topimage

2010-10

食欲の秋なのですが、、、 - 2010.10.31 Sun

 写真は、「かきあげ丼」、、、、でありまして、けしてケーキではありません。

 ちと話題性重視なのか?と思う感もある一品ですが、、、。なにはともあれ、、このボリュームは、圧巻ではなかろうか?隣で出ている注文品も、、このかきあげ丼ではありませんでしたが、、、これもまた、また、、、と感じ入りました。もちろん、お値段もリーズナブルです。(味は、、、、好みがありますから、、、、体験あれ~~~ということで、、、)

 ブリカツ丼だけでなく、、、結構、、いろいろあるんだなぁ~~~~と実感であります。
 
 ・・・新ジャンルのカテゴリに「佐渡ぐるめ????」を新設です。



気が遠くなる「佐渡日誌」、、、 - 2010.10.29 Fri

 自分がいま立っているのは、先人たちの歴史の上にある訳で、、、。・・・・・ということでかどうか?は、分かりませんが、、、、1847年、、、現在から163年前に佐渡に来た松浦武四郎氏が書いた「佐渡日誌」の現代語訳の本が出版されたので、、、只今、、、奮闘中。

 「松浦 武四郎(まつうら たけしろう、1818年3月12日(文化15年2月6日) - 1888年2月10日)は江戸時代、幕末から明治時代にかけて活動した日本の探検家である。雅号は「北海道人(ほっかい・どうじん)」。蝦夷地を探査し、北海道という名前を考案した。」、、、という人物。

 09年に復刻された宮本常一著「私の日本地図7佐渡」もおもしろかった(?)が、、この「佐渡日誌」もなんだか参考になる。あまりいろんな考察などはされていないが、、、集落の特徴が短く記載されていて、現在と比較しながら考えるとおもしろい。

 佐渡に上陸して最初のころに出てくる集落である「湊」について「人家296軒、石高56石という。農家と漁家が入り混ざって、随分繁昌の土地である。・・・・・」といった具合です。
 これだけでもいまの状況と比較すると、、、、唸るものがあるような気がします。

 1847年といえば、、、江戸幕府将軍は徳川家慶。。。というから、、、なんだか気が遠くなりますが、確かなのは、その時からずっ~と佐渡が佐渡である訳で、、、、その佐渡にいまの自分が居るということは、確かな事実な訳である。


マニアックって?????? - 2010.10.28 Thu

 (ええ~~っと、、、予定を変更いたしまして(注*臨時ニュース風)・・あくまでも、「ギャグ」です。「ギャグ}=観客を笑わせるために筋と関係なく挿入される即興風な台詞や動作(大辞林))

 「今度の副議長は誰?」とか、「現在の副議長は何議員?」との、、、、(当方からみると”マニアック”的かな???などと思いますが、、ま、市民の方々からみると、、、、関心事なのでしょう。 、、、、といった書き込みに対して、現副議長から、「マニアックとは、常軌を逸脱したと言う意味だ。普段はあまり使わない・・・」といった主旨のお叱り(当人が”お叱り”だったかどうかは、分かりませんが、、、、あくまでも当方の受け取りであります)

 はてはて、、、マニアックなるフレーズは、(当方)普通に使いますが・・・はてさて、、、。
 どうもお叱り当人は、「副議長がマニアック」=「副議長が常軌を逸した」とおとりのようであります。文脈からすれば、、、質問をくれた人がマニアック、、、、専門的、、、あるいは,事情通、、、などといった意味で書いたのですが、、、、、どうも「マニアック=常軌を逸した」が気に入らないようでした。

 当方は、辞書は大辞林なのですが、、、大辞林によると「特定の物事に以上に熱中し精通しているさま」
 ウィキペデイアでは、、、「マニア(mania, maniac)とは、普段から自己の得意とする専門分野に没頭する生活習慣を持つ人物。特定の事柄ばかりに熱狂的な情熱を注ぐ者や、その様子を称して言う。」「語源から言えばあくまで「熱狂的な」を意味する形容詞であって、「マイナー(=少数派)」「マニア向け」といった意味ではない。 ただ、前述のように日本では「マニア=奇人」という意味で誤用されているため、マニアックは「奇人で一般的な人じゃない=少数派的」という意味で誤用される。」
 ・・・ってそうであります。

 極めて正確な詞の使い方ではないと思われますが、、、まだ、多くの人が副議長の辞職願が出されたことを知らないと思われる中で、この質問があったということで、、、「適切ではないかも??」知れませんが、詳しい=マニアックと使った訳で、、、なんですが。
 まあ、事柄に詳しい人を指して「マニアックな人だな~」というのも日常的なような気がするのですが・・・・・。
 ちなみに、、、「何故、マニアック的かといえば、、、、9月30日の日付で「副議長辞職願」が出されていますから、この時期を知っているからこそ、、、、、現在は、10月20日ですから、、、30日から、、、20日も経過していることを知っている、、、という点であります。」、、、、となぜ”マニアック”というのかの理由も書いてあったんですが、、、、。

 ・・・ということで、、、ご勘違いをされている方がいると困るので、、、「マニアック的」は、質問をさして言ったので、ご勘違いなきように~~~~ということで、、、。

 (ちなみに、、、副議長は「俺はこれ(ネット)ができないから、、***から印刷してもらった・・・」といった主旨で話しかけて頂きました~~~~。「ではでは、、、このことを今日のブログネタで書いておきますから」とご返答を何度もしておきましたので、、、、、「予定を変更しまして・・・」としておきました。)

 (また、叱られるかなぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!)・・ってことで!当ブログ、、、つぶやき、、ひとりごと、、、備忘録、、、、的なもんんで~~~して。

波の花、、、 - 2010.10.27 Wed

 これからの季節の風物詩??の「波の花」。

 寒くなり波が荒れだすと(海が荒れだすと)、岩の海岸に発生する「波の花」、、。
 日本海の荒波とその風に舞う風景は、やはり日本海の風物詩に違いない。波の花は、「寒い」(温度が下がる)ことが条件のようです。(よく知りませんが・・・、あまり?夏に見ない)海水の中にいる植物性プランクトンの粘液が波と混ざって、白い泡のようになるわけですが、岩や砂の汚れも混ざり、、、間近でみると、、ちと汚れて見える訳です。

 誰かが、、ここで洗濯をした、、、ってな感じが,間近で見た場合は、正しいような気もしますが、、、。今週は急に寒くなり,,,まさにストーブってな感じ、、、で、今シーズン初の「波の花」、、、、であります。

 急な寒さで、、、咳をする人もみかけます。防寒対策~~~ってな10月末。。。(ま、もう一回、暖かくなるでしょうけど・・・)




えっ?!民主党さ~ん。医療保険料アップ?! - 2010.10.26 Tue

 え~~~~っ!!!いまでも、医療保険の保険料が高くて(特に、国保なんか)、払いたくても払えないくらいなのに、、、、値上げする制度設計??・・・おいおい、、、民主党さ~~~ん??!!!、、、と思うのですが。。。。
 おもしろしんぶん赤旗

地域にはいろんな意見がある、、、 - 2010.10.25 Mon

 佐渡市HPで「地域審議会」の項が更新されています。地域審議会は,合併特例法に基づく合併前の旧市町村単位でつくられているもので、合併時の計画などについて市長の諮問に応じるのが基本(あくまで「基本」です)で、合併後10年間の組織、、、というものであります。(なんだか,市町村合併の”ガス抜き”っぽいという側面もあります)

 そうは言っても、、、旧市町村の地域単位は重要ですし、その地域の住民などの意見や要望は、「その地域」でなければ分かりにくいのも事実ではないでしょうか?特例措置ではありますが、、、特例ではなく、将来にわたってこういった組織を行政のあり方に含める・位置づける合併自治体も数多くあります。

 当方は、将来にわたって位置づけるという考え方に賛成ですが、、、、「予算のしくみなどが分からない一般市民の議論でいいのか?」「結局、予算をぶんどる地域エゴが色濃く出て、”佐渡市”全般を見た考えが反映されなくなる」「市としては、地域・住民の代表である”議会”が2つあるような形になり困惑する」「第二議会になる」、、、などなど、、、の意見・主張が、佐渡市の執行部や議会に色濃くあるような気がします。(当方的には、、これこれの意見は、、、実は議会そのものにも当てはまるのであろう~~~とも思っていますが、、、)

 全国的に先進的なとりくみと評価されている自治体に新潟県の上越市(佐渡と同じ頃に平成の市町村合併)がありますが、ここでは「公募公選制」で委員の選任が行われています。
 また、平成の合併以前の「昭和の大合併」の区域まで組織を広げるとともに、行政がどのように協議会(佐渡の場合は,審議会)を位置づけているかも明確になっています。(HPでは、それぞれの地域の組織の活動状況も公表されており、非常に参考になります)

 さて、今回更新された佐渡市の地域審議会のサイト、、、。残念ながら、、、上越市のものとは、、、かなりの差があります。(もっとも、位置づけがちがいますから、しょうがないのでしょうが・・)
 しかし、、、、ある意味重要であると思われる、、、「意見・具申」内容が「準備中」、、、というのは、どうも、、、いただけないような気がします、、、、、。(ま、これも「位置づけ」の反映ですが、、、)

 住民や地域の中には、、、、いろいろな意見や考えがあって当然です。(どうも、、、行政ってのは、、、自分の考えを押し付けよう的傾向が強いような気がしますが・・・。結局、この辺に住民の反発DNAがあるんじゃなかろうか、、、これを乗り越えてこそ”協働”なるものがつくれる気がするんですが・・・)。。。。カリスマ社長の方針で運営する企業とは、まったく違う存在が、「地方自治」ではなかろうか?・・・やはり、この点では、即効性が弱いのかもしれない?、、、といっても大枠の方向や方針が決まれば、、、それで走れるんですが、、、、)

 ・・・ということで、、、佐渡市と上越市の地域組織のあり方について、、比べてみよう~~~ともってなことで、、、リンクしてみました。佐渡市HP 上越市HP

 写真;誰が蒔いたのか、、、大根が育っている野っ原、、、。きっと、風が運んだはずですが、、、「成長」が楽しみ、、、、です。

住人のひとりとして、、、 - 2010.10.23 Sat

 当方blogでもとりあげる地域話題に出てくる。石仏や能舞台、、。

 こんな催しが開催されます。。。ということで、住人のひとりでもあり、一応、、、ご宣伝まで、詳しくは、会のHPで、、、。リンクコーナーにもリンクしました。

椿尾能楽・石工の会
















NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (9)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (120)
住民投票 (25)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (729)
議会報告 (57)
一般質問項目 (32)
政治 (206)
議会改革 (50)
議員 (71)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (26)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (202)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (36)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (143)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (51)
福祉 (135)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (41)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (13)
平和 (69)
ガメラレーダー (18)
農業 (80)
行革 (47)
公共施設 (29)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (19)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (37)
文化 (10)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (51)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (22)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (287)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (23)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (25)
2016市議選 (6)
地方自治 (14)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)
2018、最強寒波〜断水 (13)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

気まぐれクラウド

読み込み中...
powered by syany

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!