topimage

2017-04

市民のとりくみを応援してこそ、、、 - 2012.03.09 Fri

 3月議会の一般質問でとりあげた、、、相川地区の買い物弱者の市民のとりくみを応援することは、、、「市の役割」(佐渡市地域福祉計画)、、、。

おばあちゃんの後ろ姿、、、。 - 2012.02.26 Sun

 3月を目の前にして、、、さすがに、、これで寒さも一段落かなぁ~~などと思っていましたが、、、。
 それは、”寒太郎”(”北風小僧の~~~”)、、、今日も、、、なかなかの寒さです~~。

 写真は、寒さが緩み、、雪も溶けた先週の24日(?)、、、。当方的には、、、雪と寒さで買い物に出ることができなかった、おばあちゃん(高齢者、、と書きませんが・・)が、「よしこれならすっかり無くなった食料を買いに行こう!」と決心して出て、、帰る時の後ろ姿、、、、に見えます。(ちなみに、お店から、、買い物して出るのをず~~っと見ていました。。。ちなみに、ストーカーではありません~~)

 しかも、この買い物を入れたシルバーカーを押す足取りは、ひきずった感じで、本当に大変そうでした。(段差は、少し手伝いましたが。。。)
 でもこの日は確かに、暖かく、、、驚くほどだった雪もあっという間に消えた1日でしたし、、、確かに、、買い物日和でした。。。。当方的には、、、大変失礼なのかもしれませんが、、「買い物難民」(リンク)のように心にしみいりました。
 右の写真は、、、相川くらしと福祉のネットワークが行った「パネルディスカッションとミニ講演」の模様~~。(時間の関係で最後まで聞けませんでしたが。。。)

 この団体は、「住み慣れた佐渡・相川で安心して住み続けていく条件を築いていくために」、、、「買い物弱者」を生まないためにどうすればいいのか、、、、と現在がんばっている方々です。。。

 買い物をしたシルバーカーを足を引きずりながら押している、、、写真の後ろ姿、、、。

 この後ろ姿に、行政は何とかこたえられないものか、、、、と。。。。。。。

市の買い物難民対策、、、。 - 2011.10.25 Tue

 佐渡市でも、、、”買い物難民”対策(っぽい)ものがスタート!!!しはじめています。

 「高齢者の買い物をサポートするために、宅配や御用聞きなどの対応ができるお店の一覧「宅配店情報」を作成します。つきましては、この「宅配店情報」に掲載する店舗を募集しますので、対応できるお店の方はぜひお申し込みください。」、、、というもの、、、佐渡市HP

 この買い物難民問題は、、、今年の年始めに佐渡では久しぶりの大雪になり、、、一人暮らしで健康もあまり良くない高齢者から、、、「相川地区では、以前、病院の通院バスが買い物などにも使えたが、現在は、使えなくなり買い物にも出られなくなった。雪がやんで少しは暖かくなるまでと思っていたが、冷蔵庫の食料も底をつく寸前です。何とか助けてほしい」、、、との匿名でご連絡がありました。。。。そのことから、今年のH23年の3月議会でそれぞれの地域にあった買い物難民対策をすすめるべき、、、、と質問もしました~~~。

 当方・・・「高齢者問題での3番目は、高齢化、商店の閉鎖、公共交通がないことで、日常生活の買い物もままなら ない状況をどうするのか、いわゆる買い物難民についてであります。22年12月には、経済産業省の具体的 な取り組みの事例を示していますし、全国の市町村でも取り組みが始まっています。広大な面積の佐渡で 高齢化が進んでいます。市としてどのような方策を考えているのか、答弁を求めたいと思います。

 ・・・この買い物難民の関係では、相川地区の事例でお尋ねをいたします。相川地区は以前病院の患者移送バスが高齢 者の足がわりに使えましたが、現在は使えず、何とか助けてくださいとの切実の声があります。この声に こたえる必要があるのではないか。また、佐渡でも始まっている移動購買車などへの支援策など考えるべ きではないか・・・・

 ・・・相川くらしと福祉のネットワークが相川の買い物弱者実態調査の報告会がありました。佐藤課長もいらっしゃいましたが、その中で本当に悲痛な叫びと声がありました。例えば最近佐渡の交通事故で高齢者の事故ふえていますが、やはり事故をしてから免許を返上した。そうしたら買い物に出かけられなくなったという声もありましたし、例えば私が紹介した声でいうと、以前はいろんな理由はあるでしょう。あるでしょうが、相川地区では大きなまちだから、町の外れから歩くのも結構なわけです。ところが、新潟交通あの中(狭い道路)走らないでしょう。だから、いいかどうかは別にして、相川の患者輸送バス、いろんな問題もあったというふうに伺っていますが、乗ることによって買い物に行けたり、役所に行けたりしたというのです。そういったところから、そのバスがなくなるということは、これ極めて不便になるわけです。しかも、ことしの冬雪降りましたから、買い物に行きたくても行けない。体が弱いから雪の中もなかなか出られない。だから、何とか助けてくれという私声になるのだと思うのです。

 ・・・・例えばことしの冬、雪が降って外に体が弱くて出ることも困難だ。なおかつ食べるものも冷蔵庫になくなってどうしようか、助けてくれと、こういう声。昨日も除雪の問題で高齢者をどう支援するかというのがありました。そういう意味では、こういった声にやっぱりすぐこた えていく必要があるのではないか。

 ・・・”何とか助けてください”という、こういった高齢者の声にやはりきちんとこたえていく必要がある。いろんな壁や法律越えなければならないことを挙げるのではなくて、これがどうしたらやれるかということで、やはり皆さん方は市民の声にこたえていくべきだということを強く指摘」


 市答弁・・・「支援策につきましてのお話でございますが、まず議員のお話ありましたように、移動販売車等ほかの例 につきまして研究をさせていただきたいと思います。」(議事録より)


 ・・・今回の取り組みは、、、この答弁の「研究」の結果なのだろうが・・・・・。
 経産省自体が大問題だとして、、、先進事例や解決方策事例を示しています。。。。もう少し、その流れが必要ではなかろうか???、、、と思う訳である。

 今回の佐渡市の買い物難民施策(とりくみ)、、、なんだか「高齢者福祉課」だけの対応のような気がしますが、、、。地域地域にあった、、、、、買い物難民対策が、、、やはり必要~~~。(質問でとりあげた相川地区でいえば、、、、買い物の足(バス)をどうするかじゃなかろうかも平行してすすめるべき、、、と~~~)

 ・・・「研究」の一歩は評価したいが。。。。もう4~5歩を~~~。

買物難民3つの方策。。。 - 2011.04.03 Sun

 経産省では、600万人の買物弱者=買物難民がいるとしています(H22.12)

 これは、高齢化や高齢者のみ世帯の増加、地域の身近な商店が閉鎖、公共交通が縮小、、、などが原因です。

 この問題を解決するには、1,身近なところに商店をつくる。2,自宅まで商品を届ける。3,出かけやすくする。。。。であります。(経産省「買物弱者対応マニアル」H22.12)
 ま、考えるところ、、、確かにこの3つの方策なのであろうが、、、、買物をすることが他人にも会い、交流もできるし、、、気分転換にもなるわけでありますから、、、できれば「1」なのであろう、、、もしくは、「1」をベースににして3つが組み合わさることが大切で、、、やはりひとつだけ、、、ではダメではなかろうか、、、と。

 そうそう、、、相川地域は、、、公立病院の患者輸送バスが買物にも使えたところで、、、佐渡市になってから、、、それが「目的外利用」ということで利用できなくなった所で、、、あったものがなくなり不便さをかなり感じている地域であろうと思います。この地域では「なんとか助けてくれ・・・」との切実な声が上がっています。
 こんな声は、放置できないと一般質問でとりあげましたが、、、、、、はてさて、、、です。
 以前にも書いた、、相川地区では、がんばってやってくれている地元の商店が、地域のたまり場となり地域交流のひとつの場となっており、、、商店も買物者も、、それがお互いの励みになっている、、、。
 しかし、、、問題なのは、、、商店が維持できるかどうか、、という大問題もある。商店も稼がなくてはなりませんが、、そのへんがネックでもあろう、、、、。

 む~~ん??、、、最低限の基礎知識だけは学んでもらい、、、商店が地域の見守りや福祉の小さな拠点として存在してもらい、、、高齢者の問題や介護、、などなどの課題にかかわっていただく、、、ってのは、どうであろう?(む~~ん???ある種、、、出前役所?的かも)

買物難民、、、 - 2011.02.13 Sun

 「相川くらしと福祉のネットワーク」さんの、、、、”相川の買い物弱者実態調査」報告会に、、、。

 車の運転ができない高齢者(交通事故が怖くて免許を返上した方も含む)にとって、、”買い物難民”は死活問題である。

 先日、当方が伺ったお話、、、、「雪が降ったものだから、体も弱いので、買い物に1週間ぐらい出かけなかった。今思えば、あの時何を食べていたんだろう・・・」との高齢者のひとり暮らしの女性。。。

 また、、、都会の娘の家にしばらく滞在した、、おばあちゃん曰く、、、「都会では、毎日といっていいくらい野菜を買いに出かけないと食事ができないのには、びっくりした。田舎は、うまいもんは、ないかも知れないが、、つくった野菜があるし、、、」と!

 なるほどなるほど、、であります。。。。
 前者は、、、当方が住んでいるところに比べたら、、、超都会、、、というか、町の中心地に住んでいる(ご当人は、町外れ、、、ですが)、、、が、高齢者にとって、近くにお店がなくなり、、町の中心分の商店に買い物にいくのは、、、これはかなりシンドイ、、、訳である。 
 しかも、、、高齢者が歩いて買物に出る、、ということは、、、かなりの冒険的、探検的要素も強いから、、、大げさかもしれないが、、、まさに”命がけ”的要素があります、、、。
 「・・その女性は買い物袋を2つかかえて路地をとぼとぼと歩くのだが、次々に車がやってくるため、何度も何度も立ち止まっては安全を確認してから歩いていた。。。。」「買物に行った翌日は、ほとんど半日の間疲れが残って何もすることができない」(「買物難民」=大月書店)、、、というように、健康な若い人には、理解しにくいかもしれないが、、、買物に行く距離だけでなく、、、道路や段差、道路横断などなど、、高齢者にとっては実はかなり危険が一杯なのが、、、道路なのである。

 後者、、、これもなるほど、、、である。男的には、、、なかなか気づかない(当方の場合)、、食事、、体の健康には、、、やはり野菜である訳で、、、。農家でない、、、都会の人にしてみれば、、、頻繁に野菜を買わなくてはならない、、、訳で、、、。(ちなみに、、、、当方ん家でいえば、、、つくった白菜や大根を貯蔵(?)もしくは、畑に居る、、から、、、あまりピントこない訳で。。。)

 ・・・・買物難民、、、、「遠くなった商店」がまずの困難で、次いで「店にたどり着くまで」の困難、、だけかと思えば、、、実は、、最近のお店の中に入っても、、、困難がたくさんある、、、。
 「店内・商品の表示が小さすぎる」「値札がついていない」「店内表示がわかりにくい」「商品の置き場が変わるので苦労する」「棚が高すぎて取ることができない」「商品が多すぎて必要なものが下げせない」「使用方法がわからない」「手洗い(トイレ)が遠すぎる(実際、、大型店などは、かなり離れています)」「レジでせかされる」「段差が良く見えない」(「買物難民」)、、、などなどで!
 ・・・これらは、実は高齢者だけでないかも???知れませんが・・・・なんだかよく分かる気がします~~。
 
 そんでもって、、、買物が済むと、、、今度は、、、困難が多い来た道を、、、買物を抱えて帰るから、、、一層危険になるわけである。。。。

 ・・・さて、、、今日の報告会で近くのお店が高齢者の集いの場にもなっているとともに、、お店の方も、、、消費者である高齢者もともに喜んでいるし、、、それが張り合いになってお店もがんばる。。。ということがありましたが、、、せちがないご時世で、、、なんだかほっとする気がしました、、、。

シルバーカーは、実はヒット商品・・・ - 2010.01.31 Sun

 市町村合併で吸収された旧町村への行政サービスの対応に、移動市役所の対応をしている行政に千葉の勝浦市がある。
 主は、移動手段を持たないものも含める高齢者対応で、高齢者にとって必要な機能を1台のバスに詰め込んで各地域を巡回するのだという。

 「この間いろいろな代替策が検討されたが、「やはり地域の高齢者の利便性を考慮すると、現在の移動市役所を維持するのが一番です」と、同市市民課長・・・は言う」(「買物難民」より)

 勝浦市は、約22000人で9500世帯の市のとりくみである。

 佐渡市でも鳴り物入り(??)で、数年前から「出前市役所」を行っていることになっているが、、、、どうも、いまひとつ、、、のようである。以前に、一般質問の中でも紹介したが、全国では、、、さまざまなとりくみが成果をあげつつあるようです。

 特に、共通するのは,,、市町村合併により、行政の中心は、町などの中心部にたいがいあり、生活にかんしても最低限のものが揃っており、、、ところが、行政機能の低下(支所になったり、出先機関そのものがなくなったり・・)し、その町や村の中心部の都市機能が衰退するということに対応しているということである。

 ・・・こういった流れの対策で,,、銀行のATMの移動ATM車も走らせている銀行もあるそすですから、、なるほどなるほどである。(02年5月8日朝日)

 移動手段をもたない買物難民化した高齢者は、、、、豆腐一丁を買うのにタクシーを使わなければならない現実もあるという。(よくよく考えると,、食べたい・食べるためには、タクシーでも使わないと無理なのである)
 そんでもって、、、高齢者が手押しするシルバーカー(乳母車のような)は、買物の品物が入れられ、疲れたらイスがわりにもなり、なおかつ、杖のかわりにもなる・・・という隠れたヒット商品。市町村合併特例商品とも言えなくもない!(これは、佐渡の平場でも見かける・・・納得)

このシルバーカー、、、、「交通自己保証付き」で売られていたり、「昔ながらの標準タイプ」、「コンパクトお手軽タイプ」、「歩行をサポートするタイプ」などなどと、かなり多彩、、、であり、ファッショナブルなカラーであったりする。

 平場でない坂の多い周辺部の高齢者は,、電動3輪(4輪)を多く使っている。ある高齢者が、最近のものは(電動3輪)は、モノを入れるところが小さくて困る・・・と嘆いていたが、、、これも納得。

 ならば、、、こういった高齢者対策に,,、御用聞き・宅配システムが最良かと思えば,,,、高齢者が外に出ないことは、健康や精神衛生上問題で、、、両方を上手に組み合わせる必要があるのである。

買物難民。。 - 2008.11.25 Tue

 「医療難民」「介護難民」などなど、、いろんな難民が増えているが、「買物難民」なるものも、、、、。
 確かに、田舎では、買い物にも出かけるにも、車の運転ができないと、、日常品も購入に事欠く訳である。おまけに、交通機関(佐渡はバスしかない)も幹線を走っているだけで、、、そこまで歩いて行くには、、、かなりの時間と労力を要するのである。

 こんなことから、、、週に1回の食材などの宅配をやっている業者もあるが、、それも、、顧客が多くないと成り立たない訳である。以前、あるスーパーが、、、バスによる移動販売を行っていたことがあるが、、、。こんなのが必要なような気がする訳である。

 「買物難民」は、田舎だけかと思えば、、、都会でも身近な商店街が衰退してしまって、、、近くで物を買えないという都会も増えているという。。。

 ある高齢者曰く、、、「子どもも都会に出ているし、自分は車の運転もできないから、買物もなかなかできない。。。たまに近所の人に乗せてもらって買物して買えるけど、、、気がねしてね」。。と。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (117)
住民投票 (23)
温泉 (55)
ブログについてのご注意! (58)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (651)
議会報告 (53)
一般質問項目 (27)
政治 (189)
議会改革 (39)
議員 (65)
政務調査費 (11)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (18)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (129)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (38)
国保 (47)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (11)
平和 (63)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (78)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (17)
観光 (74)
佐渡ぐるめ???? (35)
文化 (8)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (38)
未分類 (17)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (12)
防犯灯 (13)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (258)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (95)
地域防災計画 (34)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (50)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (4)
公共施設 (2)
自治基本条例 (1)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!