topimage

2014-07

議員団HPリニューアル???かも? - 2014.07.30 Wed

 大した変化もありませんが、、、議員団HPを大幅にリニューアルしました。(・・・といっても、まだ、未完成でほとんど机の配置換え程度ですが、、、)完全移行できていませんが、、、(旧HPの残す?)、、制作者のソフトの都合ということもあり、、、変更しました。。。こちら、、、。

必殺仕事人2014と公務員〜〜(*_*) - 2014.07.29 Tue



 昨晩、、、なにげに見たテレビ、、、。「必殺仕事人2014」、、、。
 そういえば、、、時代劇の形を変えたとも言われる「木枯らし紋次郎」への対抗として作られた、、のが、、、この時代劇で、、紋次郎を意識して、、これもまた新しいスタイルのものだった、、、。当方的には、、どちらも、、それなりに見た記憶がありますが、、、個人的には「木枯らし紋次郎」派であった、、、。

 「必殺仕事人2014」のストーリーは、、、、
 ま、いろいろな伏線もありますが、、、裏家業の「必殺仕事人」や悪事などを取り締まる「奉行所」、、なのだが、お上の公認の「仇討ち屋」が出来ることになり、、、仕事人も奉行所も暇になる〜〜といった流れ、、、。
 仇討ち屋は、、、競争相手もいるものだから、、、キチンと事実を確かめなく、、、仇討ちが横行したりする〜〜。。。などなど、、といったもので、、、、。現代の社会模様などをだぶらせたストーリーである。。。

 ネット界隈でも、、、「なんだ今日の仕事人、オリンピック前の表現規制を皮肉ったネタかw」、、「必殺仕事人2014がもろにTPPと領土問題扱ってる件」、、、「TPP・東京オリンピック・領土問題。今回は盛りだくさんだな」、、、などなどとの評である。

 当方的には、、、奉行所(警察・裁判所?)に代わって、、民間の仇討ち屋、、、ってな構図が、、おもろかった〜〜〜(^_^)。。。つまり、、、公でやるより民で〜〜〜〜ってな見方で見ることができた、、、。(そんな場面もあったはず〜〜)。

 公でやるより、、スピード&サービスとも優れている〜〜〜???なんてね!ドラマでは、大切なもの(仇討ちの裏をとる)を競争で忘れてしまい、、、トラブルのである、、、。

 なんか似ていないだろうか????、、、と!!!

向き合うこと、、、??? - 2014.07.28 Mon



 ・・・あまりとりあげていないネタ、、、かもしれないが、、、世界遺産関連ネタ、、、。

 写真は、地元中学生によるボランティアガイド、、、を知らせる張り紙、、、。興味本位で、観光客に混じり、、案内を聞いてみた、、、。。。。

 はてさて、、というか、、、市民的に世界遺産をどうみてるだろうか?
 ま、たいがいは、、、「世界遺産登録になれば、、、低迷路線の佐渡観光の復活につながり、、ひいては、佐渡の経済にも大きなプラスになる、、、」といったところではないか。。。。。
 観光関連でいえば、、、「世界農業遺産、、、、朱鷺の島、、、ジオパーク(地質の世界遺産?)、、などがあるし、、おまけに両津航路も小木航路も新しい船も就航するし、、、佐渡観光に弱みなし!」、、などとの期待になるのか?

 専門家的には、、「世界遺産への流れの中で、佐渡の歴史や知られていなかった遺産がさらに深められ、掘り起こされ、、将来への保存が可能となる」、、、なんてとこか?

 当方的には、、、「朱鷺も世界遺産も悪かぁ〜ないが、、、おいらの暮らしが大変すぎて、、、そんなことにうかれてる暇がない、、、。朱鷺並みに、、市民の暮らしや経済も扱って〜〜〜」、、ってなとこだろうか?
 もちろん、自ら住む地の歴史や先人たちがどのようにその時代をすごし、、、そして、現在に至っているのかは、そこに住む人のアイデンティティにもつながり、未来へとつながるものであり〜〜〜なんて、、ボーっと思ってますが(*_*)、、、、もちろんですが、否定するものではありません〜〜〜。(ので、よろぴく!)

 はてさて、、、ということで、、、。

 「・・・周辺にも効果は波及しているが経済効果がずっと続くわけではない。
前例として2007年に登録された石見銀山は登録後、観光客数は倍の80万人超になったが2013年には51万人にまで減っている。一度見ればいいと思われないように登録後の整備や保存の仕方なども工夫する必要がある。富岡製糸場は明治時代の建物で保存修理や周辺整備で30年間で100億円がかかると見られている。世界遺産として保存していくには整備と費用が重要だがむやみにそれをやればいいことではない。・・・
」(「世界遺産に観光客殺到・経済効果は?」6/20日経プラス)

 「2004年に登録されたドイツのドレスデンエルベ渓谷は、観光客が押し寄せて、渋滞解消のために渓谷の中心部に4車線の橋を架けることを住民投票で決めたが、ユネスコが景観を損なうということで2009年に登録を抹消したという事例もある。」(  同  )

 以前、、、奈良県は、世界遺産が3つもあるにもかかわらず、、、宿泊観光客では、全国最低(07年「宿泊旅行統計調査」)、、、というのをとりあげたことがあります。(09年9月議会質問)
 この時のテーマは、、、観光観光と言っているが、、「行革路線」で観光関連をバッサリ切り捨てる方向は、おかしいのではないか?、、、ってなものでしたが、、、。

 ・・・・(何が言いたいか????)、、、。
 ・・・朱鷺にしてもだが、、、こういった取り組みは、実は、きゃあきゃあはしゃぐだけでなく、、、実は、静かに息の長い取り組みが必要なのではないだろうか???
 ・・そうそう、、新しい技術が出たからといって、、、売れりゃ〜〜いいばかりに、、次々に製品を出す、、、が、結局、消費者に飽きられるみたいな(IT関連かな?。。。かなり強引に関連づけてるやも!)、、、、そんなんじゃ、、、よろぴくないだろ、、、かな?ということである。(ちなみに、、当方的には、、IT関連とは、もしかして、、そんな繰り返しで発展するのかもしれない分野とも、、実は思っていますが、、。この辺は、「スティーブジョブズ」的思考が入っています〜〜)

 ・・それにしても、、、「****」ということに、真面目にじっくり向き合うことも必要なんじゃないだろうか???などなど、、とも、、、、。(ま、つぶやき)


景気はどうかなぁ??? - 2014.07.27 Sun



 相川方面に用事ででかけた、、、夏休みでもあるし、、観光客は???などなどといった問題意識もなくはなかったのですが、、、、。
 
 先の6月議会で観光関連の緊急の対策が行われたのですが、、、。
 「4月期、GWの宿泊者や立ち寄り施設入館者が減少。一部の観光関係者より壊滅的との発言。」
(議会提出された文言)で、、4月期=両津観光旅館組合加盟、宿泊者数▲4.8%、相川旅館組合加盟 ▲18.7%という状況で、、「消費税増税の影響を見誤った」ってなものでしたし、、、(*_*)。。。

 最近は、、、マスコミもお国のいいなりで、、あまり批判的なことを書かない感じで、、、消費税増税などなどの影響も問題なし、、、の態度〜〜〜。。。

 おとなしい、、マスコミの中にあって、、、なかなか面白い、、というか辛口(=本来、マスコミはそうあるべきなのであるが。。)なのが、、、日刊ゲンダイさん、、、では???

 「物価上昇タレ流すメディアと安倍政権の“私欲”に苦しむ庶民」(日刊ゲンダイ)

 ・・・nya!、、、。


 

議員の情報発信を制限〜〜〜 - 2014.07.26 Sat


 議会、議員の発言が、、、何かと話題だが、、、。

 新城市議会議員が「少子化対策のため市役所で穴あきコンドームを配布してはどうか」と発言したことが不適切???などのニュースがあったが、、、。その関連〜〜〜。

名称未設定 1

 ・・・・簡単に言えば、、、、上記の発言をめぐる議会協議の中で、、、問題発言ではなく、、、それに関連して、、、blogやTwitterでの発言を制限、、ルール化しようと議会で多数決で申し合わせをしたというもの〜〜。(ちなみに、日本共産党議員のblogなどを意識して〜〜)

 ま、だいたい、、、情報発信を制限化しよう〜〜〜なんてことが、、少々、、おかしいのであろう〜〜。(そこの議会の有り様ですが、、、、「申し合わせを破ったので、、、懲罰だ!!」なんて流れもつくれるのかも知れない、、、。ま、懲罰も、、ある意味、、、多数決で決まる〜〜(もち、中身も重要なのだが。。。)のである。)

 そっ!、、、当方もなくもないのですが、、、個人名などをあげて、blogを書く、、、こともなくもないし、、、以外に、キツい表現だったり、、、もなくもない、、、。
 確かに、、個人名だったり、、キツい表現、、、には、、、確かに、それなりの配慮もいるのかも知れないと考えるのである。。。(ちなみに、当方的には、、自己判断で言えば、、、2回ほどキツい表現があったと、、実は思っています。。。。が、、ただ、、当方的に、、あまりにもやり方が、明白にひどいと思ったものについて、、、書いています〜〜〜。(ま、相手は、怒ってるかもしれないけど・・・)

 確かに、、人間ですから、、、間違ったり、、、言い過ぎたりも、、、なくはないだろう、、、。しかし、、、それを細々とルール化して制限する、、、これも問題である。
 ・・・これでは、、まるで道徳をルール化するような、、、もののような、、、気がするのだが、、、。

 議会、、確かに、、キツい表現もなくはないのだが、、、、(これを全面肯定するのではありませんが、、)、、それも、、、言論の府、、ゆえなのかも、、とも、、、。


教育の地方自治??? - 2014.07.24 Thu



 総務文教常任委員会で、全国学力テストのスタート時に全国で唯一、実施しなかった(不参加)犬山市教育委員会を視察・勉強させてもらった、、、。

 ・・・全国実施の学力テストに不参加、、、などというと、、、なんとなく、上の方で勝手に決めた〜〜なんて思ってしまいますが、、、実は、、、保護者も含めて、、、かなりの議論を経た上で、、、不参加を決めているようである。

 その後、学力テスト参加を主張する市長に交代したことから、、、教育委員のメンバーも交代させられ(*)、、現在では、参加している。(この表現は、当方理解です〜〜)

 当時の犬山市教育委員会の見解?、、、。
 「地方発教育改革を阻むものは何か:愛知県犬山市教育 委員会の研究

 教育委員会制度も変わることもあり、、、そんなことも含めの視察・勉強であった、、。(ま、いわゆる議員の『行政視察・研修』などというと、、市民的批判も多いと思われますが、、、、。議員的には、、勉強に行く前の下調べや準備、勉強が、、、かなりためになるのでもあるのですが、、、。(この勉強成果は、活かさなくては〜〜です)

 当時、教育委員だった中嶋哲彦教授(名古屋大学)は、、、2014年の「現代思想」4月号の「首長主導と国家統制強化の教育委員会制度改革を問う」という論文(?)、論考のまとめでは、、、

IMG_1806.jpg

 「・・・「犬山の子どもは、犬山で育てる」という教育の地方自治が市内外からの政治的介入によって途絶した経緯を見ると、住民が教育委員会を活用して地域の子どもに学びと育ちを保障しようとする取り組みが政治権力によってことごとく否定され、過酷な妨害を受けてきたことが認識されるのではないか。・・・」
 ・・・と触れている、、。

 ・・・はてさて、、、ある意味、、国が押しつける全国学力テストを自らの判断で、、実施しなかった唯一の教育委員会だった訳で、、、。(この是非については、、いろいろな考えもあろうが。。。)
 とにもかくにも、、、自ら判断した「教育の地方自治」の姿勢は、、、すごいと思うのである、、、。

 全国学力テスト不実施、、、だけが、、なんとなく注目されますが、、、上記で引用したように、、、自らの教育のありかたもかなり努力していました、、、。この当時から、、すすめていたことは、、、それほど大きく変わっていませんでした。(”芯”は、ずれてるのかもしれませんが、、、)

 そのひとつは、写真の独自の副読本でもありますが、、、、。当方的に驚いていたのは、、、少人数学級・授業のために、、、市予算で先生を増やしている、、、。
 今年度は、常勤8名、、、非常勤49名、、その他に支援員が21名、、というもの、、。これらにかけている予算は1億6〜7000万円ということである。。。。ちなみに、学校司書も小学校10校で5人、中学4校で2人で1人で2校を見るという体制、、、、。

 話しを伺うだけで、、、姿勢や中身が分かるといったものであったが、、、、。はてさて、、佐渡は、、と、、。

市民の立場の教育委員会!!! - 2014.07.21 Mon

名称未設定-11

 安倍政権の思惑、、、の教育委員会制度改悪、、、。
 これまでは、教育委員会による教育長への指揮監督権があったが、、、これが無くなり、、、教育長の権限が強化される方向で、、、首長の任=意を受けて、、教育長が動く、、、ということの流れである。。。

 ・・・と言っても、、、市民的視点では、、、「教育委員会と市長のどこが違うのか?」、、、「教育委員会は、もともと、市長の下で動かされている!」、、、などなど、、、なのだから、、、これまでと大した違いがない〜〜〜。。。

 それどころか??昨年騒動???になった、、、佐渡市の地域の図書館縮小(無人化)と本館建設問題では、、、どちらかと言えば、、、市長の方が冷静に市民の動きを読んでいた(理解があった、、、)のではなかろうか?
 実際、、教育委員会と交渉したり、、教育委員会を傍聴した市民の中からは、、、「あんなんだったら、、、教育委員会なんかいらないわ!!」といった率直な声も出されたのを、、、何度も聞いています〜〜(*_*)。。

 ま、昨年の図書館戦争問題(実は、、終息していませんけど・・)では、、、どちらかと言えば、、市長の方が市民目線だった(当方推測)、、、から、、、上記のようにも思えなくはありませんけど、、、。
 いま、流行(はやり)??の新型市民派、、、市長〜〜〜(某市みたいな〜〜)が出現しますと、、市長のいいなりの機関に変わると、、、、、、教育的見地なんぞ、、、無視してやりたい放題〜〜〜ってことにも、、、なりかねないのである、、、、。

 有名なところでは、、松江市では、、、教育長が陳情を受けて、、、「はだしのゲン」を学校図書から撤去したが、、、これに対して、、教育員会は、毅然と撤回させた!(指揮監督権を発揮〜〜)
 大阪市での職員への違法な思想調査を市長が実施しようとしたとき、、、教育委員会は反対決議をあげて実施させなかった。(教育員会の独立性発揮〜〜)、、などなど、、、。

 ではでは、、、佐渡市の教育員会に問題がないのか??といえば、、、そうではない〜〜!!(また、怒られそうですが〜〜〜〜)
 当方自体、、、昨年の図書館戦争関連で、、、教育員会を傍聴する機会に恵まれましたし、、、それを含めて言えば、、、やはり、、、佐渡市の教育に専門性と責任性をもっと発揮できるような中身に変えるべきではないか、、、と考えています。(すんません!独立した機関の教育委員会に失礼ではありますが、、、。=ただ、、、議会とて、独立していますが、、、やはりオープンに議論も必要だと考えています〜〜(*_*))

 例えば、、図書館問題で言えば、、、教育長&課長の言い分に対して、、市民の声で反論するといった場面は、、、ほとんどなく、、教育長&課長の言い分を追認する、、、だけ??
 社会教育に責任をもつのなら、、、、あれだけ市民が騒いでいたのに、、、市民の声を聞く場(意見交換会など)に教育委員は誰も参加していなかったはずです。(教育長と課長、図書館長などのみ〜)

 あるとき(当方傍聴時)は、、学校統廃合関係の審議??の場では、、、10〜20分のみの審査・議論で追認、、、。(当方認識)・・・はたして、現場のことや保護者や地域の意見が分かっているのだろうか???と、、当方〜〜〜。(また、怒られる〜〜〜(*_*))

 どうも、、月1回の会議だけで、、いろいろ決められているようである、、、。当方的には、、人をつくる学校教育や社会教育という重要な問題を取り扱うのであるから、、、委員の報酬を上げても、、、せめて議会並みに議論や審査ができるようにすべきであろうと、、、考えていますが、、、、。

1

 さて、、、上記は、、、2006年10月号の市報「さど」で公開された、、、保育園&学校統廃合計画、、、で、市長が、、、その理由をとくとくと述べているもの!
 本来なら、、学校統廃合については、、、教育委員会(教育長)が語るべきなのである!!!!

 つまり、、、佐渡市において、、、実は、、、実態は、、、教育委員会と市長(執行部)と一体であるという証ではなかろうか???
 学校統廃合計画なるものも、、、実は、、、佐渡の学校教育の現場のあり方から、、、出されたのではなく、、、佐渡市の財政=行政改革、、、からスタートしており、、統廃合ありき!!!では?(ま、おそらく、市職員もこのことには「異論」はないはずでしょう〜〜が、、、。)

 「そうは言っても、、、教育委員会には予算措置権限がなく、、市長にあるのだから、、、それは、しょうがないだろう!!」といった声も聞こえそうですが、、、、。
 そのとおりです!、、、実は、、もともとは、教育委員会にも予算権限があったのですが、、、それが変えられたのでも、、あります。。。。(実は、この時点で、、、教育委員会が市長部局に腰が引けてしまっているのです)

 もちろん、、市としての財政論もあります!・・しかし、、、当方的に見て、、、、教育論的見地から深められた上での、、、「計画」には、、読み取れないし、、、本来、、、やはり、、上で書いたように、、、だとしたら、、、市長ではなく教育委員会が語るべきであろう。。。。と!

 実は、、、行革本部なる、、、執行部では、、教育長も本部員(上の方???)になっています。。。もちろん、、、、予算措置権限のある執行部が勝手に教育予算を切り詰めても困るので、、教育委員会が参加するの当然かもしれません。。。では、、、この行革本部なるところで、、どのように教育予算論がやりとりされているか(教育員会として「やっているか」)、、、、といえば、、、それもかなり乏しい〜〜〜気がこれまでの議事録を見る範囲では、、、なのである、、、。

 (話を元に戻して。。。)教育委員会制度改変、、、改悪、、、。確かに、、教育長や市長の権限の肥大化ではなるが、、、、誤った方針には、、、教育委員会が、、、市民の立場で毅然と対峙する姿勢こそが、、、、教育委員会(委員)に、、、求められるのではなかろうか????・・・と!!!

 ゆえに、、、「立場が変わると、、考えが変わる」、、、ということは、、、実は、結構、大きな意味をもつと、、、思うのですが、、、。(やっぱ、、、怒られた〜〜な)

追:犬山市教育委員会のルポ、、、。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2014年07月 | 08月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (9)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (120)
住民投票 (25)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (729)
議会報告 (57)
一般質問項目 (32)
政治 (206)
議会改革 (50)
議員 (71)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (26)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (202)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (36)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (143)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (51)
福祉 (135)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (41)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (13)
平和 (69)
ガメラレーダー (18)
農業 (80)
行革 (47)
公共施設 (29)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (19)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (37)
文化 (10)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (51)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (22)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (287)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (23)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (25)
2016市議選 (6)
地方自治 (14)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)
2018、最強寒波〜断水 (13)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

気まぐれクラウド

読み込み中...
powered by syany

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!