topimage

2009-10

新型インフルエンザ - 2009.10.31 Sat

 新型インフルエンザが大流行、、。季節性のこれまでのインフルエンザとは変わらない・・・などど言われてきたが、死亡事例が出るなど、、、心配である。

 アメリカでは、1週間に19人もの子どもが亡くなっているというーー「 新型インフルエンザによる米国の18歳未満の死者が114人に急増したことを明らかにした。先週時点ではこの年齢層の死者は95人で、1週間で過去最多の19人が死亡した。
 米国では、ワクチン製造の遅れから、子供に対する新型ワクチンの接種が進んでいない。接種が受けられる場所では親子連れの行列もできている。」(読売10/31)


新潟県は、、、
 インフルエンザの報告数が国の示す注意報基準を超えました。 ~ 県内でも流行期に入っています。~
・ 報告数は増加しており、県内での定点あたりの報告数が、第43週で22.66と国の示す注意報基準(定点当たり10)を超えています。(全国は第42週で17.65)
・ 今後の更なる増加が懸念されることから、十分な注意が必要です。
・ 現在の流行は、ほとんどが新型インフルエンザと考えられます。
・ 県民のみなさんには、手洗い、うがいの励行、人混みを避けるなどの一般的な予防策に加え、症状が出た場合の早期の医療機関受診などをお願いします。
〔県HP〕

 ・・・としており、ワクチン接種について
◆優先接種対象者と接種スケジュール
1.医療従事者(10月19日以降)
2.妊婦(11月2日以降)
3.基礎疾患を有する者(11月2日以降)
4.幼児(1歳~就学前)、小学校1~3年生に相当する年齢の小児(12月14日以降)
5.1歳未満児の保護者等(1月8日頃以降)
6.小学校4~6年生に相当する年齢の小児(1月8日頃以降)
7.中学生、高校生に相当する年齢の者、高齢者(65歳以上)(1月8日頃以降)
(※基礎疾患:慢性呼吸器疾患、慢性心疾患など9つの区分の疾患)


 県内の妙高市、糸魚川市は、ワクチン接種料金への軽減措置を実施。。。佐渡市でもぜひとも実現すべき緊急課題。

弾道ミサイル試験費用63億円也、、、 - 2009.10.29 Thu

 弾道ミサイル、、、の試験が成功だそう。


護衛艦「みょうこう」SM-3発射試験の結果について 平成21年10月28日 防衛省
 弾道ミサイル防衛(BMD)機能を付加するための改修が進められてきたイージス護衛艦「みょうこう」は、10月28日(現地時間27日)に、ハワイ・カウアイ島沖においてSM-3ミサイルの発射試験を実施しました。
 この試験の概要は、以下のとおりです。

・ 13時00分(現地時間18時00分)、カウアイ島の米海軍ミサイル発射試験施設から、この試験を支援する米軍が標的である模擬弾道ミサイルを発射。

・ 13時04分(現地時間18時04分)、イージス護衛艦「みょうこう」がSM-3ミサイルを発射。SM-3ミサイルは、大気圏外において標的に命中。


 ・・・・防衛省HPより。

 ・・・この実験試験?にかかった費用は「試験費用は米側に支払うデータ解析費などを含め約63億円。」だそう、、。果たして必要な経費なのか?

佐渡市の民間無償譲渡? - 2009.10.28 Wed

 市の福祉施設の民間無償譲渡の公募(?)が開催されています。
 「一括して無償で譲渡します。付帯する車庫等も同時に無償で譲渡します。」、、、というものです。施設は・・・

 ●総合福祉センター「しゃくなげ」(両津デイサービスセンター「しゃくなげ」)、
 ●両津デイサービスセンター「たんぽぽ」、
 ●両津デイサービスセンター「いわゆり」(両津在宅介護支援センター「いわゆり」)、
 ●畑野デイサービスセンター「やわらぎの里」(畑野高齢者生活福祉センター「やわらぎの里」)、
 ●小木デイサービスセンター「つくし」(小木在宅介護支援センター、小木保健センター、小木短期入所施設「つくし」)、
 ●赤泊福祉センター「やすらぎ」(赤泊デイサービスセンター「やすらぎ」、赤泊保健センター、赤泊在宅介護支援センター)

 高齢者福祉施設や保育園等の民営化(保育園もいずれ「民間への無償譲渡」となるでしょう)等々、、、、まあ、そのうちに学校もかなぁ~。

 ・・・いやいや、、、福祉施設どころじゃない、、、「佐渡市」そのものの「民間無償譲渡」だって起こりうるかもしれない?(まさか~~?という声が聞こえそうですが・・・)

 東北地方の人口6万人程度のある市では、、、、窓口業務を総て(かなりの人数)を、民間に委託、、、、、。その市の議員に伺ったら、、、労働組合もなく「公務労働」という認識、意識が低い傾向もあり、、、、業務委託分野の市職員は総て民間職員になったそうで、顔がかわらないので、、、、市民には民間かどうかもわからないそう。。。
 ・・・これでは、まるで行政の民営化、、と思う当方であります。

 だいたい、、、行政のしごとを「行政サービス」と呼称する。「サービス」というイメージには、、サービスを受ける側、、行う側=サービスを買う側、提供する側=サービスを買うのだからさまざまな言い分も、サービスを買えない人にはサービスしない・・・などなどにつながりはしないだろうか????と!

 今朝の新聞の折り込み広告に・・・・
 「歴史文化の佐渡市の無償譲渡・・・いまなら、歴史文化、、そして朱鷺も舞う、佐渡市が大安売りです。安売りというよりは、無償譲渡いたします。もちろん、民間行政として必要な職員(注:派遣社員は現在いない)も多数お付けいたします。佐渡の将来の人口は減少傾向で3万人代との予測も出ており、、、効率的な運営も見込める行政であります。昔は、金の島と言われたように、、、鉱山技術を有する方なら、、、いろんなところを掘って金脈をあてる、、と言った活用方法はいかがでしょうか?ーーとにかく早い者勝ちです~」
     ・・・なんて話はないだろうか??
 民間無償譲渡・・・・なら、、、、オークションでもやればかなりの高値がつきそうなものは??????「朱鷺」???(かなり不謹慎ですが・・・ふと)

所信表明 - 2009.10.27 Tue

 いよいよ、新政権下での国会、、、所信表明、、、。

 (「地域主権」改革の断行)
 「人間のための経済」を実現するために、私は、地域のことは地域に住む住民が決める、活気に満ちた地域社会をつくるための「地域主権」改革を断行します。
 いかなる政策にどれだけの予算を投入し、どのような地域を目指すのか、これは、本来、地域の住民自身が考え、決めるべきことです。中央集権の金太郎あめのような国家をつくるのではなく、国の縛りを極力少なくすることによって、地域で頑張っておられる住民が主役となり得る、そんな新しい国づくりに向けて全力で取り組んでまいります。そのための第一歩として、地方の自主財源の充実、強化に努めます。
 国と地方の関係も変えなければなりません。国が地方に優越する上下関係から、対等の立場で対話していける新たなパートナーシップ関係への根本的な転換です。それと同時に、国と地方が対等に協議する場の法制化を実現しなければなりません。こうした改革の土台には、地域に住む住民の皆さんに、自らの暮らす町や村の未来に対する責任を持っていただくという、住民主体の新しい発想があります。
 同時に、活気に満ちた地域社会をつくるため、国が担うべき役割は率先して果たします。戸別所得補償制度の創設を含めて農林漁業を立て直し、活力ある農山漁村を再生するとともに、生活の利便性を確保し、地域社会を活性化するため、郵便局ネットワークを地域の拠点として位置付けるなど、郵政事業の抜本的な見直しに向けて取り組んでまいります。
ーーー鳩山首相所信表明より

 「地域主権」の中で農業等の所得補償制度について語っていますが、民主党のFTA(自由貿易協定)に対する態度は明確でない。日本農業を壊滅的ダメージを与えるFTAについては、もともとは締結促進だったが、、、農業団体などの反対などで一定の方向転換はしたが、姿勢を根本的に変えたものではないのである。

 民主党の政策では、、、、所得補償で農家の赤字補填をするから、、農産物の自由化をすすめても問題がない・・・などどいうもののようであるが????はてさて?

 今回の所信表明は、、時間の長さや、語り口調などで注目となっていますが、、、、当方的には、、具体的にどうするのかが弱かった気がするのと、、、これまでのここが悪くこうなったのだからこう転換する、、、なってのが弱かったんでは???

 「1人のおばあさんがいらっしゃいました。息子さんが職に就けず、自らの命を断つしか道がなかった、その悲しみを、そのおばあさんは私に対して切々と訴えられたのです。毎年3万人以上の方々の命が、絶望の中で断たれているのに、私も含め、政治にはその実感が乏しかったのではないか。おばあさんのその手の感触。その目の中の悲しみ。私には忘れることができませんし、断じて忘れてはならない。社会の中に自らのささやかな「居場所」すら見つけることができず、命を断つ人が後を絶たない、しかも政治も行政もそのことに全く鈍感になっている、そのことの異常を正し、支え合いという日本の伝統を現代にふさわしい形で立て直すことが、私の第一の任務です。。。」(所信表明)
 ・・・・派遣労働法制などで、、働くものの権利が踏みにじられ、、、もののように扱うと、、、派遣切り等をさせない社会のための派遣法をやめる・・・なんて具体的なものが欲しかったとおもうのは、、当方だけでしょうか?
(写真:今年で廃校になる大滝小学校)

能舞台CM - 2009.10.26 Mon

Scan 2(変換後)
 このJRのCMは、テレビでもばんばん流されています、、、。そのせいか、、、、先日、リュックを背負った夫婦づれ???なにやら能舞台巡りっぽかった、、、観光客を車から拝見しました。
 心配なのは、、、テレビCMでも佐渡の能舞台~~~なんてやっているが、、、果たして草ぼうぼうで入れない状態ではなかろうか???と?(絶対、、にそうだよなぁ~~と、、、思う当方ですが???)

 はてさて、、、、なんだか苦情がきそうな気がするのですが・・・(吉永さんごめんなさ~~い)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (702)
議会報告 (56)
一般質問項目 (30)
政治 (198)
議会改革 (49)
議員 (70)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (132)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (50)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (274)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (23)
2016市議選 (6)
地方自治 (8)
公共施設 (2)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!