topimage

2011-02

黒猫のタンゴ・・・ - 2011.02.28 Mon

 写真は、おらん家(ち)の双子の子猫、、、。(ま、猫は双子というか、、5つ子くらいだったのかもしれませんが、、、)

 このお二方、、、話せば長いが、、わけあって同居しております、、、。当方は、これまで4匹くらいの猫を小さい時から飼ってきていますが、、、子猫の時から2匹同時に育てた、、というのは、初めて、、、。

 育つ過程で、少々びっくりしたのが、、、2匹で遊ぶ、、、ということでありました。(2匹で遊びと生活をとおして、、成長していました。。。)

 読売新聞で「佐渡の保育園、民営化難航」と題した記事・・・
「保護者ら不安 「質は?」「変更点は」
佐渡市立双葉保育園で開かれた民営化に関する説明会(8日)
 佐渡市立保育園の民営化計画が難航している。2012年4月を目標に進める、対象6園のうち5園では保護者の反発が強く、民間事業者公募のメドが立たない状態。民営化で財政の負担軽減を図りたい市に対して、保護者から「保育の質が保たれるのか」「民営化で何が変わるのか」といった不安や疑問の声が出ている。

 現在、佐渡市内の保育園は市立28、私立3。市は統廃合や民営化で、18年度までに市立を12園に減らし、私立を12園に増やす計画だ。
 市は昨年2月、基本指針を策定。「定員60人以上」「建物が築20年以内」などを基準に民営化対象の6園を選出し、昨年夏から今月中旬までに、各園で3回ずつ保護者説明会を開いた。
 当初の計画では、今年3月までに保護者の同意を取りつけ、4月以降に事業者の公募を実施し、半年間の引き継ぎ後、12年4月から民営化する。だが、同意を得る保護者アンケートの実施にこぎ着けたのは、これまでに6園中1園のみだ。
 対象園の一つ、中興保育園(佐渡市中興)に2児を通わせている主婦(31)は「今の保育園に満足している。民営化後の保育内容がどうなるのか、具体的に見えないままでは、判断できない」と戸惑いを見せる。
 同園の保護者は昨年12月、「民営化で保育内容や行事は変わるのか」「保護者の声をどう反映させるのか」など67項目の質問書を市に提出。ほかに3園から同様の質問書が市に寄せられた。
 民営化後の保育内容について、市社会福祉課は、移管先を社会福祉法人か学校法人に限定することで一定の質を保てると説明。保護者、市、事業者の話し合いの場を設け、保護者の声を反映させる。また保育時間の延長や、保育士の新規採用による雇用の創出など、民営化のメリットを挙げている。
 同課の新井一仁課長は「民営化を、保育サービスを向上させるチャンスととらえてほしい。12年4月の開始にこだわることなく、保護者への丁寧な説明を続ける」としている。

■背景に市の厳しい財政
 公立保育園の民営化は、全国の自治体が進めており、県内でも2008年度からの3か年で11園が民営化された。背景には厳しい財政状況がある。
 人口減が続く佐渡市の場合、10年後の歳入は現在よりも100億円少ない約300億円に減る見通し。保育園を民営に切り替えれば、国と県からの補助金が入る。試算では、今回の6園を民営化すれば、市の支出を年間2億円削減できるという。
 推進のカギは、保護者や地域への十分な説明と、保育の質を保つための取り組み。04年度から毎年4園ずつ民営化を進めてきた横浜市では、園児の保護者らが民営化の取り消しを求めて提訴。最高裁まで争われ、原告側が敗訴した。ほかにも保育園の民営化を巡る訴訟が全国で数件起きている。
 これまでに5保育所を民営化した三条市では、民営化の約1年半前から説明会を開始。職員の3分の1以上を経験4年以上の保育士にすることなどを義務付けた。民営化後は、半日だけだった土曜の保育が1日に延長されたり、0歳児を生後2か月から受け入れたりするなど、サービスの拡充が図られたという。」(2011年2月28日 読売新聞)
・・・と、、、。

 ・・・当方的見方では、、、現在、国の保育制度の大改変が行われようとしており、保育関係者らの大反対も起こっている中での、、、記事ですから、、、もう少し問題点をえぐってほしかったなぁ~と、、、。(「保育園の民営化を巡る訴訟が全国で数件起きている。」なんかもありますが、、、、、その中で問題になった点、、敗訴でも重視されなければならない点なんかも、、大いに関係有りますから、、、ちとほしかったなぁ~などと)

 はて、、、以前にも書きましたが、、、佐渡市の保育園の統廃合計画と民営化計画、、、。
 もともと、市は統廃合計画をすすめる理由としては、表向きは・・・「市内の保育園の多くが定員割れをし、5人以下、15人以下の園児数しかいないところもあります。このままの状態では、集団遊びや行事等における保育効果を期待できないばかりか、保育園間で格差が広がり、年齢にあった乳幼児の発達促進に影響がないともいえません。」と、、、少人数だと保育効果が上がらない(よい保育ができない)から、、、保育園の統合が必要だ」というものであります。

(まあ、、、実のところ、本心は、、、記事にもあるように「民営化で財政の負担軽減を図りたい市・・」ですから、、、”ええ~~い、、統廃合なんてめどくさい手法ではなく、、、一気に民間にやってしまえ~”といったところ、、、で、、、”ほんまに、真面目にかんがえてんの~~”??じゃなかろうか?、、、国の制度がかわると、、実はこの点が大きな問題となるし、、、このへんのツッコミがほしかったなぁ~などと!)

 以前の一般質問でも紹介しましたが、アメリカで年月をかけた保育のあり方が社会や本人に与える影響の研究調査である「保育が人生を変えた」(84年)では、、、保育に要した費用の「6~7倍の利益を社会にもたらす」としており、、、、子どもの成長と発達を大切にした保育こそ必要だといったものがあるそうです。(「ペリー・プリスクール研究」)

 また、同時期に「保育の質」の調査も行われており(「***式カリキュラム保育」の方がいいかどうか?などなどの調査)、、、ある結果では、、「授業型」の保育と「遊び中心」の保育を比較したところ、、、小学校低学年までは、、、「授業型」の子どもの方が知能テスト結果がよかったが、、、10才、15才になると差がなくなった。(”急いで詰め込んだ知識は急速に剥げ落ちる”といった傾向)
 またまた、、、子どもの保育で「子どもの集中力(度)など」を調査したイギリスの調査では、、、”2人で遊んでいる時が一番集中力が高く”次が”数人”で、一人遊びの時が一番、集中力が低かった。。。。。そうである。(出典:「保育の質を高める」大宮勇雄著・・・くわしくはそちらをどうぞ!)・・・(人間ですから、、これがすべてではないでしょうが。。)

 ・・・・ってことで、、、、猫の話。・・・む~~ん、なるほど、、、と!(猫と人間を一緒にしていいかどうかは???ですが、、、)、、、、そういえば、、、、”コーナー保育”から、、、”協同的な学び”(子ども同士による学び?)の保育方法、、、が研究されているとか、、、もこの範疇であろうか??、、などと。

・・・フランスやスエーデンでは、家庭的な雰囲気を重視した家庭保育を基本とした集団保育で、、、一人の保育士が大勢をみる、、、というものではないそうで、日本と基本そのものがちがうそうなぁ、、、。
 そもそも、、、だいたい幼児を大勢での集団保育する必要があるのだろうか???とも?

花鳥風月の心配事、、、 - 2011.02.27 Sun

 花鳥風月、、、。おそらく毎年だと思うのですが、、、当方ん家(ち)の実のならない梅が咲きました、、、。
 個人的には、、桜より梅の方が風情があると感じています。。。。。

 さて、、、歳時記、、、花鳥風月、、、、で、少々気になっているのが、、、実は、、、近くにいるはずのうぐいすの鳴き声が、、、いまだに聞くことができません。。。。

 確かな記憶ではありませんが、、、毎年、、、「なんだ、、、こんなに寒いのに、、こんなに早く鳴き出すんだぁ~~」と思うのが早春の、、、、記憶なんですが。

 今春は、、、、いまだに鳴かない、、、訳で、、、、これは、、、実はかなりの心配事となっています。。。
 ま、「梅に鶯」などといいますから、、、梅が咲くのを待っているのかも知れない~~~。・・・いつぞやの年なんかは、、、うぐいすが朝早くから鳴くので、、、目が覚めたなんてことがありました。。。。
 それを聞いていた方、、、、「な~~んて贅沢なんだぁ~~」と、、、ポツリ。

 うぐいすのことが心配できる環境にいられるってことは、、、、やはり幸せなんだろうなぁ~~と!!

 おお~~~い、、うぐいす君~~~~。

装丁にまけた。。。 - 2011.02.26 Sat

 写真の「無縁社会」は、昨年、NHKテレビで放送されたドキュメンタリー、、、、?最近では、ほとんどテレビなるものを見なくなった当方なのでありますが、偶然にもこの放映は見ました。。。(最近見るテレビといえば、、、1週間に1~2回くらいで、、、夜のニュースをちらっと見るくらいか、、、はたまた、、、面白そうな映画くらいか、、。以前は、、、習慣のように”テレビをつける”という習性でしたが、、、、なれれば”どうってことない”ものである~~訳で)

 はてさて、、、この本は、、、装丁の迫力だろうか、、、当方的には”高い”と思ったのですが、、、ついつい衝動買い、、、。
 新書版になってからでも買えばいいや~~~なんても思っていたんですが、、、、今回は本の装丁、表紙に負けたという感じです。。。。(これと似た1冊に、、、実は「限界自治 夕張検証」の豪華版の本でしたが、、、これも過去に衝動買い~~~)

 3月議会準備中に買ってしまったのが、、実は失敗、、、。ちと読み始めると、、これが次を読まなくてはならないとおもえる訳で、、、ある種、、、推理小説みたいに次々と引っ張られて、、、、、しまいました。

 さて、、、最近ある島外から来て、佐渡人になった方との話、、、、。
 「・・その昔、佐渡が好きで、移り住んだが、、、。朱鷺だ、世界遺産だ、、、あげくのはて高校野球だって、、、などなどと次々に目新しいことに飛びつく佐渡。飛びつくのが悪いのではないのですが、結局、、、心根、本心は、、、それで”儲けよう”ってなのが見えすぎている。。。。自分が佐渡が好きになったのは、、、娑婆での浮ついた根っこじゃない佐渡があったからだ。・・・そんな佐渡の浮ついた雰囲気が、、、子どもたちや社会に伝播しているんじゃないか?」、、、といったご趣旨の言葉、、、。

 次いで、、、「佐渡市になったとたんに、、、なんでも効率化ってな雰囲気になったんじゃないか。。。結局、、、佐渡市だけじゃないが、、、なんでも金、金、儲け、、、、になってしまったんじゃないか。しかも、恐ろしいのは口では、、理想ぽぃこというから、、なお立ちが悪いんじゃないか。。。」とも、、、。

 ・・・・と先日聞いた、、、この話が、、、しっくりくる1冊の本であった、、、。

問どり、、、2 - 2011.02.25 Fri

 「問どり」、、、。これは以前にも書いたように、、、議員の一般質問に的確に答弁するために、答弁者側である執行部の担当が、議員から質問主旨を聞き出す、、、もの、、、。

 3月議会前ですから、、、質問通告をすると、、、速攻(?)に電話がいくつも鳴る訳であります。

 はてさて、、、、当初議会では、、当議会は会派による「代表質問」なるものが設定されていますが、、、これは、20~30分の持ち時間の範囲で(会派人数で、時間配分が変わる)、質問ができるというものです。(あの国会の代表質問みたいなもん)

 ところが、、、当議会は、1回質問ができるだけでありまして、、、、その後、、、簡単な(当方認識)答弁が数分あるだけであります。
 ちなみに、当方が行った21年度の代表質問は、、、文字数で約6895ですが、、、答弁は、約3955といった文字数、、、。(ちなみに、この時の代表質問は、その年度に必要な政策課題について提起して執行部の態度と姿勢を問うたつもりですが、、、、。しかも、当方は、、、ちと(?)早口ですので文字数も多いかも?)

 これでは、議員の商売(?)である、、、喋くりの商売ができない訳でありますし、、、ならば、、、代表質問だからといって執行部が重きに受け止めているかといえば、、、決して、、そうではありません~~~。
 もちろん、当方的には、当初から(議員になってから)、、、この代表質問を”議会の権能”が発揮できるように改善すべきと主張してきていますが、、、残念ながら、、、改善されていません。
 しかも、、、代表質問と一般質問の重複はダメ、、、ということになっていますから、、、これも問題。(せめて、重複可にすれば・・とも?)

 当然、今議会前にも、、、この改善を提起しましたが、、、一部会派を除いて、、、あまり積極的ではないわけでありまして、、、、(結論的には、、今後の研究課題としよう~~程度。以前も同じだったんですが、、)
 ・・・ってなことで、、、今議会で、当会派は、代表質問を選択しないことにして、一般質問を行います。(選択性であることは、議会で確認されている事柄)

 さてさて、、、実は、、この代表質問にたいする態度(?)がおもしろい~~~のである。

 「会派性である以上、代表質問をしないのは、どうなの~~。しかも、公党じゃないですか?」、、、みたいなのも、、、、、当方から言うと、、、こんな時だけ「公党」だなんて~~~いうんじゃないよぉ~~と!(当方が「当方らは公党の議員であるからして・・・」なんて主張しても、、都合が悪いととりあげないことが多い気がしますが・・・)

 ある執行部系、、、「代表質問は行わないんですね・・」と声かけ、、、「そりゃ~~みなさんがたは、代表質問の答弁は簡単でいいからね~~」と当方が言うと、、、周辺から同意の笑いアリ。。。。

 また、、、、問どりで、、、「今回の質問は2年前の代表質問とそっくり同じで、答弁がある」と当方が言うと、、、「えっ?いつのですか?」(執行部)、、、、。(ほうらね~~~。まじめに答弁しているとおもってないんじゃないの~~~と当方~~~)

 ・・・ま、執行部側はどう考えるのかは知りませんが、、、、議員は、4年間の任期の中で、住民の代わりに様々な課題や問題点を喋る、、、というのが責務ですから、、、、できるだけ実のあるものにしたいと思うのが心情な訳である。

 (ちと、、、長いが・・)政策論争、、、と言われる一般質問、、、、これは、、隠し玉を持っていて、執行部の揚げ足をとるものではないと思っています、、、。
 問どりではありませんが、、、、Aという問題について、質問者はBといった角度で提案する、、、答弁側はC案と考える、、、そこで、、、BとCで議論して、、、、なるほどといえるD案(A+B)が生まれることをいうのではなかろうか・・・と。(ま、現実的には、結構平行線も多くそう簡単ではありませんし、、、、できるできないは別にしても、、相手の言い分をなるほど。。。と聞けるものではなかろうか。。。とも)

住宅リフォーム助成、、ネタ!? - 2011.02.23 Wed

 (写真:む~~ん?・・・黒猫のなかなかの勇姿、、、)

 さてさて、、、23年度の当初議会である3月定例議会が3月2日から、、、はじまりますから、、、当方的身分(?)、商売(?)、、、柄では、、、まあ、何と言っても、、、、頭の中のすべてが完璧に”議会モード”で染まっている訳であり、、、なおかつ、、、当初議会ですから、、、それなりに議案数も多かったりしますから、、、”***”ってなところです。(「はい、ご指摘のとおり、好き好んでやっている議員ですし、、、あたりまえでもありますが・・」・・・ま、ギャグとお受取りください~~。)

 さてさて、、、ここんところ、、住宅リフォーム助成のネタ続きですが、、、、。(関心のないかたには、恐縮ですが・・・)
 先日書き込んだ、、、「集落センター」のリフォーム助成が、追加経済対策が追加され22年度3月補正として審査されます。。。。。
 
 仔細は、明確になっていませんが、、、、「100万円を上限に4分の3」で、住宅リフォームがあっと言う間に予算に達したことを受けてか???・・・必要度が高いところから優先に採択する、、、といった方向のようであります。。。。。(もちろん、まだ予算が通っていませんし、、、具体化は、、3月議会で決まりますが・・)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (117)
住民投票 (23)
温泉 (56)
ブログについてのご注意! (58)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (654)
議会報告 (53)
一般質問項目 (27)
政治 (189)
議会改革 (39)
議員 (65)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (18)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (64)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (17)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (12)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (258)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (50)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (1)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!