topimage

2014-06

・・・立場が変わると、、かわるんですか教育長〜(*_*) - 2014.06.30 Mon

教育長

 暴走、安倍政権の教育委員会制度改悪〜〜〜。
 なんのことはない、、、復古主義的な、歴史史観の押しつけを政治介入ですすめ、、さらに競争主義的にしちゃお〜という改革なのである、、。
 大津事件を例に、、教育委員会の責任がああいまいだ、、、などなどと宣伝されてきたが、、これは、制度が悪いのではなく、、、きちんと機能しなかった〜〜。(教育長と事務方が、、教育委員をそっちのけ〜〜的だった〜〜。。。大津の報告書にもきちんと明記されている。。)

 はて、、、6月議会の答弁最優秀傑作賞といえば、、、5月に教育長になった、、、この方!!

 実は、、、校長先生〜〜というと、、、文科省や上に、、、反抗しない方々と思われていますが、、、今回の、この教育委員会制度改革に対して、、、全国の小中学校校長会、、、、。実は意見を言っている〜〜〜。
 もちろん、、表現は「お上にたてついてない」っぽいのだが、、、よく読めば、、、やろうとしている改革に待ったをかけている〜〜〜と思うのだが、、、。(原文
 
 教育委員会制度改革について、、、教育長は、、、。

〇教育長 ・・・・・・このたびの教育委員会の制度改革は、教育の政治的中立性、継続性、安定性を確保しつつ、教育行政における責任の明確化、迅速な危機管理体制の構築、首長との連携強化を図ることにあると認識しております。法案が成立いたしました。円滑な運用を図るため、文部科学省では改正法の内容を解説する施行通知の検討を始めたとの報道がありますが、新たな教育委員会制度を十分に研究して改正の趣旨に沿った教育委員会を目指し、市民の期待に応えられる教育が推進されるよう努めてまいりたいと考えております。。。。

 ま、一般論的な答弁とも言えなくはないが、、、。多くの教育関係者や現場から、今回の制度改正への怒りなどの声もあるからして、、、この答弁は??????また、全国連合小学校長会の意見からみれば、、、かなり弱く、、、肯定的な訳である〜〜〜。

 実は、現教育長は、3月まで佐渡市小学校長会会長を務めていた人なのだ、、、(そう、2〜3ヶ月前まで〜〜)。

 〇8番(中川直美君) ・・・教育委員会制度の改革の問題に移ります。・・・教育長は、前学校長会の会長ではなかったですか。全国小学校長会も制度の改正には反対の意見表明をして、反対っぽい意見表明をしているではないですか。先ほどの答弁と全然違うと思うのですが、よろしいのですか。

〇教育長 3月までは現場におりまして、校長会としての立場でおりましたけれども、今は教育長という立場でそういった答弁をさせていただきました。
  
〇8番(中川直美君) 立派な教育者というのは、すぐ立場が変われるそうであります。これは時間がないので、次に行きますが、、、、、


 3月までは現場におりまして、校長会としての立場でおりましたけれども、今は教育長という立場でそういった答弁をさせていただきました。、、、、文句なし、、、最優秀傑作賞答弁!!!、、、、、なのだが、、、、。(しゃれ、、、のうちは、いいが、、、実は、これはまぎれもない議会での本会議公式答弁なのである、、、、これを忘れてはいないだろうか???と)

本庁舎、ちょっとだけ、、増築します!!? - 2014.06.29 Sun

名称未設定 1

 あくまでも、、当方的なのかもしれませんが、、、大きな課題と思うが、今議会、当方しか質問なし〜。
、、、、3.11東日本大震災をうけて、、合併10年間にしか使えない合併特例債(借金ですけど。。(*_*))が、15年間、活用できるようになった。

 佐渡市は、合併から今年11年目です。。。

 昨年、2代目市長の甲斐市長は、、、本庁舎の建設を、この合併特例債を使い建てることを表明し、、その方向ですすめている。。。。というのが、大きな「あらすじ」〜〜〜。
 ちなみに、、、市長方針は、、現在の庁舎を活用しながらの増設、、、というもの。

 そこで、、市民に示されている、、、本庁舎像、、、。(「将来ビジョン」)

庁舎

 ・・・というもので、、、これをみると、、、現在の庁舎にプラス30%だけ増築します〜〜〜ちょっとだけ、、増築します〜〜と市民に説明しているようにとれます〜〜〜。(表の下段の説明)

庁舎面積

 これは、、、昨年の12月議会で、当方が質問につかった質問資料です。(当方の議会報告でも同じ中身を市民に知らせていますが、、、)。。。
 議会の特別委員会に提出された、、、資料ですが、、、。

 表の下段の「その他」部分の面積が、、実は、市民には知らされていないのである、、、。この「その他」部分の面積を考えると、、、現在の庁舎の2倍以上のものとなる、、ということになる。

 注:「2倍」=現庁舎+新庁舎で、現在の庁舎の前に同じ規模(大きさの庁舎が増設=新築される。)、「3倍」=現庁舎+現在の庁舎の2倍の規模が増築=新築される、、、、ということです。。。

 何度も、書いていますが、、、これは、、「新築」でしかありません〜〜〜〜。

 今議会でのやりとり、、、、。

〇8番(中川直美君) ・・・・庁舎の規模はどのぐらいになりますか。今の建物にすると何倍ぐらいのものを建てるのか。そして、支所と合わせて幾らぐらいの予算がかかる予定なのか教えてください。

〇庁舎整備主幹 庁舎の規模につきましては、基本構想をもとにして、基本構想といいますのは現庁舎を活用してその周辺に必要最小限のものを建設するという考え方ですけれども、それをもとにして現在基本計画を策定中でございます。その中で慎重に審議して規模、構造、それから概算、それを決定したいというふうに考えています。

〇8番(中川直美君) そうすると、場合によっては今の本庁舎の上に5階建てにするという計画もあるということですね。

〇庁舎整備主幹 現庁舎の上につけ足すような構造では、今現在の建築基準法では認められませんので、それは難しい方法です。

〇8番(中川直美君) それでは、前に出すのはだめですか。

〇庁舎整備主幹 現庁舎を活用して、その周辺に必要最小限のものを増築するという考え方です。

〇8番(中川直美君) そうすると、規模も何にも決まっていないというのですが、特別委員会でも明らかにしているように恐らく今の本庁舎の2倍以上の建物が横に建つことになるのではないですか。

〇庁舎整備主幹 現在検討中の事項でございます。

〇8番(中川直美君) 何か参加者募集して検討をやっているというけれども、その会議でまだ決まっていないのですか。

〇庁舎整備主幹 会議の名称は、佐渡市新庁舎等建設整備基本計画検討会議という名称でございます。委員につきましては10名で検討しているところです。


 合併11年目、、、残り4年、、、、であるが、、、。こういった感じ〜〜〜。。。。なんだかな〜〜〜。。(*_*)




当世、議員事情〜〜(*_*) - 2014.06.28 Sat

IMG_0622.jpg

 ・・・最終日の採決〜〜(写真)

 6月議会が、今日で終わりました〜〜〜。

 議案数は、少なかったが、、、いろいろと中身があった、、、議会だったと当方的には、感じています〜。
 ま、年寄りの愚痴っぽい、、ネタですが、、、(*_*)、、。

 最近、気になっていました、、、審査している委員会での態度=賛否状況と本会議の賛否態度が違う議員が多すぎるのではないか???、、、ということである。

 議員のイロハで言えば、、というか、娑婆的にもイロハだと思うのですが、、、審査で自らが言ったこと(質疑や意見など)、そして、賛否の委員会議決、、、を本会議になったら平気で(何食わぬ顔をして〜)賛否などの態度を変える〜〜〜ってのは、、娑婆的にみても、、、あまりいいものではない。(信用できない〜となる〜)

 当方の経験則的には、、、委員会の態度・姿勢と本会議での態度・姿勢がくるくる変わることは、、、議員の資格・資質が問われたものです。。。。
 しかし、、、当世の議員面々には、関係ない〜〜と、、、軽くなっているのではないか?と感じています〜。

 ・・・つまり、それ故、、委員会の審査においても、、真剣さ、、真面目さが求められるのであるが、、。

 注:委員会は、本会議の予備審査、事前審査的で、、あくまでも本会議の議決が優先されます。「予備、事前」的であり、、、本会議の場で討論などを聞いて考えが変わるということも、、、ありますし、議会は、そのことも十分、認めていますが、、、。そう、、しょっちゅうにあるものではないのである=しょっちゅうあるということは、「真面目」にやっていないということにもつながるのである〜〜〜。。。。(質的レベル低下〜〜です)

 注2:本会議の「討論」とは、、、自分の主張=賛否に他議員を賛同させるためのものでもありますから、、、、委員会で賛成だったのが、、、反対に変わるということは、、「討論」がうまく働いたとも言えなくもないが、、、、、それにしても、、である〜〜〜。

 (採決のやり方で、、、何を採決にかけているのか分かりにくい場合もある感じがする当議会(当方感想)です。そのため、間違うこともなくもない感じもある〜〜が。もう少し、、、何を採決しているのか、、、を明確にして、、「まちがい」が起きないようなやり方も必要とも、、、実は思っていますが、、、)

 愚痴2、、、。

 大変失礼なのですが、、、。「はじめてで、よく分からないので・・・」(主旨)風におっしゃっていた(ような気がします。。。当方主観)新しく議員になられた方々、、、。さすがに1年も経たので「よく、分かってきた」のだろうが、、、、委員長の議事の進め方にかなりキツく発言を繰り返す面々を見る機会に出っくわしました〜〜(*_*)、、、。

 当方的には、、、変な言い方ですが、、、「おお〜〜。。威勢がいい〜〜!!」と喝采気味だったのですが、、、その中身が、、、まったくもってよろしくない〜〜〜。。。(昨日の「地方自治法」ネタと同種)
 どうも、、、地方自治法の仕組みも分からずに、、、言いたい放題〜〜ってな感じに〜〜。(当方主観)

 やはり、、これも、、、よろしくない!質、、、。(実は、田舎議会ですが、、当方もそれなりの若さで議員をはじめましたが、、、議員の発言・主張は、いい加減では、いけない、、、ということで、毎日、地方自治法を調べながらやったものです。(自分で言うくらいだから、、、ま、大したことはないのですが〜〜〜(*_*))

 ま、、、、、当世、議員時代なのかも知れない、、、、とも、、、。

(あくまでも、当方的主観、、、感想でしかありませんので、、、そこんとこよろぴく〜〜〜(*_*))

 ・・・確かに、、、年寄りの愚痴的ネタ〜〜〜〜〜だぁ〜〜〜



地方自治法のうたが聴こえるか〜〜〜 - 2014.06.27 Fri



 議会は、まだ続いていますが、、、。同業者的ネタですので、、、おもしろくないです。。。

 タイトルは、”地方自治法のうたが聴こえるか”となんとなく、、小説タイトル風にしてみたつもり、、ですが?

 今議会、、、当方的には、、、ある意味おもしろい、、、別の言い方なら、、、地方自治法を考える機会が多い、、、。例えば、、、(だいぶ前からですが・・・)市が決めた「将来ビジョン計画」は、これまでの自治法に定められていた最上位計画の「総合計画」(構想)、、と同じように、、、、議会議決も経ておらず、、「最上位の計画」と言えるのか???などもそうです。

 このことについていえば、、計画作成にかなりの責任をもっていた幹部職員(政策監)は、、当方質問に対して「内部で決めたもの・・」としか正式答弁はしていません。。。が、今議会では、答弁課長も明確に答えなかった、、、、あれこれと「最上位」であるかのように言っているだけで、当方質問に真正面から答えていない〜〜はずです。(議事録みてますが〜〜)=前政策監の答弁に比較して、、後退した答弁であったと当方は考えていますが、、、。

 そこで、感じたのが、、、地方自治法を読み込んでいないかも知れない〜〜と、、、。議員の場合は、地方自治法は、基本の法律ですから、、それなりに熟知して、、、なおかつ、、、田舎まちの政治といえ、現場は「生き物」ですから応用編も法に反しない範囲で理解していますが、、、、。
 ま、市職員にとっては、、、門外漢、、、必要ないのかも知れない〜〜〜なぁ〜〜。

 最近、とみに法改正も骨抜き改正が行われますから、、、そのへんも、しっかり見ないと(解釈)いけないのですが、、、それでも、、、地方自治法は、、、なかなかよくできた法律だと思っています。

 地方自治法=まちづくりルールを決めた(「議会」での)ものです。当方的には、公務員は、、、決して無駄にならないのではと考えています。別に言い方で言えば、、、市執行部と議会は、対立的な基本的な関係ですから、、、地方自治法を楯に執行部とやりあうのが議会です。つまり、逆にみれば、、、執行部側にとっても「楯にとれる」ということもあります。。。。。

 はてはて、、考えていた本題〜〜〜〜〜。

 上記と同じように、、、実は、議員面々にも、、、大変失礼だが、、、む〜〜ん????と感じている〜。(また、怒られそうですが〜〜〜)当方的には、、、自治法をそれなりに基本にすえていれば、、、多少のことでは、動じないと思うのだが〜〜〜〜。。。。

 当方的受けとめでは、、、、「条件付き表決の禁止の原則」という基本的ルールが、、、よくわからないことから、、、、いろいろが起きているとも〜〜〜。。。。

 市議会会議規則(標準)には、「(条件の禁止)第69条  表決には、条件を附けることができない。」となっている。(もちろん、「会議規則」だが、地方自治法の精神を具体化したものである)

 これは、、、どゆうこと??かといえば、、、、。

 自己の表決を、条件の成否にかかわらしめることを禁止する原則である。「条件」とは、その法律行為の効力の発生又は消滅を、実現するかどうか確定していない将来の事実にかかわらせることである。
 会議体の意思は、表決が終了した時点で確定されるべきものである。条件付き表決を認めるならば、その条件の成否が判明するまで、議決は確定できない。いつ確定するか、時間的に定かでない。
 標準会議規則は「表決には、条件を附けることができない」(第69条)と定めている。
 なお、「附帯決議」は、条件つき議決ではなく、議案審議のなかで表明された意見をとりまとめた希望、勧告、警告などの表明であり、その実施にあたる行政機関を拘束するものではない。(全国市議会旬報)


 ・・・分かりにくいが、、、こうゆうことなのである。。。。(ま、もっと分かりやすく言えば、、条件をつけるなら何でも賛成ともいえますし〜〜)しかし、現場では、、いろいろあるわけで、、、この応用編が必要だったりもするわけである。

 地方自治法、、、「自治」というものを法体系に直したものでもあろう・・もちろん、自省も込めて、、、もっと地方自治法を理解しよう〜〜〜と。。。。。。

 あらためて、、、読んでみたが、、、当方的には、、、なかなか面白かった〜〜〜(*_*)

 写真:休憩時のもので、、某常任委員会傍聴席からです〜〜。

ガラス張り国際会議場、、只今、建設中〜〜 - 2014.06.26 Thu



 来年3月オープン予定の、、、両津北埠頭インフォメーションセンター=俗に言う「ガラス張り国際会議場」=正確には、国際会議が出来るように通訳システム(ブース)を備えた、、、佐渡観光インフォメーションセンター、、、であろうかなぁ〜〜〜???

 まだ、愛称は決まっていないが、、、担当職員から、、、「みんなのインフォメーションセンター」、、と現時点では、、、言うということを知らされた〜〜〜(*_*)〜〜〜。

 今議会で、建設中ではあるが、、、現場視察???、、、。

 常任委員会メンバーでは、、これについての賛否態度は、、、確か??半々ぐらい(賛成諸君の方が多いようだが。。)であろうが、、、、。
 現場を見て、、、話した議員で一致していたのは、、、メイン300人のホールが「こりゃ〜〜せまっ!(狭い)」という印象である。(あくまでも、工事中で、内装などでもイメージが変わるでしょうが〜)=当方的には、、、、保育園の遊戯室???(ちと、言い過ぎかもですが、、、ま、そんな感じか?)
 メイン会場よりも、、脇の催し物広場の方が広いのではないか??とも〜〜。(感覚ですが、、、)
 それと当初から気になっていた(当方、指摘?!)中央ステージ、、、。(何に活用するのか分かりませんが、、、)「狭い」、、脇(ステージ出る手前スペース)が狭い、、、その入り口幅が狭い(グランドピアノは、入らないかも?)、、と見た目で思えた、、、(*_*)(*_*)(*_*)、、、。

 2Fの「佐渡偉人館」(こんな感じに聞いているのですが、、、)は、、なんだこりゃ〜〜〜「せまっ(狭い)」、、、。

 ガラス張り、、と聞いていたが、、想像よりは、、そんな感じを受けなかった。。。

IMG_1450.jpg

 建築に詳しい議員から聞いたが、、、斜めの円柱の柱など、、、えらくたいへんで、、よくやったもんだ、、とも、、、。確か、、建設に13億なにがし、、、総トータルで17億円予算、、、、、。(果たして、、、どういった活用方法で何をするのだろうか??、、、というのが、、、当方の感想〜〜〜〜)

 その後、、正規の委員会でこの施設について、尋ねてみた〜〜〜。

・・・あまりにも中途半端な施設では???、、、、、。約300人という国際会議ができる機能(通訳ブース)のホール、、、ステージは小さいし、ステージ脇も狭い、、舞台に出る入り口もグランドピアノも入らないくらいの大きさだし、裏通路も狭い、、、、「主要目的に合わせて施設をつくったのだろうが、、、いったい何をやるつもりか?」、、、「2Fの展示室は、あんなに狭くこれも意味不明だが?」、、、「来年3月オープンというのだが、どのような年間計画を立てているのか?」、、、などなどと聞いた〜〜〜。

 お答えが、、、優れていた、、、、「がんばります」、、、、(*_*)、、、。おいおい、、、ええ加減にしろ〜〜である。総額17億円もかけといて、、それはないだろう〜〜〜。子どもの何千円かのおもちゃ買うんじゃない〜〜〜(子どもに失礼であるが。。。)・・・結局、来年3月オープンなのに、、、ほとんど考えていない(噂では、農業遺産系の国際会議と聞くが、、そのことも答えなかった〜)、、、ということが委員会での結論である、、、。

 この施設は、前市長の計画で、、、まだ建設にも入っていなかった。甲斐市長就任直後の6月議会で補正され現在の形になった。ただ、議会筋からも批判的意見も多かったし、、、改選直後の現在の議員面々が、、ストップをかけることができたのだが、、、賛成多数で、、、、すすんだ、、、というもの(当方的には、その時に議員が決断すべき、、と考えていたのだが、、、残念ながら、、、、ということ〜〜〜(*_*)。)

 今議会、、委員会でも財政論が、、、いろいろ語られているが、、、、はてさて、、、と思わずにはいられない〜〜〜のである、、、、。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (60)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (681)
議会報告 (55)
一般質問項目 (28)
政治 (193)
議会改革 (44)
議員 (68)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (131)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (45)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (267)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (104)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (54)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (6)
公共施設 (2)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!