topimage

2011-06

原発事故、、危機感なし! - 2011.06.30 Thu

 左図は、、、ちと分かりにくいですが、、福島原発と柏崎原発からの佐渡の同心円。

 福島原発からは、100Km-200Km-250Kmの距離、、、。佐渡まではだいたい230Kmということ。(一番外が250Km)

 柏崎原発からは、50Km-100Kmの距離、、、で佐渡までは50Kmということ。

 今日の15時時点の放射能測定値は(単位:μSv/h)
新潟市西区:0.053、長岡市:0.046、阿賀町:0.056、南魚沼市:0.048、新発田市:0.057
上越市:0.041、柏崎市:0.041、刈羽村:0.035
【佐渡市】0.020(平日15時に計測)


 ・・・というのが県HPです。
 むっ?「佐渡だけ「平日15時に測定」???って???」の疑問ですね~~~。佐渡は、平日午後3時に測るだけで、、その他は1時間ごとに測定し、公表しています。

 ま、結局、、、新潟県が見捨ててる、、、ってこと???いやいや、、、原発安全神話から抜け出していないのかも~~~~~。(おいおい、、、佐渡から選出されている県会議員さ~~~ん、、、しっかりしてよぉ~~~)

 そんでもって、、、佐渡はどこで放射能を測定してるかって言えば、、、佐渡の地図錠のマーク(ピン)のあるところです。つまり、、、、原発から一番遠い場所で測定しているわけで、、、これは、ド素人的にみても、、、ありえなぁ~~い!!!!!(おいおい、、、新潟県さん佐渡を馬鹿にしてないか~~~!!!ってな気持ちにもなります!!!ハイ!!)

 少なくとも、、、市役所のある佐渡のど真ん中ってのなら分かりますが。。。。。。(まだね!)

 県がだめなら、、、佐渡市が、、、と思えば、、、、、。
 この間の議会答弁を聞いていると、、、高野市長は、、、「エコだ」「生物多様性だ」の口を開けば言うんですが、、、どうも「原発事故は想定外」に象徴されるように、、、どうも「原発容認論者」(万全の安全体制があれば、、、って感じ???・・・ま、これが安全神話に漬かってるってことなんですが・・・・)。

 結局、、、この姿勢が佐渡市に反映しているように思えます。今日の議会の答弁でも、、、佐渡の放射能の値について、、、、”佐渡は外れ(外海府)で測定していますが、、、新潟と上越、佐渡の三角の位置関係で予測することも可能”、、、みたいなご発言を真顔で答弁しています。。。。。????

 地形や風向きなどなどで、、、放射能スポットが発生しているのが常識だし、、、かなり離れた静岡のお茶だって~~~~です。・・・にも関わらす、、、3地点の中間値みたいなことを平然と言う。。。。危機感なし、、、ってのが、、、当方的感想です。

 ・・・実は、、、このやりとりには、オチがあり、、、その答弁を聞いた議員さん、、、「みなさん佐渡は県内一値が低いから安心して」、、、付き。

 離島の佐渡ですから、、、逃げ場がありません。これは、本土と置かれている状況が全く違います。
 もちろん、、当方も3.11以前の危機感は薄いものでしたが、、、3.11東日本大震災以降は、、、、やはり危機感をもって島と島民の安全を守る、、、ってな立場に立つべきです。(ま、市長さんはジアスで忙しかったんでしょうが???)

 昨日現在で佐渡に避難している方は、134人(知人・親戚35人、旅館・ホテル78人、アパート21人(=9世帯))が佐渡市が把握している人数で、9割が福島の方、、、、、、。

ヨウ素剤。。。。 - 2011.06.29 Wed

 議会の一般質問が続いていますが、、、、休憩中には、、、地震はこうだ、、、活断層は、、、原発は、、、などなどいろんなご意見主張、、、知見が、、、、。

 横で聞いていた人が「学者が増えた~~」と。

 確かに、、、3.11以降関連する、、情報が洪水の如くで、、、なんだか分かったような気になったりしてしまうわけで~~~~。にわか学者が増えている~~~。
 しかし、今回の原発事故でも明らかになったように、、、原発推進学者は、、、不安をあおらないし、、、安全だ、、、そんなもん効かない、、、なんてのもいますし、、、はたまた、逆も~~~。果たしてどれが本物と疑ったりせずには、おれません~~~。この点では、、、、原発の初期から一貫して問題点を指摘している方々が信用に値するんじゃないかと、、、当方!

 今日、、、「県の原発の集まりで勉強してこい!」ってな質問もありましたが、、、当方的には「東電管理下の勉強会??じゃなかろうか~~~」とも、、勝手に思ってしまうわけで~~~~。やっぱ、多い情報の中から、読み比べたりして、、、、勉強した上での参加じゃなかろうか~~~~???と。

 「柏崎原発が事故で放射能もれしたら、、、そんでもって、、、佐渡の航路もたたれたら、、、ヨウ素剤が佐渡に1つも無いというのは、、、、、問題だ」、、、って取り上げたこともあるんでしょうが・・・・
 はてさて、、、原発事故関連での、、、ヨウ素剤についても、、、やはり、、「飲んでも効かない」とか、、いろんなご意見も~~~~ってことで、、、、当方が参考にしたのは、、、日本科学者会議編の知見。


「2,ヨウ素剤問題について
 弱い放射能の問題で、最も重要な問題は放射性ヨウ素131とヨウ素剤の問題です。私はチェルノブイリへ3回も調査に行ったので、この問題を深刻に考えています。チェルノブイリでは、原発事故そのものを2日間も公表しなかった上、事故が起ってもヨウ素剤を飲ませなかった、特に子供に飲ませなかったので、多くの子供が甲状腺のがんになり、その後白血病の患者を多発させました。この教訓からIAEAでも原発事故の場合のヨウ素剤の使用を推薦しています。 ところが日本では、「原発は危険だ」という印象を与え、原発の推進に影響すると称し、日本政府も電力会社もその配布に反対し続けて、原発から20キロ圏だけにしか配布してきませんでした。そこでここでは、酸性雨調査研究会の訴えを採録しておきます。

日本人は海草をたくさん食べるので、甲状腺に既に多くのヨウ素を貯めている人が比較的に多いが、乳幼児、特に乳児は、放射性ヨウ素の侵入に無防備です。ヨウ素剤を早めに飲ませて、放射性ヨウ素131の侵入を防ぐべきです。放射性ヨウ素131は半減期が8日ですから、放射性ヨウ素131が多くでたという情報があったら、直ぐ飲ませれば甲状腺がんや甲状腺疾患を防ぐことが出来ます。 何時飲ませるかは、放射能の拡散状況を勘案して、国や自治体で決めるべきですが、先ず前もって配布しておく必要があります。そのことを関東から以東の全自治体で要求させるべきだと思います。原発の周辺20キロ圏の人たちや、米軍などはヨウ素剤を服用しており、アメリカでは日本からの放射性粒子の飛来に備えて、ヨウ素剤が売り切れているそうです。

ところが、NHKなどは「ヨウ素剤を飲ませろなどと危機感をあおる人がいるが、ヨウ素剤は効果がない」とか、「副作用があるので却って害がある」などといっています。しかし、放射性ヨウ素131は甲状腺に吸収されやすく、甲状腺異常や甲状腺がんをつくりやすい元素です。もし前もって、ヨウ素剤を飲ませておけば、放射性ヨウ素131が来ても体内に蓄積されず、排出されてしまい、甲状腺の病気を引き起こす確率を下げられるのです。

ヨウ素剤は医師の監視下で飲ませるべきだという人がいますが、すでに、原発から半径20キロ圏の市町村には、各家庭、或いは保健所、医院や病院に配布してあり、自治体の指示で直ぐ飲むことになっています。

ヨウ素剤は錠剤で、1歳以上であれば大人も子供も1日2錠、1歳未満は1錠です。甲状腺、腎不全の人やヨウ素アレルギーが明らかな人、妊娠中の人、新生児は医師の指示に従って服用します。また、この程度の微量なヨウ素でも発疹や発熱など軽度の副作用を起こす人がいます。その場合は医師の指示を仰ぐ必要があります。

原子炉は今なお最悪の状態を脱し切れていません。ヨウ素剤の配布はこの1両日が勝負ではないかと思います。飲ませる時期は専門家の意見に従う必要があると思いますが、前もって配布しておくことが必要で、もし不要になってもそれは幸運だったということだと思います。


 日本科学者会議の「放射能被曝問題について」HPよりの引用です。このHPには、「文責:各執筆者
(このコーナーでは、会員から提供された論文・投稿等のうち、広く早く市民の皆さんにお知らせし、社会的な検討をいただくことが必要と判断されたものを公表しています。 )」
、、、としています。

 ・・・ちなみに、、、写真は、、、鼻くそではありません。。。。こんなのがヨウ素剤~~~。

原発事故が「想定外」とは、、、想定外~~~~ - 2011.06.28 Tue

 今日から、、、一般質問スタートで、、、、当方も!

 4人が質問しましたが、、みなさん「防災関連」を取り上げました。。。。

 当方が、かなりびっくりし、、、少々、、怒りを覚えたのが、、、、3.11東日本大震災から何を学び、活かすのか???ってことで、、、1日、答弁を聞いていて、、、、「危機感」と「怒り」のなさ、、、に少々びっくり!!!

 中でも、市長は原発事故について、、、「想定外」との認識~~~~。こりゃ~~びっくりです。もう、さすがに国政与党でも、、、「想定外」という言葉は使えないくらい、、、いかに「想定内」の事故であったかが明らかになっている。=「安全神話」にどっぷりつかり、、想定される事故も対策も、、、「安全だ」といってきたことが、こんな状況をつくった、、、、。

 多くの国民が「安全だ安全だ、、、と騙された」と怒りをもっているのに、、、、これには、かなりびっくりでありました。

 佐渡は、世界一の集中立地と言われている柏崎原発から50km、、、、佐渡市本庁舎までが70km、、、外れの鷲崎までが100km、、、、。今、問題になっている、、、学校グランドに放射性物質っていう福島県の郡山市は、70km程度、、、。避難の川俣町が50km弱、、、、、これを考えたら、、、やはり緊張感が走るはず!!!

 しかも、、、佐渡は離島ですから、、、どこへ逃げるといわれても、、、逃げ場がない~~~。原発事故で風向きで、放射性物質(放射能雲)が向かってきたとして、、、ヨウ素剤で防御と思っても佐渡には無い~~~。
 おまけに、放射能を測っているのは、、、一番遠い外海府、、、、。(こりゃなんだ~~~)

 答弁では「ヨウ素剤は医師の処方箋もいりますし・・・」、、、、、おいおい、、、そこまで放射性物質が来てるってのに、、、医者まで出かけて処方箋ってか~~~?「ヨウ素剤は2時間しか効かない・・」とも???これホント。。。。正しい情報かよぉ~~。市民もテレビ見てるんだけど????

 長岡市小国支所では、各家庭にヨウ素剤が配置されており、、、「長岡市小国支所では、ヨウ素剤の服用を必要としたとき、直ちにオフトーク放送や広報車などで住民に周知します。」などなどと注意書き~~~。

 実は、、当方も詳しいわけではありませんが、、、「できるだけ早期に。ヨウ化カリウム(ヨウ素剤)を130ミリグラムふくむ錠剤を服用します。服用量は、成人と1歳以上の子どもは1日1錠です。1歳以下の子どもは半錠です。」(日本科学者会議編「原発事故緊急対策マニュアル」の「「事故中期」にどんな対応策が必要か」より)、、、、、、のもののようですが!!!!

 今日の答弁を聞いての感想、、、、、、ちと、、、素人っぴすぎます。。。。ってのは、言い過ぎだろうか?
 具体的にどこまでできるかどうか分からないが、、、****な風に考えているくらいは、、、市民の安全と健康を守る姿勢がいるんじゃなかろうか????

 3.11東日本大震災から、、、何を学ぶのか。。。。。いま、効率一辺倒的な、、、行政に鋭く付きつけられているものを感じないのであろうか?、、、、と!

23年6月議会の一般質問資料です。。。 - 2011.06.28 Tue

 28日の一般質問の時の質問資料です。資料のために分かりにくいかもしれませんが・・・・。

***遺産と市民のくらし。。。 - 2011.06.27 Mon

 「世界農業遺産」???というニュースで、マスコミも佐渡に来てみたが・*******・・・・・。といった噂も聞きますが、、、、、、。

 当方ん家(日本共産党)の全国週刊紙のしんぶん赤旗日曜版が、、農業遺産の取材に来ました~~~。・・・ので、少々、同行。。。。

 ・・・ってことで、、、まずは、佐渡市の甲斐副市長から、、、ご教授ということで、、、、が、左の写真~~~。
 (あいかわらず、、、熱く語っておりました~~~。)

 記者の話では、、、見開きのページで、佐渡と能登の今回の「世界農業遺産」関連を記載したいとか?
 現場の農家などのみなさんの話も伺っていましたから、、、はてはて、、、どんな記事になるのかなぁ~~です。

 「農業の遺産、、、というから、、、ちょんまげつけて田んぼに入っている??」なんて話もありますが、、、まさかそんな訳きゃ~~ない~~~。

 佐渡市になるやいな、、、朱鷺、エコアイランド、、、金銀山世界遺産、、、、地質の「地質遺産」(ジオパーク)、、、農業遺産、、、、なんだか、、、庶民の生活とかけ離れたところのはなしが、、続いているように感じている方も多いんじゃないでしょうか?

 「市民の福祉や暮らしよりも、、、***遺産に熱心で困る!」って声も少なからずあります。やはり、、、市民の福祉暮らしにも一生懸命、、、、といった上に成り立つものなのである。
 ・・・よくよく考えれば、、、***遺産も実は市民の福祉、暮らしに結びつくものだという角度も重要であろう。。。。ちと前に書きましたが。。。。「エシカル」風が重要ではなかろうか。。。と。

 どの***遺産も、、、すべてそこに住む人々の暮らしにしっかり根づいてきた歴史や文化があるからこそ、、、***遺産、、、と言えるもので、、、、人の暮らしを抜きにはありえないもののはずである~~~。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (59)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (672)
議会報告 (53)
一般質問項目 (28)
政治 (192)
議会改革 (42)
議員 (66)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (20)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (66)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (264)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (53)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (5)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!