topimage

2013-01

オリンピックでも体罰??? - 2013.01.30 Wed



 大阪市立桜宮高校のバスケットボール部男子生徒が体罰をうけて自殺した問題、、、。体罰など隠匿、、、。学校等のいじめ等も似た傾向がか?、、、と。。。。

 今度は、、、柔道女子の日本代表の強化合宿で監督などの暴力行為があったとのニュースも、、、。

 む〜〜ん???スポーツ系に多いのか?スポーツは、理屈ではなく身体でいろいろ体得しなければならないことが多いのだろうが、、、しかし、しかし、、、「暴力」や「体罰」は、、、ちがうのであろう〜〜〜。

 スポーツ、、、、「勝たなければ・・」となるのも良く分かります。。。そうそう、小学校低学年くらいでもそんな感じがあるんじゃなかろうか????
 しかしである。。。。スポーツは、「やって楽しむ」、、、という側面もあるわけで、、、「勝つ勝つ」、、、ばかりじゃ〜〜〜へたな当方みたいのは、、、生涯試合に出ることは、、できない〜〜〜とおもってしまう訳である〜〜。

 当方的には、、、「勝負クラス」と別に、、やって、、見て楽しい、、、「おわらい系」があってもいいんじゃないか、、などと、、、。(もちろん、スポーツマンに怒られそうですが〜〜〜)。。。などなどと、、、。

佐渡市HP・・・・ - 2013.01.29 Tue

スクリーンショット 2013-01-28 12.09.52

 なんともたわいのないネタ!!!ですが、、、。
 写真は、佐渡市のHPのトップページです。。。実はここに写っている写真が、、、実は結構な頻度で変わっています。。。しかも、、なかなか「よろしい写真」「佐渡風景」などと、、、当方的には思うのですが、、、。
 それにしても、次の写真に変わるのが早すぎないか???、、、と思っています。今回、のこの雪景色前は、、、海の幸のお刺身のカットだった。。。(切り身を数えたら、、、”ちとしょぼいなぁ〜。。。これじゃや〜〜佐渡の刺身が泣くかなぁ〜”などと、、、勝手に想像していた〜)

 ・・・写真の善し悪しを判断できるほどの知識はありませんが、、、おもしろい写真が、、、アップされているようですし、、、なんだかもったいないなぁ〜〜〜と、、、。

 佐渡市HP、、、お暇な方は、チェックしてみては。。。。。(当方は、、、やはり暇人???なのかも〜)

県議会だより??? - 2013.01.28 Mon



 写真は、年4回発行している2013年1月27日付けの「にいがた県議会だより」であります〜〜。ちなみに、新聞折り込みされてました。

 県議会というと、、、なかなか馴染みのない感じ、、、。(もちろん、市議会も似ていますが、それ以上に馴染みがな〜〜いのではなかろうか???)・・・今回の原発県民投票条例で、、、少々、県民的にも関心が出たんじゃなかろうか????とも?!!

 この「県議会だより」では、、、代表質問2名+一般質問12人、、となっている。。。はてさて、、、よくよく考えると、、、当方らの代表である県議会議員は、、、総勢53名ですから、、、それから見たら質問者少なすぎないか〜〜〜ぁ、、、と思うのは、当方だけではないはず!!!!

 そうそう、、、新潟県議会は、「一般質問」の制限をしています。
 2008年から導入された一般質問の質問者数の制限のルールを決めていることから、、、発言者が少ないのではないかと言われています。(現実には、この制限ルールを無くしても、質問者は増えないと思われるが〜〜〜(^^;))

 「新潟県議会会議規則」第9節「一般質問」第107条では「議員は、会議において、県の一般事務に関し質問することができる」と明記されているにもかかわらず、、、「制限」する理由とは何なんだろうか?
 当方らが佐渡市でお願いした「市民アンケート」では、、、”市会議員は一体何をやっているのか分からない。1ヶ月ごとにレポートを市民に公開すべし!!”(主旨)のご批判がありましたが、、、。・・・実は、これは県会にもあてはまる、、、、はずなのである。。。。。

 ・・・ってなことで、、、実は、「何故一般質問を制限しているのか」ってな理由を県議会事務局に電話をかけて聞いてみた。。。。。

 ・・・最初は、言っている意味が分からないようでしたが、、最終的には、、、、「理由は担当者がいないので・・」みたいな正式なご回答(返答)でありました、、、。(また、次の人に電話を回しそうだったので、、、めんどくさくなり、、、「・・・ああ、、、じゃぁ、、、いいいです〜〜」とこちらから電話を切りましたが〜〜)

 市議会にかかわらず、、、議会の存在意義が問われている昨今です、、、、。はてはて、、、一般質問の制限をするなどというのは、、、当方的には、、かなり時代遅れもはなはだしい、、、のではなかろうか??!!!と思う訳である〜〜〜〜。

 ちなみに、、、議長 960,000円、副議長 840,000円、議員770,000万円が月報酬である〜〜〜。ちなみに、政務調査費(活動費)は、月額26万4,000円(議員個人分)、、、なのである。(前にも書いたが〜〜)
 

水道凍結〜〜〜〜 - 2013.01.27 Sun



 冬型、、寒波模様ネタ〜〜〜。(写真は昨日)

 当方的には、、、、昨日は、、、かなりの寒さ、、、でした。。。というのも、、、人によると、、「この前の方が寒かった〜〜」と言っていた方もいましたので、、、。

 おらんち、、では、、、水道凍結するところも発生〜〜。そんでもって、、、水の足跡が家の中で凍っていました〜、、、から、、、少なくとも、、、おらんち的には、、猛烈な寒さだった〜〜〜。
 水道が破裂しては、、、後が大変〜〜ってことで、、、蛇口をチョロチョロさしてました。(^^;)

 寒さによる水道の凍結破裂に気づかず、、、水道料が、、、目の玉が飛び出るくらい〜〜という方もいる?(当方、、経験〜〜(^^;))、、、。こんな場合は、業者さんを頼んで修理して証明してもらい、、、そんでもって、水道課へ行って、、、減免申請、、、すると、、、減額される場合もあるそうです。。。(あくまでも「場合」ですが〜〜)

 ちなみに、、、自分で直したんじゃぁ、、、ダメだとか、、、。(ちとへんだけど。。。)

 ま、、、水道凍結は、、、気を付けよう〜〜〜〜です。。。



県民投票、、知事の腹は??? - 2013.01.25 Fri



 ・・・猛烈な冬型空模様〜〜〜。(写真は今回のではありませんが〜〜)道路は、、、うっすら〜〜〜とアイスバーン、、、。昨年だったか、、、そろり〜〜と車を走らせていたら、、、滑り出したら、、、止まらない〜〜というかなりの恐怖を交差点で体験したもんで、、、やはり雪道は気を付けよう〜〜〜(^^;)。。。。

 はてさて、、、原発県民投票条例、、、県議会の否決を受けて(?)、、知事が”意見表明の場を模索”、、とか???(意見表明の場なら、、、いまさらでなく、、、議会前にもあったはずなのだが・・・)

 1月24日の記者会見では、、、「一言で言うと、「残念」です。何とか可決してほしいということで、相当気を遣って意見も書いてスタートしてきたのですが、あのような(否決という)結果になったわけです。最初から言っていたと思いますが、社会の安定のためには県民投票を実施した方がいいのです。この思いをどのように受け止めるのかということは大きな課題として残っていますので、この点をどう実現するかをこれから模索することになると思います。」、「先ほど、「県民投票は実施すべき」と発言していましたが、その気持ちは今も全く変わらないということでしょうか。 A知事 もちろんです。県HPの概要より

 ・・・なにがなんだか、、、、(^^;)〜〜〜〜。

 「県議会で否決された東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を問う県民投票条例案について、泉田裕彦知事は24日、定例会見で「一言で言うと残念だ」と語った。その上で「今回のポイントは意見表明をする機会がほしいということ。どう実現するか、これから模索していく」と述べ、条例制定以外の方法も検討していく考えを明らかにした。
 ただ、泉田知事の「本気度」ははっきりしないのが現状だ。発言が一貫しているようには見えにくいからだ。
 臨時会前の16日には「条例案には課題があり、実施には修正が必要」とする意見書を付けて条例案を議会に提出した。だが、同日の会見では「反対であれば修正意見は付けない」と話すにとどまり、投票実施への賛否を問われても「(意見書を)読めば分かる」と明言しなかった。ところが臨時会に入ると一転。「投票は条例案を修正した上で実施すべきだ」と賛同する姿勢を繰り返した。
 否決後の24日の会見で泉田知事は、意見書について「相当気を使って、何とか可決してほしいと思って書いた」と強調したが、賛否を明言しなかった理由については「現職である間は話しません」とにべもなかった。
 投票実施への積極的な姿勢を示す一方で、泉田知事は「(条例案を否決した)議会の意向は受け止めたい」と述べ、自身で修正した条例案を提案することには改めて否定的な考えを示した。とはいえ「何ができるか、今後模索していく」とし、含みを残した。・・・・」(毎日1/25)


 ・・・「ただ、泉田知事の「本気度」ははっきりしないのが現状だ。発言が一貫しているようには見えにくいからだ。」、、、、そのとおり〜〜〜では〜〜〜(^^;)(^^;)(^^;)〜〜〜。

地域おこし協力隊・・・ - 2013.01.24 Thu



 「活性化 島外の視点で」、、、ということで「地域おこし協力隊」の特命任務の臨時職員が4名生まれた〜〜〜。(^^;)、、、。配置?担当エリアは、、、岩首、小倉、内海府、外海府の4つのよう〜〜〜。

 「過疎化が進む集落に住み、住民とともに地域活性化を行う「地域おこし協力隊」。佐渡市では21日、4人の男女が隊員に任命され、地域の活性化に向けた活動を始めた。
 佐渡市の「地域おこし協力隊」に任命されたのは、県内や東京出身の男女4人だ。21日はこのうち20歳代の男女2人に辞令が手渡された。
 地域おこし協力隊は、過疎化が進む集落に都会から若者を受け入れ、地域活性化の担い手になってもらおうと、総務省が地方自治体とともに行っているものだ。
 任命式の後、金子勝副市長は「島外からの目線で佐渡を活性化してください」と話し、隊員たちを激励した。
 4人は辞令交付から3年間、市の臨時職員として、それぞれが担当する地域の新たな魅力の創出や情報を発信することで活性化を目指していく。」(1/21 テレビ新潟)


 ・・・というもの、、、である〜〜。

 はてさて、、そういえば、、「住みたい田舎ランキング」のニュースも、、、、。

 「移住者向け情報誌「いなか暮らしの本」2月号の特集企画「住みたい田舎ベストランキング」で、豊後高田市が全国1位に選ばれた。地域環境や移住者支援制度などが評価された結果で、市職員や市民らは「市の定住対策だけでなく、住民らの地域づくりの成果」と喜んでいる。県内では他に宇佐市が4位、竹田市が6位にランクインした。
 いなか暮らしの本編集部が独自に選んだ全国94の自治体を対象にアンケートを実施。▽自然環境▽移住者歓迎度▽移住者支援制度▽子育て▽医療介護▽日常生活▽交通の利便性―の7部門を各10点満点で評価した。豊後高田市は移住者支援、子育て、医療介護の3部門で1位になり、合計62点を獲得した。
 市は「人口3万人構想」(現在約2万4千人)の下、移住希望者に空き家を紹介する空き家バンクやお試し居住事業など定住人口の増加に力を入れている。2011年度の市外からの移住者数は県内トップの20世帯49人。空き家バンク事業を活用して08年に京都府から家族で西真玉に移り住んだ野村哲也さん(35)は「農業をやろうと思い、気象条件などを調べて決めた。家賃は安いし、住みやすい」と満足している。市地域・文化推進室は「全国の移住者に愛読されている雑誌で高い評価を受け、うれしい」と話している。
 同誌は宝島社発行の月刊誌(10万部)。県内の書店で販売している。」(大分合同新聞社1/16)


 〇移住者歓迎度 〇移住者支援制度の充実度 〇子育てのしやすさ 〇老後の医療介護体制がトップなのだそう、、。(当方的には、、、後段の「子育て」「老後医療」、、、あたりは、、佐渡的には疑問かなぁ〜〜〜なのだが、、。

 ・・・ふむふむ・・・・。では、当地の豊後高田市は、、、。

 「(株)宝島社『いなか暮らしの本(2月号)』(平成24年12月29日発売)の特集企画・日本「住みたい田舎」ベストランキングで、本市が全国第1位に選ばれました。
 日本「住みたい田舎」ベストランキングは、『いなか暮らしの本』編集部が全国の94市町村をセレクトし、独自のアンケート調査を実施。7部門70項目が設けられ自治体ごとに数値化されたものです。
 本市は、「移住者歓迎度」、「移住者支援制度の充実度」、「子育てのしやすさ」、「老後の医療介護体制」の各部門において1位となり、そのほかの部門と合わせた総合ランキングも“全国トップ”の評価を受けました。
 今後もこうした評価を励みに、「住んでみたい、夢の持てるまちづくり」に全力で取り組みます。」(豊後高田市HP)


 ・・・・地域おこし協力隊、、、隊員が住みたくなる、、、地域、、、となることが、、、当然、必要〜〜と思う訳で、、、。さてさて。。。。

県民投票、知事は賛成だったが、県議会が否決した??? - 2013.01.23 Wed



 写真は、今日の地元紙だが。。。。Web版では、、、。

 「県議会は23日午後、臨時会本会議を開き、市民団体「みんなで決める会」が直接請求した東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を問う県民投票条例案を採決、自民党や民主党などの反対多数で否決した。一部県議が動議で提出した修正案も否決した。原発再稼働をめぐって直接請求された住民投票条例案の否決は、大阪市、東京都、静岡県に続き全国で4件目。
 採決は議長と欠席した自民の1人を除く計51人で行われ、条例案、修正案とも反対44人、賛成7人で否決した。内訳はいずれも反対が自民31、民主6、公明1、無所属6。賛成は社会民主県民連合2、共産1、無所属4。
 23日午後の本会議では、社民、共産、無所属の計7人が修正案を動議で提出した。修正案は条例案で「条例施行後90日以内」としていた県民投票の期日の制限を外し、「永住外国人を含む18歳以上」としていた投票資格者を「20歳以上の日本人」に変更した内容。社民の小山芳元氏が「6万8千人を超える署名をした県民の思いをしっかりと受け止めてほしい」と趣旨弁明した。
 条例案、修正案について一括で討論が行われ、自民の石井修氏が「重要課題について多様な民意の集約を求める県民投票は(原発問題に)なじまない」、民主の市川政広氏が「二者択一では県民の意思を反映できない」などと反対理由を説明。共産の竹島良子氏は「原発の在り方について県民投票条例で討論を広げることは大変重要」と賛成理由を述べた。
 本会議終了後、泉田裕彦知事は取材に、「議会の半数を超える意見として『国策だからなじまない』という否決理由だった。県民の声を聞こうという条例案が否決され、大変残念だ」と述べた。」(新潟日報web2013/01/23 13:58)


 ・・・・??????

 「泉田裕彦知事は取材に、「議会の半数を超える意見として『国策だからなじまない』という否決理由だった。県民の声を聞こうという条例案が否決され、大変残念だ」と述べた。」

 ・・・????”あれ〜〜〜???泉田知事は、賛成だったんだ〜〜〜ぁ???!!!”となるのだが、、。この報道なら、、、知事は、、、、「県民投票やるべし!!」の姿勢を示すべきではなかったのか?・・・いつもながら、、、変幻自在???の当県知事の姿勢かなぁ????

 いつもながら、、、わかりにくい、、、というか、、、、誤魔化してると思うのは、、、当方だけではないはずだが、、、。(これから比べると、、、佐渡市の甲斐市長の答弁の方が、、、極めて分かりやすい〜〜〜のである〜〜。)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (9)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (120)
住民投票 (25)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (729)
議会報告 (57)
一般質問項目 (32)
政治 (206)
議会改革 (50)
議員 (71)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (26)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (202)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (36)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (143)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (51)
福祉 (135)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (41)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (13)
平和 (69)
ガメラレーダー (18)
農業 (80)
行革 (47)
公共施設 (29)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (19)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (37)
文化 (10)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (51)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (22)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (287)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (23)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (25)
2016市議選 (6)
地方自治 (14)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)
2018、最強寒波〜断水 (13)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

気まぐれクラウド

読み込み中...
powered by syany

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!