topimage

2013-10

blog休止するかも??? - 2013.10.31 Thu

IMG_8122.jpg

 ・・突然ですが、、近々、blogを休止しようか、、、もしくは雲隠れしようと、真面目に思案してます。・・・ま、これまでも、何度か書いたこともありますが、、、やはり、最近での決め手は「何をいいたいのかきちんと書くべきだ」とか「議員だからしっかりしたものにすべきだ・・・」とかなどなど、、、のご論評が、最近ありました。

 ・・・ま、ある意味、ご指摘のとおりでもあろうかと思っています。。。し、、、。とりあえず、、休止する予定で、、、考えています。、、、。あまり覗いてくれる人もそう、、多くもなかったかも知れませんが、、、なにかと大変お世話になりました〜〜〜〜(^^;)、、、ってことで、、、、。・・・まあまあ、、、当方的には、、、備忘録、、、のつもりで書いてましたが、、、、。。。。という、、ネタ、、、。



将来ビジョンはパブリックコメントになっているか? - 2013.10.30 Wed

ビジョンパブコメ
ビジョンパブコメ

 さて、、、佐渡市の「最上位」計画にすると言っている「将来ビジョン」、、、。(「最上位」と言っているのは、実は、市当局だけです。議会や議員は、認めていません〜〜〜。ちなみに、説明のあった時に同僚の議員も「これが最上位計画とは・・???」と呆れていた(当方感想)、、、。)=「最上位」問題については、過去にも書きましたし、、、また、、いずれ、、、ということで、、、。

 さて、、、当方的には、、、なにゆえにこの計画の中に、、「第4章 新庁舎建設等基本構想」なるものが入っているかが不思議なわけですが、、、。

 恐らく、、、この将来ビジョンなるものは、、、H31年までを、とりあえずの期間とすることから、、、(その意味では、、最上位計画だった「基本構想、総合計画」(10年)とは、ちと性格も異なる・・・)、、、。
 (1)その間に行う予定の大きな事業である「庁舎建設」を入れた、、ということ。
 (2)前市政(前市長)の時は、旧市町村単位で置かれている支所や行政サービスセンターは、3つに行政サービスセンター(窓口機能のみ)にするということを、甲斐市政は、大きく転換し、全て残すことにした。ついては、各地区に残ることになった支所などのあり方は、市民や地域にとって大きな意味をもつ、、、ということ。


 この二つにより、「将来ビジョン」に入れられたものであろうと推測しています。特に(2)は、以外に重要である。。。。

 市当局の問題意識は、、、「合併後11年目以降から、徐々にへる地方交付税。この一本算定の財源が減る計算になるH31年をめざしてどうするか」、、、というものである。
 ついては、、、そこまでの間に合併特例債を使って、、、庁舎や支所を再編することと=庁舎や支所の役割・機能をどうするか?、、、ということがポイントになる。これが、1つの視点です。

 もう一つは、前回の「将来ビジョン」を引き継いだ、、、、「農林業と観光など」で、佐渡市を成長させるという大きな柱をH31年までの間に予算を(特別に)入れる、、、というものでもあろう。(=分かりやすく言えば、、、「農業と観光=農産物を売って外貨を稼ぐ、観光振興で産業振興に繋げる、、、ってことか?)
 
 最後に、、、、H31年には財源が減るので、、、公共施設や市民サービスは、削減せざるを得ない。(図書館や体育館などは、削減するとか?保育園や老人ホームなどのような施設は、民営化するとか?)、、、ということも市民にアピールしたい、、、ということもある。(我慢してね!って)

 当方的には、、、このことを言えばいいだけ(市側の視点でみた場合です)なのに、、、それを無理矢理「最上位計画」だなんて、、いいだしたものですから、、、無理矢理、、、「医療・福祉・介護体制の充実」=「ケアカフェ(認知症カフェ)」、、、なんて書いてのではなかろうか?、、、やっぱ無理がある。

(上で書いたように、、、「最上位計画」というのなら、、、市民から見たら、、やはり介護問題は、、、「特養入所待機者ゼロ」をめざしてほしいとかの、、、切実で深刻な課題は、、、「どうしたんだ!!」となるわけです。。)

 はて、、書きたい本題は、、、、????
 この「将来ビジョン」が、、、、本当にパブリックコメント(市民から意見を聞いて反映する)になっているか、、ということである。

 パブリックコメント=「パブリックコメントとは、市民の意見を市政に反映させる仕組みのひとつです。市が基本的な計画や条例などを策定する際に、「素案」の段階で趣旨と内容を公表し、市民の意見を募集します。それらの意見をふまえて意思決定する一連の手続きを、パブリックコメントといいます。」(市HP)

 ・・・上記のようなものであるが、、、特に、数十億円規模になる「新庁舎建設等基本構想」は、パブリックコメントになっていないと、、、当方的には、考えています。

 「「素案」の段階で趣旨と内容を公表し、市民の意見を募集します。」、、と言っています。。。なら、全貌を明らかに示すべきだと!!
 1つは、現在、中央図書館の合築(併設)を本庁舎建設にあわせて検討していますが、、、このことが全く示されていません。・・・ちなみに、、中央図書館を併設となれば、、数億円〜数十億円も予算が増えます。

 2つ目は、(これも以前書きましたが)「増設」でやると書いてありますが、、、これは、現庁舎の2〜4倍(床面積)の建物を建てることになるので、、、新築であるということが、全く分かりません。(今日も、ある市民は「増築というのだから,,屋根でも出して部屋を増やす程度としか考えていなかった・・・」と唖然としていました。故に、ここは丁寧な表現とすべきである)

 この二つが、、、特に、中央図書館併設だが、、、このことが書かれていない計画に対して市民の意見を求めても、、、これではパブリックコメント、、、には、、、ならないのである。。。。と思う訳なんだが、、、。





 

佐渡の博物館、、、 - 2013.10.30 Wed



 (財)佐渡博物館が11月で閉館するというニュースで、、、新聞にも惜しむ声がでていたはずですが、、。

 佐渡市は、この佐渡博物館を1億円余りで買い取って、市立で運営する、、、というのが、、6月議会でしたが、、、いろいろと問題があり、、、現時点では、その案を取り下げています。

 昨日の議員全員協議会では、この佐渡博物館問題についての市長の考えが示されました。(「博物館問題」といっても、、、この佐渡博物館は、佐渡市のものではありませんが・・・)

 ・・・6月議会時点で、市が示した計画は、、、、(財)佐渡博物館をやるかわりに、、、両津郷土博物館と新穂歴史民俗資料館、、を閉鎖する、、、というものです。
 この閉鎖も早いうちにニュースになり、、確か(?)島外の方が新穂資料館閉鎖を悲しむ声も新聞にでていたはずです、、、。

 今回、市は、、、佐渡博物館を無償で借りて、内装などを改修して、佐渡市の博物館として運営する。ついては、両津、新穂を閉館する、、、。職員は、両津にいるジオパークと佐渡学センターの職員配置で対応する!というのが、大ざっぱな計画です。(決まった訳ではない。議会側からいろいろ意見も出て、議会としては再度検討の場、、ということになっている。)

 では、、いったいどのような博物館になるのか?(考え方的には、佐渡博物館+両津+新穂といった内容にすべきと思うのですが・・)=ちと、分からないので、、、当方が質問した中身から見てみると・・・・。

 当方)「長年親しまれてきた(私立)佐渡博物館の財産をキチンと引き継ぐことは必要だが、閉鎖する両津、新穂の博物館の財産も引き継いで充実することが必要で、すべての財産を引き継ぐべきだ」、、、、「世界遺産やジアス、ジオパーク、朱鷺(生物多様性)などをメインに佐渡を売り出したいというのが、甲斐市政だが、、。当然、こういった中身も充実するということになるのではないか?」、、、、「そうすると、増築なしで、内装改修だけでは、入りきらないことになる」、、、。

 お答え(答弁)「佐渡市が今後、行おうとする博物館は、そんなに特徴あるものを特科したものではなく”総合”博物館として、現在と同じようなものを行う。面積もないので、両津、新穂のものは、あまり入らない。多くは保管しておく。世界遺産やジアス、ジオパークなどの関連は、あまり入れない。」、、、。・・・つまり、分かりやすく言えば、、、いまと同じものを佐渡市でやる、、ということ、、、なようです。

 閉鎖する両津、新穂について、、、教育長(教育委員会が所管)は、、、「・・・・両津、新穂を閉館することは断腸の思いだが、市の財政問題があるのでしかたがない・・・」、、とも!

 また、市長は今後運営する博物館について、、、「博物館は、収益事業(採算)になじまない施設だ」、、、とも!

 これまで、議会側は、、、、「採算の合わない博物館を点在しておくことは、問題だ」(=ってなことで「アマチュア美術館」などは、大きく縮小されてきました〜〜〜)という「行革路線」の対象となっていました。。。(市長の上記の発言、認識からすると、、、「行革」の対象ではないような、、気もしますが。。。)

 ・・・上記のフレーズは、、『主旨』ですので、、ご注意を!・・ちなみに、市長の方向・方針が知らされただけで、具体的にどうなるかは、、まだ決まっていません。。。



**カフェ、、も悪くはないが、「将来ビジョン」〜〜その1 - 2013.10.29 Tue

将来ビジョン(中間ー甲斐市政)-58

 はて、、今日は、、市が佐渡市の最上位の計画とする言っている、、、H31年までの佐渡市の「将来ビジョン」構想についての議会説明があった、、、。(詳しくは、、すでに書いていますのでこちらか、、カテゴリを参照して下さい)

 「最上位」の計画ということは、、、これは、、、すごい位置づけなわけで、、、。すべての計画の上にある、、すべての計画は、、、これにもとずく、、、とか言える計画であるのである〜〜〜。

 どんな市をつくるか?市民が一番解決して欲しい事柄への挑戦だったり、、、するべきが、、本来的に、、やはり「最上位」の計画には、、、、そんな構想が欲しいものと思うのは、、、当方だけでしょうか?

 はてさて、、、写真は、計画書に示されている「佐渡市将来ビジョン成長力強化戦略指標」なるものである、、、。分かりにくいですが、、、赤線で囲ってあります。。。。。
 
 この最上位計画なる「将来ビジョン」では、「医療・福祉・介護の体制の整備」のこの指標では、、「ケアカフェ(認知症カフェ等)」、、、をH31年までに10か所つくるのが、、、構想だそうです〜〜〜(^^;)。。。

 ・・・・・もちろん、、、認知症予防のため?のカフェ等も悪くはないのですが、、、これでいいのだろうか?認知症予防を軽視するのではありませんが、、、「医療・福祉・介護」には、、、これ以上に切実な課題や市民の願いがあるのではなかろうか???
 ・・しかも、、、「将来ビジョン」、、、としては、、当方的には、、、なんだか悲しい、、寂しい〜〜、、、わびしい〜〜気がします。

 当方「将来ビジョンで”医療・福祉・介護”分野というのなら、市民の切実な願いや声があるはずだが、、、ケアカフェをつくることを最上位計画にあげているのは、大いに疑問だ!」と質問〜〜〜〜!!!(議員からは、、、苦笑もあり〜〜)
 大変、悪いのですが、、、あまりにも馬鹿馬鹿しくて、、、答弁者の方を向いていませんでした〜〜〜。だいたい、これについて、、、真面目に答えることは、、、センスを疑わざるを得ない〜〜〜。

 誰だよ、、、こんな計画つくったのは、、、、!!!・・・なのである。・・・ちなみに、佐渡市の幹部が真面目に考えた計画なのである〜〜〜。

 「将来ビジョン」というものの、、、、まったくもって、、、ビジョンの体を為していない〜〜のである。。。

ジオパーク2013田舎のミニイベント、、、 - 2013.10.28 Mon

2013年パンフ表紙

 昨日の日曜日、、、当方の住む集落で、、、ミニイベント、、、。
 ジオパーク関連で、石材を切り出した山の「石切場」(石丁場)の遊歩道も完成し(上の山。下の海岸線は、未整備です)たことも含めて開催、、、。

 ジオ、、、。この集落は、石(大地)と人々のくらしが、繋がっていたことが分かる感じでしょうか?

 IMG_7962.jpg

 写真は石丁場、、、。お昼前から、集落を散策できるように石とのつながりのお地蔵様が置かれているお堂なども開放しましたが、、小雨と寒さのためか、、人出は、、、そう多くありませんでしたが、、、。
 岩本山・六地蔵〜十王堂などなど、、、来てくれた方は、、大いに満足していただけた感じをうけました〜〜。そのために、急きょ地元の素人が作った、、案内パンフ表紙(トップ写真)です。

 午後からの能楽、、船弁慶には、、あいかわらずの能楽ファンがたくさんきてくれました、、、。

IMG_8059.jpg

IMG_8068.jpg

 地元の若い衆や年配の方々が、、、楽しみながら、、やったミニイベントでありました、、、。

地域審議会。。。 - 2013.10.25 Fri



 市町村合併10年です。基本的に10年間を期間とする、旧市町村単位に設置されてきた「地域審議会」(10地区)が、今年度をもって終了します。(ちなみに、当方は、この協議会は、しっかりとした地域の市民の意見の反映の場として、定義付けて、しっかり機能するものとした地域組織として残すべきではないか?、、と首長・提案してきましたが、、、現市長は「やらない」、、、、と答弁です)

 「地域審議会」は、、「地域審議会」とは、合併前の旧市町村区域を単位として設置された佐渡市の附属機関です。平成16年度に設置された10の地域審議会(両津・相川・佐和田・金井・新穂・畑野・真野・小木・羽茂・赤泊)は、平成25年度まで継続されます。

 合併すると行政区域が拡大して「住民と行政の距離が遠くなる」「地域住民の意見が市の施策に反映されにくくなる」などの懸念が生じることが予想されました。そこで、合併後も住民の声を施策に反映し、きめ細やかな行政サービスを行うために、各地区の実情に応じた意見表明の場として地域審議会が設置されました。」
(佐渡市HP)

 はて、、、この地域審議会、、、。合併直後は、、、”第2議会的”要素が強く、、、「合併したけど、、よくない」という不満が各地域から出ることから、、市側は、、、敬遠の感ありで、、、議会もこれまた、、”専門的なことも分からない”第2議会”的だと”、、、不要論の感あり、、、。でスタートしたと当方は、思っています。

 この審議会は法に定められたものですし、、、佐渡市HPが書いてあるとおりに機能、利用されたら、、、もっといいまちづくりができたのかも?知れない、、とも考えています。(ま、それには、市側のキチンとした理念や方針がないとできませんが、、、。問題はここにあるのかも?)

 何人かの地域審議委員の方々から、、いろいろ意見も聞きました。
 何人かは「あんなもん、やっても意味がない、、。あれを出してといっても、なんだかんだいって出さないし、、何やってるんだか。わからないから、辞めた」(主旨)、、という感じが強いようです。

 行政側が、この組織を育てなかった、、、、(そんでもって、今になって「地域がさびれないように支所などは残す」、「地域の活性化に寄与すりょうに”地域おこし隊”・・」、、、と言っている〜〜。この空白の10年が実はおおきいのではないか・・と)、、、行政側の問題も確かにあると思います。

 もう一方では、、、、市民がこの審議会をつくりきれなかった、、、という面も少なからずあるように感じています。

 例えば、、、図書館縮計画も、、、行政側に言わせると「地域審議会にも諮った結果です」、、と言い切られています。また、ある地域では、市民が「どうも、地域にある体育館がなくなるようだが、地域審議会では、どうだっか?」と委員の方に尋ねたら、、、、「・・しょうがないので了承した」と答えていました、、、。
 このふたつを見る限りでは(当方の知る範囲です)、、、行政側にうまく利用されてきた、、、という感がありますが、、、、(多くの場合、、、行政側にうまくつかわれてきた、、、と思っています。学校統廃合、保育園などなど・・と)
 ・・・こういった点では、、、委員さんも、、もうちと!がんばれなかったのかな、、、などとも、、。

 ・・・現在の地域審議会で協議?されたもの佐渡市HP、、、。

 ・・・ある議員が、、旧市町村時代と現在について、、語っていた、、、。
 「前の方がよかったが、、前の首長は、よく声を聞いてなんでもやった、、、。だが、現在でも、、なんでも行政任せの気分がぬけていない、、、雰囲気は、、、弊害かもしれない・・」(主旨)、、と。
 当方は、、、なるほどなるほど、、であった。

 む〜〜ん????確かに5000〜6000人代の自治体だと、、ある意味、、痛いほど市民の想いが分かりますから、、、その想いをおもんばかった政治に首長も議員もなる傾向もなくはなかった、、、なぁ〜〜「ま、そうかもしれない」と。

 ・・・地域やまちづくり、、、には、、、たいへんだけど、、、やっぱエネルギーが必要でもある事も、、、事実かもしれない、、、と、、、。

兼務化、、、 - 2013.10.24 Thu

IMG_7989.jpg

 こんなはなし、、、。

 庁舎建設にあわせて、、、中央図書館を一緒にする、、、のだから、、、どうせなら、、、やろうとしている博物館も一緒にしたら、どうだろうかと?

 中央図書館に地域にある郷土資料などの重要なもの等は、中央に引き上げて、研究者が使いやすいようにするというのだから、、近くに博物館があったら、、それはそれは、、便利かもしれない?
 おまけに、社会教区係が、、図書館と博物館を兼務すれば、、、人件費もかからない、、、。また、博物館は、市民が年に何度も訪れるところではないが、、市役所と併設したおかげで、、、ジオパークや世界遺産などのことも、知ってもらうきっかけになるし、、これまで以上に、市民に親しまれるのではなかろうか?

 そうそう、、、建設中のガラス張りの国際会議場、、、これも、毎月や連日、、使用されるものでは、ないだろう〜〜し、、、どうせなら、一緒にすれば、、、兼務化で人件費も浮く、、、。そうだ、中央図書館のちょっとしたイベントもこの会場つかってこなせますし、、、。

 図書館、博物館、国際機議場、、、これが、みんな行事がぶっかったら、、、???心配いりません。本庁舎には、職員がたくさんいますから、、、兼務化してもらえば、、、まったく問題がない、、のである。それに、そう多くのことではないだろう、、、。

 そうそう、、「朱鷺と2センチ」の二号館もここにつくろう、、、今度は「朱鷺と0.3m」(スマホガラス)にして、、もっと近くにしよう〜〜。

 そうだ、どうせなら、、今度、建てる火葬場も近くが、、、「コンパクトシティ」には、便利かもしれない?場合によれば、、余熱も使えますし、、、。(ちと、悪のり過ぎるかもしれませんね!反省〜〜(^^;))

 そうそう、、、災害時だって、、これだけ多くの建物があれば、、避難場所にもなりますから、Goodなのである。避難を考えれば、、、国仲学校給食センターもやはりご近所に置いた方がいいかも知れない、、、。緊急時に、、利用可能だ!・・そうそう、、、給食のお手伝いだって兼務化すれば、、、できます。手の込んだものだって、、午前中の1〜2時間もあれば、、可能かも知れない、、。

 しまった、、、総合体育館ももってくるべきだった、、兼務化できたのに、、、。

 そうだ、、職員には、ICタグをつけておけば、、、暇な時は、、、「あちらに回ってください」と指令もできるし、、、全ての職員を兼務化という任につけたらいいのかもしれない。

 「兼務化」、、、キーワード、、、実は、いろんなことが思いつくのである、、、、。

 ・・・といった、、あまり意味のないたわいもないネタ、、、です。
 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (9)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (120)
住民投票 (25)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (729)
議会報告 (57)
一般質問項目 (32)
政治 (206)
議会改革 (50)
議員 (71)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (26)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (202)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (36)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (143)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (51)
福祉 (135)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (41)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (13)
平和 (69)
ガメラレーダー (18)
農業 (80)
行革 (47)
公共施設 (29)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (19)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (37)
文化 (10)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (51)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (22)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (287)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (23)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (25)
2016市議選 (6)
地方自治 (14)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)
2018、最強寒波〜断水 (13)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

気まぐれクラウド

読み込み中...
powered by syany

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!