topimage

2010-07

レジャーの費用、、、 - 2010.07.31 Sat

 写真は、今年整備された、、、長石海水浴(場)(=真野新町??)で、砂がつきすぎて、様々な植物が生育~~。

 はて、いよいよ8月で佐渡の観光のピークではなかろうか???と!、、、しかし、よく聞くのが、、、「最近はお客がきてもお金を使わなくなった・・」との声、、、。

 深刻で長引いており、、、底止まりの経済状況ですから、、、当然と言えば当然ですが、、、。

 観光旅行などでどのくらいのお金を使うのか???様々な統計があるようですが、、、前回も参考にさせてもらった「レジャー白書2009」、、、。
 国内観光旅行での1回あたりの費用(もちろん、平均ですが・・)は、、、3万480円だそうでありますから、、、佐渡の場合、、、海を渡るのが割高、、、と言われていますから、、、やはり、、これはネックであるにちがいない。

 余暇(レジャー)の参加人数の順位が1,外食(日常的なものを除く)、2.国内観光旅行、3.ドライブ、、、、といえば、、、車(ドライブ)で国内観光旅行、、、がどうしても増えます、、。
 なおさら、、、船で車を運んで旅行、、、の場合は、どうしても佐渡としては不利であります。

 この白書によると1回あたり費用は、国内観光旅行の3万480円が一番高いものとなっています。2番目に高いのは、、、参加人数順位20位の帰省旅行で2万490円、、、次が、15位の遊園地で8430円、次が11位の「バー、スナック、パブ、飲み屋」で4960円、、、、18位音楽会・コンサートなどが4730円、、、9位「動物園、植物園、博物館など」が3400円、、、参加人数トップの1位の外食が3370円、、、ってな具合(H20)。

 平均値ではありますが、、、当方が思っていたより、、、余暇(レジャー)にかける費用は、、、そんなに高くない。。。。(、、、と思うのは当方だけ?)・・・・個人の懐が厳しい、、から、、当然といえば当然なんですが、、、。

勝手に、とりあえずリンク - 2010.07.30 Fri

 「佐渡島の防波堤を取り戻す掲示板」をとりあえず”勝手にリンク”(→)に設定させていただきました!

世界初の「キャパシタ型LED街路灯」、、、。 - 2010.07.29 Thu

 2億7千万円ほど(”ほど”といった金額ではありませんが・・・”もの”の方が正解~~~)の予算を使っての佐渡市防犯灯のすべてをLED防犯灯と交換する・・・・というのが、今年度の目玉事業のひとつ、、。
 これにあわせて、、、行った(?)、、、世界初の「キャパシタ型LED街路灯」のとりくみの、、、防犯灯の写真、、、。(ニュースにもなりましたが)
 これは、、、県の施策のひとつで、、、「県内における新エネルギー関連産業の振興を図るため、日本ケミコン株式会社の「キャパシタ型LED街路灯」の開発を支援してきましたが、このたび、世界初の製品化に成功しエコアイランド佐渡に設置しました。」というもので、、、製品の特徴は、「(1)世界初の寒冷地等厳しい気候でも充放電できる大容量キャパシタとLEDの組合せ(2)商用電源を必要としない完全独立型かつ10年間メンテナンスフリー(3)二酸化炭素排出量を最小限に抑える高い環境親和性(4)朱鷺をモチーフにした有名・・・・・によるデザイン」」(県HPより)

 実は、ニュースになった時に見てこようと、、、、見学に行ったのですが、、、実はどこにあるのか分からなかった、、、のですが、、、。最近、やっと発見しました。
 何の看板もなく、、、しかも、、、電灯自体は小さなもので、、、分かりにくかった、、、。ちなみに、トキ交流会館なる玄関前に設置されているんですが、、、気付くのに時間がかかりました。(観光客らしい人も数人いましたが、、、誰も目を留めることもなく、、、立ち去って行きました、、、。)

 「む~~~ん???太陽電池のバッテリーがでかくない??おまけに、、、その割に電灯が小さすぎない??」、、、「む~~~ん???トキがモチーフのデザイン???」などなど、、、と素人は思った訳であります。

 どうも、、、この世界初の開発チームは、、、いま流行(?)の、、、野菜工場の”太陽”(電灯)も手がけているようで、、、、もしかしたら、、、このへんにも、、、佐渡市は手を出すんじゃないだろうか???とも?

 まあまあ、、、世界初ですから、、、これから洗練されていくんでしょうけど・・・。



伊賀市社会福祉協議会に行ってきました、、、。 - 2010.07.28 Wed

 どこの市町村にも必ずある「社会福祉協議会」、、、。市民から見ると、、、役場(行政)と同じもの?、、あるいは、、、行政の福祉関係の下請け団体で公の組織、、、???などと思われている存在だったりする「社協」。

 社協は、1951年(昭和26年)に全国県レベルで組織され、、、市町村レベルまで組織化されたのがはじまり、、で、社会福祉法の「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」と明確に位置づけられているもの、、、。

 組織運営や活動の基本原則指針の「社会福祉協議会基本要項」(92年に「新・社会福祉協議会基本要項」とこれまでのものを新しくつくっている。ーーー地域福祉のあり方が大きく変化したことにあわせて「新」としてつくった、、、)

 社会福祉協議会の性格ーーー1地域における住⺠組織と公私の社会福祉事業関係者等により構成され、  2住⺠主体の理念に基づき、地域の福祉課題の解決に 取り組み、誰もが安心して暮らすことのできる地域 福祉の実現をめざし、  3住⺠の福祉活動の組織化、社会福祉を目的とする事 業の連絡調整および事業の企画・実施などを行う、  4市区町村、都道府県・指定都市、全国を結ぶ公共性 と自主性を有する⺠間組織である。」

 社協の活動原則 ーーー 1広く住⺠の生活実態・福祉課題等の把握に努め、そのニーズを立脚した活動をすすめる。【住民ニーズ基本の原則】    2住⺠の地域福祉への関心を高め、その自主的な取り組みを基礎とした活動をすすめる。【住民活動主体の原則】 3⺠間組織としての特性を生かし、住⺠ニーズ、地域の福祉課 題に対応して開拓性、即応性、柔軟性を発揮した活動をすすめる。【⺠間性の原則】  4公私の社会福祉および保健・医療、教育、労働等の関係機 関・団体、住⺠等の協働と役割分担により、計画的かつ総合的に活動をすすめる。【公私協働の原則】  5地域福祉の推進組織として、組織化、調査、計画等に関する専門性を発揮した活動をすすめる。【専門性の原則】」、、、などなどというものである。

 特に、社協は、介護保険制度から、、、民間による福祉事業などの参入が広く認められるようになり、、社協の存在価値が大きくクローズアップされているのが現在で、その存在意義そのものも問われているようである。
 また、福祉分野への民間、株式会社などの参入も広く認められるようになったことから、社協そのものの存在も危ぶまれている、、、とともに、この点での存在もかなり焦点としている傾向があります。(介護保険事業で失敗する事業者もあるし、、、介護保険事業そのものが成り立ちにくい報酬単価など、、、)
 
 「社協の底力」という本で有名(?)な、、、伊賀市社協に足を運び、、、話しを伺ってきました。ちなみに、伊賀市は、佐渡市と同じ頃に市町村合併をした市です。
 かなりいろんな情報も含めて勉強(大げさですが、、)していたつもりですが、、、やはり、現場で話しを伺うというのは、、、かなり納得、、、。

 社協としての専門性の高さや、、、いかに現場を大事にしているか、、そして、それらをすすめるための仕組み、システムづくり、、、、しっかりされていると、、、大変、納得、、、。再実感させてもらいました。

 (現場の実態が分かっても、把握できても、、、次に、それをどう解決するのかがなければ、、、うまくいきません。また、いかにシステムや仕組みが上手く出来ていても、、、現場の生の実態を把握していなければダメです。またまた、、、ひとりひとりの職員が何にむかって物事をすすめるのかといった共通認識もなければ、、すすみません、、、などなど、、)

高野市長が校長先生に、、、 - 2010.07.26 Mon

 写真は、6月頃の小倉の千枚田(オーナー制をやっている、、、。????はて、6月初旬かな?)

 はてさて、、、”高野佐渡市長が、田んぼの学校の校長先生に~~~なる”、、とか?

 「生に取り組む3市 大崎、マガン/兵庫・豊岡、コウノトリ/新潟・佐渡、トキ
 水田を舞台に生き物と人間の共生施策に取り組む大崎、兵庫県豊岡、新潟県佐渡の「田んぼ三兄弟」市は水田の価値を大都会に向け発信しようと、8月9日午後1時半から、東京都文京区の東京大学弥生講堂・一条ホールで、「世界一ためになる学校in東大」を開講する。。。。。。
 ・・・・・同学校は、田んぼと生命のつながりを考えようと豊岡市が呼び掛け他の2市が応じた。学問の象徴の東大を会場にしてインパクトを持たせた。
 同学校の校長を務めるのは大崎市田尻のNPO法人「田んぼ」の岩渕成紀理事長。講師は、伊藤康志・大崎市長▽中貝宗治・豊岡市長▽高野宏一郎・佐渡市長の3人に加え、東大の研究者らが務め、田んぼが持つ命の“ゆりかご力”や、3市の共生の取り組みを紹介する。
 生徒らは受講内容を基に自分たちで考えた「田んぼ宣言」を発表する。3市産の米を使ったおにぎり作りや試食体験もある。」(毎日新聞25日)


 ・・・・・なにやら、、当方的には、、、複雑な心境だが、、、????(ま、いいっか~~。確か、佐渡市の市民環境大学???の学長でもあるし、、、、)
 こんなことも、、あんなことも、、、で、やはり多忙なのが市長~~~。内政も・・・・さぁ~~。。。。。って、思うのは、、、当方だけだろうか???(ブツブツ、、、、)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2010年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (59)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (672)
議会報告 (53)
一般質問項目 (28)
政治 (192)
議会改革 (42)
議員 (66)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (20)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (66)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (264)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (53)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (5)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!