topimage

2010-03

月面着陸のPC - 2010.03.31 Wed

 防犯灯のLED化・・・当方的、、予測では今年の後半頃には、、製品としてかなり安定化するのではなかろうかと思われます。つまり、、、商品としての性能も良くなり(安定)、価格も安くなる。。。のではなかろうか?(第一次段階の?、、、当然、次世代タイプもすぐに、、、であろう)・・・ま、素人の当方でさえ分かるんですが・・
 技術の進歩は、、極めて激しいのでしかたないことだが、、、。

 そこで、身近なモノで、、、その変動が激しいものといえば、、PC・コンピューターも、それに上げられる。ちょっと前のPC、、、は、価格も高く、、今から比べれば、、性能もかなり落ちていた。

 月面着陸した、、あのアポロ11号が使っていたコンピュータの性能は、、、あの懐かしきファミコン以下のものだったそうである。(そんなもので、、、月面着陸したと言うのも、、凄い~~~と思うのですが・・・)しかし、それとて、その当時は、最高性能のものだった訳である。

 ・・・・・なんだか、、、技術進歩が怖い気がするのは、、、当方だけであろうか?

部長制をやめる・・謎 - 2010.03.30 Tue

 新年度から、これまでの”部長制”から”課長制”に変わることについて、、、少々疑問をもっていましたが、市執行部の考えが、、、。

 なにゆえに”疑問”をもっていたかといえば、、、昨年9月議会の段階で、、議員から「部長制はやめろ」の質問に対して、、、(確か?!)、、、「もう少し続けたい・・・」的な姿勢だったのが、、、、それから3ヶ月後の12月議会に突如、、、、「課制にする」と言い出した、、、、からである。

 「地方自治職員研修」2010年4月号に、佐渡市の現企画財政部長(=次期(4月から)「総合政策監」)が、、、以下のように解説。

 「将来ビジョンの改革と戦略が実効あるものにすること、つまり”絵に描いた餅!にならないような仕組みづくりが重要であり、平成22年度の組織編制及び予算編成は、その試金石であった。」

 「組織編制においては、機動性を確保するため、これまでの部制を廃止し、課長制とすることとした。」

 「将来ビジョンに沿った総合的な施策を企画・立案する機能を持った部署として”総合政策課”を設置し、工程表に基づき進捗管理を行うこととした。」

 「さらに、課長の上に、全庁の業務を統括する”総合政策監”、いわば”業務本部長”を設置し、将来ビジョンの実効性に向けた体制整備を行った。」

 「(将来ビジョンの)自律的に実効される仕組みづくりは、一応形づくられた・・・・一方で、昨今の不況に見られるように、社会経済情勢の急激な変化が生じた場合には、柔軟に対応できるようにすることが重要である」
・・・・と。

 つまり、、、、将来ビジョンをどう達成するのかの中から、、、”課長制”が突如、、、出てきたもののようである。
 「機動性」に富むのが「課長制」で、、、佐渡市の全業務(将来ビジョンは、ある意味全業務を含む?!)を統括(「全体を―する立場にある」の意味)するのが「総合政策課」、、、ということである。

 今回の組織改編については、、、玄人肌の中からは、、、賛否両論あるようですが・・・。はてさて、4月から、、どんなになるのか?はっきりしているのは、、、市民にとって頼りになり、役立つ市役所であってほしい・・・というのは、、、変わらないはずですが・・・。

議会も知らない間に、介護保険料の値上げ~ - 2010.03.29 Mon

 市報さど「お知らせ版」3月25日発行、NO.73号で、、、「平成22年度の介護保険料が決まりました」と、22年度の介護保険料が値上げする「お知らせ」が、、、、。

 介護保険料は、、、、議会で審査した上でなければ、、、決まらない・・・はず???なのだが、、、。

 理由については、、、「介護保険の要介護認定を受けている方が増え、介護サービスにかかわる費用が増加していることから、平成22年度について、介護保険料を引き上げることになりました。詳しくは、市報さど4月号に掲載します」、、、との「お知らせ」である。・・・何だか最もらしい、、、納得せずにはいられない説明なのだが・・・。

 なになに、、、22年度は、、国保税も1割も値上げする方向だというのに、、、介護保険料までもか!!!!しかも、、議会での審査もせずに~~~~、、、。とはとは?????

 実は、、、確かに値上げではあるが、、、、これは、第4期のはじまった昨年に計画となっていたもので、議会審査も終わっており、、、、、、予定どうりのものなのである。(当方は、、佐渡市の大幅値上げには、、、残念ながら賛成できなかった・・・)

 この値上げは、国の激減緩和措置の特別対策に基づくもので、、、、昨年(21年)に値上げが大きくならないように徐々に上げる、、、対策にもとづくものなのである。
 具体的には、、、介護従事者の給与等の改善のために、、、介護報酬を値上げした。介護報酬が値上がると、それは、みなさんからの介護保険料で賄うことになるため値上がる。・・・ので、国が一定程度をみる(その分軽減)というものです、、、。

 「昨年、介護に従事する人の処遇を改善するために、介護報酬がプラス3%改定されました。この改定によるプラス分が介護保険料に反映されるため、介護保険料が急激に上昇しないよう、国の特別対策による軽減措置が実施されています。(一気に値上げすると、大変であり、、国民も怒るだろうから・・・徐々に値上げします・・・という意味なのである)」・・・という説明文が正しいのである。

 ”介護のためならしょうがないか~~”と思わせる、、、、佐渡市の説明は、、、、心根がかいま見れるのである。

 ・・・やっぱり、、、広報さどの4月号には、、、どのような説明がなされているのか・・・興味津々なのである。

7年目の春・・・。 - 2010.03.28 Sun

 1999年にはじまった「平成の大合併」が、この31日で、とりあえずの終わりとなる。
 99年3月に3232(670市1994町568村)あった市町村数は、31日には1727(786市757町184村)と半減、、、、。

 3月5日に総務省が公開した「総務省として、これまでの平成の合併について現時点において総括するために取りまとめたものです。」という報告書では、、、。問題点について・・・・
 合併による主な問題点・課題
1周辺部の旧市町村の活力喪失 2住民の声が届きにくくなっている 3住民サービスの低下 4旧市町村地域の伝統・文化、歴史的な地名などの喪失・・・の4点をあげている。


 これは、、、佐渡市にもピッタンコと当てはまるのではなかろうか??!!と。。。

 この4月からは、、、佐渡市にとって合併7年目の春である、、、。あっという間の7年目。
 問題は、、、合併して、、何を大切にして、、、きたかではなかろうか?何はともあれ、、、市町村合併という”選択”をそこの住民が決めた。。。。(十分な議論の上で、住民参加で決めたか???はたまた、、、首長や議員だけで決めたか?、、、はたまた、、、な~~んとなく決めたか??・・・などなどいろいろパターンはあろうが、、それでも、、、やはり”住民の選択”だったのだろう。。。)

 その選択にもとづき、、新しい自治体で、、、どこに問題があり、、、どこに利点があるのかを真摯に検討し、その問題点に真正面から取り組んできたかどうか・・・・この差が、、、今後のその土地=市町村のあり方にかかわってくる・・はずである。)・・・・はてさて、、、佐渡市は???・・である!!!
 合併後10年が、、、ある意味での勝負の期間。10年間に何をみつめ、、何に努力してきたか、、、このスタート、、序盤の期間とりくみで、、、中盤戦以降に大きな差が出ると思うのである、、、。
 もちろん、、、これは、、、行政や議会だけでなく、、、住民もどれだけがんばったか・・・も含む訳である。

 総務省は、利点として大合併の効果として、市町村の三役や議員が約2万1000人減り、年間約1200億円の節約につながったとなっているが、、、、実は、、これも上記の「問題点・課題」につながっているはずであるのだが、、、。

 「大合併」最後は、、新潟県北魚沼郡川口町(新潟県長岡市に編入)、長野県東筑摩郡波田町(長野県松本市に編入)、長崎県北松浦郡江迎、鹿町の両町(長崎県佐世保市に編入)などが、、合併を予定しており、これが最終ランナーである。

 都会から佐渡に住み着いた人曰く、、、、「都会では、自分の市町村などといった感覚がなかったが、佐渡に来て「地域」とかの概念に驚いた、、、。市町村がこんなに身近に感じることはなかった・・・」と。
 ・・・なるほどなるほどです。都会に住んでいると、、、そんなものかも知れない。田舎ほど、、、実は、、、市町村が身近な存在なのかもしれない・・・。

 7才になる子どもは、、、旧市町村は知らないから、、、、行政ってもんは「こんなもん~~」と思うのであろう、、。

(写真;鷺のこどもたちが7~8羽、、田んぼの中に・・・)

仕事確保への住宅リフォーム助成・・・ - 2010.03.27 Sat

 4月もいよいよですが、、、、”仕事がない~~”との知りあいの声、、、。”ここ数ヶ月、半月づつくらいしか仕事がなかった。国保税も払えない、、、。これから市役所に納税相談にいかなくては・・・”と、、、。

 土木関係の仕事の知りあいの話である。零細業種で、、、日給月給ゆえに、、仕事の日がなければ、、賃金が入ってこない・・・そんな人も多いのが、、、ご当地である。(こんなところに、22年度の国保税を1割も上げる方向・・・である)

 佐渡市予算は、、、市道などの細かい仕事を数多く発注する、、、の方針で昨年来来ていますが、、、。その関係でも、、こんな具合なのが、現場、、実態なのである、、、。

 以前にも書きましたが、、、建設業は、、、官需が大きな割合を占めています。(この業種でさえ、、こんな感じ~)。。。。。だから、、、ほんの少しでも、、市発注の仕事が多くなっているのは、、、救いでもありますが、、、。(現場的には、、、ですが)

 建築業の仕事は、、、個人消費が圧倒的で”民需”だのみですから、、、一層深刻、、、、。
 こんなことから、、、”住宅リフォーム助成制度”が、、全国的に広がっています。住宅改修等々を地元業者に頼むと助成金が出る、、、というもの。
 左表は、、、県内で実際に行っているH19年度の実績です。佐渡市の場合、、、住宅関係の直接助成は、、、住宅資金の貸付(限度500万円)があり、、、その中で、佐渡産の木材を一定割合使った場合に助成が出る制度があります。(表の上。この説明だけでも分かるように、、、ハードルが高く、、、簡単に使えないのが実情です。
 この実績が、、、年10件程度ですが、、、住宅リフォーム助成制度をやっている県内の市町村では、、、抜群の効果を発揮しています。

 上記表のH19年の胎内市では、市の予算額900万円で、、98件で、、総工事額は1億5900万円にも達しており、市が用意した予算の19.6倍の経済効果と、、、。(十日町10.8倍、津南町13.9倍)胎内市では、予算を組んだ4日後には、、、予算がなくなり、、、追加したら、、朝6時から、受付を待つという事態になるほど、、好評!

 これらのところの住宅リフォーム助成制度とは、、、対象工事の20%~**%の範囲で、限度額も10万円~**万円と言う程度のものですが、難しい条件もないため気軽に使える訳で、、結局、これが呼び水になり、、地元業者への住宅改修や補修などを行うキッカケをつくり、それが業者の仕事の確保につながっているものです。
 ・・・民需の冷え込み、、、市はず~~っと「検討はする」というだけなのですが、、、、。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2010年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (702)
議会報告 (56)
一般質問項目 (30)
政治 (198)
議会改革 (49)
議員 (70)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (132)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (50)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (274)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (23)
2016市議選 (6)
地方自治 (8)
公共施設 (3)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!