局、具体案もないままの説明会は、、、一層、なお、、、混乱を引き起こしているだけではないか????

 (ちなみに、各地の説明会をTV録画放送されていることから、、少なくない市民が見ているようで、、、、市の話しぶりを聞いて、、、「ああ、、やっぱり、、、**と**は残すような言い方だな!」という感想も聞かれます!!!=これの感想で重要なのは、、、「やっぱり」のフレーズ、、、。ここには、かなり意味深がこめられている〜〜〜(^_^))

 

 新穂での録画を見ていて、、、議員的に気づいたフレーズがあった。(ちなみに、当方が出席できた場所では言わなかった気がしますが・・・)。。。。それは、「(運営費補助など中止は)・・・議会の方でも、そうゆう方針ですし・・・」(アップ動画では、最後の方)という説明・答弁である。(=議会が市の方針を後押ししているかのよう?

 えっ????、、、、議会が市と同じ方針????、、、はて、どこで決めたか???・・・が当方的認識です。確かに、市の統一方針は示されましたが、、、、了承した覚えは、当方的にはありません。(もちろん賛否もとっていません)
 市が、、、こういった方針で住民説明会をやる、、、ということに意見は言ったが、、、、また、議員の中には、市の方針と同じ議員もいたし、逆に残すべきという議員もいたのであり、、議会として賛否をとり方針を決めた訳ではない!!!!

 それで気がついたのが、、、これである〜〜〜(^_^)。

 IMG_7872.jpg

 当方の議会報告チラシからであるが、、、、温泉問題について、、、賛否をとったといえば、、、住民から出されていた、請願陳情で採決を9月議会に採りました、、、、。(たたたた確かに〜〜〜〜である。住民説明会では、各地区とも、、”福祉施設の位置づけで”、、、”採算採算ばかり言わないで!”、、、、の声が出されているが、、、、この請願陳情も同様な主旨であった!!!

 ==当方的に、、、謎が解けました〜〜〜。請願陳情を審査した常任委員会では、「全員賛成=全会一致」だったものが、、、最終の本会議でひっくった(*印)訳、、、、、、。(にゃ〜〜りほど〜〜〜(-_-;)。。。。)

 ちなみに、、、、、議会報告チラシからですが、、、、(^_^)〜〜〜。

 IMG_7873.jpg

 ・・・・これが、、政治なのか、、、、、。(^_^)=また、怒られる〜〜〜〜〜(-_-;)。。。。ちゃんちゃん!!!




ネット界隈の激論??? - 2016.10.28 Fri

あいかわ

 庁舎建設問題(建設中止)と温泉施設問題(市の言い分では「1つでも残すために廃止?」ということのよう〜〜)の各地区での住民説明会が展開されている〜〜。

 はてさて、、、当方も、、、時代がらというか、、、ご多分にもれず、、、SNSぽいものをやっています。ま、どこでも、、こんな感じの曖昧な表現((^^;))でしかありませんが〜〜。ちなみに、Twitterは、ほとんど停止状態(こういったダラダラ書きは、字数制限無理〜〜)、、、Instagramも、、、アカウントつくってあるだけ〜〜で、、、、このBlogよりも個人的ネタが中心なFacebookと、このBlog、、、だけなんですが〜〜〜(^^;)。

 ネットでのバトルってのは、、、遠慮したいのですが、、、相手によれば、、、、激論ぽく迫ってくる方もおります〜。ちなみに、当方的には、、、ネットバトルは、、むずい、、と考えています。・・・が、「お前は市会議員だ。。。使った政務活動費を正確に答えられないとは?」とか、、、相手側が設問しておいて逆ギレパターンなどなどといった感じでして(よく見かけます〜)、、、。(ま、公人ですし、、、それもそれなりに当たっているのでしょうが・・・涙)==議員の情報発信のむずかしさを感じますが、、、、。

 特に、この庁舎建設&温泉廃止存続問題について、、、激論ぽく感じます。もちろん、いろいろな主張や考え方があるのは、当然なんですが、、、。そうそう、、、庁舎問題の住民説明会でも、、、(ほんの少しですが・・・)賛否の双方がやりあうぽい感じも見受けられました、、、。似ているかなぁ〜〜ということな訳です。

 あいかわ2
(相川の温泉で敬老会)

 突然ですが、、、、「行政(市)からの丁寧な説明で住民合意で」(議会答弁)という現市長の姿勢は、賛成である!=それは、選挙結果が求めたものであると考えています。=「住民の声を聞いたような顔をする政治」ではなく「しっかりと住民の声を聞いた市政」というものであると考えているからです。

 行政と住民がぶつかることも当然あり得ますが、、、双方が勝手な言い分を言うのではなく、、、、ともに佐渡市をつくる同志として、、、将来を、今を、、、どうするか話をすることであろう。。。
 もちろん、激論やけんか腰の場面もあろうが、、、それは、それなりに真剣な現れであろうと思うのである、、、、。

 ・・・・が、、、どうも、ネット界隈の激論は、、、違う気がする訳である〜〜〜(^_^)。。。「フェースTOフェース」(市長)の言葉がやっぱりかも知れない〜〜〜〜と、、、、。

IMG_7856.jpg

 (過去にも何度も出していますが、、、一般質問で使った資料(H22年頃かな?)、、、、。ちなみに、羽茂が抜けているのは、、、当初から、、、福祉よりも、、観光や産業振興に重きが置かれていたためで、、、、社会福祉課の範疇ではない、、、。佐渡市なっての当初の民間譲渡でも、、この施設とは、微妙に色合いが違っていました〜〜〜。今回は、同列な扱いですが・・・・)

議会は変われるか???(^^;)。。。 - 2016.10.27 Thu



 (やっと、このネタにたどりつく〜〜(^^;))、、、。しかし、今宵も住民説明会〜〜。本当に市長をはじめ、、執行部のみなさんは、、、お仕事とはいえ、、、本当にご苦労様です!!!

 さて、、、、ちょい前、、、、と言っても数日前、、、。議員の条例発議に関して、、、各派代表者会議でもめた、、、、。
 具体的に言えば、、、市民が庁舎問題の住民投票条例制定の直接請求がはじまっているが、、、議員としても、発議権(議案提案権)を使い、、、住民投票条例を発議したいという、、、会派からの、、、意見交換の場、、、、であった。

 ちなみに、、、、この「住民投票条例」と言うことに視点を置くのではなく。。。。「議員の条例発議権」についてである。

 (ま、提起されていた条例案が条例案であること=ホットなネタということも災いしているが・・・)

 「議会が条例提案するなら、、せめて圧倒的多数でなければ議会の権威の問題になる!!そんなものを許せない。各派の申し合わせで、没にすべきだ」、、、という強い(かなり強い〜〜のであるが・・)主張と、、、当方はガチンコで衝突した。

 ちなみに、この住民投票条例がどうか?というのではなく、一般論で衝突したのが、当方!!!!

 「各派会議などというものは、、、国会でいえば、、、政党間交渉や打ち合わせの場でしかない!条例などの発議権・議案提案権は、議員の権利として保証されているものであり、各派会議などでつぶすことはできないものである!!」というのが当方主張!!(ま、いつもなのですが、、恒例のバトル!!!となった〜〜。。。しかし、いつも矢面にたつのが、、、当方会派ぽいと勝手に思っている〜)

 過去に書いたことがありますが、、、相手は「政治論」、、、当方は「議会論」とでも言える感じでもある。

 もちろん、「政治論」も時としては重要です。例えば、、、今回のように、条例発議をするとすれば、、、背面の「政治論」がどうなのかというタイミングなども重要だと、、、当方は、思っていますが、、、、。

 実はだいぶ前からというか、、、はなっから友言えますが、、、、議会は、「受け身」ではなく「政策立案」が出来る議会こそ重要、、、ということが叫ばれているのである。・・・具体的に言えば、、、条例が発議できる議会・議員ということなのであり、、それこそ、議員発議による条例が期待されているのである。

 もちろん、、議会の多くが賛同しての流れになることは、一番良いことであるが、、、多数決の議会では、、、そうともいかないのも現実である。もちろん、大前提には、、、議員間、各派間の十分な議論のすえが要である。。。数に物をいわせてやるというのでは大問題であるということは、言うまでもない〜〜。

 トップの写真(書籍)は、、、、議会改革のトップランナーと合津若松市議会のあれこれのものであるが、、、、大津市議会も〜〜

 大津市議会の議員提案条例・計画


 さてさて、、、議会が市民の期待に応えられるか、、、、はたまた、議会はかわれるか????と、、、、。



住民説明会(両津編)。。。。 - 2016.10.26 Wed



 両津編、、の説明会〜〜〜(^^;)。あいポートで約60人くらいでしょうか?・・・当方的には、もう少し多いのではないか?100人くらいは、、と想像していましたが、、、、、。

 まずは、当方的軍配は、、、建設した方がいいんじゃないか系の方が優勢で、6:4といった採点。(ま、これは、当方の議員的視点が強いせいかもしれません。。。。あくまでも私的軍配ですので・・・)

 まず、実は、当方的に驚いたのは、、、昨日の書き込み(8月2日から4日間で建設中止を決めていたという=昨日の書き込み参照)をほぼそのまま、、、発言された方がいたことには、ビックリ〜〜(^^;)。。。。した〜〜。副市長にまで質問〜〜〜。(恐らく、当方がいたこともあり否定されなかった、、、のかも???)

 ちなみに、、、4日間で「建設中止を決めていた」ので、市民団体からの申し入れがある前に決めていた、、、が昨日の答弁でしたが、、、今日はなんと答えたかといえば、、、「8月2日にB案を示したが、、議会に賛同・理解が得られなかったので、、、C案しかないと思っていた」(主旨)=(昨日は「決めていた」だが、今日は「**と思っていた」の結論には至っていないということ?)というお答えでした。つまり、今日の答弁は、「決めてはいなかった」というものですから、、、、結局、8月8日の市民団体の要請が決め手の1つであったと言うことになる〜〜〜訳なのだが〜〜〜。(こういったことを書くから、、嫌われるんですけど〜〜〜(^^;))

 (いまさら、、という感もあるんですが〜)8月12日には、、、B案の建設を進めるための、市民向けのパブリックコメントの形式まで、実は議会に示しました。(裏面はA、B、C案の比較表あり)・・・これ〜〜〜。

 IMG_7849.jpg

 8月18日には全戸に配布したいと、ここまで示していて、8月8日には決めていた、、、ということはなかろう、、というのが当方的推測ですが、、、、緻密な推理ドラマか、、、どんでん返しのサスペンス映画でもない限り、、、そんなことはなかろう〜〜と思うのだが?

 ・・・しかし、、、「事実は小説よりも奇なり」とも言うわけで、、、、、などなどと。。。。(kyaaaaa、、、また、怒られる〜〜(^^;))

IMG_7848.jpg

 軍配にも影響したのですが、、、、質問の論点が鋭かったこと(単純な論点でなかった)、、、、さらには、当方的な感覚と似ていた、、、ということが影響か?(論客市民が多かった気がします〜〜)
 例えば、、、「最上位計画の将来ビジョンがそんなに簡単に変わっていいのか?・C案は最上位計画違反ではないか?」、、、などなど。=ちなみに、これは、、、建設賛成であろうが、反対であろうが、、、、これはこれでその通りであろうということは動かせないものである。市自身が「最上位計画」(ま、過去にも書いていますが、、市民への約束!ま、ある種憲法みたいなもの??)としているものを変更するなら、それなりの手続きが必要なことは、いうまでもないのである〜〜〜(^^;)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2016年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (117)
住民投票 (23)
温泉 (56)
ブログについてのご注意! (58)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (654)
議会報告 (53)
一般質問項目 (27)
政治 (189)
議会改革 (39)
議員 (65)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (18)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (64)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (17)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (12)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (258)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (50)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (1)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!