topimage

2013-03

鬼の行革=くさいものは、出せない? - 2013.03.31 Sun



 はて、、今回の図書館縮小、、廃止もそうだし、、、ちと前でいえば、、高齢者などが親しんでいる健康保養センター(温泉)、、、もっと昔でいえば、、、国仲学校給食センター、、、保育園の民営化も、、などなどもそうだが、、、。

 今回の図書館削減計画を知った市民曰く、、、「なんで、、市民の知らない間に、、へんなことが決まってしまうんだろうか?」との声を多く聞きました、、、。おっしゃるとおり、、、です!!

 当方の呼ぶ”鬼の行革=泣く子も笑う行革”=正式には「行財政改革」ですが、、、。

 ま、だいたい、、、いろんな施設の廃止などなどは、この行革って部門で決められて市長の判断も加わり、、、行われています。。。。ところが、この行革を検討している部署が内密に行われています。(もちろん、議会も知り得ません〜〜(^^;))

 この間も何度も書きましたが、、、国のなんとか委員会や検討委員会などの議事録は、ネット上に公開されています。これが、、、最近の常識ですが、、、佐渡市のこの行革は、、、議事録も公開しない、、、というのは、実は実は、大大問題です。。。

 3月議会でこの問題を取り上げたら、、、議席からの野次で、、、「くさいものは、出せない〜〜」と野次がとびましたが、、、やはり、、、臭いのである〜〜〜。
 しかも、ちょい前にも書きましたが、、、これまでは、市民から選ばれた「行革推進委員(会)」が条例で決められてやっていましたが、、、今度は業者(?)も入りうる「官民協働委員会」が行革を決めます、、、。
 昨年度までの「行革推進員会」は、、、「委員会は、市長の諮問に応じて、本市の行政改革の推進に関する重要事項の調査及び審議を行う。」、、、と「調査」と「審議」だった。
 ところが、、今年度から行革もすすめる「官民協働委員会」は、「本市における重要課題の解決を図るため、民間との協働により解決策を企画し、実践し、及び進行管理を行う」と、、、条例(これは、議会議決が必要)でない要綱(市長の勝手の判断で決められる。議会の関与なし)で決めている。

 「解決策を企画し、実践し、及び進行管理を行う」、、、条例で定めていた行革推進委員会よりも、、すごい!!!「実践」し「進行管理」を行う、、、、のです。。。。これは大問題です、、、。(条例で定めないことも大問題だが)・・・それに。。。「実践」までされたら、、担当課はいらないのかの疑問も出る〜〜〜(^^;)。

 ・・・これを、情報公開しないのですから、、、なお、市民にしてみれば、、、”どこで決まっているの?”となるに決まっています。。。。。

 答弁では、、、、
 市長)・・・・もう一つ、諮問委員会などの会議録につきましては公開を基本としております。しかし、素直な意見の交換や意思決定の中立性が損なわれるということもこれ片一方にあるということは私はあるのだと思っております。そういうことからしまして、これについては慎重にやっていかなければならないと思っていますが、しかし公開は基本でございます。基本であるので、その取り扱い指針についてこの25年度中に策定すべく準備を進めるということで指示をいたしたところでございます。・・・と!

 市長は、会議録を公開すると「素直な意見の交換や意思決定の中立性が損なわれる」???というが、、、これは、おおまちがいではないだろうか?・・・・重要なことを決めるのですから、、、そのことについて発言する以上、そのことに責任をもつべきです。・・・後で会議録に載るから発言できない〜〜〜というような方は、なるべきではないのである。。。(ちなみに、、、選挙で選ばれた議員は、、、会議録がしっかりしています。故に、慎重な発言なのです)

 ・・・それに、、、市長は、、「取り扱い指針についてこの25年度中に策定すべく準備」などと、、風呂の中で屁をひったようなご答弁なのだが、、、「官民協働委員会」は、、、4月から動くのである(予算が通ってます)。。。
 ・・・ここからみても、、、「臭いものはかくす」的姿勢、、なのだろう〜〜。

 ついでに、、、言えば、、、この行革をすすめる「官民協働委員会」には、、、「教育部門」と「福祉部門」がすっかり抜けており、、、、教育や福祉がわからない人が行革をすすめるのだ〜〜〜。(=これも”鬼”たる所以なのだが。。。)

 ”協働”などとかっちょいい〜〜文字を並べるが、、、これもまた、、、心根が見えている気がするのである。。。。(地味な質問内容なんですが、、、実はかなり重要なことだと思うのだが、、、(^^;))

 ・・以前に書いたのと重複してる部分ありますが、、、。

言い訳??? - 2013.03.30 Sat

IMG_1469 (1)

 ・・・おもしろい噺を聞いた、、(^^;)

 ある議員曰く、、両津北埠頭のガラスばりの国際会議場(写真)は、、、図書館廃止と全く関係ない、、と???ま、当方らが言っている、、、”ガラス張りの国際会議場よりも図書館”===”お金がないといって、図書館は削減するが、その一方でガラス張りの国際会議場は無駄だ!おかしい〜〜!”ということへの反論なのであろう〜〜(^^;)。

 ま、議員って、、自分の都合の悪いことは、、、ごまかしたりしますし〜〜(^^;)、、ですが〜〜。

 しかも、”国際会議場の交付税は、建物の建築にしか使えない”のだと言っていたそう〜〜(^^;)、、。ま、直接聞いたわけではありませんし、、また聞きですから、、、少々、曖昧ですが、、、こう言ったとしたら〜〜その議員さんは、はっきり言っておかしい〜〜〜〜!!(完璧なまでに間違ってます〜〜(^^;))

 ガラス張りの国際会議場(これにグレードアップするのに*億円です。確か?=実は、「観光インフォメーション施設」が正解なんですが)は、、、合併特例債(借金)で建てます(地方交付税ではない〜〜〜)。。。。借金でしかありません〜〜。

 起債(借金)は、基本的に建物しかつかえません、、、。合併特例債なるものは、、合併に関連したものしかつかえません。。。実は、合併後の計画の中には「生涯学習センター」=「図書館」(かなり近いですよね)建設計画にありますが、、、実は、このためにも使えたものです。。。(だったら、、、こっちを選べばいいのにね〜〜〜)

 それに、、、だいたい、、、もともと自分で(佐渡市)建てるつもりだったところに、、、国の補助金等があったとしたら、、、もともと自分で建てるための資金が節約できることになります。。。(お金には色がないから、、)
 (図書館に限って言えば・・)その分、図書館に回せばいいだけのはなし〜〜〜。

 ・・・ま、その方(議員)は、、当方を悪く言いたいのでしょうが、、、だったら、、正々堂々とやりましょう〜〜。。。。というか、、その方、、自分がガラス張り建設に賛成したのを正当化したいのが本音なんでしょうが〜〜〜(^^;)(それにしても、市民をだましちゃいけません〜〜〜)

 ・・・”地方交付税が建物にしかつかえない”と言ったのだとしたら、、、論外です。。(説明するのもめんどくさい感じです。)

 ・・・(これも、又聞きなので正確でありませんが)・・・”いろいろ賛成しておかないと、自分のやりたいことができない”とか、、???(正確でないかも知れません〜〜)、、、、。
 む〜〜ん、、、、議員にとって最も重い「議決権」をなんと心得るか〜〜です!!(ま、こうゆのって「ど田舎の議員」にありがち〜〜〜(^^;))

 ・・・回っていて、、気になった、、、、噺、、、。図書館問題に市民の関心がある中、、、放置できないものと重い、、、書いてみました〜〜〜。(^^;)(^^;)(^^;)〜〜〜)(あくまでも、聞いた噺なので正確でないかもしれませんが、その方はそう思い込んでいた、、、ので、、、)


下水道住宅リフォーム助成??? - 2013.03.30 Sat



 はてはて、、、何をこれまで書いたのか、、、記憶が薄いのですが、、、。(^^;)

 朗報かも??先の3月議会で、、H24年度補正(当初予算と同時ですし、、、事実上、今年度予算と言ってもいいですが)で、住宅リフォーム助成(ある方に、、”成果は成果として宣伝しなさい〜”とも、、言われたので)、、。

 住宅リフォーム助成は、、おらん家(日本共産党)が長年にわたって主張したものが、、前市政時代に末期に、、実現したものです、、、。((^^;))

 この住宅リフォーム助成が、また2億円の予算でスタートしました。。。。。この「また」というのは、、、甲斐市政になっての昨年の9月議会で2億円が予算化されました、、それから間もないのに、、この3月と言う意味であります。

 昨年9月(11月末〆切り)の多くは、、実質今年度までかかりますから、、、これもあわせると、、、4億円????(ある市民曰く、、、「やり過ぎだ!」との評もあります、、、。確かに、、そう言えなくも無い〜〜〜)

 ・・昨年9月の時に予算オーバーしたため助成から外れた方が、、、419件(ほぼ、、人か)もありますから、、、その方を優先するのか??などと思えば、、そうではない〜〜〜。
 今回の住宅リフォーム助成は、、下水道つなぎ込みを最優先するというもので、、、「下水道住宅リフォーム助成」であります〜〜〜。

 もうちと、くどく言えば、、、「住宅リフォームだけ申請した市民」「下水道加入とあわせた住宅リフォーム助成を申請した市民」がいれば、、、後者を優先的に受け付ける、、、というものです。

 さらに言えば、、、「すでに下水道加入している市民」も、、外される、、、ということです〜〜???!!
 さらにさらに、、、「公共下水道の範囲でない中間地(町部でない)は、合併浄化槽も優先する」としていますが、、、、「合併浄化槽」と「公共下水道」のどちらが優先か、、、といえば、、、もちろん〜〜後者になるはずです。(下水道加入を促進したいのが眼目ですから〜〜)

 結局、、、幅広く仕事を作る、、、という「住宅リフォーム助成」からみると、、、ちと疑問です〜〜。

 ちなみに、、、下水道については、、、
 下水道法の第十一条の三  
 5  市町村は、くみ取便所を水洗便所に改造しようとする者に対し、必要な資金の融通又はそのあつせん、その改造に関し利害関係を有する者との間に紛争が生じた場合における和解の仲介その他の援助に努めるものとする。
 6  国は、市町村が前項の資金の融通を行なう場合には、これに必要な資金の融通又はそのあつせんに努めるものとする。


 ・・・となっています。つまり、、、下水道の加入促進をするのなら、、、この視点で行うべきではないか!国でさえ「必要な資金の融通又はそのあっせんに努める」、、、となっているのだ〜〜。これも利用して、、市が上乗せ助成をすればいい、、、んじゃなかろうか????

 ・・・・はてはて、、、9月時の事業に漏れた方(外れた方)に、、とても申し訳ない気がする、、、当方なのである〜〜〜。(^^;)(^^;)


3月議会報告 - 2013.03.29 Fri

 3月議会報告をリンクしました。。。。



図書館の行革、、世阿弥が泣いてる〜2 - 2013.03.28 Thu


 
 ・・・図書館のカテゴリ(図書館関係書き込み)は、、こちら〜〜〜。

 (「図書館の行革、、世阿弥が泣いてる〜2」なので、、、今回は、できるだけアップにしました。よく見ると演目は「羽衣」かなぁ〜〜〜)

 はてはて、、、図書館利用者の声を聞くといった、、、教育委員会のアンケート〜〜(^^;)。見てきました。ついでに写真もとってきたのだ〜〜〜。ということで、、、取り急ぎ〜〜〜。(今日、いってきました)

 「図書館・図書室をご利用の皆様へ〜佐渡市図書館の今後のあり方について〜」がお題目、、、。
 「図書館協議会では、市行革大綱に基づきH21年から検討してきた。行革では4館だけ残し、その他は廃止方向だったが、、、、地域に残すべきという意見も多かったので、、1館9室することにした。こうすれば、地域から図書館がなくなりません。図書館協議会では、、「やむをえない選択」といわれた。、、、、ので、この方向でいきますので、その場合の問題点などについてご意見をお聞かせ下さい。」(当方がまとめた要旨です)


 ま、一言でいえば、、、図書館は1つだけにすることにしたので、、、その中での問題点をお聞かせ下さい〜〜というものでしかない!ま、、、教育委員会は、、、やはり1館9室の大幅削減方向に、、、走ってるってこと〜な〜のだぁ(^^;)=バカボンパパふう〜〜。

図書館の廃止アンケート のコピー-1

 だいたい、、設問の鬼の行革大綱が間違ってる〜〜〜〜!!!

IMG_1469 (1)

 お金がない〜〜などといいながら、、、こんなガラス張りの国際会議場を16億円もかけて建てることににこそ、、メスをいれるべきが、、、”市民目線の行革”な〜〜のだ!!!ば〜〜かぼんぼん!!!!(両津北埠頭に建設予定で、議会も議員の圧倒的多数の賛成で、、、工事入札も終わっており、、、後は出来上がるだけでいます(イメージ図)。。。。

 やはり、、「世阿弥が泣いてる〜2」と思わずにはいられない〜〜〜のだ!これでいいのか〜〜!?(くどいが、バカボンパパふう〜〜に読んでください〜〜(^^;))


住民税均等割の増税で、佐渡市防災を? - 2013.03.27 Wed



 H26年から、住民税の均等割が500円値上げになります〜〜〜。具体的に言えば、均等割3000円を16.6%値上げし3500円に!!!であります。

 今、円安で毎日使うガソリンや灯油の値上げ、今後、、電気料金の値上げや小麦関連商品も値上げされます。高齢者は、年金引き下げの中、昨年は、介護保険料が24%の値上げで基準額で年1万2千円も上げられ、国民健康保険税は、1人当たり約10%値上げで7511円も値上げされ暮らせないと悲鳴が上がっています。

 そんでもって、、、この後、自民公明党安部政権の公共事業などの大盤振舞のつけが消費税増税で行われ、市民の懐を直撃します。こんな状況の中に、この値上げを行うことは、市民の暮らしの実態からして大問題でなのである〜〜。

 実は、今の議員(議会)でない時(昨年の3月議会)には、これと同じ増税案が出された時、、それを審査した議会の委員会(当方も)では、、”これはH26年からのもだし、今、市民の暮らしや地域経済が深刻!おまけに、介護保険料などなどの値上げが相次いでいる中で、値上げすべきでない!”(主旨)、、、ってなことで、委員会では否決された〜〜のである。(田舎の議会にしては、、なんだか、かっちょいい〜〜)=で、結局、この値上げ条例は、取り下げられた、、、という経過があります。

 ところが、、、昨年と比べて、、市民の暮らしや地域経済は、変わっていません、、、どころか、、より深刻じゃなかろうか?=つまり、昨年時と全く変わっていない、、、。
 変わったのは、、、この条例を審査した、、、議会の議員だけであったのである〜〜〜。しかも、、、です。この議会の委員会で、メンバーが変わったのは、新しい議員が2人入っただけ、、、で、その他は居残り組、、、。

 否決した昨年時は、、かなり議論にもなりましたが、、、今回は、、熱入れて喋るのは、、当方だけ、、、さすがに嫌気がさしました〜〜〜。(^^;)〜〜「おいおい〜〜」だぁ〜〜。
 ・・・実は〜〜。昨年は、議会の改選直前だったので、、、他の方も、、がんばったというのが、、真相かもしれませんが〜〜〜。(あくまで、、当方推測〜〜)

 この増税条例改正は、3.11東日本大震災をうけて、、復興財源に名をかりて(?)、、いろいろと税改正などが行われた訳で、、この住民税均等割は、、「東日本大震災からの復興を図る目的として緊急に地方公共団体が実施する防災のための施策に要する費用の財源を確保するため、臨時の措置」(平成26年度から平成35年度までの間)、というもの、、。復興財源がへんなところに使われていた、、なども大問題だったが、、。

 この市民税の均等割値上げは、被災地のためのものでなく、、、佐渡市で使うためのもの!で、一般財源にもかかわらず復興・減災を目的に使うのである〜〜。(市は緊急情報伝達システム(ラジオ)の財源に充てる、、と言っているが、、、お金には色がついていませんし、結局市の財源となる、、し、、相川のように津波が来たら一番先に逃げなくてはならない、、防災の消防建設?はたまた、、市財源だから、、、両津北埠頭のガラス張りの国際会議場〜〜等にも〜〜ってな理屈も成り立つのである〜〜〜(^^;))

 県民税も均等割があがりますし、全体では4000円だったものが、25%値上げの5000円になります。この増税が平成35年まで続けられる〜〜〜。

 さてさて、、、最大の問題点は、、税の基本は能力に応じたものが原則にもかかわらず、この均等割は、低所得者で生計費さえままならない、そういう人から、その生計費から税金を取り立てるようなやり方であるということです。
 市税務課資料ではH24年7月1日時点で、市民税納税義務者は26560人ですが、その内、所得が低く均等割のみの市民は3963人であり、この市民にとっては大変な負担増!!!!(=増税額は約1300万円と10年で1億3000万円也〜〜)

 しかも、、これは、国の税法改正に伴うものですが、、、国会答弁でもあきらかになっているように、自治体の裁量でやめることもできるもの、、、。問題は、、、市政と議員がどう考えるのか、、ということが鋭く問われている〜〜。

・・・???新しい議員も多くなったし、、、そういえば、、佐渡テレビでも新しい議員がかなり抱負を語ってたなぁ〜〜〜、そうそう、、主婦代表なんかも〜〜〜なのだが、、、つぎつぎに、ろくたな議論もなしに、、賛成で決まっていく、、、というのが、、当方の感想なのである〜〜(^^;)(あくまでも、、当方の主観的感想ですが)


人がいない図書室??? - 2013.03.26 Tue



 両津の図書館、、、。こじんまりとした図書館だが、、、非常にアットホームな暖かさを感じる図書館である。図書館を回ってみると、、、”ふむふむ、、”と思うことは、小さくてもそれなりに個性があり、、、暖かさが伝わる気がしますが、、、。(なんちゃって図書館観察員〜〜〜)・・・やっぱそこの司書さんや専任さんの色(図書館空間づくり)もあるような気がします〜〜〜(^^;)なんちゃって〜〜〜。

 はてはて、、、図書館をめぐって、、、何やら混迷〜〜めいてもいるが、、。どうも気になってしょうがないことに、、教育委員会が本棚計画(当方は、こう呼んでいる!金井の本館以外は、教育係が兼務して本を貸し出す図書室ならいいだろう〜〜〜。本当は9つの内、5つ潰すつもりだったが。。。という教育委員会の方針と心根)がある。

 先の新潟日報の記事では「機能を集約することで、必要な書籍をまとめて閲覧できる利点がある本を探したい人には、中央図書館に電話してもらえれば司書が対応するようにしたい。」(教育委員会談、日報)、、、とも!!!

 だいたい、司書が行う仕事を兼務でできるわけがないから、、、「中央図書館に電話してもらえれば司書が対応する」というのだろうが、、、実は、これ自体が、、まったくもって分かってない気がします。
 司書は、利用者の人と本(資料など)・情報・知識を図書館という空間(場)で結びつけるのが仕事、、、。つまり人相手の仕事で、、、人間同士のコミュニケーション労働であるから、、、これが単純に「電話」できるわきゃ〜〜ない、、、そこには、大切なものが欠けてる、、、。

 (横道、、、そうそう、、、当方が3月議会で「敬老品支給事業」を大幅に削減をきめた議会(議員)を見ていて、強く感じたのも、、、、予算をどうするかだけでなく、、、仮にそうであったにしても、、、あれやこれやと祝品をもらう人の顔を思い浮かべながら、、、議論になるはずなのだが。。。品物やお金の大小ではなく、、、心根が寂しいことこそが、、、問題〜〜〜と怒ってます!!!!!おまえ〜〜さん!!)

 司書の専門領域は「書誌情報」(書籍の情報を把握)を中心に組み立てられるのだそうで、、これをさらに詳しくすると「**分野の書誌情報」とか?!・・・この「書誌情報」を集めたのが「蔵書目録」、さらに集めると「総合目録」、、、と。((^^;)もち、、、うけうりですけど。。。)

 ・・・といった知識の上に、、来館者の求める本へ案内する訳、、。(ふむふむ・・・)しかも、現代のようにあらゆるメディアや情報器機もあったりしますから、、、これはもう〜〜〜膨大でなおかつ、、技術がいる〜〜と思う訳で、、、。この時点で、当方はアウト!!!です。。。。しかも、公立図書館ですから、、、住民の求める本を扱わなくてはならない(つまり、、どんな変な本でも住民の求めに応じる公共性も当然のようである=「第二次世界大戦中、イギリスの図書館にはヒトラーの『わが闘争』が備えられ、よく読まれたそうである。誰がどんな本を読むのも、読んで何を考えるのも、全く自由であり、図書館は求められる本は何の制約もなしに収集し貸し出さなければならない・・・」(「新版図書館の発見」)、、、と、ふむふむである〜〜〜)
 ・・以外だったのが個人のプライバシーを守ることの大切さ、、、”誰が何を読み、借りたか”、、言われてみればそうだ〜〜が、、、。

 当たり前だが、、、いやはや、、奥が深い〜〜〜のだ(^^;)、、、。これを、片手間の教育係の兼務や電話で済まそう〜〜という、、、ま、下手な人間様より、、、スマホに話しかけるとSiri(iPhoneの場合)は「"webで検索しますか?”」と答えますから、、、そっちの方がまだましかも〜〜〜などと、、。

 ・・・そう〜〜図書館に行ったら、、司書さんにまず、、話しかけてみよう〜〜と!!!!

 はて、、そういえば、、、本棚??ある農協さんのコーナーに結構、本が置いてあり、、貸してくれたが、、、やはり、、、これは、「図書室」とは、、、いえないのである。。。。

IMG_3800.jpg



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2013年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (9)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (120)
住民投票 (25)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (729)
議会報告 (57)
一般質問項目 (32)
政治 (206)
議会改革 (50)
議員 (71)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (26)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (202)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (36)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (143)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (51)
福祉 (135)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (41)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (13)
平和 (69)
ガメラレーダー (18)
農業 (80)
行革 (47)
公共施設 (29)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (19)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (37)
文化 (10)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (51)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (22)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (287)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (23)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (25)
2016市議選 (6)
地方自治 (14)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)
2018、最強寒波〜断水 (13)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

気まぐれクラウド

読み込み中...
powered by syany

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!