topimage

2009-09

政権交代でも保育制度改悪???!! - 2009.09.30 Wed

 政権交代にはなったが、、、保育制度の改悪の動きは、止まないようです、、、。
 29日には会合が開かれた、、、。

 「厚生労働省が進める保育制度改悪の詳細設計を議論している保育第1専門委員会(大日向雅美委員長)が29日開かれ、厚労省は保育料についてサービスの利用量に応じた負担を利用者に求める「応益負担」の考え方に立った案を示しました。

 この日の会議で同省少子化対策企画室長は保育料について、「(保育の利用が)『長時間』か『短時間』かによって、利用者負担の額も異なる」とするとともに、「保障上限量を超えて保育サービスを利用する場合」は「利用者負担を高くするとか、全額利用者負担とする」との案を示しました。

 同省が提案する「新たな保育の仕組み」が、「応益負担」の考え方に立ったものであることを明確に示したものです。

 この日の会合で同省は、「利用保障の範囲」について、3歳未満の子どもは1日当たり「長時間」(11時間程度)と「短時間」(6時間程度)の2区分、週当たり「3日(または4日)以上」と「2日(または3日)以内」の2区分とする案を示しました。3歳以上の子どもについては、幼稚園と共通した幼児教育期間であることなどから週当たりの区分は設けず、1日当たりでも午前中の共通の保育時間を保障する必要性を提起しました。」(しんぶん赤旗)


 結局、、、民主党中心の政権も、、、保育制度については、これまでの自公政権と同じ???なの!!!

 先日、ある子育て世代の主婦層の方たちと話をする機会が、、、、「佐渡市は保育園の民営化のようだが、民主党政権で子育て分野の政策がどうなるか?見極める必要があるんじゃにでしょうか??」との冷静なるご質問がありましたが、、、、。当然。
 これまでの保育制度改悪の流れは、、、わかりやすくいえば、、、「保育」を「介護保険」のようにしようというもの、、、、で、、、、「保険あって、介護なし・・の介護保険」で、、、、「保育あって、保育なし・・・の保育制度」になりかねない訳で、、、す。

佐渡市の目指す「安すかろ~」保育園、、1 - 2009.09.29 Tue

 9月議会で論戦(・・といったものではないが)で、どうしても不燃焼なことに”保育園民営化”のコスト(経費)について、、、が、当局は「コスト比較の資料を持ち合わせていない」というのである。

 通告では「民営化でのメリット、デメリットについて」と事前に伝えてあるのですから、当然「経費比較」が出てくるのは当然の当然、、、。
 ましてや、、、市は「経費削減」が第一というのだから、その根拠も忘れて来た???(こうなると、、、、どうしても「わざと忘れた」、、としか思えない訳で=ちなみに、今後も、こんなことなら、、、「持ってくるまで質問はしない~~~!!」と固く決意!)

 当方的に現在の保育園をタイプ別に分けると、、、
1,公立保育園、
2,私立保育園、
3,いま流行の「安かろう悪かろう」タイプで、業者の儲け本位の民間保育園(新聞紙上などでも事故などがよくある)、
4,無認可の保育園
、、、、と4タイプ。

 保育は福祉であることから、運営費補助費の「使途範囲」が明確に定められている。
 例えば、、、佐渡市は「民間の方が人件費が安い・・」などといっていますが、、、「人件費は、保育所に属する職員の給与、賃金等保育所運営における職員の処遇に必要な一切の経費に支出されるもの」、「…適正な給与水準が維持されている等人件費の運用が適正に行われていること」、、、などなど。

 また、「長期に安定した施設経営を確保するため……積立預金に積み立て……当該保育所の経費に充てることができる」として「人件費積立預金」、「修繕積立預金」、「備品等購入積立預金」、、、、とまで、、しているのである。(当たり前といえば、当たり前ですけど)

 9月議会中、、に示した「私立保育園」とのコスト比較では、上記の内容の部分を抜いた計算で「コストが安い」と言いたいようです。(これも、分かっていてやっているんだか?わかっていないんだか???)

 「適正な給与水準」や「安定経営」の経費を安くさせるのが佐渡市の狙いということになります。ーーーーーつまり、これは、、、当方的に分けた「3」の「安かろう、悪かろう」のタイプの民間保育園を目指すということにほかならない。

 議員の多くも、、、民間保育園の方が、圧倒的に給与水準が安いと、、、思っているようですが佐渡の場合は、、「市職に準ずる」給与体系ですから、それほど低いものではありません。(保育者の資格から考えれば、これが普通)(市の保育士よりも高いという噂もあります)
 保育の質を落とさない、、とすれば、、経費を削れるのは、、人件費や給食くらいかなぁ~?(これも、保育の質にかかわる重要なものです)。

市立と私立保育園のコスト比較

遅れ気味の稲刈り - 2009.09.28 Mon

 例年になく、、、かなりの遅れ気味の稲刈り模様の佐渡。
 春以降の天候不順による遅れが主因です。当方らの中山間地域、、でも、稲の色づきが遅れており、、、昨日あたりから、、、早い農家でさえ、やっとコシヒカリの刈り取りが始まった。。。。というもの。

 例年なら、9月も末なら、かなり刈り取りがすすんでいるのに、、緒についたばかり、、とは、かなりの遅れ具合です。
 山場あたりは、、色づかないのではないか???と思われる訳で、、、。まあ、なんともはや!!!であります。

 しかも、米価も低下とうご時世、、、。早く、、新政権よ、、、生産費に見合う価格補償を~~~!!というのは、、当方だけではなかろう???

 そうそう、、、いい加減な与太話、、、、「なんで自民党は、定額給付金なんかより、選挙で秋の米価は上げると言って、、、戦えば、、、戦況は違ったはず!!」というあるお方、、、、。

 まあまあ、、、、農家の心は少しは動いたろうが、、、、しかし、、、これまでさんざん煮え湯を飲まされてきた農家ですから、、、「選挙結果には大した影響はなかったろう~~」と返せば、、、その方も「・・・・だよな~~」と、、、。
 日本の主食のお米の刈り取り。。。。時期にここらも突入模様、、、。

新しい政治の流れがはじまる?? - 2009.09.27 Sun

 単純に、、喜ぶ、、や、安心などなどではありませんが・・・・。
 民主党中心の新しい政権の外交デビュー、、、。テレビなどでも政治の話題といったら、「新政権」と「自民党総裁選」が中心の”2大政党”???。

 国連での「温暖化」や「核廃絶」への新しい流れが生まれた(?)、、、。マスコミなども「そう簡単ではない・・」といった趣旨の論評も多々あるが、、、。
 核廃絶での国連でのできごとは、、新しい流れ(これまでと質が違う)であることには、間違いない、、、。ーーー世界そのものが新しい流れーーー

 評論家曰く「核廃絶のイニシアチブを日本が、本気でとる気があるのなら、”アメリカの核の傘”から、まず出るべき」と、、、。しごく当然!
 ・・・本気なら、、そのとうり!の流れにならざるを得ない。

 自民党総裁選での、、、3候補の討論会なるものも・・・・
 異口同音に「小泉改革」への批判的見地があるようです。(・・・といっても「小泉改革が完成していなかったから、、問題点が出たのであって、改革は、間違いなかった」、、といった正面からの批判ではないよう・・・)

 今朝のNHK討論でアナウンサーが、すかさず突っ込む・・・「総選挙の街頭演説では、麻生総理は、必ず「小泉改革によるいきすぎた市場原理は、誤りだった」と詫びてから語っていたが、、、3候補ともそうではないというのですか?」(主旨)とズバリ!
 答えは、「間違いはなかったんだが・・・」と3候補とも語る訳で。。。


 ーーーーつまり、新しい自民党の総裁候補のみなさんは、「小泉改革」へのまともな総括がない、、、って感じ(それぞれの分野についての是正は語るが・・・)。
 特に「小泉改革」以降の政治に対する国民の審判が、今回の総選挙結果だったのに、、その政治そのものをすすめてきた自民党さんは、、、いまだにその流れで行こうという!(これでは、生まれ変われないのではないかなぁ~~~と、、、)

 ーーー今朝のNHKの政治討論での「総裁選」では、、、それぞれの候補が「社会保障分野は、競争の民間化、、、では無理」(主旨)とまでは、、、語っていましたが。。。。残念!

旧新穂村庁舎前の朱鷺、、、 - 2009.09.26 Sat

 トキメキ国体、、、の最中に「トキの放鳥」が9月29日に、、、。
 関係者のみならず、、、今度こそツガイに!、、、というのが多くの人の期待。

 「今度も、、、朱鷺の雌が佐渡を離れたら、、、佐渡はダメってことになるんじゃないか?」、、、、そんな心配の声もあります。

 そうそう、、、朱鷺を見守ってきた、、、新穂村、、、。写真は、新穂の「行政サービスセンター」(旧新穂村庁舎、旧新穂支所)の正面にある朱鷺の銅像、、、。

 朱鷺は、、佐渡で増える方針(?)かたや、、新穂の庁舎などは、数年後、、廃止というのが、佐渡市の方針。(庁舎周辺になる関連施設も)、、、。この朱鷺の雄姿も、、、あとわずかか??

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2009年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (702)
議会報告 (56)
一般質問項目 (30)
政治 (198)
議会改革 (49)
議員 (70)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (132)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (50)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (274)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (23)
2016市議選 (6)
地方自治 (8)
公共施設 (3)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!