topimage

2011-09

佐渡の放射能・・・・ - 2011.09.30 Fri

 当方blogの検索で「佐渡 放射能」ってな関係がそれなりに多くなっています。

 福島原発事故を受けて、、、さまざまな報道などなど、、心配するのは、当たり前、当然であります。

 ・・・ってことで、、、佐渡市が公表している線量・・・。
測定場所 測定日 地上10センチメートル 地上50センチメートル 地上1メートル、、順です。
加茂小学校
グラウンド 8月17日 0.088 0.086 0.084
トキっこ保育園
園庭 8月17日 0.084 0.074 0.076
畑野小学校
グラウンド 8月17日 0.082 0.076 0.072
真野第一保育園
園庭 8月17日 0.078 0.074 0.070
金井保育園
園庭 8月17日 0.086 0.080 0.080
河原田小学校
グラウンド 8月17日 0.084 0.084 0.080
相川中学校
グラウンド 8月17日 0.098 0.090 0.090
高千中学校
グラウンド 8月18日 0.088 0.088 0.084
内海府中学校
グラウンド 8月18日 0.084 0.084 0.076
前浜中学校
グラウンド 8月18日 0.078 0.076 0.076
小木小学校
グラウンド 8月19日 0.086 0.086 0.088
羽茂小学校
グラウンド 8月19日 0.084 0.086 0.086
赤泊小学校
グラウンド 8月19日 0.098 0.098 0.096


 ・・0.098マイクロシーベルト/毎時が一番高い数値ってことです。

 佐渡市が放射線量を公開しているのは、唯一、、、これだけです。(・・のはず?!)9月議会でも強く指摘しましたが、、、十日町市などは、市独自で基準値を設けて、自ら徹底した計測をしています。(「徹底」かどうかは、ちと疑問ですが、、それでも佐渡市以上に計測している。。)・・・ですから、、、十日町市の保育園などの集水枡に高い放射能があることが分かった訳です。

 原発事故で、広島原爆の20個分相当の放射能(ウラン換算)が外に出たということは、まぎれもない事実です。(児玉龍彦氏、9月27日衆議院厚生労働委員会での参考人意見)、、、。それにきちんと対応することこそが大切!

 ・・ちなみに、、、佐渡市の答弁では、、、「ええ~~っと、線量計を注文してありますがまだ、納品されていない・・」ってな感じ、、、「ですので、県から線量計を借りて・・」というもの、、、。
 県から借りてでも、徹底して計測するべきです。(問題なければ、、それはいいことです)・・当方は、これらの答弁から、、、市の今回の原発に対する危機感がないことを感じずにはいられません~~~。

 はて、議会でも取り上げましたが、、6月7日に県が公表した「福島第一原子力発電所事故に伴う新潟県内の放射線などの監視結果 Ver.1」では、、、佐渡市の数値、、、もちろん、、、いわゆる「通常の範囲」だそうですが・・・県内で12番目の高さであります。
 9月27日に公表されたVer.2、、、、も同様の結果です。

 「放射能汚染は、調べてみない限り、どこで何が汚染されているか分からない。そこで広範に徹底的に調べ、除染していかなくてはいけない」(児玉龍彦氏、9月27日衆議院厚生労働委員会での参考人意見=「内部被曝の真実」より)

 ・・・なのである。市の姿勢に猛省を促したい。。。。のだが。

陳情で賛否が分かれる~~~ - 2011.09.29 Thu

 9月議会の最終版で、ちょっとした焦点になった(・・採決=賛否が大きく分かれたものの1つという意味)ものの1つに市民4名から出された「佐渡~羽田便早期就航実現に関する陳情」がありました。

 ・・・もちろんなんですが、、、当方的には、、、市民が請願権にもとづいて多くの意見などを出すことに反対するものではありませんし、いろんな意見があっていいものだと考えています。(そこんとこ、”ヨロシク”~~)

 はて、、、さて、、、この「陳情」は、ほとんど毎議会後と提出されており、、、(以前は、現県議の佐藤県議も名を連ねていました・・・あくまでも参考まで・・・)、、、ある意味「熱意」あるものであります。

 この陳情の主旨は、、、「佐渡空港整備」に関するもので、「H21 年に泉田知事が提案した”暫定フライト”を今すぐに実施するように県や佐渡市執行部に働きかけよ」、、、というものであります。

 ちなみに、、、この「泉田知事案」とは、、、890mの現空港を改修して、三セクで飛行機会社をつくって飛行機も購入して、佐渡~羽田間を今すぐにでも飛ばそう~~~。その間に本格的な2000m滑走路を整備すればいい、、、といった主旨。。。誤解がないように、もう少し詳しくは・・・・今から2000mの滑走路整備に取りかかっても15年くらい先になるし、それまで待っていては、駄目だ、、、というものであります。

 ・・・この知事提案案では、、、890mの改修(手直し)、会社や飛行機購入の初期投資で61億円もかかるもので、県議会でも否決されているものです。(ちなみに、、、県は佐渡市に「応分の負担」をもてと言っていた。(「応分」=国庫補助などを除いた分の50%であろうと思われる。09年新聞報道では「佐渡市20億円」とも報道。現実にいくら佐渡市がもつのかは、、子細にならなかった・・・)

 また、890mを改修(手直し)しただけであるため、50名乗りの飛行機は、佐渡発の場合、危ないので23.5人しか乗れない(それ以上乗ると危ない?)、、その結果6年間(6年後には、2000mができるので赤字はなくなる。。との当時の説明)の年間赤字が4億円で、、、その半分の2億円を佐渡市がもつべし~~~というものでもあった。(上記で”暫定フライト”と書いたのは、このため~~)

 ・・・この陳情を採択した委員会の委員長答弁によると「熱意をくんで・・」採択した、、、という答弁が・・・。採決、、、結果は、、、当方の確認では14の賛成で採択、、、、。(反対は12=あくまでも、当方が議場で確認した数です。)

 当方的には、、、、市民はくらしが厳しい中、、、こんな膨大な負担をしてまで、、、やるべし、、とは、思っていないので、、、賛成はできませんでした~~~~。

 *追記(10月1日)、、、どこかの、、blog(他人様の)では「全会一致で採択」と記述してあるものがありますが、これは事実誤認です。・・・当方のカウントでは上記の賛否状況です。。。。ま、少なくとも、当方は賛成しておりません~~し、、、はて???どこで間違えたのだろうか。。。と!!!!!!

行革の会議録概要??? - 2011.09.28 Wed

 佐渡市HPで、市民が委員となっている「行革推進委員会:の議事録っぽい、、、ものが9月27日に公開されました。HPより一部引用、、、。(HPはここ)

平成23年8月23日(火曜日)の第二回行政改革推進委員会(市民)の会議の会議結果 議事の概要(9月27日アップ)
「4-3 : 保育園、幼稚園の統廃合・民営化」について

委員
計画では幼稚園数を3園と計画し、実績が3園ということですね。計画通りか。

事務局
単年度では、計画と実績は同じ数字ですが、施設の統廃合は数年かかると考えています。例えば保育園は、平成23年度に向けて縮小していく位置付けになっています。翌年度を見ると数値が減っています。

委員
単年度で見ると園数が減少するという流れがない。平成22年度に対して評価をしているので、目標に対して100%の達成となってしまう。

事務局
佐渡の場合、保育園の民営化は、法人ありきの委託ではなく、むしろ委託するために法人を作るという形になっています。真野地区では、既に民間保育園の運営がされていますが、島内の事業者が新しく保育事業に入ってきたという状況で、中々保育単価が運営に充分な単価でないため二の足を踏んでいると考えます。島外では、民間事業者が算入しているが、佐渡は行政主導という意識が強い。また、法人としての条件は既に提示していますが、保育所経営としての経営モデルをどこまで周知させているかについては少し不足していると思います。

委員
答申案には、主語が無いから仕事もきちんとできないと思う。主語をはっきりと。

事務局
項目として取組について書かれています。「保育園、幼稚園の統廃合、民営化」についての項目です。主語の重複を避ける意味で省略しました。


 ?????市民に痛みを与える行革を密室で?、、、っていう、、9月議会での当方の問いかけが効いたのか???はて??

 H22年の第3回の同会議のものは・・・(引用)=比較のため=

【斎藤委員】
新潟市の事業仕分けはどうでしたか。
【加藤行政評価係長】 新潟市のやり方も国と同じような方式です。事業仕分けは実効性が伴わない事が課題になっ
ています。仕分け人からは廃止や見直し、縮小が出されましたが、受益者との協議などが課題
となっており、即実行に移せないということが事業仕分けの難しさかと思います。
【甲斐委員】
統廃合の関係です。学校をコアにして地域が成り立っていますので、学校や保育園が無くな ると地域が寂しくなります。例えば、その場合に公民館活動をコアにしようというセットの議 論がいつも出てきませんが、そこの議論をしっかりやるべきと思います。根本部分の議論がさ れていない気がします。
【臼杵委員】 縦割りで学校は学校、公民館は公民館という処理が行われるからクレームが出てくると思い
ます。横の連携を強化するような考えはありませんか。
【中川行政改革課長】
庁議がありますが、庁議題を協議するのみで、今、言われたような部分は協議できていない 状況です。
【臼杵委員】 例えば学校統合説明会に学校統合の担当だけでなく、公民館の担当がついていくとか、その
ようなことはできないのですか。
【本間行政改革課長補佐】
今まで担当課だけの説明会が中心だったかと思いますが、例えば市役所の最高決定機関である庁議で関係機関が連携して、もう少し良い方向にもっていくことができないかという話がで
れば、プロジェクトチームなどで検討することも考えられます。
【臼杵委員】
合併前は通用したかもしれませんが、佐渡市になったからこそ必要と思います。つなぐ人が 必要です。是非、検討をしてください。


 やはり、、以前の方が詳しく、、しかも臨場感が伝わるような気がしますが、、、当方だけ?

 議事録を隠すようになったのは、、当方の推測では、、、誰が発言したのかが分かってしまうことについて、、発言者などが問題視したためではなかろうか、、、と思っています。(あくまでも推測ですが・・)
 
 もし、そうだとするのなら(”もし”ですが)、、、それはおかしいと思っています。例えば、、市民から選ばれている(市長が選んだとしても・・)行革推進委員ですから、、自らの発言によって行革が動くのですから、、、それには責任がある。・・・・もし(”もし”です・・)、”発言者名が分かると発言しにくい”などというのなら、、、そんなのは番外ではなかろうか、、と思う訳で。。。。。
 いろんな意見や考え方がある、、、から、、例え、どんな意見でもいいんじゃなかろうか、、、それを元にいろいろ議論ができる、、、ってな風土(?)がないからかなぁ~~~などとも。。。。

 ・・ちなみに、、、景観審議会の会議録も同時の公開されていますので参考に比べてみると・・・?(ここでも委員名は出されていないが、、)

 ・・・要旨や概要、、ってのは、、、文字数は短いのだが、、、実は、中心点をまとめるもので、むずかしいものです。時によっては、まとめる人によって、、ずれが出たりもします。。。。。故に、、多くは全文会議録なのだろうが、、、とも?
行革のH22年度のものは、、、すでに公開されているので、、委員名もそのまま引用させていただきました

9月議会最終日、、雑感~~~ - 2011.09.27 Tue

 写真は、、、曇っていますが、、、佐渡市庁舎(金井)の裏側に立つ新しい佐渡病院から、、見た本庁舎~~。

 はて、、外は田んぼの稲刈りモード全開、、、やっと、9月議会も今日で最終日、、、、。

 議会空模様は、、当初の予想を大きく外れた感もありますが、、、それでもそれでも、、、なかなかな空模様での終了!

 各委員会で議案の審査結果が、本会議に戻され、、、最終決着ならぬ、、、議会としての意思(賛否)決定、、。
 予算を執行する(予算化する)条例や要綱もないものが、、、予算化される??これは、やろうとしている事業の是非以前の問題、、、というか、、、、個人会社じゃぁありませんから、、社長の鶴の一声で予算化、、、ってな訳にもいきません。(ま、現在では、個人会社だってですが)条例などに基づいて予算化されるのは、当然のことですが、、、、こんなことが問題になったり、、、。(これじゃ~~予算化しようという事業がかわいそうです)。・・・それにしても、、、、、という感じ、、、でもあります。

 ・・・議会は、、といえば、、、今日の委員長の審査に関する答弁では、、、「熱意をくんで、採択」、、、、執行部だけではありません。。。。。「熱意があれば・・」なんでもOK~~。

 これもいただけません!・・・ってな今日の感想ですが、、、。

トキが羽ばたくように、子どもたちにも・・ - 2011.09.26 Mon

 ・・・9月議会関連、、、。

 市民アンケートで「子育てをしやすくして若い人の生活を良くすることが地域発展の一つ。・・・・若い人がいなければ発展は望めない」などなど、、、深刻な不景気の中で、子育てや若い世代への政治の光をあてることが必要だといったご意見が多く寄せられています。

 ・・・ってこともあり、9月議会では、「子どもの医療費助成」と「市独自の奨学金」問題を取り上げました。

 「子どもの医療費助成」、、、現在佐渡市は、入院通院とも小学校卒業まで無料(一部負担あり)で実施していますが、、、、、。やはり、、中学卒くらいまでの拡充はどうしても必要です。(本来なら、、高校卒業くらいまでなんだが・・)

 「子どもが4人もいると医療費がばかにならない」、、、との市民の声がありましたが、、、、「少子化少子化」って言うんですから、、、、、。子どもさんがたくさんいるご家庭なんか、、、は、そうであろうし、、やはり次代を担う子どもたち、、には、必要なこと。

 県内30市町村の中で、中学校卒業まで対象を広げる流れがあります。県内では、入院を中学生まで実施しているのは、10、通院では、8(H23.4 時点)、、、というのが現状です。
 佐渡市が入院まで対象を広げたら、、、200万円の予算があれば可能との執行部答弁、、、。
 ===これは、やるっしかないでしょう~~~=(市は、「総合的に勘案して考える」って答弁で、、やる気なし!??)

 「奨学金」、、、。県の統計では、、、佐渡市には奨学金制度がない~~ってことになっていますが、、、実は、医療従事者対象、誘致専門学校対象とそれ以外で基金活用のもの(対象:成績優秀など)の3つがあります。
 しかし、残念ながら、、、高校を含めてのものは、ありません。

 答弁の教育長、、、「深刻な経済状況に鑑みて・・」「来春入学者に対応できる制度をつくる」(答弁主旨)、、と!

 世界的な奨学金制度は、、、給付型だから、、、本来なら、、「給付型」といきたいところですが、、、、。
 それでも、深刻な経済状況の中で進学などを諦めざるを得ない、、ってな状況をつくってはなりません。また、特に佐渡は離島でもあり、、、困難もあります~~~。(自宅通学できない)
 少子化の中で、、学校独自の奨学金などもあったりしますが、、、市が応援する姿勢の意味でも必要とお思う訳である~~~)

 トキの子どもばかりじゃない、、、佐渡の子どもの未来のために・・・・と!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2011年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (703)
議会報告 (56)
一般質問項目 (30)
政治 (199)
議会改革 (49)
議員 (70)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (132)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (50)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (274)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (23)
2016市議選 (6)
地方自治 (8)
公共施設 (3)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!