topimage

2017-05

餅は餅屋で、、考えてみた〜〜 - 2017.05.10 Wed



 雨の直前〜〜〜(^^;)。。。

 はてさて、、、コメントを読んでいて思った、、、、。「餅は餅屋」かぁ?!・・・フランスでも韓国でも新しい大統領のニュース、、、。

 選ばれた、、、というか、、、選んだ政治家について、、、よく「新しきリーダー」とか「若きリーダー」とか言われたりする。リーダーとは、、「指導者、首領」という意味だが、、、、。
 企業だったりすると、、、新しい社長=リーダー、、、が変わったりすると、、、その社長の方針で動くことになるのであろう。もちろん、重役会議などなどもあるのであろうが、、、、、。それに、、、例えば、、タワシ屋企業がいきなり、社長が変わったからといって、いきなり化粧品会社になることもなかろう〜〜〜(ま、そういった場合もあるのであろうが、、、例えば、有名なところでは、、、、ゴム製品(長靴?)などの企業が一時は世界制覇する携帯電話会社になったノキアの例もあるし、、、、ありえるのか?)

 では、地方自治(政治)の場合は???

 国政で言えば、、、憲法遵守で、、憲法の定めた理念達成のために、、リーダーシップを発揮することになろう、、、。地方政治でいえば、、、地方自治法であろうか?そして、何よりも重要なのは、、、主権者の想い・願い、、、をどう達成するかであろう。

 もちろん、選挙などで、、、自分はこんなことをしたい・する、、、と選挙公約を掲げていますから、、、、それはそれ自体信任されたということであるが、、、かといって、、、、すべてを白紙委任したわけではなかろう。

 (当方的ですが〜〜(汗))市政運営は、、、「餅は餅屋」、、、、と解してしまった〜〜〜(^^;)。市政=選ばれた政治家=餅屋=餅屋でない市民、、、、、といった図式を思い出してしまった。・・・そう、、、昨年、、、、「***問題を決めるのは議会・議員で、、、それだけの署名が集まるなら議員に立候補してください」、、、みたいな本会議発言(討論)があったが、、、、同種の思考であろうと、、、。

 その昔は、、、国王、、王様が国を支配していて、、、その範疇で為政されたような、、、、、。

 首長(政治家)がリーダーでないなどと言うつもりはありませんが、、、、首長の考えもあろう、、、市民の考えもあろう、、、、場合によれば、市民の考えの方が大勢の場合もあろう、、、、政治は主権者の想い・願いを反映するもので、、、首長(政治家)の勝手なリーダーシップだけで動くのではなかろうと、、、、。

 それに、、、、議会なんぞは、、、、そんなに大それたものではなかろう”まちづくり”の1つの機関でしかない、、、。地域でがんばって”まちづくり”を実践している人々こそ、大きな担い手である。個人や団体、、、、それに寄り添っていくのが地方政治のような気がするのですが、、、、。(ちなみに、議会などは、、、他と違うのは、、、公選であり、法的に定められた存在で、そこで自治体の運営・予算が決められていく、、、というところは、、、他の”まちづくり”組織とは、決定的に違うところでもありますが・・・)

 住民自治と団体自治これが地方自治の本旨であるはずであると、、、思ったりしたわけである。。。。が、、、、。(また、怒られそうですが〜〜〜(^^;)。。。)


軽薄短小の時代??? - 2017.05.07 Sun


(雉も鳴かずんば撃たれまい〜〜、、、最近、雉をよく目撃!しかも、以外に以外、、、人がいそうなところで!増えているのであろうが、、、もしかしたら、、、、人が好きなのかもしれない〜〜などと、、、😎)

 はてさて、、、、6月議会で、、、ちょうど、1年前の選挙から、、、丸1年が経つ訳で、、、。ちょうど、1年前の6月議会が、、、新市長、新議員のデビュー戦であったのである〜〜〜。そして、、、、市組織は、新市長のもとでの、、、部長制のデビュー戦である〜〜。(なかなか、6月議会の見所もあるなぁ〜〜と!)

 ちょっと前にある市民の言われた言葉がずっと頭に残っている。(その方は、、、当方的に見ると、、、かなり玄人肌の方で、、、地方自治関係に精通している、、、といった印象であった〜)

 「政治(市政・議会)が重みがなくなり、軽くなっていないか?」、、、というフレーズである。

 その方の見方は、、、、実は、政治(家)は裏方であり、、、そんなに目立つ物ではない。・・・しかし、、、重み?品格?があるものなのだが、、、最近では、軽薄短小?パフォーマンス?アイドル的な感じになってはいないか?、、、(当方理解)、、、という主旨と。(大汗、、、ま、当方もか〜〜😎😅)、、、などなど、、、、。

 これもまた、、、1年前の選挙結果に期待した声のひとつでもあろうが、、、、。当方的には言えば、、、実は、当方も「選挙結果」に大いに期待していた。どのような期待かは、、、すでに何度も書いていますが、、、、、一言で言えば、、、”従来型でない政治”で、、、新しい政治である!

 例えば、、、、自治基本条例、議会基本条例、議会改革などは、、、全国的には、、10年を経て、、、紆余曲折しながらも動いているし、俗に言う「市民派政治」も、、、最近では、そう目新しくもないのだが、、、、佐渡市的にそのような状況が生まれるのではないか、、、と期待していたのであるが、、、さてさて、、、。

 軽薄短小の時代???、、、当方的には、、、その一因は、ネットの普及にもあるのではないかと考えている。確かに、物事を調べたりするのことは、、ネットを使えば、、格段に早くなり、、、、、それだけを読んだだけでなんだか、専門家にでもなったような気がしている時代ではなかろうかと思うのである。
 もちろん、いい面もあるのですが、、、(これも、何度も書いていますが〜)、、、、物事を知るのがネットだけでは、、、やはり軽薄になってしまうのではないか、、、と思うわけである〜〜〜〜R。

 当方的には”権威”や”格式”なんぞ、、、知ったこっちゃない〜〜という性分なのだが、、、、そうそう、、、議会では、議場というものを、、まさに”権威”や”格式”化していますが、、、、それは、、、、、この場は、ある意味、重厚な場であり、責任が大きく伴う場であるということを暗示しているのであろう。

 また、基本的には、、、、安易な発言を会期を越えて、後から訂正などできないのであり、、、しかも、その訂正は「字句」であり、発言主旨を変更することはできないのである。もちろん、これは、本会議を指すのであるが、、、、委員会とて実は同じ事なのである〜〜がぁ〜〜😎。。。。。
 (最近、答弁でも、、、かなり、、、安易??動くゴールポスト的?なものが多い気がする!(前出の市民は、、、”こういった雰囲気・流れ”が全体の空気感を醸し出していると感じているのではなかろうか?と、、、)

 (発言の取消し又は訂正)
第65条 発言した議員は、その会期中に限り、議会の許可を得て発言を取り消 し又は議長の許可を得て発言の訂正をすることができる。ただし、発言 の訂正は、字句に限るものとし、発言の趣旨を変更することはできない。
(標準会議規則)

 (・・・・ま、国政でも失言などなども多い時代だし、、、末端の地方議会ですから、、、しょうもないのか???・・・いやいや、、、そうならないような努力が、、、昔はあった気がするのだが、、、、)


まともな、、論戦がしたい〜〜いぃ😎 - 2017.03.13 Mon



 どば〜〜ぁ〜〜。。。。(これが今日の心持ち〜〜)

 とりあえず、一般質問が終わった〜〜〜。

 それにしても、それにしてもである。。。。今日の執行部の答弁は、答弁になっていない、、、。なにしろ、当方が、議長に「答弁になっていないじゃないか。きちんと答弁させて!」と懇願せざるを得ないという事態。(これは、議会側も問題=議長である)

 今日の議会中継を生で見ていた方なら分かるかも???録画だと中断模様が入らないので分かりにくい〜〜〜。

 結局、、、時間の浪費で、、、質問時間が足らなかったのである。いつも、そうなんですが、、、でも、今回は、、、別である〜〜。例えば、課長が答弁に詰まったりするということは、執行部自体がきちんとした方針などをもっていないから、、課長は答弁できないのである〜〜〜と当方は考えている〜〜〜。

 さてさて、、、新聞報道でもなされている温泉施設問題を取り上げた〜〜〜。(この温泉問題を巡っては、、巷では、、、かなりお偉い方が、、、”共産党がついているから・・・”とか言いふらしているそうであるが😭😎、、。。。庶民は、そんなことはどうでもいいのである。。。住民の願い実現であるよう〜〜。)

 この温泉問題との関わりでは、、、、補助金問題にも触れた、、、。

IMG_1055.jpg

 これが中身である〜〜〜。しかも、この補助金は、市施設のみというから、、、、かなり疑問も出るし、、、補助金の中身そのものにも大いに問題もあるような気がします。。。。(詳しくは、録画中継で〜〜。そのうちに、「温泉」カテゴリでも書きますが〜)

 ま、補助金実施要項なども整備され、制度設計されているはずであるから、、、今後の審査が興味深い!(補助金不正問題の外部監査結果を受けてのものであるし、、、そのへんが十分なされているかなど〜〜〜と)

 はっきり言って、、、どわぁああ〜〜という心境の、、、狛犬、、、である。

 チャンチャン、、、、。


ハドソン川のAI??? - 2017.02.26 Sun



 ・・・ついつい、、見てしまった、、、クリントイーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」、、、、。(明日が、一般質問の通告というのに〜〜〜。はてさて、、、通告できるかどうか〜〜である〜〜)

 この映画が実話に基づく物だというのも興味深いのだが、、、、当方的に、、、興味深く見たのは、データロボ(だったかな?)、、、事故のフライト記録・情報に基づき、、、果たして川に着陸(「墜落」でない。「着水」だが)条件設定された状況下で、実際の人間(パイロット)が操縦してみる、、、検証する、、、、というもの!(ま、いわゆる特化型AIですな〜)

 トムハンクスが演じるベテランパイロットは、「着水」というが、、、検証側は「墜落」で判断ミスとの平行線になる訳であるが、、、、それを見事に、、、トムハンクスが論破し、、、、結局、人間であることの情報が入っていないシュミレーションでは、間違いであった、、、という結末になる〜〜〜。ふむふむ、、、、なるほどAIなどと思いつつ見たのである〜〜〜。

 実は、すでに映画の評論も読んでいる(と言ってもAIについては、なかったが・・・)のだが、、、、目立たないが、、、労働組合が彼を支える場面が、、、遠巻きだが出ている。。。。このあたりが、クリントイーストウッド監督作、、、と!

 ちなみに、論評は、、、クリントイーストウッドは、大統領選では、消極的ながらも「トランプ」と発言した人物。実際には、この映画の主人公の実際の人物のサリーが出るべきと言っていた〜〜〜。(実は、映画評論ではなく、、、大統領選評論で映画の論評もよんだのであるが〜〜〜)

 ・・・ということで、、、、、きゃ〜〜、、、こんな時間〜〜〜。やべぇ〜〜という心持ちだが〜〜〜。

簡易・会議記録に要注意〜〜〜😭 - 2017.02.21 Tue



 (写真:花鳥風月で、、、時節柄に合わせてみただけ〜〜〜。なんだか、バックのPCのデスクトップピクチャーが「爆発」ぽいけど〜〜〜。。。なおみ土人形〜〜。)

 はてさて、、、、ある方が当方に、、、、「***の施設について住民と意見交換会の市の記録では、『中川議員』がトタン屋根の施設を建ててくれと言った議事録になっていたが??」、、、と問いかけされた。

 つまり、、、この方が言いたいのは、、、、「とんでも無いことを言う議員だ」、、、、ということなのである〜〜〜。

 実は、その会合は、しっかり記憶しており、、、住民と行政の意見交換会のようなものであった。・・・・・・あまり、発言する住民が少なかったので、、、、実は、柄にもなく当方も発言したのであった。

 わかりやすく言えば、、、、施設を廃止すると行政が言うから、、、、「何も、豪華とか贅沢なものが必要というのではなく、例えば、トタン屋根でいいし、雨露がしのげればいいし、最低限のものを残してくれないか?」と言ったはずである〜〜〜。

 これが、議事録(簡易・要点)になると、、、、「中川議員)トタン屋根の***施設を残してくれと発言」になったということである。

 ま、、、先のネタの「立ち位置」ではないけど、、、、立場が違うと捉え方も違う、、の典型的な事例であろうと思うわけである。・・・・・・・当方的には、、、、簡易・要点記録の議事録のせいであろうが、、、それにしても〜〜である。

 やはり、空気感も含めて、、、議事録は、、、全文筆記の方が間違いがない、、、と!・・・ってことで、、、、行政の記録は、、、やはり信じられないなぁ〜〜、、、、というのが、、、、見方なのだが、、、、。(特に、「簡易・要点」の会議記録は気をつけよう〜〜)


流行り言葉の、、定義?? - 2017.02.20 Mon



(写真:意味はありません!、、、佐渡市になって「朱鷺」が観光的な売り出し文句だったような〜〜。。。そして、金銀山、世界遺産登録を〜〜。。。ジアス、農業遺産、、、なども、、あったよなぁ〜〜という程度〜)

 流行り言葉、、、フレーズ???。。。。

 「消滅自治体」、、「地方創生」、、、「働き方改革」、、、「一億総活躍社会」、、、「AI(汎用型人工知能)社会」、、、「ポピュリズム政治」などなどとこんなフレーズがある。特に、政治の世界(議会)界隈では色々使われますけど、、、と!
 特に、思うのが、、、、どうもこの言葉の「表層」だけを捉えて使っていないだろうか?と!(もちろん、、、当方もその一人なんですけど〜〜〜)

 そうそう、ここ数年、、、、議会的によく聞いた言葉、フレーズに「コンパクト(シティ・化)」というのがあるが、、、、これらは(上記の例も含めてなのだが)、、、そのフレーズの本来の意図というか、本来の意味があるのであり、、、、使っている方々は、単純に使っている、、、もしくは、誤って使っている場合もあるような気がします〜〜〜。(ま、当方もだったりするんですけど〜〜〜)

 例えば、上記の「コンパクト(シティ・化)」という国的フレーズは、、、これは、当然なんですが、、、国の政策的意図や誘導があって出ているという、、そもそもの「文脈」があります。そこからみたりすると、、、いかに「誤用」しているのかがわかります。(ま、ご当人は、単純な「コンパクト」という意味で言っているのでしょうが、、、、。実は、これも「大いなる誤用・誤解を生む」のでもある。

 ・・・ま、ま、、、、人間というものは、、、、政治家などと威張っていう輩は〜〜〜。。。ということにしておこう〜〜😎。


ウディ・ガスリー〜この国は・・・ - 2017.02.12 Sun



 連日のアメリカ大統領さんのトランプさん報道が続いている。日米首脳会議も、、、マスコミから流れている。そして、11日は建国記念日で、、、、1967年に祝日となって50年、、、、、。

 ウディ・ガスリー、、、(過去にも書いた記憶があるが〜)、、、わかりやすく言えばアメリカの元祖フォークシンガー、、、、本当は、当人のそんな風に言っていないし、、この本の紹介のように本当は、、、、「吟遊詩人」なのだろう。

 ボブディランが大きく影響を受けた人物である。ボブディランの詩が何度も推考に推考をするというあたりやフレーズを考え抜くというのが似ているような気がする。(素人考察〜)

 ウディ・ガスリーというと、、、プロテスタントソングかぁ〜、、、などとの声も聞こえてきそうですが、、、ま、ある意味そんな感じなんですが、、、(^^;)。。。。

 最も有名なもの、、、。

この国はきみの国 この国はおれの国
カリフォルニアからニューヨークの島まで
アメリカ杉の森からメキシコ湾の流れまで
この国はきみとおれのためにつくられた・・・


 米国の入国制限などなど、、、を考えていたら、、、、この詩の「きみ」と「おれ」がわかったような気がしたのだが、、、、。

 さて、、当方の国は?????


人工知能は〜〜〜 - 2017.02.05 Sun



 結構、、、ハマっている、、、、AI=人工知能時代、、、。ま、必然的でもあるのですが、、、、。問題は、、、特化型なら、できるが、、、要は、、、汎用型にまで発展できるかどうかのようである。本来的には、、、汎用型こそがAIである。

 結局、汎用型は、、、まさに、人間並、、、ということで、、、、これが問題であろう、、、、。いろんなものを読んでいるうちに、、、、人間もコピーできる論理的な考え方ぽいものもあるではないか。。。。。!!!!

IMG_0484.jpg

IMG_0485_20170205230318ab2.jpg

 要は、、、AIが人間の暮らしや社会を良くするツールになるかどうかではないか?・・・往往にして、、、儲けのツールになりかねないし、、、、人間社会のあり方そのものの変革が必要なのであろうと思うわけである。

IMG_0531.jpg

 すでに、社会保障や労働分野では、、、単純に、AIで良くなる、、、という思考回路でけではなく論じられている。

 ・・・はてさて、、、AIの活用で、、、相性のいい結婚相手とか、、、、その子どもにあった教育システムとか、、、こんな特化型ならできそうな気もするのだが、、、、、???
 ま、ザックリ言えば、、、、恋愛感情などは、、、人間の脳の発する信号である、、、とも言えるのであるはずであるが〜〜〜

 さてさて、、、、どうでもいいようなネタ、、???トップの写真の書籍の帯、、、「人工知能によって経済は、社会は、政治はどこに向かうのか?・・・」、、、、的なネタのつもりなのである〜〜〜。


・・今度は、「I o T」??? - 2017.02.04 Sat



 ・・・「ICT革命」(パソコンとインターネットが個人や企業・組織に大きな影響を与える〜〜)、、、などなどと思い込んでいたが、、、もはや、古いのだそうで、、、今度は、、、「Internet of thinking」「I o T」なのだそう〜〜😎。

 2016年6月の安倍政権が公表した「日本再興戦略2016」で、、、、「第4次産業革命」の中で表しているのである。

 そう、、、「第4次産業革命」、、というフレーズも真新しい言葉である。第一次が、、18世紀の「蒸気機関」が原動力で進んだ、、、、、。第二次は、、、20世紀に入って、、、電力・モーターの登場によるもの、、、、。そして、第三次革命なるものは、、、コンピューターの出現によるものなのだそう。。。。

 そしてそして、、、第4次は、、、AI(人工知能)によるもので、、、、これが、新しい社会を作る???のである。

 「そんなバカな〜〜鉄腕アトムではない〜〜」と言われそうですが、、、、😅

 実は、当方もそう思っていたが、、、、「10〜20年以内に日本で働く人の仕事の49%は人工知能(AI)やロボットで代替出来るようになる」、、、、と野村総研〜〜〜。
 それどころか、、、実際には、、、秘書業務などは、、秘書業務従事者がすでに大きく減っているのだそう〜〜〜。

 また、2016年1月の世界経済フーラム(ダボス会議)では、、、主要15カ国の合計で15〜20年間でAIに代替される職種で200万人の雇用が創出されるが、、、逆に、ホワイトカラー職が710万人職を失い、、、差し引き510万人が失業すると、、、予測もすでに出ているのである〜〜〜。

 そういえば、、、、議会でもAI、、、AI、、、と言われる方もいらっしゃるなぁ〜〜〜。。。😭。。。

 ま、、、、下手な、、、優柔不断な政治=市議会議員より、、、AIロボット議員の方が、、、、まともかも〜〜しれない〜〜😏などなどと、、、、、、。

 さてさて、、、オジンなる、、、当方は、、、ついていけるかなぁ〜〜😭と、、、。


政治はもう嘘をつけない〜〜😎 - 2017.02.01 Wed



 前作の「政府は必ず嘘をつく」の後編とでもいうもの、、、、、。

 連日ニュースでは、、、アメリカ大統領のトランプネタで、、、世界中の大騒ぎとなっているが、、、、、。以前のアメリカ大統領選のある方の分析にも、、、大いに納得したが、、、、。この本でも、、、アメリカ大統領選に触れている。
 大統領選の結果が出る前に書いているだけあって面白い、、、。米政治は、、、ある意味、資本主義的構造で完璧に出来上がっている。(日本のひではない、、ことは、分かっていたのですが、、、、改めて、この本を読んで見て忘れていたことを思い出した〜)

 そうだよな〜〜〜と思った訳である。

 例えば、、、オバマ >ヒラリー >トランプ大統領、、、といった具合の受け止めが多い気がしますが、、、、。実は、そうでもないのである。(例えば、オバマケアの問題点なども、著者の堤氏がすでに書いている通りで、そう褒められたものではないようであるし、、、、。結局「チェンジ」が看板だったが、、、そうでもなかったよう(のかも?))

 米大統領選などは、、、、膨大な企業献金(?)で動き、、、、選挙後もその見返りをやるというもの!つまり、1%が99%を支配するとでも言おうか?・・・しかし、選挙は、、、99%の有権者の国民が選ぶ訳である。。。。

 富裕層の1%への政治に対しての怒りの結果というのが、今回の選挙。つまり、オバマもヒラリーも1%富裕層の献金によって選挙をし、その見返りもしっかりしている。
 例えば、、、今回の選挙で、TPPについて、ヒラリーも反対を表明しているが、、、、99%の願いを反映しなくては、選挙にならないということ、、、巨額の献金をする側もそれは、それとして、、落ち着いて理解しているだけ(選挙に勝てば、、、変わると)といいうものである。(結局、オバマも同じだったそう)

 選挙資金などに限って言えば、、、トランプは、存在そのものは実は、1%層なのだが、選挙は自腹でやっていることが大きく違うようである。実は、このことは、、、有権者から見たら、、、、大きく違う訳である。(自腹なら見返りをやる必要がないということである)
 米国の99%国民層における貧困や格差などが根底にあることは間違いないのですが、、、、実は、これまでのオバマ政治の実態などから見ると、、、、この選挙構図で考えて見ると投票行動に結びつくのである。(もう〜嘘はつかせない〜騙されない〜??)

 ちなみに、、、トランプ大統領の難民の入国制限、特定の宗教や国籍者に対する入国制限がいいというもではない!これらは難民条約をはじめ国際的な人権・人道法に反するとともに、テロ根絶の国際的な取り組みに対しても、極めて深刻で否定的な影響を与えるものであることは、言うまでもありませんが、、、、、、。

 まだ、読み途中だが、、、、。読みながら、、、、では?佐渡市の選挙はなんだったのか?と、、、、ダブらせて見た、、、、当方的には、なるりほどぉ〜〜とも?!・・・・・・今よりも良くなると言って、佐渡市市町村合併をしたが、、、、良くなるどころか悪くなるばかり、、、従来型の政治を変えてこそ、、、よくなる、、、、、と見えたのではないかと?。。。。。

 さてさて、、、佐渡市ももう嘘はつけない、、、と!。。。。。

新年度への期待、、、。 - 2017.01.18 Wed



 写真は、、15日のここいら辺では「どんど焼」〜。。。これも新しい年への期待も込められている地域の伝統的行事であろう〜。

 はてさて、、、なんだか近年、今頃になると、、、亡くなる方が増えるような気がする、、、。また、「えっ!」と思うような方が逝く、、。やはり、人間の人生などとは、わからぬものだなぁ〜と、、、呟くのである。

 佐渡市も、、、新年度へ向けての、、、移行期間、準備期間とも言えなくもない、、、。ま、現行年度は、終わっていませんから、、、気が早いと言えば早いのだが、、、、。

 昨年の4月に選挙結果は、市民の期待である、、、その期待をさらに背をっての、、新年度ということなのではないか?・・・・・最近、思うlことは、、「何か、大きく変わらなければならないのではないか?」といった、、、心持ちが頭を持ち上げている。
 これは何か、、、と思ったりするのだが、、、あまりにも変わらない、、、いやいや、、、変わるふりをして逆行する、、ということにだろうか、、、などなどと実は、思っているのである。

 おそらく、市民にすれば、、、議員の当方以上ではないだろうか???と思いを巡らすのである〜〜。

 そうそう、、、佐渡市になって今よりも良くなる、、、と市町村合併も、、、、大きな期待を持ちながら変化したつもりであったはずなのであり、、、、なんだか似たような気がする。

 。。。。ま、要は、、、、期待と実態、、、の関係かもしれないなぁ〜〜〜。。。所詮、人のやることか、、、、🤗。

 ・・・ま、兎にも角にも、、、新しい明日に期待しよう、、、、、。という呟きネタ!!!

 きっと、昨年のドタバタから、、、頭が切り替わらないのか、、、 「まだ、僕はここに止まっている・・」

IMG_0345.jpg

IMG_0346_201701182148107f7.jpg
(「新しい憲法のはなし」)

メリル・ストリープとリスペクト、、、、。 - 2017.01.10 Tue



 ゴールデン・グローブ賞受賞式の生涯功労賞受賞挨拶で女優のメリル・ストリープがドナルド・トランプを批判し、大変な反響〜〜。
トランプ批判の記事を書いた障がいを持つ記者の真似で笑いを誘った、、、事に対する批判のようである。

15875121_717292668434623_7654662247740744392_o.jpg

 それほど映画もわからぬし、、、メリル・ストリープもよく知らないが、、、、。そうそう、知っているといえば映画「恋におちて」くらいである。

IMG_0233_20170110214320be4.jpg

IMG_0234_20170110214451358.jpg

 はてさて、、、昨日のメリル・ストリープのニュースを見ていて、、、なんだか妙に気になった、、、。住民投票条例のドタバタでも感じたのだが、、、どちらかを醜く描くような言いぶり、、、、。。。。

 ま、人間ですし、、、聖人君子ではない〜〜。間違ったり、気づかぬうちに傷つけたりは、、、普通なのかもしれない、、、。他人様のことをいえた義理ではないのであるが、、、と猛省しながらなのだが、、、、。

 ・・・などなどと思いながら、、、漱石の「虞美人草」を思い出す。(ま、これも女性が中心の小説とも、、、)

 「小野さん、真面目まじめだよ。いいかね。人間は年に一度ぐらい真面目にならなくっちゃならない場合がある。上皮うわかわばかりで生きていちゃ、相手にする張合はりあいがない。また相手にされてもつまるまい。・・・」
 「他人ひとが不安であろうと、泰然としていなかろうと、上皮うわかわばかりで生きている軽薄な社会では構った事じゃない。他人ひとどころか自分自身が不安でいながら得意がっている連中もたくさんある。僕もその一人かも知れない。知れないどころじゃない、たしかにその一人だろう」
(「虞美人草」夏目漱石)

 ・・・と思い出した。。。。。(何回も、当ブログでは、出てきますが〜〜〜)

ネット界隈の激論??? - 2016.10.28 Fri

あいかわ

 庁舎建設問題(建設中止)と温泉施設問題(市の言い分では「1つでも残すために廃止?」ということのよう〜〜)の各地区での住民説明会が展開されている〜〜。

 はてさて、、、当方も、、、時代がらというか、、、ご多分にもれず、、、SNSぽいものをやっています。ま、どこでも、、こんな感じの曖昧な表現((^^;))でしかありませんが〜〜。ちなみに、Twitterは、ほとんど停止状態(こういったダラダラ書きは、字数制限無理〜〜)、、、Instagramも、、、アカウントつくってあるだけ〜〜で、、、、このBlogよりも個人的ネタが中心なFacebookと、このBlog、、、だけなんですが〜〜〜(^^;)。

 ネットでのバトルってのは、、、遠慮したいのですが、、、相手によれば、、、、激論ぽく迫ってくる方もおります〜。ちなみに、当方的には、、、ネットバトルは、、むずい、、と考えています。・・・が、「お前は市会議員だ。。。使った政務活動費を正確に答えられないとは?」とか、、、相手側が設問しておいて逆ギレパターンなどなどといった感じでして(よく見かけます〜)、、、。(ま、公人ですし、、、それもそれなりに当たっているのでしょうが・・・涙)==議員の情報発信のむずかしさを感じますが、、、、。

 特に、この庁舎建設&温泉廃止存続問題について、、、激論ぽく感じます。もちろん、いろいろな主張や考え方があるのは、当然なんですが、、、。そうそう、、、庁舎問題の住民説明会でも、、、(ほんの少しですが・・・)賛否の双方がやりあうぽい感じも見受けられました、、、。似ているかなぁ〜〜ということな訳です。

 あいかわ2
(相川の温泉で敬老会)

 突然ですが、、、、「行政(市)からの丁寧な説明で住民合意で」(議会答弁)という現市長の姿勢は、賛成である!=それは、選挙結果が求めたものであると考えています。=「住民の声を聞いたような顔をする政治」ではなく「しっかりと住民の声を聞いた市政」というものであると考えているからです。

 行政と住民がぶつかることも当然あり得ますが、、、双方が勝手な言い分を言うのではなく、、、、ともに佐渡市をつくる同志として、、、将来を、今を、、、どうするか話をすることであろう。。。
 もちろん、激論やけんか腰の場面もあろうが、、、それは、それなりに真剣な現れであろうと思うのである、、、、。

 ・・・・が、、、どうも、ネット界隈の激論は、、、違う気がする訳である〜〜〜(^_^)。。。「フェースTOフェース」(市長)の言葉がやっぱりかも知れない〜〜〜〜と、、、、。

IMG_7856.jpg

 (過去にも何度も出していますが、、、一般質問で使った資料(H22年頃かな?)、、、、。ちなみに、羽茂が抜けているのは、、、当初から、、、福祉よりも、、観光や産業振興に重きが置かれていたためで、、、、社会福祉課の範疇ではない、、、。佐渡市なっての当初の民間譲渡でも、、この施設とは、微妙に色合いが違っていました〜〜〜。今回は、同列な扱いですが・・・・)

新しい政治か?知事選結果、、、。 - 2016.10.17 Mon



 4月の佐渡市の市長選挙&市議選挙結果ではないが、、、、16日の昨日の新潟県知事選挙の結果は、、、当方的には、似たようなインパクトという感じがする。

  IMG_7628.jpg

 1つは、、、「新しい政治」、、というイメージ。。。(^^;)。もちろん、当選した米山候補は、、原発再稼働問題では、泉田県政を引き継ぐと言っているし、、、この点では、「従来の政治を引き継ぐ」ということなのだが、、、、。
 選挙構図は、、、自公与党候補VS市民と野党の共同候補、、、という図式が、、やはり真新しいのではないだろうか?もっと言えば、、、市民と野党が違いはあっても共同で候補者を推したという点が新しいのである。
 (実は、自公だって、、、と言われるかもしれませんけど・・・・この部隊は、、、かなり前から蜜月体制〜〜)

 2つ目は、、、自公候補が有利、、、から、、、野党候補が追い上げている、、、になり、、、そのうちに接戦・激戦、、へと選挙状況も変わった、、という点ではないか。
 この構図は、、、一般的な言い方かも知れないが、、、与党という大きな壁に、、、挑戦という事が、、、大きな壁をぶち破るという出来事なのであり、、、ここにインパクトがある。
 つまり、、、、いつも横綱相撲ばかりが勝つのではない、、、と!

 3つ目は、、、日本政治の状況は、、、多数の自公安倍政権VS野党、、という構図がある。そして、昨年の安保法制=戦争法の強行などなど1強強引の図式も今回の知事選に遠巻きながら反映していることもあるのではないか、、、。
 当方的には、、、どうも4月の市長選&市議選とかぶってしまうのである、、、、。そして、どちらも、、、やはり「新しい政治」を求める市民の思いも大きく反映している気がするのである〜〜(^^;)。。。

 さて、、原発再稼働反対問題、、、佐渡では2つの JAも特別決議を上げて反対の意思表示をしているし、、、前市長も現市長も反対の意思表示をしている。。。。。が。。。。残念ながら、、、市議会は、、、そうではない=賛成っ〜ことか?

  IMG_7634.jpg

 ・・・ということで、、、先の6月議会での原発陳情への議員の対応〜〜〜。
 もちろん、反原発イコールではないのも分かりますが、、、。例えば、、、前市長も現市長も、、自公候補の応援ですし、、、市議とてイコールではないはずであろうが、、、(^^;)


大激戦、、大接戦???知事選〜〜2 - 2016.10.14 Fri



 県知事選挙も残すところ2日、、、、。今回の選挙はなんと言っても、、、安倍政権が前のめりにすすめる原発再稼働がどうなるのか、、、、進めるのか、、、それとも、、、、ちょっと待った、、、とするのかが大きな争点である。
 日本の原子力、原発政策の動向を大きく左右する選挙である。ということで、、、全国から大きく注視されているし、、、市民と野党の共同の米山候補へ、、、全国的?著名人が応援にも駆けつけているのである。(新潟県だけの問題ではない〜〜)

 当初5日に佐渡に入る予定だった、、、米山候補だが、、、台風の影響を考慮し中止になったが、、急きょ、、、個人演説会の開催の運びとなった。。。。民進党、玉木衆院議員も応援に〜〜。県内では、ぞくぞくと大物民進党国会議員が応援に来ていますが、、、。民進党としては、、、「自主投票」という扱いです、、、。・・・が、ま事実上の「市民と野党の共同」で、、、これが、日に日に深まっているという知事選である、、、。

  IMG_7552.jpg

 官邸筋も危機感で、、、知事選挙に肩入れしていることや、、、、当初の予想を超え、、、大接戦になっている県知事選挙、、、、。これを決めるのは、主権者である、、、。

 米山候補は、医師で弁護士〜〜〜(^^;)。。。。東海村の原発、、、臨界事故の時は、、医師としてもかかわったという方である〜。

  IMG_7580.jpg

 のこり僅かの選挙選、、、、、。



大激戦、、大接戦???知事選〜〜 - 2016.10.11 Tue



 16日投票の新潟県知事選、、、、。自公推薦?候補VS市民と野党の共同候補の実質の戦い模様〜〜。
 当方的には、、、4月の佐渡市長選&市議選の結果ではないが、、、従来型の政治を変えてくれ〜〜が多くの市民の思いなら、、、と思うのである。

 特に、この最終版に入って、、多くの新聞が、、、「大接戦、大激戦」との調査結果を書いている。。。

IMG_7516.jpg

 夏の参院選で、、市民と野党の共同候補で議席獲得した現職参院議員も応援に入る〜〜〜。



18歳からの民主主義、、あなどれす〜〜(^^;) - 2016.07.19 Tue

さんぴ

 「18歳からの民主主義」(岩波新書)、、、ではないが、、、18歳から選挙権がはじまった、、、、。

 ・・と言うわけでもないのですが、、、、中学生に当方の上記(これは、一部ですが)の6月議会報告を読んでもらった。。。。。というのも、、、「はて?中学生に理解されるだろうか?」、、というものが、動機でしたが、、、、。

 読後に、、、いろいろ聞いてみた、、、「中学生には、わかんねなぁ〜〜?」が当方の想いだったが、、、、それなりに理解してくれていた、、、、、。そんでもって、、、呟いた2つのフレーズに驚いた〜〜〜(^^;)。。。

 1つは、、、市長のTPP協定への答弁について、、、、「これって、おかしいね!」、、、と。。。。

 もう一つが、、、写真の各議員、会派の賛否状況について、、、、「同じ政党で、賛否がちがうんだね」、、、と。。。
 ・・・(汗)、、、、ま、会派を政党と捉えたことにも驚いたのですが、、、、、同じ会派なのに賛否が違う、、、ということに、関心を示したわけである。。。。。。

 ・・・そうそう、、、平均年齢61歳議員限界説???などの年寄りダメ説などもあったが、、、、「18歳からの民主主義」、、あなどれない〜〜〜と!!!はて?議員はどう応えるだろうか。。。などなどと〜〜〜(^^;)〜〜〜。。。。
 20歳何歳とか言っておれへん〜〜〜。。。ちなみに、18歳未満の中学生、、、、の見方である。。。。

 注意:けっして、、、作り話ではありません。中学1年生男子の感想です。(実は、もっと辛辣な感想でしたが、、、汗)。。



市民の声と情報公開と本庁舎??? - 2016.07.08 Fri



 暴走政治に対する審判!改憲を許すかどうか、、、の参院選間近です、、、。暴走政治=国民の声に耳を傾けない、、ということである。(写真:佐渡、野党統一+市民によるスタンディング〜〜)

 やはり、政治は、主権者の声に耳を傾けるかどうかは、、、国政だけでなく、市政も同じである!ま、いわゆる「ガラス張りの市政・議会」、、、ということであろう。
 言い換えれば、、、情報公開、、、ということ!

 はてさて、、、結構、物議をかもしている、、新市長による「本庁舎建設の見直し」、、、。では、この見直しの理由は「華美」(豪華?ムダなもの)建設計画になっていないか?、、、といったものであるが、実は、、情報公開、、、市民の声の反映問題が大きいのではないかと、、、6月議会で質した。

〇(中川直美君)・・・・・・・本庁舎建設、資料に示しておきましたが、増設、増設というのだけれども、今の庁舎の資料は6番ですが、現庁舎の倍のものが増設をされる。私は、ずっと言い続けてきました。これは増設ではなくて新築だよ。そういったようなこともあるのだけれども、住民にきちんと情報提供もされていなかったのではないかという気持ちを私は持っています。経費だけではなくて、市長のこの間の答弁を聞くと住民との情報共有の問題、2つ目、そして3つ目が防災の拠点としてどうしていくのかと、この3つだと思うのですが、そういう理解でよろしいのですね。

〇市長(三浦基裕君) そのとおりでございます。


庁舎

 これは、前にも出していますが、、イメージ図は、、、ここでは、はじめてかも???

 もう一つの情報公開は、、、やはり政治の意思決定過程における経過の公開であろう。・・・現在は、ネットで検索すれば、、、国や各市町村の議事録が簡単にひっかかります。・・・ところが、佐渡市は、議事録の作成と公開が低レベルである。・・・つまり、こういった姿勢が上記の件にも影響していると当方は思っている。

〇総務課長・・・・直近にできたものもございますので、会議の数としては附属機関、懇談会等で102ありますが、昨年開催されたものは74、うち秘密会議、個人情報等があるものが22ということでありますので、公開すべき会議の数52に対しては、公開しているものは9つというふうに見ております。(6月議会答弁)

 ・・・ま、今後公開に進むようであるが、、、、、やはり、議事録は最低限のものである〜〜〜。(ちなみに、市長は職員にやらせる旨の答弁だったが、、、、これでは、今以上に忙しくなり、、、市民のための仕事ができないのではないか、、、が当方の考えである。)

 そうそう、、、これもネットで拾ったものをお借りですが、、、、参院選、、、のもうひとつ側、、、与党さん、、、佐渡に小泉進次郎議員入りで、、あいポート駐車場〜〜〜〜のようである。(公平を期すのに、、トップ写真にあわせてみた〜〜)・・よく見ると前に保守系?自民党の市会議員がならんでる〜〜〜〜

IMG_6305.jpg




6月議会、、政治と金、、、。 - 2016.06.13 Mon

1

 東京都知事の政治と金の使い道についての厳しい批判が!(当然ですが)

 写真は、東京都議会のインターネット中継。(ケーブルテレビ中継はありますが、やはり、佐渡市もこのくらいは、、、当然やらねばです。)・・・・・・ちなみに、佐渡市でも、、、この間、、、補助金不正受給などなど不祥事があった、、、。そして、トキの森の出店に伴う、新手な??・・疑問?の補助金や政治とのかかわりも臭う、、、事件も、、、。

 新市長は、これまでの一連の不祥事に関して、、、外部監査、、をやりたいという意向のようである。(明日の本会議提案)・・・さて、議会はどうなのか?ということも、、市民的には関心事かも知れない。

 また、トキの森関連の案件は、、、実は、スタート当時にもいろいろあったものでもある、、、議案ではないが、この案件にどう対応するかということも、、、問われていると、、、、ネット中継を見ながら〜〜〜〜。


継続か刷新か?・・そこに期待が〜〜 - 2016.06.04 Sat



 さてさて、、、現在、日本の政治は、、7月10日投票の参議院選挙、、、、これがもっかの最大テーマであろう。「地方政治には関係ない」などとは言っていられないことは、、、すでに、何度も書いていますが、、、(^^;)。。。。

 国政でも、県政でも、、、また、市でも同じであろうが、、、政権が変わったら(今回の参院選で政権が変わることはないし、、、ま、あっても退陣程度か?)、、、それまでの政策や行政が行ってきたこと、、、はて?どうなるのであろうか???などなどと、、、。その意味では「継続か刷新か?」ということである。

 単純な「継続か刷新か?」という言い方で言えば、、、、”いいところは継続すればいいし、問題点や悪い所は引き継がず改善や刷新すればいい”、、、、ということになるのだが、、、このフレーズのように、、イメージのように、、現実には、そう単純ではないのである〜〜〜。

 ただ、はっきり言える事は、、、主権者、有権者が選んだ、、、変革(交代)を望んだのであれば、、、、刷新すべきものであろう。(=これは、現在の佐渡市にあてはまる〜〜)

 ・・・ということが筋論であることには、間違いないのであるが、、、、。

 実は、、、当方的政治的経験値では、、、そのような現場を知らないのである。。。(^^;)。。。町政治で言えば、、、いつも「前町政(町長)を継続、発展させる」といった形式であったし、、、佐渡市になっても、前市政までは「継続路線」であったし、、、。(^^;)。。。

 ・・・ってことは、、、、まとまった形で、、初めて聴くことになる、、、6月議会の「所信表明」(これをやると言っている〜)に、、、刷新ビジョンがでてくることになるのが当然である〜〜〜。。。。と!!!(乞うご期待〜〜ですなぁ〜〜)




立場を越えての大義、、、。 - 2016.05.29 Sun



 参院選を前に、、、立場の違いを越えた共同が、この佐渡でも〜〜〜。安保法制(戦争法)、立憲主義・民主主義、平和主義をとりもどす野党の共同・共闘が、全国32の1人区の選挙区でほぼ決まった。

IMG_5801.jpg

 29日には、衆院議員の小沢氏が来島し、野党統一の森ゆうこさん必勝をめざす!予定した300近くの椅子席をはるかに越える市民が集まった。。。。

IMG_5777.jpg

 国政レベルでも、、、史上初であるが、、、佐渡でも、民進党、日本共産党、社民党の代表が結集した。

 森ゆうこ前参院議員は、アベ政権の経済政策等を批判す るとともに野党統一への与党からの「野合批判」に ついて、「戦争法の廃止の当たり前のことを目指す」、「自由と民主主義と平和主義を守る大義がある」、主 権在民こそ最も大事なものと!!!

 小沢氏は、参院選はアベ政治のやり方を問う選挙 と前置きをしながら、25 日に金沢で共産党志位委員長と街頭演説したことに触れ、「私だってせんだっ てまで(共産党と街頭演説に立つ)こんなことにな るとは思っていなかった」がアベ政権を倒すための 共同と野党統一を強調。 安保法制は、日本と関係のない他国の紛争に際し て、時の内閣の判断で自衛隊派兵、軍事力を行使で きるもで、いつか来た道につながる。アベ政権の労 働法制や TPP に対する政治の根本がまちがっている と批判しました。選挙は民主主義の根幹で、棄権・ 無党派層への働きかけ次第では 7 割が野党に来る可能性があると!

 確かに、数ヶ月前は、、、野党の共同・共闘など誰が想像できたろう〜〜〜国民、市民の「野党は共同、立憲主義・民主主義、平和主義をとりもどそう」の声が日本の政治を動かしている、、のである。
 政治を変えたい、、変える、、、という立場の違いを越えての大義、、、、が、田舎のこの佐渡でも、、、(^^;)。。。

13268350_1366745080009603_6616830570457772908_o.jpg




18才の民主主義と古手の民主主義〜〜〜 - 2016.05.19 Thu





 上の本に、、この大澤茉実も書いている、、、。ニュアンスは、この動画と似ていますが、、、やはり感動した。若者も立ち上がるいま、、である。

 「18才からの民主主義」の最終版に登場するのが、、瀬戸内寂聴さんと山田洋次さんであるが、、この方たちは、、、自らの18才=若い頃をふりかえるものになっている。
 瀬戸内寂聴さんは、、、「無自覚だった18,9歳」と題して書いている、、、、「私は、過去のどのデモにも参加したことがなかった・・・」、「・・・しかし、その当時、同棲していた4才下の男が・・・仕事をほったらかして、毎日、デモに通っているのは知っていた・・」、「彼の身が心配で、雑誌社の帰りデモの通る街角に立って・・ひしかに見ていたこと・・・・彼のいきいきした若々しい表情を見たとき、言いようもないまぶしい気持ちになった。・・・」、、、(瀬戸内寂聴サンの男女関係はあまりにも有名ですが・・・(^^;))。

 そう、、、当方が、大沢さんのスピーチをyoutubeで見たとにに感じたのが、、、、「言いようもないまぶしい気持ちになった。」、、、といった感じがピタッとすると、、読んでいて感じたのである。

 山田洋次さんは、、、敗戦後のことで「敗戦の頃」と題して書いている。敗戦後の学校での話、、、で、「・・・希にはたった一人の意見が多数決の意見より正しい場合もあるということを、今この国の市民たちはもちろん、すべての官僚や特に政権を担当している政治家たちは真剣に考えなければならない・・・」と結んでいる。

 政治や民主主義は、、やっぱ生き物で、、ダイナミックなものであろうなどなどと、、、。

 政治の世界、、ま、市議会もですけど、、、娑婆とちがった空気感のあるところです。そこに長年いると気づかないところで、、なれてしまっているのではなかろうか?と、、、。「空気を読んでいては、空気は変わらないのです。」(大沢)、、、と古手でない方に少々期待したい、、などなどと、、、。(涙)

(古手の議員の愚痴ネタ、、ぽい〜〜〜(^^;))


立憲主義・民主主義・平和主義を取り戻す〜〜 - 2016.05.09 Mon



 佐渡でも、、、野党党一候補〜〜〜。。。戦争法を廃止し、立憲主義・民主主義・平和主義をとりもどす〜〜(^^;)。。。



市民の期待度、、、。 - 2016.04.20 Wed



 ・・・今回の選挙結果、、、、特に、市政に対する市民の期待度が非常に高い、、、。会う人は、、こもごも語る、、、、。・・・そういった佐渡市政であるということを忘れてはいけないのであるR。

 そのためにも、市議会も〜〜と思うのだが、、、。・・・問題は、市民の期待は、、、何をきたいしているのかが重要であろう、、と。。。しみじみ、、、。もちろん、、、職員もであろう、、、、と。


現職批判、、論?? - 2016.04.11 Mon

IMG_5133 (2)

 市長選挙・市議選の結果が出て、、、一夜あけた、、、。市議選の今回の結果は、一言で言えば、、、「現職批判」というものだとの声がある。これは、新人候補の多くが、、得票も多く上位当選からである。。。・

 ちなみに、、、再度、継続が決まった当方なので〜〜〜(^^;)。。。ま、いいっか〜〜またまた、、怒られついでに書くのである〜〜R。

 ・・・さて、そこで「現職批判」とは、なんなのか、、、少々考えて見た、、。つまりである、、、現職=現状が悪い=現状を悪くしたのが議員だ=新しい形が必要だ=新人に期待!!、、、とでも言った構図であろうか?

 これは、、、当方的に言えば、、、今の安倍政権の動向に対して、、、「政治ってなんだ」、「民主主義ってなんだ」、、といった流れで、「とにかく変えたい」、、、といった感じかも?と!(もちろん、現場的には、それだけではないでしょうけど〜〜。ま、当方的与太話〜(^^;))

 今日あった人でも、、、とにかく現状を変えたい、、、という雰囲気を強く感じました〜〜〜。

 当方的には、、いいことだし、、大賛成である、、、ちなみに、当方もその部類のつもりではいるのである(ま、「自称」でしかないが〜〜)・・・市長選挙もにたようなものだったのではないか?

 ・・とにもかくにも、、、現状を変えなければ、、、、、また、その現状は、、、現職ということになるのであろう〜〜と。。kya!

1_2016041121223892e.jpg

おじんvsSNS - 2016.02.26 Fri

ううい

 時節柄、、、結構な人に会うと、、、選挙の噺になります。・・・ま、当たり前と言えば、当たりまえなのです。当方も、人に会って黙っているわけにはいきませんし、、、当然なのですが〜〜〜。

 ちなみに、現職議員の場合の情報能力の高さには、つねづね、、、驚かされます。「へぇ〜〜。。そんなに詳しいんだ〜〜」などと当方的には、びっくり、驚きます〜〜〜。今日なんぞは、、、当方に向かって「***に何時頃からいただろう〜〜??そう、俺の縄張りを荒らすなよぉ〜〜」と声をかけられた。。。。(これは、「真面目マジ」ではなく、、、もちろん「マジ」要素もあるのだが、、、ま、基本的には、、ギャグ〜〜〜の範疇の声かけですが、、、、。(しかし、それにしても、、、すごい〜〜、、、などなどと〜〜(^^;))

 はてさて、、、当方的に、、実は、、若手の新人と呼ばれる方々、注目しています。・・・もちろんどのような主張をするかも、、なのですが、、、それ以上に、、、いわゆるSNS、、をどんな風に活用するのだろうか?、、、と言うところに、、実は関心があります〜〜。

 ま、当方も、、、若手さんに言わせれば、、、「おじん」のどうしようも無い現職議員ということのようですが、、、(ま、、、外れてもいないか〜〜〜汗)、、、おじん世代よりもSNSなどは、、、数段の腕前の若い世代なのである〜〜〜。また、、おじん世代は、、SNSといえば、、、「なんのこっちゃ??」が普通である。

 あるところで、、、若い世代の市民にバッタリ、、、と!!で、、選挙の話になった〜〜〜。どのようなかかわりがあるのかは知りませんが、、、「Facebookとかで活動を公開していると、友達だけでなく他人(競争相手)にも見られるので、、、動きを知られないようにしている・・・」とかとか????というご意見であった、、、、。

 ・・実は、、唸ってしまった〜〜〜〜。。。おじんの当方的には、、、SNSとは、、、所詮そんなものであろう〜〜と(もちろん、いろんな活用方法もありますが〜〜)、、、。公開すれば、、、第三者も見るのは当然である〜〜〜。従って、、、それを制限していては、、、SNSの威力を発揮できないのでは無いか????と!!!!(結局、、思考回路は「おじん」的でなかろうか??と〜〜(^^;))

 もちろん〜〜〜。当方も、、、いろいろ、、分からないながら、、、SNSなんかをかじってみたりしてます〜〜。ちなみに、このブログもその範疇であろう〜〜〜〜(^^;)、、、。(はて????)
 いろいろ書いたりすれば、、厳しい意見や批判めいたものが、、、来ることは当然のこととして、、、堂々と書いているつもりです。。

 それで、、、これで、、いんじゃなかろうか?、、、というのが、、、当方的見方なのだが〜〜〜〜。。。

 ま、、、、はてさて、、、、。



選挙戦ばなし??? - 2016.02.12 Fri



 >市長選も市議会議員選挙も低調な雰囲気ですが、どう見ていますか?

 ・・・というご質問をいただいたが、、、(汗)、、、。もちろん、あれこれ言えるほどの立場ではないのですが、、、。ま、いいか〜〜ってことで、、、、。

 市長と市議選(戦)は、同時選挙の佐渡市ですし、、、確かに、関心があることには、間違いない〜〜〜のだが。市長選は、2期目を狙う現市長と新人候補の一騎打ちという対決構図が現時点での模様です。

IMG_4248 (1)

 これが、、地元紙=新潟日報、、、。「両者ともに農林水産業の活性化を掲げ、政策の違いが見えにくい・・」、「政策論争見えにくい・・」、、、、というものである〜〜〜。
 当方的に言えば、、、実は、両者の公約まがいの政策チラシ、、、とでも言おうか?、、、、それが、実は、まだ入手できていません。。。。はて?確か、4年前の市長選では、、、候補者の政策チラシのようなものは、数多くいろんなところで見ることができましたが、、、この角度から考えると、、、まだまだ、ヒートアップしていないのかもしれない〜〜〜。

 一般論ですが、、、市長選の場合、、、「この地域をどうするか?私は、こうしたい!」的な政策論争こそ、主権者の市民に伝わってこなければならないのではなかろうか?、、、、。

 市議選、、、。現職の勇退組もいます、、一方では、新しい方(新人)も多く立候補する模様で、おまけに若い世代の方の模様〜〜〜。・・・ざっくり言えば、、、市議選は、これまで合併前の旧市町村の政治の流れを引き継いだ、、、市町村議員が市議選に立候補するという傾向があった(強かった)が、、、そう言った流れとは関係ない(というか、市町村合併前を知らない(変な意味ではありません))新しい世代が挑戦とするという一面を見ることができるのではないか?と思っています〜〜〜。(これが悪いなどと言ってるのではありません〜〜ので〜)=そんな意味で、「新しい世代」型、、ともいえよう〜〜。

 SNS界隈で適当に拾ったもの〜〜(あくまでも一部ですけど)、、、「・・・若者が立候補ですが、どんなことがあっても全員当選して・・・」、「・・3人の若者がでる!全員当選〜」、「・・・60代以上が多い現在の市議会議員・・・子育て世代が入って変えてほしい〜」、、、etc、、、。

 また、、「古い型の政治でなく若い世代による新しい政治にして・・・」というご意見も伺った〜〜〜。・・・なるほどなるほどです、、、。市長も議会も旧来型でない新しい政治こそ必要です。大いに賛成〜〜〜。
 ・・・が、、、では「旧来型でない新しい政治」???ってどんなものですか?と尋ねてみたが、すっきりしたご返答はなかった〜〜〜。

 ま、旧来型の一般論と言えば、、、土建屋つながり議員とか、業界身びいき(バック)議員とか。、、、そうそう、、鍋焼き議員、ラーメン議員、、、なとというものもあったが、、、もしかしたら、こう言ったことを指すのだろうか???(ちなみに、「鍋焼き・ラーメン議員」というのは、議場などではほとんど発言しないが、、「お昼は何にしますか?」と問われると、、、「鍋焼き・ラーメン」とかしか発言しない議員、、、というものである〜〜〜。蛇足。ちなみに、現市議会では、、、そのようなことは全く務まりません〜〜〜。一応〜)

 当方的には、、、、(汗、、、)、構えはでかく?!市議選後には、参議院選挙もありますし、、、現在、佐渡にも関係する原発再稼働、農林水産業(これだけじゃないけど)を破壊するTPPの批准・推進、、、消費税増税などなど、、、、。また、アベ政権は、参院選で平和憲法の9条改正まで言及していますし、憲法違反の戦争法=安保法の廃止などで日本政治に立憲主義、民主主義、平和主義取り戻す、、、ということが実は重要ではないか。=地方政治からもアベ政権NO!のうねりこそと!(この側面(一面)も実は、極めて重要〜)

 「そんなの〜佐渡市政には関係ないじゃない!」という声も聞こえてきそうですが、、、。
 そうそう、国保の改悪もあれば、介護保険の改悪もある、、、どれを取っても、実は、佐渡市政と大きく関わります。もっと言い換えれば、、、「佐渡市政のあれこれ」の努力も吹き飛ばしてしまいます。(例:一生懸命佐渡のお米を高く売る努力しても、、、TPPで吹き飛んでしまいます〜〜。介護や高齢者の切実な課題も、、、国の制度改変で一層深刻にならざるをえない、、、かったりするのである)

 もちろん、現在の佐渡市政や議会のあり方を***に変える必要があるということは、当然です!!が、、、。・・と言った、、、つぶやき〜〜〜なのである〜〜〜。





 

現場感と現実感、、、。 - 2016.02.02 Tue

IMG_4101 (1)

 3歳児虐待、、死亡などなど、、、胸が痛くなる事件が多すぎる、、、、。この本は、子どもの貧困問題をルポ的に書いている。・・・そうか〜〜、、なるほど〜〜といったことも現場がわからないと、、わからない訳である。その一方で、読み進むことが切なくもなる。。
 
 「・・・おなかをすかせた2人は当時、女性に隠れてティッシュペーパーを口にした。次女は塩をふってかみしめた。「ティッシュって甘いのもあるんだよ」。後になって長女が教えてくれた。いい香りのするもらい物のティッシュは、かむと一瞬甘いという。そんな困窮状態になっても、周囲に「助けて」とは言い出せなかった。・・・」(朝日新聞12・19「「ティッシュって甘いんだよ」幼い姉妹、母と空腹の日々」)

 ・・・1ケース100円50枚入りのオブラートをおやつ代わりに食べる、、、。生きていくための必死な掛け持ち、ダブルワークで必死に働きながら、夜学に通う、もちろん、遊ぶ余裕すらない、、、トイレを家代わりにしないとにバイト通を掛け持ちできない、、、携帯電話がなければアルバイト連絡も取れずなくてはならないもの、、、夜学の授業中に明日の仕事の携帯を使わざるをえないが教師と口論になるが、それができなければ生きていけない、、、祖母の家から母親のところに家出したが、車暮らし、、、、具合が悪いので国保証をもらいに行けば、、、滞納額を強要され、、、保険証をもらっても医者にかかるお金がなくなる、、、、(上記本)などなど、、、。

 実は、こう言った類の本は、、、読むことがとても辛いものである。現実・現場、、とは、こんなに大変な場面場面があるのである。。。ってな感じで、、実は、この本を読むのに時間がかかっています。。。。と、ある程度まで読み進むと辛くなり先に進めないまま、、断続的なる〜。
 ・・しかし、いつも、、、政治の無力さや議員(ま、当方も一種の政治家〜〜)の情けなさなどなど、、と。そして、いつも思うのが行政の現場の人は、、、いったいどう思うのだろうか?、、と。。。。

 長塚節の「土」の小説、、、、について、夏目漱石が書いている、、、。

 「・・・「土」を讀むものは、屹度自分も泥の中を引き摺られるやうな氣がするだらう。余もさう云ふ感じがした。或者は何故長塚君はこんな讀みづらいものを書いたのだと疑がふかも知れない。
 そんな人に對して余はたゞ一言、斯樣な生活をして居る人間が、我々と同時代に、しかも帝都を去る程遠からぬ田舍に住んで居るといふ悲慘な事實を、ひしと一度は胸の底に抱き締めて見たら、公等の是から先の人生觀の上に、又公等の日常の行動の上に、何かの參考として利益を與へはしまいかと聞きたい。余はとくに歡樂に憧憬する若い男や若い女が、讀み苦しいのを我慢して、此「土」を讀む勇氣を鼓舞する事を希望するのである。
 余の娘が年頃になつて、音樂會がどうだの、帝國座がどうだのと云ひ募る時分になつたら、余は是非此「土」を讀ましたいと思つて居る。娘は屹度厭だといふに違ない。より多くの興味を感ずる戀愛小説と取り換へて呉れといふに違ない。けれども余は其時娘に向つて、面白いから讀めといふのではない。苦しいから讀めといふのだと告げたいと思つて居る。參考の爲だから、世間を知る爲だから、知つて己れの人格の上に暗い恐ろしい影を反射させる爲だから我慢して讀めと忠告したいと思つて居る。何も考へずに暖かく生長した若い女(男でも同じである)の起す菩提心や宗教心は、皆此暗い影の奧から射さして來るのだと余は固く信じて居るからである。・・・
」(「土」に就いて 夏目漱石)

 ・・を思い出した。

 先の12月議会で、、、そういえば、、、、こんなやりとりも、、、。

〇8番(中川直美君) この前の会議では、ああ、なるほどなと私思ったの。総務課長もいたではないですか。職員であると同時に市民であるという立場もしっかり踏まえてほしいという指摘があったではないですか。それは、どんなふうにあなた方は考えていますか。

〇総務課長(渡辺竜五君) 職員である前に市民である、その市民の目線でまた職員を見るということは非常に重要だということは考えております。そういう部分も含めまして、市民の対応ということでこのコンプライアンスハンドブックをつくっておりますので、そういうご指摘にあわせながらこれを使って職員とお話をしていきたいというふうに思っております。

〇8番(中川直美君) ・・・・・ということは、あなた方は公務員、つまり公務だから、介護保険のことであり、水道のことであり、プロなのだ。それが1つ。だけれども、市民なのです。では、総務課長に聞きます。今の制度はどんどん、どんどん悪いほうに行きます。行く傾向があります。高齢福祉課長のほうがいいのかもしれないけれども、行きます。そうすると。一市民だから、こんなこと、国民健康保険の税金でもいいや、上げたら、私の知っている子育ての人は本当大変だよな、これが市民の感覚ですよね。そのときはあなた方どっちを向きますか。

〇総務課長(渡辺竜五君) そこにつきましては、やはり市長のほうから現場主義ということ、市民のことをよく知って、それを施策に生かしていくということを指示受けておりますので、それについてはずっと言っておりますが、このコンプライアンス含めて実際に行動できるようにいろいろ研修しながらやっていきたいというふうに考えておるところです。


 ・・・これが佐渡市の現場主義、、、ということなのだが、、、はてさて???




マイナンバーの暖かさ???? - 2016.01.28 Thu

IMG_4129 (2)

 今日の臨時議会、、、なんといっても焦点は補助金不正の国補助金返還に関する予算=案件だったが、、、、マイナンバー法に伴う条例改正も出されていた。(当方的には、このマイナンバーは、、未だに市民の理解や不安などなどが払拭できていないし、、、高齢者など、、、「何が何だかわからない」との声も多く聞くのであり、、、、これも軽視できないい重要なものと!)
 結果的には、、、、このマイナンバーは、、、当方以外の他議員はマークしていなかった。(「マーク」するとかしないとかでなく、議案の審議議決ですから、、、、実は、すべて同等なのですが・・・・😧)

 「・・・東京都新宿区では、発送したのに配達されずに役所に戻ってきた返送率が23・9%に達した。全国平均の9・8%はもちろん、区として事前に予測していた二割も上回った。・・・」(東京新聞1・27)

 「横浜市教育委員会は27日、市立新吉田小学校(港北区)の20代女性事務職員が、教職員38人とその家族16人の計54人分のマイナンバーが書かれた書類を紛失したと発表した。事務職員は神奈川県警などに遺失物の届け出をした。・・・」(東京新聞1・27)

 「2016年1月に稼働したマイナンバー制度の「カード管理システム」で障害が多発している。地方自治体(市区町村)が個人番号カード交付のために使うシステムでエラーや処理遅延が発生した。 一部自治体では、窓口を訪れた住民が個人番号カードを受け取れなかった。カード交付という入り口からつまずいた格好だ。
 障害が起きたのは1月13日、18日、19日、21日、22日、25日の6回。システムを運用する地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は27日時点で、「原因究明のメドは立っていない」(情報化支援戦略部企画担当)と説明する。
 カード交付の本格化に伴い、中継サーバーの負荷が増大したことが一因とみている。だが、事前の負荷テストでは異常はなかった。実運用で障害発生に至ったメカニズムは調査中とする。
 J-LISには100以上の自治体から問い合わせが殺到した。横浜市では25日に窓口を訪れた市民のうち21人にカードを交付できなかった。「理由はどうあれ、わざわざ来庁した方にお渡しできず申し訳ない」(市民局窓口サービス課)。窓口での混乱を未然に回避するため、カード交付スケジュールを見直す自治体も出ている。・・・
」(日経コンピューター)

 これが、、、近々のマイナンバー事情である。

 例えば、、、命と健康に関わる、、、国民健康保険では、、、数多くの手続きにマイナンバー記載を求めている。

1222.png

 しかも、、マイナンバーは利用者の便宜が向上するのではなく、、、「マイナンバーを記入するだけでなく、本人確認書類の提示も必要です。」、、、というもの。

222

 今回の改正、、、例の国保で言えば、、、国保税の減免申請時には、マイナンバーを求めないという条例改正、、、言うまでもありませんが、、、減免申請吸うと言えば、、決して多くない、、、それどころか他の手続きの方が多いはずであり、、、そちらこそ便宜を図るべきであろう〜〜〜。。。というものである。

 厚労省や内閣府などは「義務」だが不記載でも罰則規定がないし、、、「記載しなくても不利益がない」と各省庁が回答している。
 それに、だいたい、、、番号利用機関である自治体は、本人から番号(マイナンバー)の提供がなくとも、地方公共団体情報システム機構から番号提供を受け付番することができるようになっている〜〜〜。・・・だったら、、一般的な申請などに、明確に「マイナンバー記載がなくとも不利益はない」といった主旨を掲載すべき」との回答に、、、「やります」との答弁が出た!!!!

 (マイナンバーのことも言いたいのですが、、それ以上に、、、高齢者も多いし、、、こういったことへの理解も難しかったりするわけだからこそ、、、市政のやさしさ、、暖かさが必要ではないか!!!、、ということを言いたかったのである〜〜〜)


いまどきの・・・・ - 2016.01.13 Wed



 戦争法以来、、、女性誌が面白い???これもいま話題の女性誌〜〜〜〜。どんなものかといえば。。。

IMG_3932.jpg

 こんな感じで、、、オヤジ(当方)などが買うなどということ自体、、ありえない〜〜〜感じですが〜〜〜。

IMG_3931.jpg

IMG_3925.jpg

IMG_3927.jpg

IMG_3928_2016011320445306b.jpg

 ・・・などなどといった感じで、、、戦争法だけでなく、、、社会保障や消費税増税、マイナンバーなどにも大きく紙面を割いているし、、、その視点も面白い、、なかなかである〜〜〜。ーーーーーこう言った時代なのであろう〜〜〜。

 はてさて、、、今春に迫っている、、、市長選と市議選、、、。市長選は、出そろった感があるが、、、市議選は、、、まだ、いろいろとの噂もあるが、、、、聞くところによると、、、年齢層の若い方もかなり立候補するとかなどなどである、、、、。ま、これはいいことであろうし、、、この女性誌ではないが、、、新鮮な切り口も期待したいのだが、、、、。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (59)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (661)
議会報告 (53)
一般質問項目 (27)
政治 (191)
議会改革 (39)
議員 (65)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (18)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (65)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (12)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (261)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (50)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (1)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!