topimage

2008-08

市総合防災訓練。 - 2008.08.31 Sun

 佐渡島北方沖で地震が発生し、最大震度6強が、、、市内では家屋倒壊や火災、道路等のライフラインに被害が出て、死傷者が出た、、、という想定での「佐渡市総合防災訓練」が行われました。
 
 写真のエアーテントは、6×9メーターで、27人収容でき、固定すれば、風速20メーターに耐えられるというすぐれもの、、、。エアーだけあって立ち上がるのに数分、、、。

 けが人救護や手当て、、炊き出し、、高層建物救出、消火訓練、、、などなど、、本番さながらの訓練がおこなわれました。雨続きが多かった昨今ですが、今日は、お天気に恵まれましたが、暑い中ヘルメット着用で奮闘された消防隊員などなど、、ほんとうにごうろうさまでした。
 
 これも良く考えれば、、、文明のすすんだ時代なんですから、わかるですが、防災グッズで「なるほど」と感心したのが、、右写真の「土のう」。。で、これは、水だけで15キロくらいまで重くなるというもの、、。
(現物はなかったんですが、、カタログ写真で)
 「土のう」を作るには、袋に砂をスコップなどで入れて、縛るという作業が必要で、これが結構骨が折れるのと、、、現場まで持って行くのが大変であります。(土建屋さん関係で、やったことがありますが、ほんまに~~大変。)
 これは、現場でなんとか水があれば出来上がる「土のう」ですから、場所が悪いところでも簡単にもっていける訳で、、、。(もちろん、現実に使ってみないと効能は、分からないのですけど、、、。しかし、少々値段が高いけど、、)

 これが実用的なのなら、高齢者の多い佐渡ですし、緊急時の時に簡単に使えて、いいかも??と、、、思った次第です。
 追伸)炊き出しのカレーライス、、、は、好評のようで、何杯もおかわりする人もいました、、、。暑い中、炊き出しごくろうさまでした。


4つの財政指標、、、。 - 2008.08.30 Sat

「夕張市のようにならないために、、、と国が言う「財政健全化法」なんですが、、(国の狙いは、、違うところにあるようなんですが、、)。

 この法に基づく平成18年度決算の指標が公表されました。(とりあえず、議会で公表。そのうち、市HPや市報にものると思いますが)

 実質赤字比率 黒字(基準11.93%)、連結実質赤字率 黒字(基準16,93%)、実質公債費比率 16.4%(基準 25.0%)、 将来負担比率 156.7%(基準 350.0%)が4つの指標。5つ目の公営企業会計の資金不足比率 11.4%(基準20%)ー病院会計分、、、です。、、、が、佐渡市の4指標です。

 「地方自治体の4%超にあたる78市町村の財政が2005年度に、公営企業などを含む連結ベースで赤字だった…」(日経新聞6/3)やこれまでの佐渡市がことあるごとに「夕張市になりかねない」(主旨)と言ってきたことからすれば、、、、「えっ~~」って感じではないでしょうか?

 財政健全化法にひっかかるので、もっとも近いのでは、北海道赤平市や長野県王滝村、、(大変失礼ですが、、)などと報道されていたが、これも、どうも、健全化法にランクインしない方向だと聞きました、、、。

夏も終わり、、です。 - 2008.08.29 Fri

 8月も最終盤、、。今年は、雨が多かったような夏。東京方面は、「ゲリラ豪雨」で大きな被害が起きているが、、。最近の現象、、、できごとは、地球が壊れてしまったんじゃないかと、、、思う訳で、、。

 テレビでは、、新党話題や農水大臣の事務所費問題、、、。農水大臣の件では、、、これから収穫の時期を迎える農民も、、怒っています。、、、ホントにいろいろある巷。

 佐渡では、めずらしい車の渋滞、、。小木港まつりの花火大会(?)、、3尺玉が2つ打ち上げられる、、、。佐渡の南端の小木に向かう車の渋滞、、、つながり、、、花火ならぬ、車のヘッドライトの花火といった様相。めったにない、、、光景だなぁ~と思いつつでした。当方は、今回は、羽茂川の河口で観戦(?)、、、。はじめてでしたが、、当たり前ですが、見る位置(立場)によって、まったく違うものだなぁ~としみじみ。
 政治もどの立場で見るか、、、で、やはり、大きく変わるのだろうと、、、。やはり、市民の立場から、、、政治は見るべき、、と。

汗を流した、、市民厚生常任委員 2。 - 2008.08.28 Thu

 上げ足をとられる傾向もありますので、、、、来年度の国保税について「今年の値上げ分も含めて、引き下げる」とは、市長も市民厚生常任委員会も言っていません。
 市長は「今回は原案どおり(値上げ)とするが、次の機会には必ず委員会の意向を反映したい」というもので、委員会は「来年度の本算定においては、このこと(前段の「…反映したい」)を予算編成に必ず反映するよう強く申し入れる」というものです。(委員長報告ーカッコは当方注釈)

 、、、、でありますから、、、。今年度の値上げ分を下げるとは、言っていませんので、ご了承を、、、です。(来年「意向を反映」するというが、、実はこの辺が極めて玉虫色でして、、、。仮に。。「今年は19%値上げするが、、来年は3%下げるから、、、19%値上げを認めてくれ」というのでは、当方は賛同できませんから、、、たぶん今回の合同チラシが言いたいのは、「今年の値上げ分、来年は下がる」、、なのでは??と)

 また、当方議員団は、「汗を流した」が悪いと思っていません。大変、良いことだし、「汗を流す」ような議員活動が大切と思っていますので、、、これもご了承を、、。(、、、こんなところかなぁ~~上げ足とられそうな、、、とこは??)

追記)あつ!、、、気付いた、、んで、、、。
 佐渡市の国保税は、確かに県内20市の中で低いのですが、どうでしょう?それでも、高くて大変。。。というのが、国保税なんじゃないでしょうか?(ちなみに、合同報告が、表にしているのは、国保税の医療分だけです。国保税は「医療分」(この中に「後期高齢者医療支援金」も含まれてます)+「介護保険料」で国保税となっていますが、、、。
 県内の中で「安い」から、、、それでいいと思っていません。(佐渡の所得は低い、、なんかもありますし、、)、市民にとって負担が重いかどうかが、、、重要だと考えています。

汗を流した、、市民厚生常任委員 1。 - 2008.08.27 Wed

 7月の臨時議会で19%値上げ(一般加入者)の国保に賛成しなかったといって、「市民厚生常任委員9名(委員全員)の合同議会報告」(新聞折り込み)で日本共産党議員団を批判しています。

値上げ値上げで、くらしが大変」の市民の声に応えるべきが、日本共産党の立場

 ガソリンや生活必需品などなど、、多くのものが値上げされ、市民の暮らしが大変な時に、「いまでも大変な国保税を19%もの値上げは、とんでもない」というのが市民の気持ちではないでしょうか?
 来年、「今年の値上げ分も含めて、引き下げる」と言われても、、、実際に聞いた声、、、「来年まで待てと言われたって、、、毎年なんとかやり繰りをして、国保税を納めている。いまでも高くて大変なのに、来年まで、こっちがもたない~~」(40代・女)(、、、ちなみに、「本当に、今年の値上げ分も含めて、来年、値下げするんでしょうね?」と問われましたが、、、当方は、「簡単ではないし、ましてや、今年の値上げ分まで、、、は??、、市民厚生常任委員会に聞いてみて、、、」としかいえませんでしたが、、。)

「予算編成権のあるのは市長だけ」(合同チラシ)、、、だから予算の議決権は、議会!

「合同議会報告」でもいっているように、予備費や基金を使えば、値上げは抑えることができたものです。値上げを抑える予算修正等には、当然、賛成ですし、賛成討論をする用意もしていました。議会が修正すればできました。(賛成討論では、「予算修正も出来たのだが…」(主旨)と言っていたのですから、、、すると期待していた。)

共産党は何もしないで……何の役にも立ってはおりません。」(合同報告)

 (役にたたない~~と言われると、、ぽりぽり、、頭をかくしかありませんが)値上げ予算を審査する市民厚生の委員でない日本共産党は、値上げを抑えるべきで本会議の予算と税率改正の2議案に対して、質疑で取り上げました。かなり、、、汗をかきましたけど、、、。「合同報告」の言い方で言えば、ちなみに、本会議質疑は、日本共産党の他1人のみで、汗をかかなかった議員が多かった、、ということになります。本会議でも、委員会でも、、がんばることが議員に求められてるんで、、、自省もふくめて、、)

 市民厚生常任委員会が予算修正の議論等を行ったことは、大いに評価しています(予算修正することは、多くないし、市民のためにやるのは、大いに評価出来る訳で、、)が、最終的、、、結果的には、、、今年の値上げが認められたため、日本共産党は、後期高齢者医療制度等の影響で、国保税が値上がる予算(賛成の委員長報告ではなく、予算案に。委員長報告のように、、そんな考えで賛成する考え方もあろうが、当議員団は、、ということ)に「反対」したものです。

委員会の考えに従わなかったから、、、、というのは???

 市民厚生常任委員は、「来年度は、値下げの意向を反映する」(主旨)ので、今年は値上げに賛成すべし、というのが、日本共産党への批判のようですが、「日本共産党は、来年度の値下げは大賛成ですが、今年度の大幅値上げには、賛成できない。」というのが値上げ予算に対する態度です。
 議会は、もともとさまざまな考え方の議員で構成されていますし、1人でも、市民のためにならないと考えたら反対するのが議員ではないでしょうか。

 政策論争は、大いに歓迎すべきことなのですが、、、、。 委員会の考えに従わなかったから、、、(というのなら、、、)は、なんだか、ファッショ的に感じてしまう訳、、で。

 ちなみに、、、チラシに「共産党さん、数字が間違っていますよ」と言っていますが、、、平成19年度の一般被保険者の「介護分」は、17,766円で間違いではありません。(権威ある市民厚生常任委員のみなさんが上げている額は「一般」+「退職者」分の平均額です。「市民厚生常任委員のみなさん数字がまちがっていますよ」(別にこんなことで、ケンカせんでもいいことですが、、、蛇足まで、、なんで、、)

 、、、「個人プライバシー」や「なんでも反対」とか、、、それでも、、なんだか多い、、、日本共産党に対する批判(?)、、、です。(市民のためにがんばれが市民の声ですから、、、「汗を流す」ことに大いに努力しなければと、、、自省をこめて、、、)

追記)市民厚生常任委員合同議会報告の連絡先は、「加賀博昭議員」(副議長)となっています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2008年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (117)
住民投票 (23)
温泉 (56)
ブログについてのご注意! (58)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (654)
議会報告 (53)
一般質問項目 (27)
政治 (189)
議会改革 (39)
議員 (65)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (18)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (64)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (17)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (12)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (258)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (50)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (1)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!