topimage

2013-12

・・来年こそは、、。 - 2013.12.31 Tue



 暴走、、、自公安倍政権、、、。この暴走をとめなくちゃ〜。。。。来年こそは、、いい政治で、、と!しみじみ、、。また、、、来年!!!nya!

2013年一般質問、、、 - 2013.12.30 Mon

 ・・・恒例の当方的、、備忘録である、、、。今年の一般質問でとりあげたもので、、、通告書からである。(当方は、わりと詳しく書いて通告するタイプである〜〜〜)

 まず、分析???(おおげさだが・・)

 質問項目に特徴がある、、、1つは、「図書館戦争」ネタ!2つは、佐渡市合併10年(以降も含むし、改正離島振興法がらみもそうだ〜〜)問題ネタ!3つ目は、雇用問題(公契約条例など)、、、、4つ目は、意外に「学校教育教育関連」もある、、、。。。といったところか?、、が特徴か!?

 質問項目が多すぎる、、、、これも特徴だなぁ〜〜。結果、大概が「舌足らず」になりかねない!(・・・といいつつも、その時の目玉質問は決めており、実質絞ってもいるのですが、、、)

 ・・・ま、こんなところだったかも知れない〜〜。

 その筋からは、「1本勝負を見たい〜〜」というからかいもありますし、、できれば、「福祉問題」についてなんてな45分(議員持ち時間)1本勝負をやりたい。。。

 3月議会には、、「1,***について」のみの通告書で、、、ぜひ、1本勝負をやってみたいと意気込んでいるのですが、、、。しかし、、3月は年度当初予算だから、、、、「やらねばならぬこと」も多い訳で、、、。悩ましい〜〜のである。

H25年3月議会
1,市町村合併10年目を迎え今後の佐渡市建設について
1)市町村合併10年目を迎え、大きな節目の年度であるが、今後の佐渡市や地域のあり方(支所等)について、市民の声を反映させるアンケートを実施すべきではないか。また、地域づくりに関する諮問委員会など(行革関連、官民協働委員会等)の会議の記録は、市民に情報公開すべきではないか
2)行政運営に活かすためにも、市民の多様な相談に対応できる部署を設置すべきではないか
3)流域下水道の移管に関しては、下水道や市町村合併を推進した県に責任をもたせるべき

2,国の経済対策、原発問題について
1)復活した自公安倍政権の経済政策「アベノミクス」による大盤振舞の公共事業政策をどう捉えているか。また、地方の公共事業誘導の地域の元気臨時交付金(地域経済活性化・雇用創出臨時交付金)について、事業数、交付金額の見込み及び実施事業はどうなっているか
2)原発については、新安全基準の下で再稼働させたいというのが大きな流れのようにみえる。30キロ圏内では避難計画が策定されるが、圏外にある離島の佐渡市はどう対応するのか

3,地域経済の振興、経済対策について
1)経済対策の1つとして雇用などを守る公契約条例を設定すべき。また、市発注公共事業で、設計単価に対する実際の賃金割合は、どうなっているか。住宅リフォーム助成に設備、物品も範囲に含めるべきではないか
2)今年度、民営化する保育園で非正規雇用がなぜ多いのか。また、制度改変が目前にもかかわらず、更なる民営化へ進む根拠は何か
3)市臨時職員の雇用に問題点はないか

4,高齢化の島にふさわしい取組みを
1)市長は、特養待機者調査から、何をなすべきと考えているか。待機者ゼロを目指すべきではないか。また、待機者の介護手当の再検討が必要ではないか
2)高齢者の生きがいづくりと健康づくりの1つとして健康保養センターを位置づけるべきではないか。また、譲渡した温泉施設への市の対応は

5,教育行政方針について
1)学校教育のいじめ・不登校の解消では、子どもとの日々のふれあいを重視するとしているが、現在の状況では、無理があるのではないか
2)2011年3月11日以降、「絆」や地域の力が重要視されている中、法で定められている公民館や生涯教育の力の発揮が求められているが、教育部門の行革路線を続けるのか

6月議会
1,合併10年目以降の市政運営について
1)市町村合併10年目以降の市政・財政運営をどのようにとらえているか
2)官民協働委員会のあり方、地域審議会をどうするか
3)甲斐市政の公約ともいえる2S3Kの体制は十分か。また、市政運営にどのように活かすのか見解を求める

2,原発
1)避難計画への取組み状況
2)国の再稼働路線に対する見解

3,教育分野行革・図書館問題について
1)行革に基づく図書館縮小計画は、何が目的か
2)市民の意見との乖離はなぜ生じたのか
3)図書館等の施策は充実発展させる存在ではないか
4)市長はどのように捉えているか
5)その他の行革も同じ手法で行うのか

4,地域福祉計画
1)策定された計画を実効性のあるものとするための具体策は
2)第二次計画をどのようにとらえて、市政全般に活かす計画か

5,国民健康保険について
1)深刻な市民の暮らしや地域経済状況からして、保険税は値上げすべきではない。運営協議会には、どのように諮るのか
申請減免を広く活用するべきではないか

9月議会
1,改正離島振興法の精神を生かす政治について
1)改正離島振興法での県離島振興計画に何を反映させたか。また、実効性のあるものとする特別の対策が必要ではないか
2)海上国道に県の責任を明確化させるべきであり、小木〜直江津航路の船舶建造費などの県の対応に問題点はないのか
3)県が事業主体としてスタートした国府川流域下水道移管問題は、どうなっているのか

2,図書館再編計画について問う
1)説明不足として開催された全地区での意見交換会を経て、図書館再編計画は当初とどう変わったか。市長は、教育委員会の図書館政策や今後の方向について、どのように判断しているか
2)市長は、地域の図書館、図書室のあり方についての市民の意見をどのようにとらえているのか。また、甲斐市政の文化政策として、どのように発展させるのか

3,公契約条例と雇用対策について
1)平成24年4月18日の市長就任直後の会見で、「まずやらなければならない3K(「過疎」、「観光」、「雇用」)」を複眼的な眼をもって対応する姿勢を表明したが、現時点の状況をどのようにとらえているか認識を問う
2)公契約条例は、疲弊した地域経済のため、また、公共サービスの質を高めるためにも欠くことのできない状況が生まれている。本年3月議会では、市長も必要な課題で検討する旨の答弁をしているが、どのように研究されているのか答弁を求める
3)保育士処遇改善について問題はないか。また、非正規雇用職員待遇等について問題はないか

4,「日本一お客様に愛され選んでもらえる島を目指そう」の取組みについて
1)キャッチフレーズ、かけ声と裏腹に、観光関連では対応しきれない状況があるのではないか
2)3つの世界遺産が強調されているが、竹製品や無名異焼などにも焦点をあてた取組みが必要ではないか。特に無名異焼はジオパーク的要素や佐渡学にも活かせる内容もあり、学校給食の食器などの活用も考えられ、佐渡のアピールとして適切ではないか

12月議会
1.市町村合併10年目以降についての甲斐市政の政治姿勢及び認識について
1)自公、安倍政権の政治で地域がよくなると考えているか
2)TPP、原発推進、経済政策と社会保障改革をどう捉えているか

2,市民の期待にこたえる「将来ビジョン」になっているか
1)これまでの「基本構想」(総合計画)に代わる最上位計画といえるのか
2)市民や地域の切実な課題を解決し、市民とともに希望ある佐渡市を目指す計画とすべきではないのか。また、市長が評価している書籍(里山資本主義)の方向を基本とした「まちづくり」を進めるべきではないか
3)支所や行政サービスセンターを地域のために残すと方向転換した中で、本庁舎増設を決断した最大の根拠は何か
4)市長の私的諮問機関である官民協働委員会の委員自らが、政策方向決め、市の予算を受取ることに問題はないか

3,いじめ防止法施行等に伴う教育の方向性について
1)いじめ防止法施行に伴う来年度からの対応について
2)全国学力テスト結果公表についての考えは
3)佐渡市の教育についてのビジョンは何か

4,図書館再編計画について
1)中央図書館建設の検討はどうなったのか
2)再編計画は、来年度どのようになるのか

5,流域下水道移管問題について
1)移管問題は進展したのか
2)この問題の原因は、どこにあったのか

6,トキと暮らす島生物多様性佐渡戦略について
1)平成24年に策定・公表したトキと暮らす島生物多様性佐渡戦略では、90年後の2100年を目標年度に「知る、守る、使う」を施策展開の基本目標としているが、まずは中山間地域の耕作放棄地等の対策が急務ではないか。また、この戦略の具体的計画は何か


H25年12月議会報告、、 - 2013.12.30 Mon

H25年12月議会報告1


 Web用議会報告(1月1日新聞折り込みと同じですが、、、(^_^))、、をリンクしました。

 ・・・あまりいいできでは、ありませんが、、、とりあえず、、。



佐渡市SNS... - 2013.12.29 Sun



 佐渡市がSNS、、、とか言われるfacebookを試行ではじめた、、、。
 もちろん、、、市内部の中でも、、、政策通?・・・総合能力のあると言われている、、、総合政策課が部署のようであるから、そんな心配はいらないのであろうが、、、はてはて、、、と当方は、思っている。。

 なぜ、「はてはて」、、なのかと言えば、、、。これでいったい何をしたいのだろうか?、、ということである。

 SNSとは、、、「人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイト。友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供する、会員制のサービスのこと。人のつながりを重視して「既存の参加者からの招待がないと参加できない」というシステムになっているサービスが多いが、最近では誰も自由に登録できるサービスも増えている。」(IT用語辞典)

 「ソーシャル・ネットワーキング・サービスの主目的は、人と人とのコミュニケーションにある。以前は、人の繋がりを重視して「既存の参加者からの招待がないと参加できない」招待制のシステムになっているサービスが多かったが、最近は登録制のソーシャル・ネットワーキング・サービスが多くなっている。2006年にはGREEがモバイル版の開始と同時に登録制になり、2010年3月にはmixiも招待制を廃止し登録制に移行した。
また、2004年頃より大手企業各社でも社内でのコミュニケーションの活性化や内定者囲い込み、SOX法対策等にも使われはじめており、有名な事例としてはジョンソン・エンド・ジョンソン、NTT東日本の社内活用や、総務省の省内活用があげられる[1]。社内ソーシャル・ネットワーキング・サービスには情報の地域間格差を解消するために導入している企業も多い。
また、2008年12月10日までmixiが18歳未満は登録できないことになっていたため、「ソーシャル・ネットワーキング・サービスは18歳未満は登録できない」という話があるが、これは誤りである(18歳未満でも登録できるソーシャル・ネットワーキング・サービスはある)。誰でも参加できる掲示板等と異なり、すでに加入しているユーザーからの紹介がないと参加できないサービスもある。」(ウィキペディア)


 ・・よくわからんが、、、こんなことのようである。・・また、「広義」的には、、、blogなどもその範疇なのでもある。

 ま、当方的視点では、、、”ま、よく総合政策課がでましたね!!!(^_^)”というのが実感である。・・・ま、当方blogなどとは、格も質も佐渡市の方が上ですが、、、。SNSとかいうツールは、、あれる、、こともある。(反論も書き込まれます)。。。。。そうそう、当方チェックしてるある市長さんのFBなんぞは、、、かなりきついくらいあれている時期もあります。(その方は、それをよしとしているが、、)・・・つまり、観光情報だとかイベント情報のたぐいではなく、、、いきなり「将来ビジョン」、、という政策にかかわることから、、、スタートしている〜〜〜。

 ・・・余談ですが、、、当方blog、、原発やエネルギー関係を書き込むと速攻、、いや感じの反論(当方的には「罵倒」と思っている〜〜)などなどが、、コメントを寄せてくれる方がいます。(あくまでも、「当方認識なのですので」(*^^)/、、、。(また、何か書かれそう〜〜な気もしますので、、、)、、ちなみに、当方基準で最近は、コメ掲載してませんけど、、。というか、来ても見なく、、削除、、してます〜〜〜)

 佐渡市関連のイベント、観光情報、、、などなど、、ならば分かる気もするが、、いきなり政策論、、、などなどは、”はて?どうなんだろうか?”、、というのが、当方観測なのである。

 ま、そういっても、全国的には、HPでなくFB、、やってる自治体もありますから、、、もちろん研究に研究を重ねた上でのFBアップなのであろうと、、思いますが、、、。また、こういったSNS、、、言うまでもありませんが流行廃りも、、ありますし、、FBそのものは、、、企業の営利の範疇での無料公開でもある訳で、、、。(実は、このへんよくわかりませんが、、一般論)

 当方的には、、実は、FBやるより、、、まず市HPを充実する、、、方が先ではないか?と考えています。各課の発信すべき情報、、、やとりくみ状況などなど、、、、。

 そういえば、10年前の市町村合併のドタバタの時は、合併協議会HPでの「掲示板」が設置されていたが、、、最終的にあれたので、、、「削除」されました。。。(結構、当方的には、おもしろかったのですが、、、、最終版、、やな感じも多かった〜〜〜)

 書いたある市長さんのFBではないが、、、あれることも良しとするくらいの基本方針なら、、それもまた、頼もしいのだが、、、。

 はてはて、、、佐渡市FB、、、どうなるやら、、、、。

追:季節柄??「なべやきうどん、はじめました」、、ではないですけど、、、当方FBはじめてます〜〜〜。(blogより強烈〜〜だったりして〜〜^(^_^))・・市政関連は、あわせてお読みいただくと、、、”おもろいかも?”、、、。



議会雑感、、、 - 2013.12.26 Thu



 やっと、議会も終わったわけで、、、。はてはて、、、どうも、執行部側から見ると、、「賛成か反対か」という、”議会”がわからないようである、、、。

 これも何度も過去に書いたと思うが、、、議会は、「質疑や質問を通して賛成か反対かの結論を出すもの」、、、であります。ここには、「棄権」や「保留」といった類はない!(現場の技術論的には、質疑などを尽くしたが、、、総合的に賛否の態度を決めかねる、、という場合もなくもない。(極めて異例だが)、、、そゆいった時には、採決の場から出て、「保留」「棄権」ぽいこともなくはないが、、)

 基本的に「賛成」か「反対」の二者択一を問われているのが、、、実は、議会です。
 「そんなこと言ったって〜〜さぁ〜」の声も聞こえそうですが、、、、議会全体が「保留」になると、、、出されている予算は動かなくなります。・・・・かえって「反対」なら、再度提出しなおせますから、、実は、これの方がいい、、、。故に「賛成か反対か」、、、なのでもある。

 「質疑や質問を通して賛成か反対かの結論を出すもの」、、、つまり、、、答弁がいい加減だと、、否方向に判断が傾きます。。。。質問も市政全般について質します、、これも、判断材料になっています。

 ・・・ってなことから、、、こんな角度で、他議員の質疑や質問を聞いています。(当方〜〜)

 今議会で、、、おや?と思ったのは、、、かなり厳しい質問かなぁ〜〜などと、、、思ってみていましたが、、、、それに賛成は、あるまいに、、、と思っていました(当方)、、、が、ところがどっこい、、、「賛成」〜〜〜。(ま、当方の勝手な見方でしかありませんけど。。。。)

 ま、俗に言う、、、「与党内野党」か?(厳しい批判はするが、、、何でも賛成する〜〜みたいか?)

 やっぱ、、この辺が気になります。つまり、言うだけ、批判するだけ、、、は、するが、、、最後は、しゃんしゃん!!・・・もっと言えば、、、討論クラブ?的、、、、な傾向もあるかな?とも、、、。
 議会は、決めるところ=議決、、、が重要であり、、、討論会ではない、、とも、、、。(もちろん、いろいろなことを明らかにするために、討論的にもなりますし、それも重要ですが、、、それは、最終的に「議決」のためであります。)

 最近、、、委員会審査の態度と本会議態度(賛否)が、かなりゆるくなってきている気がします。(もちろん、最後の本会議で賛否の態度が変わることもある得るのですが、本来=基本的に変わっちゃ変〜〜〜、、、やはり、それは、前段(委員会)での審査がいい加減だったとも言えなくもない。別に言い方だと、、、前段では厳しく、、、後段では、いい顔、、ともいえなくもないなぁ〜〜〜。

 当方経験値では、、、若造で議員やってましたから、その頃、、、委員会と本会議の態度がかわったりしたら、、相手にされなかった気がします。(=逆に、そのくらい厳しかった!!!)=もちろん、態度を変えたことは、なかったつもりです。態度を変えるなら、、、堂々と討論で、何故変わるかを言う!!のである、、、。

 最近、、、本気か冗談か、、、、「賛成しようかなぁ〜〜どうしようかなぁ〜〜〜」なんてのが普通〜〜に飛び交っている、、、。。。。なんだか、軽すぎないかと、、、、。

 雑感である〜〜〜。。。。もちろん、当方の自分勝手のつぶやきでしかありません。。。。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (117)
住民投票 (23)
温泉 (56)
ブログについてのご注意! (58)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (654)
議会報告 (53)
一般質問項目 (27)
政治 (189)
議会改革 (39)
議員 (65)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (18)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (64)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (17)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (12)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (258)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (50)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (1)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!