topimage

2015-10

公務員の気持ち、、、に? - 2015.10.29 Thu



 唐突ですが、、、、(汗)、、、、「公務員の気持ち」になってみる???

 (もちろん、「お前ごときに市の職員の気持ちなどわかるはずもないし、、、だいたい、できない!不向きだ!」という声が聞こえてきそうですが、、、、それはその通りです!!!が、、、)

 議員的バイブルに「議員必携」なる書籍がある。(ちなみに、町村会の発行ですが、よくできている名著である。)。。。と、思っていたら、、、公務員にもあるようで「自治体職員必携」なる見出し、、、。
 一連の不祥事関連で、、、、実は、当方は当方なりに自治体職員の気持ちに、、、なってみたのである。(もちろん「当方なり」でしかありません〜〜〜)=ちと、古いネタかも〜〜〜〜。。。。
 逆に言えば、、、、この「必携」の基本ぐらいはおさえて対応しないと、、、一丁前の公務員になれないわけで、、ある。(ま、実は、どのような職種でも、、、同じなんですが、、、ね

 もちろん、、、、読後感は、、、「当方には、無理だなぁ〜」なのですが、、、ちなみに、議員も特別地方公務員ですから、、、ある意味共通するところもあり、、、「ふむふむ・・」でもあったのである。

 そこで、ふと考えたのが、、、臨時職員のみなさんも実は「公務員」、、そうそう、、地域おこし協力隊員も、、、同じなんだよなぁ〜〜。(もちろん、給料が正規の方とは違うわけですから、、、もなくもないが〜〜〜)

 はてさて、、、、。不祥事関連でもそうなのですが、、、、行政、特に地方自治体の場合は、、、批判と監視の府と言われるチェック機関、機能があるわけで、、、トータル的には議会のあり方も問われるのである。

 不祥事が出てきたりすると、、、、目の色を変えて、、、正義ぶってあれこれ言う場合が多いのが議会であろうが、、、、実は、日常普段から、、、監視と批判の府としての機能発揮が、、、求められている、、、と。。。。


国仲の4つの中学校を2つにする〜〜〜2 - 2015.10.28 Wed



 こんな、回覧文書が出ているとある方から教えてもらって、見た、、、。

 国仲中学校4校を2校(新穂を金井に統合、畑野を真野に統合=が、現時点での方向のようである。。。これがどうなるかは、まだまだ明確ではない。ちなみに、議会筋では4校を1つにすべし、、、などという声もありますし〜〜)にする統廃合に関する地域住民説明会(教育委員会は「懇談会」としてますが・・・???)ということであろう。。。。

 ある市民から教えてもらいましたが、、、その方の言いたいこと=ズバリ結論的言えば、こんなことを進める市長は今度の選挙では選ばない!、、、、、というものであった。(これも「民主主義ってなんだ!?」であろう〜)

 はてさて、、、教えてくれた市民は、、、実は、当方の学校統廃合の一般質問のやりとりを見ていたようで、、、、「議会の答弁を見ていると、全く真剣に子どもたちのことや学校のあり方を考えてのうえの話ではないと感じた・・・」(主旨)、、、と。

 写真に赤色の下線を引いておきましたが、、、、、関係PTAの意見では、、、統合計画そのものを見直せ、、、という意見もあった、、、というか、、、現場に、当方もいましたが、、、、、ほとんどが、、、ナンセンス!といった感じの会合で否定的が圧倒的でした。
 この市民の感覚と行政の感覚の大きなズレ、、、、が、、実は大きなポイントではないか、、、と思うのである。

 現実の現在の保護者であるPTAがそう言っているにもかかわらず、、、、地域のみなさんのご意見を伺う???、、、ということである。

 別のある方、、、「あの保育園だってそうだし、、、なんでも上から押し付けの統廃合や民営化などで、なんでも市が決めた計画ありきだ、もう少し、まともな政治家(市長か?)がいないのか?」と、、、。(主旨)


計画と決算審査、、、。 - 2015.10.27 Tue

IMG_2628のコピー

 (最近、、こんなんで、、走ってます〜〜〜☺️)

 面白いネタではありません〜〜〜。。。
 はてさて、、、議会的に、、、ま、執行部的にも、、、実は、結構、気合がいる時期で、、、「決算審査」なるものが行なわれているのが佐渡市議会、、、、。ちなみに、おそらく全国的に見ても、、、決算審査にかける日にち、時間は、トップクラスであろう。だいたい1日に2〜3課の予算の執行=決算を扱いますから、、、稼働日数では、2週間程度であろうか?、、、、調査日などもあるので、議員的感覚では、、、実質1ヶ月、、、と受け止めています。

 ちなみに、「委員会」方式でやりますから、、、本会議とは違い、、、発言の種類も多いし、、、なかなかのご発言(質疑)も飛び出ますし、場合によれば、、、徹底的に審査しますから、、、執行部の担当課も、、、それなりに、、戦々恐々、、、なのであろう〜〜と思われる。。。。ちなみに、、、担当課は、自分の部署だけでいいが、、、審査している議員は、全分野をやるので、、、疲れるのである〜〜😆

 ちなみに、、、、「決算審査」とは???前年度に執行した予算の評価、、、、とでも言いましょうか?(わかりやすく言えば、、、予算を議決した議会(議員)が「それがどうだったか?」としめっくる、、ものでもある。この意味では、個々の議員が予算にどのような態度(賛否など)をとったのかも、、、実は問われているのでもある、、、、。

 ・「・・・歳入歳出予算執行の結果を総合的確認し、検証して予算効果と行政効果を客観的に判断する。」
 ・予算執行は、住民にかわり「市長」が行っている訳で、、、「予算執行の責任者である町村長・会計処理の責任者・・・が、すべての執行や事務処理に当たって慎重になるという意味において、事前統制と事後監視の役割を果たすとともに、決算を認定することによって町村長・収入役の執行責任を住民に向かって解除することになる・・」
 ・決算を通じて、住民に対する「財政民主主化を徹底」。(「議員必携」)、、というもの。

 乱暴な言い方で言えば、、、、「予算は通したが、、、決算でも目を光らせているのが住民の代表の『議会』なんだよ!」とも言える〜〜〜〜のである。。。。。

 さて、、、「予算」と類似しているものに行政では「計画」というものがある。。。。当方的には、かなり同じ意味合いを持つものだと捉えています。
 
 ま、わかりやすく言えば、、、、当年度の予算は、その年度の施策を予算化したもので、、、、計画は、今後の施策の方向を示したものでそれを予算化していく基礎となるものである。(類似でしかありませんが〜〜)
 では、、、予算と計画の大きな違い???は!!!何か?

 確かに、行政には、各分野にわたり様々な数「計画」があります。・・・実は、この計画なるものは、「マジ」で立てているのかというと、、、微妙である。・・・というのは、、、、実は、各種の計画は、国の意向に従って立てる計画が多い、、、つまり、、、計画を立てることにより補助金がもらえる、、、という図式になっていることが多い訳で(ほとんどかも?)、、、この意味では、”自発的に「マジ」に立てている”、、とは言い切れないのである〜〜。(特に、今回の地方創生の地方版総合戦略(計画)などは色濃い〜〜〜また、怒られそうですが〜〜〜〜)

 実は、先の9月議会でこの「計画」について市長に聞いた。。。。

〇8番(中川直美君) ・・・・例えば総合計画でいえばあなた方はこれ絵に描いた餅で、余りうまくいかないので、将来ビジョンというのは絞った。・・・第2次の佐渡市の将来ビジョンプラス地方創生の計画が入って一体として将来ビジョンの中で進んでいく計画だと思っているのですが、この計画というのは絵に描いた餅、ほかの計画もいっぱいあるのだけれども、行政の場合、計画というのは・・・職員の皆さん方が住民や地域とかかわっていくときの指針でもあると思うのですが・・・・
 それと、市が持っている計画というのは絵に描いた餅ではなくて、特に地方戦略でいえば達成すべき計画であるし、将来ビジョンとあわせて夢の目標ではなくて実現すべき計画だという理解でいいですか。

〇市長(甲斐元也君) 私は、今までの計画が絵に描いたものだなんてことは一言も、これは議員がおっしゃっている。私はそういうことを言っているのではなくて、とにかく計画であろうと何であろうとも、それを実践するための一つのものが計画である。したがって、今回の総合戦略については実践するための計画であります。


 当方的視点なんですが、、、、議会は「計画」には、甘い、、、、感じがします。(ま、考え方としては「予算段階」でチェツクする、、、とでも言うのでしょうが、、、、)・・・予算は「議決事項」に入っているが、、、、ほとんどの計画は「議決事項」となっていないからであろう。。。(もちろん、議会の自律機能の発揮で「議決」対象にもできるはずなんですが、、、、。


「検索キーワード」と民主主義?? - 2015.10.26 Mon



 来春の市長選挙や市議会議員選挙もあるので、、、。(あまり関係ないかぁ〜〜なぁ、、)久々「検索キーワード」。
 これは、10月のものですが、、、(注:当方検索キーワードは省いています。例「中川なおみ」とか)、、、。9月議会で出てきたキーワードが多いことに気づきます。。。。

 佐渡汽船運賃値上げ関係での赤泊航路、、、、国仲中学校統合関係、、、金井温泉関係、、、金井統合保育園、、、ということに気づいた。。。。のである。。。。。。が!!!さてさて、、、「民主主義ってなんだ?」ではないが、、、為政者(市長など)が思っている以上に、主権者の市民は、変わっているのではないか?!・・・・つまり〜〜〜なのである。。。

1 寺泊赤泊航路の存続?
2 佐渡市議会
3 佐渡市学校教育環境整備検討委員会
4 佐渡汽船 あかね 故障
5 カーフェリーあかね 冬 就航率 
6 遠距離通学
7 佐渡バス掲示板
8 佐渡市 灯油券
9 佐渡市議
10 佐渡市金井地区嘱託員
11 温泉存続要望書
12 金井統合保育園


珈琲と硬水??? - 2015.10.24 Sat



 写真は、硬度140mg/lで佐渡でも高い地域の真野新町地区のコーヒーメーカーで入れた珈琲。。。

 実は、当初、”この珈琲フラスコ洗っていない?”とも思ったのですが、、、実は、思いすぎで、、、この白い斑点は、、水の硬度の高さによりくっつく、、、「スケール」(カルシュウムなど)の跡である、、、。(久方ぶりに、ちょっとびっくり)
 ちなみに、このコーヒメーカーは、休んでいた(使っていない)ものではなく、、普段に使っているものです。。。

IMG_2359.jpg

 一般論的には、欧米などは、「硬水」であり、、、珈琲に向いている、、、、との認識だったので、、、再び、、、改めて、、、。

コーヒーに適した水として「湯冷ましで美味しい水」というお話をしました。人肌程度の温度が一番味が分かりますので、その温度で美味しければ第一条件はクリアしていると言えます。 コーヒー抽出液の約99%は水分ですから、水が不味ければコーヒーが不味いのは当たり前ですね。

苦味:硬水(硬度が高い)ほど、苦味が強く感じられた。
酸味:軟水は適度な酸味があり、硬水(硬度が高い)ほど酸味が消えた。
渋味:軟水は適度な渋味があり、硬水・超硬水はあまり渋味を感じなかった。
風味:軟水(硬度が低い)ほど、複雑な香りやまろやかさが感じられた。


水と言っても、近年では実に様々なボトル入りの水が販売され、「硬水」や「軟水」と言った言葉も頻繁に耳にするようになりました。これは、水に溶け込んでいるカルシウムイオンとマグネシウムイオンといった、ミネラル分を炭酸カルシウムに換算し、それを“水の硬度”として表したものです。実はこの硬度の分類については、世界的に統一した基準がなく国によって異なります。例えば日本の厚生省の上水試験法によると、水1リットルあたりの炭酸カルシウムの含有量が100mg以下を「軟水」、それ以上を「硬水」といった分け方をしています。

「硬水」にはコーヒー成分と反応しやすいカルシウムやマグネシウムといったミネラル分が多く含まれています。カルシウムは苦みを抑えるため、コーヒーを角のないマイルドな口当たりに、一方マグネシウムが多いと、渋みや苦みを感じやすくなります。逆に「軟水」はそういったミネラル分が少ないので、水の個性がコーヒー成分に影響を与えにくくなり、コーヒーそのものの特徴が出やすくなると言えるでしょう。ちなみに、鉄分は、コーヒー成分中のタンニンと結合して黒褐色にコーヒーの液色を濁らせることがあります。
 つまり同じコーヒー豆を使っても、水の硬度や含まれる細かな成分の違いによって、味わいが微妙に変わってくるわけです。コーヒーは嗜好性の高い飲み物だけに、自分好みの味を生み出してくれる水探しを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。


・・・どの水がコーヒーをいれる際に一番バランスが取れているかは、個人の「味覚」によっても変わってきます。水に含まれるカルシウムやマグネシウムのイオンの量を炭酸カルシウムに換算して、水1リットルあたりの含有量(㎎/リットル)を水の硬度とします。含有量が100㎎/リットル以下の場合は軟水、それ以上を硬水とします。

硬水と軟水、どちらがコーヒーに適している水かは、意見が分かれるところです。たとえばマイルドなコーヒーを好むのなら軟水でいれた方をより美味しいと感じると思います。また、苦味のコーヒーが好きなら硬水を使用した方が、若干苦味が際立ちます。
 また、硬水と軟水の間には、カルシウムが適度に含まれた中間硬水というものもあります。日本で売られているミネラルウォーターには、硬水、軟水、中間硬水の各種がありますので、味の違いを一度、飲み比べてみては如何でしょうか!?コーヒー以外でも、たとえば硬水は、食事の際に、飲むと口の中がさっぱりするほか、スポーツの後のミネラル補給や、妊産婦のカルシウム補給、便秘解消などにも効果があると言われています。
 日本人が通常飲用としている軟水は、かつお節や昆布でダシを取ったり、緑茶をいれるのに最適ですし、豆腐や麺類などの仕込みにも使用されています。中間硬水の場合は、お米を炊いたり料理全般に用いるほか、紅茶をいれると美味しく飲むことができます。


 (適当に、、、信頼できそうなサイトより引用)・・・単純に「硬水」と言っても、、、mgが多いのか?caが多いのかでも違うことがわまります。。。。それに、、、やはり硬度は100mg/lで区分している。。。。それに、やはり、日本食には、軟水が向いている、、、などなどということがわかるし、、、、好みと珈琲の種類によって変わる(当たり前ですが)、、、、などということである、、、。

 ・・・佐渡で、、、硬度が高い珈琲を飲みたければ、、、真野地区、、、と言える訳であるが、、、、。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (59)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (672)
議会報告 (53)
一般質問項目 (28)
政治 (192)
議会改革 (42)
議員 (66)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (20)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (66)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (264)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (53)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (5)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!