topimage

2017-05

図書館協議会の初傍聴〜〜〜(^^;)3 - 2013.07.25 Thu



 ・・・昨日開かれた図書館協議会、、。当方が抜けた後段部分についても、、、いろいろ聞きましたので、、訂正版となっています。((^^;)、、、結局、議事のすすめ方は、、、がちゃまぜ、、状態で行うようで、、、1〜2が終わったと思ったら、、、3の議題でまた1〜2、、と進められたようで、、、後段の議論の方が白熱していた〜〜)

 ・・・ということで「雑感編」、、、。

 当方的にいえば、、、現在、佐渡市で問題視されており、多くの市民が地域の図書館・図書室の存続・充実を願っているのだから、、、図書館協議会として利用者・市民の立場で明確な、、意志を表示してほしかった。。。というものです。

 当日、協議会会長さん(議長)が、(こだわっていたように感じましたが、、、)”協議会は館長の諮問に答えるのであって建設がどうのこうのは、協議する権限がない”(主旨です)、、、ってなことを語っておられました。
 
 基本的、、というか、法では、「 図書館協議会は、図書館の運営に関し館長の諮問に応ずるとともに、図書館の行う図書館奉仕につき、館長に対して意見を述べる機関とする。」、、、と確かに「館長の諮問に応ずる」のですが、、、後段では「図書館の行う図書館奉仕につき、館長に対して意見を述べる機関」としています。(・・・述べる「委員」でなく「機関」と、、、。また、逆に言えば「述べる権限がある」ということでは?)

 特に、今回の諮問された中身の「図書館再編計画」(=地域図書館・図書室縮小計画)は、本館の増設か新築と一体(と当方は考えます)となっています。(少なくとも「再編計画」は、「経費削減」が基本だが、「増設・新築」は経費が膨大にかかる、、、という矛盾したものとなっている)

 また、地域図書館の中身がどうなのか?本館との連携などによる「図書館奉仕」(法)、、は、一体ですから、、、「諮問」でなくとも〜〜〜「機関」として「意見を述べ」てほしかった〜〜〜と思っています。・・・(^^;)

 それともう一つ気になったのが、、、。この協議会以前の議事録を公開しないということに同意したことです。館長(事務局)より、、、”公開を前提に協議していなかった”、、、”現在の論点とは、大きくかわっているので・・”、、、ということで、協議会に同意を求めた、、、。

 図書館の議論では、、、「行政資料の収集」などが議論されていましたが、、、。

 ”現在の論点とは、大きくかわっているので・・”、、、であろうが、なんであろうが、、、やはりその時代背景の中で正規の協議会で議論されたことには、間違いない訳です。確かに、、、今日的時点からみるとずれているかもしれません。。。それは、しょうがないことです。。。。だからといって、、、非公開にする理由とは、なり得ない、、とおもうのですが、、、。(ま、今回のドタバタの中で、、、「誰が決めたのだ!」とか「権限はあるのか?」なんて批判が強いのが要因でなかろうか???と当方的推測ですが、、、(^^;)

 ・・・協議会の議事録なるものを見たことはありませんが、、恐らく簡易記録=要点記録と思われます。・・・実はこの簡易記録だと誤解を招きかねない場合があります。例えば、新潟市の協議会の議事録なんかは、ネット上にもあるようですが、、、「全文記録」です。(この方が誤解が生まれない〜〜)

 ・・・今年度以前の、、図書館協議会の記録が消える(非公開という意味ですが・・)、、、のは、図書館の在り方として????どうなんや〜〜と思う、、、のである〜〜〜。

 ・・・怒られそうですが、、、、。まあまあ的、、、よりいいとサッパリ考えとりま〜〜す。。(^^;)

図書館協議会の初傍聴〜〜〜(^^;)訂正版 - 2013.07.24 Wed



 訂正があります。(下の方の****部分です。)

 写真:H25年1月に開かれた図書館協議会に出された「図書館整備年時計画(案)」の資料である。「(案)」であることに注意は必要だが、、、はっきりしていることは、今回の地域の図書館・図書室の縮小計画とあわせて中央図書館の整備(増築か新築)が検討されていたということである。(カテゴリを分類整理をしていて、載せていないことに、今日気づいたので、、、いまさらながらですが、、アップです)

 6月27日の教育委員会が、、、「突然」本館の増築か新築について決めた(決議した)ことの意味が上記で分かります。・・意見交換会などでは「本館充実」の声がなかった、、、本来ならあると思っていた・・・・。しょうがないので、意見交換会の意見を無視して「決議」したと読むのが、、、正解ではないか!!!

 はてさて、、、今日、図書館協議会が開催されるというので、、、教育委員会の初傍聴であったが、、これも初傍聴に、、、。

 図書館協議会(委員)=「図書館法 第15条図書協議会の委員は、学校教育及び社会教育の関係者、 家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験者の ある者の中から、教育委員会が任命する。」の法の規定により選出(任命)、設置されているもの。
 「委員になる人は、地域の中では、それなりのしかるべき人ということになります。協議会に参加すると館長の諮問に答えたり、必要なときには館長に直接意見を言えるので、その影響力は非常に大きいと言えるでしょう。・・・・(協議会)これは地域の知識層の意識の反映ともいえます。」(「これからの図書館・増補版」より)、、、というものです〜〜〜。

 (=図書館政策のセミプロ??ま、地方自治法に定められている「議員」的なもの〜〜とも言えますかな〜。ちなみに、法の規定では議員には「学校教育及び社会教育の関係者、 家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験者の ある者」といった類の規定はありません〜〜〜。)

 ちなみに、佐渡市図書館協議会の運営は市の例規(法律)で定められており、
 図書館条例施行規則の「30条2 図書館協議会は、年2回定例に開催するものとする。ただし、必要に応じて臨時会を開催することができる。」、、と会議の在り方が定められています。

 年2回が基本ということです。2回、、これは少なすぎないか??とも言えますが、、、、。このことを受けて
 「31条2 図書館協議会の会議は、出席委員の過半数で決し、可否同数の場合は、議長の決するところによる。」とされています。これは、だらだらと井戸端会議?みたくなって、、、何を図書館協議会の意志として決めたのか(館長の諮問に「何を答えたのか」)が、分からなくなることを防ぐために多数決で図書館協議会の意志を決める、、、ということであろうと思われます。
 (ちなみに、3月議会時の一般質問で、荒井議員(ま、実名はいいでしょう〜〜(^^;))が、”図書館協議会の意見を聞いて1館9図書室の計画にしたというが、、、図書館協議会では、採決していないので「決めていない」のではないか!”、、、と問題提起しましたが、、、、このことを指しています。=他人のふんどしですが〜〜〜(^^;))

 はて、・・・・いろいろ蛇足が長くなったが、、、今日の図書館協議会で何が協議され、何が決定されたのか?

 協議会の議事のすすめ方が傍聴者には、分かりにくかったのですが、、、
1,これまでの経過(過去の図書館協議会での議論経過を経て、1館9図書室案になったのかが説明され若干の質疑)

2,6月教育委員会の2つの決議に対する図書館協議会の意見は? 1つは、これまでの図書館再編計画の「1館9図書室」を「1館9分館」に変えたことに対する意見。 2つ目は、基幹(中央)図書館の充実(増築か新築)は必要と決議したことに対する意見。

3,9分館化になることに伴い分館に求められる機能についての意見。

 ・・・以上が今日の図書館協議会に問われた(諮問)事項です。(分かりにくかったので、他にいた傍聴者の意見も聞き、誤りがあれば後日、訂正します。

 ・・・(議会用事で途中退席しましたので、1〜2の議論は、傍聴しましたが、、、最終的にどうなったかは??知り合いの傍聴者から聞いてまた、後日、、、ですが、、、1と2が協議された時間帯について以下、、。)

 今日時点での当方的感想〜〜〜〜。
 1,「1館9分館」=あいかわらす教育委員会は「すべて残します」と言いましたが、、。6月27日までの教育委員会で決めた(決議)した内容は、呼称の変更であり「9図書室」を「9分館」と変えただけです。
 行革路線の枠で、支所や行政サービスセンターに図書室(分館というべき)を入れて兼務職員対応で貸し出し中心の本棚化、、、するというのが中身です。=実はこの中身に市民は怒っているのだが、、、今日の協議会の前段では、このことを問題視しなかった、、、。
 *後段で議事の巻き戻しがあり、支所同居方針に反対との意見表明がありました。

 2,地域の図書館縮小計画路線について、、、委員の口々から出たのは「予算の削減の中で・・・どうするか?」が中心だった。(=行革の枠の中での検討)。無理なんでしょうか??協議委員さんは、やはり財政論になると、、、全く反論できず、、、、言いなりっぽいと感じました。少なくとも「意見交換会」での市民の声のトーンはなかった!

 3,本館充実については、あまり異論がなかった感じです。
 *上記部分は、会議の後段で議事の巻き戻しがあり、本館の増築か新築について、問題ありの委員さんの意見表明がありました。・・・・ので訂正します。

 4,意見交換会でもなかった本館充実を突然、教育委員会が決めたことを問題視しなかった。

 5,市民がいま、何を問題視し、怒っているのかといえば、、、地域の図書館・図書室を事実上、無人化・本棚化するということです。・・・し、なぜ意見交換会にもなかった本館充実(増築か新築)が出たのか、、、、ということではないだろうか?

 (追記)6,協議委員としての意見は上記のよう縮小方向について反対の意見がありましたが、図書館協議会としての意見(意志)としては、決定されませんでした。

 ・・・以上が当方的感想です。(ちと、辛口かもしれませんが・・・。そこは、専門的の図書館協議会の議論ということで・・・(^^;))・・・ちょっと電話で今日傍聴されていた方に聞いたところによると、、、上記のことが、また最後にこもごも発言されたようです。。。上記は、あくまでも当方が傍聴した時間帯での議論についての勝手な感想ですので、、、ご注意を!

 それと、上記にも書きましたが、、、図書館協議会としての決定=意志となる採決は行わなかった、、そうです。つまり、これは図書館協議会の意志(意見)として成立していない、、ということです。(側聞です。。誤りがあれば、後日訂正します。)

 ・・・・・・とりあえず、、、当方的、、備忘録、、、。(くどいですが、、、当方が傍聴した範囲のものであり、その後、どうなったかは、はっきりしていません。後日、傍聴していた市民の方から詳しく聞き再アップします。・・しました。・・・故に「訂正版」にしてあります。。。)
 
 

図書館協議会の初傍聴〜〜〜(^^;) 2 - 2013.07.24 Wed



 (写真:羽茂地区の意見交換会模様です。はじまったばかりで、まだ参加者は少ない時です、、、。)

 (あいかわらずですが、、、本題に入る前に・・・(^^;))

 地域の図書館・図書室の縮小計画(現在では、「本館充実にあわせた縮小計画」となっているが・・・)の中において、、、昨日の23日の図書館協議会の果たすべき意味合いが大きいと、当方は考えていました。(昨日も書いたように、図書館政策に関して図書協議会の役割は大きなものというのが、法的にも位置づけられているし・・・)

 さてさて、、、(脱線ですが・・)、、、議会(議員)は何か?、、といえば、、、”まちづくり”のための1つの仕組み”であると考えています。特に、議会等の場合は、地方自治法などの法で定められた”まちづくりの仕組み(ルール)”、、、である。(=逆に言えば、「それだけでしかない〜」

 ”まちづくりのための1つの仕組み”のこの「1つ」というのは、、、住民自らが、団体つくったり(つくらなくてもだが)して、その地域の課題や問題に取り組むことも”まちづくりのとりくみ”ですから、こういった様々な「まちづくり」のとりくみ全体が”まちづくり”をすすめるのである。(=「議会」だけがすすめるのではない。その1つでしかない〜)

 議会と同じように、、、こういった”まちづくり”のための1つの仕組み”として、、、福祉だったり、教育分野だったり、、、いろんな分野でも仕組みを決めています。。。(長くなったが・・・)この図書館協議会もそのひとつである。

 (注:議会は、他の法などで定められた委員会などとはちがい「予算の議決権」をはじめ、特別の権能をもっている、、、ここは、また、他とは大きく違うのである、、。)

 なにを言いたいか、、といえば、、。図書館協議会は、図書館政策に関連する法で定められている”まちづくり”の組織であると、、、いうことである。=つまり、この機能が十分発揮される必要がいるのである、、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 はて本題、ネタに近づいたが、、、(^^;)。
 何度も、おさらいをしていますが、、、今回の図書館戦争地域の図書館,図書室を無人化する教育委員会と佐渡市に市民が反対の声を大きく上げた!・・・とすれば、、、図書館協議会がこのテーマでどう意志を決めたのかは、、、実は実は、、、極めて重要な意味をもつのである。(例:「市民がいろいろ言っているが、ま、教育委員会の方向ですね」となれば、、、専門家(的)でない市民の考えに問題があるということになる。また、逆もありですが、、、)

 図書館縮小計画の流れの中で、今回の図書館協議会に課せられたテーマは、実は重かったのである。
 故に、年2回の図書館協議会の、、この会議で「図書館協議会の意志」がどうだったのかと焦点になるのである。(・・・もちろん、結論にいたるまでには、、いろいろな議論があっていいのですが、、、それだけで終わったのでは、単なる「懇談会」的でしかないのである、、、。=「きつい」かなぁ〜〜〜(^^;)、、、。そうそう、元気にする会さんも、、今回の計画の決め方の「手続きに問題あり」=「白紙」、、、ってな論調も強かったし、、、教育委員会の在り方にも批判がありましたし、、、、。同じ意味合いをもっていると、当方は考えています。)

 ・・・・・といった意味をもったのが、昨日の図書館協議会と思う当方である。

 追記:図書館協議委員さんに怒られそうですが、、(^^;)。(=ちなみに、議員なんぞは、しょっちゅう怒られていますが、、、。)・・・はっきりしているのは、6月の教育委員会で「1,「1館9分館」に呼称を変えたこと。2,「本館充実」(増築か新築)」の決議について、図書館協議会の意見を伺ってきてくれ、、、というものでしたから、7月26日に開かれる教育委員会に、、、どのように報告されるか、、、みればはっきりすると思いますが、、、(^^;)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (59)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (664)
議会報告 (53)
一般質問項目 (27)
政治 (191)
議会改革 (42)
議員 (66)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (18)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (65)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (12)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (261)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (50)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (1)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!