topimage

2017-08

7月、、、佐渡金の道〜 - 2017.07.01 Sat



 新潟県と佐渡市は〜〜〜世界文化遺産登録を目指す「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」の国内の推薦決定が、、、7月にある。これまで、、、期待されながらも、、、2度外れているため、、、、今年こそは、、、3度目の正直、、、で目指すとか?
 (嫌な言い方ですが、、、二度あることは三度ある〜〜〜もあるが、、、(汗))

 はて、今日は、、、期待も込めての住民の「金の道」、、、要は、相川〜真野〜小木と運ばれた、、、島内の陸路ルートを昔的に歩くというもので、、、ちょうど、、、当方、集落がお昼地点、、、。

 ちなみに、現在ある海岸線の国道は、昔はなく、、、必ず、当地を抜けて小木方面に向かう、、、というのがルートであったので、、、山の集落ですが、、、、迂回などをしているのではない〜〜〜。

 その昔は、、、当地は、、、ま、今で言う、、国道沿線であったとでも言おうか〜〜〜。(以外に知られていないのが、、、現在の海岸線を越えることはできなかった、、、ということ〜〜)

 はてさて、、、今日は、、、昨日からの久しぶりのかなりの雨模様、、、ま、時折、豪雨ぽい感じであったが、、、、、100人近くが歩いていた(お昼の計算で、ま、ざっと100人)、、、、。

 さてさて、、、この7月、、、結果は〜〜〜。ま、結果がどうあれ、、、佐渡金山などは、、、誇れる宝なのですが〜〜〜。

IMG_2288.jpg


足腰の痛みを感じさせない踊り〜〜 - 2015.02.22 Sun



 年度末になると、、、昔の市町村単位、、というか、、佐渡市の各地区で、、サークルなどの発表会的な催しものが行われる〜〜〜。写真は、、今日の真野地区のもの〜〜〜。

 古典?伝統芸能?な文弥人形から、リコーダー演奏〜〜〜〜ジャズダンス、、フラメンコなどなど、、、そうそう、、、演歌にあわせての舞踊??などなど、、、小学生から高齢者まで、、と多彩であり、、結構、おもしろい!

 やはり、、、当人たちが楽しんでいるのが伝わるからではないか〜〜〜。

 アナウンスも冴えていた、、「・・・日頃の足腰の痛みを感じさせない踊りでした〜〜」NICE!である。介護予防教室などというより、、、好きな趣味で生きがいと健康なのである、、、、ゆえに「生涯学習」である。

 ちょと、いい感じでした、、、が感想!!

IMG_7340.jpg

向き合うこと、、、??? - 2014.07.28 Mon



 ・・・あまりとりあげていないネタ、、、かもしれないが、、、世界遺産関連ネタ、、、。

 写真は、地元中学生によるボランティアガイド、、、を知らせる張り紙、、、。興味本位で、観光客に混じり、、案内を聞いてみた、、、。。。。

 はてさて、、というか、、、市民的に世界遺産をどうみてるだろうか?
 ま、たいがいは、、、「世界遺産登録になれば、、、低迷路線の佐渡観光の復活につながり、、ひいては、佐渡の経済にも大きなプラスになる、、、」といったところではないか。。。。。
 観光関連でいえば、、、「世界農業遺産、、、、朱鷺の島、、、ジオパーク(地質の世界遺産?)、、などがあるし、、おまけに両津航路も小木航路も新しい船も就航するし、、、佐渡観光に弱みなし!」、、などとの期待になるのか?

 専門家的には、、「世界遺産への流れの中で、佐渡の歴史や知られていなかった遺産がさらに深められ、掘り起こされ、、将来への保存が可能となる」、、、なんてとこか?

 当方的には、、、「朱鷺も世界遺産も悪かぁ〜ないが、、、おいらの暮らしが大変すぎて、、、そんなことにうかれてる暇がない、、、。朱鷺並みに、、市民の暮らしや経済も扱って〜〜〜」、、ってなとこだろうか?
 もちろん、自ら住む地の歴史や先人たちがどのようにその時代をすごし、、、そして、現在に至っているのかは、そこに住む人のアイデンティティにもつながり、未来へとつながるものであり〜〜〜なんて、、ボーっと思ってますが(*_*)、、、、もちろんですが、否定するものではありません〜〜〜。(ので、よろぴく!)

 はてさて、、、ということで、、、。

 「・・・周辺にも効果は波及しているが経済効果がずっと続くわけではない。
前例として2007年に登録された石見銀山は登録後、観光客数は倍の80万人超になったが2013年には51万人にまで減っている。一度見ればいいと思われないように登録後の整備や保存の仕方なども工夫する必要がある。富岡製糸場は明治時代の建物で保存修理や周辺整備で30年間で100億円がかかると見られている。世界遺産として保存していくには整備と費用が重要だがむやみにそれをやればいいことではない。・・・
」(「世界遺産に観光客殺到・経済効果は?」6/20日経プラス)

 「2004年に登録されたドイツのドレスデンエルベ渓谷は、観光客が押し寄せて、渋滞解消のために渓谷の中心部に4車線の橋を架けることを住民投票で決めたが、ユネスコが景観を損なうということで2009年に登録を抹消したという事例もある。」(  同  )

 以前、、、奈良県は、世界遺産が3つもあるにもかかわらず、、、宿泊観光客では、全国最低(07年「宿泊旅行統計調査」)、、、というのをとりあげたことがあります。(09年9月議会質問)
 この時のテーマは、、、観光観光と言っているが、、「行革路線」で観光関連をバッサリ切り捨てる方向は、おかしいのではないか?、、、ってなものでしたが、、、。

 ・・・・(何が言いたいか????)、、、。
 ・・・朱鷺にしてもだが、、、こういった取り組みは、実は、きゃあきゃあはしゃぐだけでなく、、、実は、静かに息の長い取り組みが必要なのではないだろうか???
 ・・そうそう、、新しい技術が出たからといって、、、売れりゃ〜〜いいばかりに、、次々に製品を出す、、、が、結局、消費者に飽きられるみたいな(IT関連かな?。。。かなり強引に関連づけてるやも!)、、、、そんなんじゃ、、、よろぴくないだろ、、、かな?ということである。(ちなみに、、当方的には、、IT関連とは、もしかして、、そんな繰り返しで発展するのかもしれない分野とも、、実は思っていますが、、。この辺は、「スティーブジョブズ」的思考が入っています〜〜)

 ・・それにしても、、、「****」ということに、真面目にじっくり向き合うことも必要なんじゃないだろうか???などなど、、とも、、、、。(ま、つぶやき)


要予約???日本のエッセンス〜〜〜 - 2014.05.27 Tue



 両津から、、、国仲方面に向かう国道沿い、、、のこの看板、、、どうよ〜〜〜???、、と思った当方である。(個人的には、、、”観光戦略官”の意見も聞きたいところなのだが、、、(-_-;))

 さてさて、、、佐渡観光協会のHPのトップ、、、。「日本のエッセンス」というところでは、佐渡の簡単紹介、、、。

 「海があり、山があり、湖があり、川があり、田があり、
  畑がある。寒暖両系の果樹があり、実りがある。
  大和、京、そして江戸へと続く文化・芸能の伝承がある。
  日本の魅力の縮図が、ここにある。」


 ・・・ってな風に紹介されている、、、。(旅もの、観光客〜になったつもりで考えてみた〜)
 
 ・・・佐渡に上陸して、、国道を走るとこの看板が、早い内に目に飛び込んでくる〜〜〜。”文化”、、、”歴史”、、、?、、、なら、博物館にでも、、、と思ったが、、、、この「要予約」?????で、、、ある。
 ”はてさて、、、、(-_-;)、、、複雑な心境〜〜〜”、、、、これが、、当方的観光客のオチ、、である。

 (ま、たいがい、こんなことを書くと、、、「だったら、廃止してしまったほうがいい〜〜」となるのだろうが〜〜〜)

 ・・・・久しぶりに、そっち方面に行ったので、、、知らなかったが、、、、の出来事、、、。(もしや、新穂の資料館もそうなのだろう、、、が、、。)

 ・・・・・・・・・・・・(-_-;)

佐渡の博物館、、、 - 2013.10.30 Wed



 (財)佐渡博物館が11月で閉館するというニュースで、、、新聞にも惜しむ声がでていたはずですが、、。

 佐渡市は、この佐渡博物館を1億円余りで買い取って、市立で運営する、、、というのが、、6月議会でしたが、、、いろいろと問題があり、、、現時点では、その案を取り下げています。

 昨日の議員全員協議会では、この佐渡博物館問題についての市長の考えが示されました。(「博物館問題」といっても、、、この佐渡博物館は、佐渡市のものではありませんが・・・)

 ・・・6月議会時点で、市が示した計画は、、、、(財)佐渡博物館をやるかわりに、、、両津郷土博物館と新穂歴史民俗資料館、、を閉鎖する、、、というものです。
 この閉鎖も早いうちにニュースになり、、確か(?)島外の方が新穂資料館閉鎖を悲しむ声も新聞にでていたはずです、、、。

 今回、市は、、、佐渡博物館を無償で借りて、内装などを改修して、佐渡市の博物館として運営する。ついては、両津、新穂を閉館する、、、。職員は、両津にいるジオパークと佐渡学センターの職員配置で対応する!というのが、大ざっぱな計画です。(決まった訳ではない。議会側からいろいろ意見も出て、議会としては再度検討の場、、ということになっている。)

 では、、いったいどのような博物館になるのか?(考え方的には、佐渡博物館+両津+新穂といった内容にすべきと思うのですが・・)=ちと、分からないので、、、当方が質問した中身から見てみると・・・・。

 当方)「長年親しまれてきた(私立)佐渡博物館の財産をキチンと引き継ぐことは必要だが、閉鎖する両津、新穂の博物館の財産も引き継いで充実することが必要で、すべての財産を引き継ぐべきだ」、、、、「世界遺産やジアス、ジオパーク、朱鷺(生物多様性)などをメインに佐渡を売り出したいというのが、甲斐市政だが、、。当然、こういった中身も充実するということになるのではないか?」、、、、「そうすると、増築なしで、内装改修だけでは、入りきらないことになる」、、、。

 お答え(答弁)「佐渡市が今後、行おうとする博物館は、そんなに特徴あるものを特科したものではなく”総合”博物館として、現在と同じようなものを行う。面積もないので、両津、新穂のものは、あまり入らない。多くは保管しておく。世界遺産やジアス、ジオパークなどの関連は、あまり入れない。」、、、。・・・つまり、分かりやすく言えば、、、いまと同じものを佐渡市でやる、、ということ、、、なようです。

 閉鎖する両津、新穂について、、、教育長(教育委員会が所管)は、、、「・・・・両津、新穂を閉館することは断腸の思いだが、市の財政問題があるのでしかたがない・・・」、、とも!

 また、市長は今後運営する博物館について、、、「博物館は、収益事業(採算)になじまない施設だ」、、、とも!

 これまで、議会側は、、、、「採算の合わない博物館を点在しておくことは、問題だ」(=ってなことで「アマチュア美術館」などは、大きく縮小されてきました〜〜〜)という「行革路線」の対象となっていました。。。(市長の上記の発言、認識からすると、、、「行革」の対象ではないような、、気もしますが。。。)

 ・・・上記のフレーズは、、『主旨』ですので、、ご注意を!・・ちなみに、市長の方向・方針が知らされただけで、具体的にどうなるかは、、まだ決まっていません。。。



陶芸の人間国宝が身近に、、 - 2013.10.07 Mon



 真野地区新町地域での、、、明治造りのおいえでのお茶会、、、は、今年で10年目、、が、先日の土日に開催!
 ・・・お茶のおもてなし、、ってことで、、ジーパン、サンダルでは、、やはり”茶道の心”に反するかな?とそれなりに、、、と、いっても、、、でしたが、、、。

 1つの場所は、お茶を習っている子どもたちもお茶出しをお手伝いも、、あった。はじめての立礼(りゅうれい)ででした。・・・何と言っても、、こりゃ贅沢かな?と思ったのは、人間国宝の三浦小平二(ちゃわん)、伊藤赤水(みずさし)、佐々木象堂の置物、、、の3つに囲まれていた、、、。(実は、これはかなり贅沢なわけである、、)・・・さ、どう、、よ! 、、、。

 陶芸で人間国宝が2人も生まれている、、、。ジオパークつながりでもあろう、、、「土」だから、、、もっと、焦点が当てられていいはずの「無名異焼」である。。。

 学校給食の器にこの焼き物を使うとか、、あったら、、もっと楽しいし、、、子どもも楽しめるのだが、、と、、いった質問も取り上げたのだが、、実は、全く時間がありませんでした〜〜〜。(反省)

不漁?不良?ブリカツくん〜〜〜 - 2013.02.11 Mon

スクリーンショット 2013-02-11 19.43.43

 佐渡のブリが不漁〜〜〜〜。。。。

 「佐渡島の冬の味覚として知られる寒ブリと養殖カキが今季、不漁にあえいでいる。県外の産地では順調な出荷が続いているため、価格も上がらず、漁業関係者は頭を抱えている。
 県水産海洋研究所によると、佐渡島東部の両津湾の大型定置網漁で水揚げされた佐渡産寒ブリは不漁が続き、昨年10月上旬から1月中旬までで、7キロ以上の大型の水揚げ本数は9877本。好調だった昨年同期のわずか13%で、2002年から10年間の平均と比べても、34%と大きく落ち込んでいる。4~7キロの中型も平年の43%と不振が続く。
 シーズン当初から水揚げが遅れており、大量に漁獲されると市場が宣言する「初漁」も例年より約2週間遅れた。海水温が例年より2~3度高かったためとみられ、10~11月の大型は計361本と平年の8%にとどまった。高値がつく年末には1200本以上漁獲される日もあったが、1月以降も低調が続いた。
 佐渡と並んで寒ブリ漁が盛んな富山湾では今季は豊漁で、石川県水産総合センターによると、11~12月の水揚げ量は大型を中心に平年の1・9倍。1月以降も好調を維持しているという。

 佐渡では、沖合がしけると湾内にブリが逃げ込んで豊漁になるとされるが、今季は佐渡沖で荒れた天気が少なかった。・・・・・・・・販売課長は「ブリが両津湾に逃げ込まず、そのまま南下したのではないか」と推測する。県外が豊漁のため、価格も平年並みだという。
 一方、佐渡市の加茂湖漁協は、10日に予定していた「加茂湖カキまつり」の中止を決めた。今季の水揚げは平年の半分以下となる見込みで、まつりに必要な量を確保できないと判断した。中止は4年連続となる。

 同漁協によると、加茂湖のカキは通常、11月~3月の1シーズンに約200トンの水揚げがあるが、今季はまだ20トンと、トータルでも100トンに満たない見通し。2009年度以降、赤潮や、カキの殻にまとわりついて成長を妨げるシロボヤの大量発生などで、毎年100トン前後と不漁が続いている。いずれも原因は不明。。。。。。」(読売2/8)


 自然界相手の漁業だし〜〜〜こんなこともあったりするのだが、、、温暖化???地球異変???、、、が主だったりすると、、、今後も心配である〜〜〜。佐渡にとって、、、農林漁業は、厳しくとも大きな位置を占めていますから、、、、。

 ブリカツくん〜〜〜ん。。。(このキャラ、、、なんだか面白い、、ちと不良っぽく感じるところが、、、当方的には、、、おもろい〜〜と。。。”不漁”????)

復活、、能舞台~ - 2012.06.02 Sat



 当方のご近所、、とは、いってもその昔は、同じ村だったことも??(確か?)の小泊の能舞台が復活!!ということでこけら落としイベントの薪能が開催されました~~~。
 集落総出???のイベント模様~~~。一事は、能舞台が朽ちてきたので、無くしてしまおう、、というところまで行ったそうですが、、、それが復活、、、。銅板の屋根となり(以前は、茅葺き)、、復活!!!

IMG_1296.jpg

 「こんなに人がくるとは?」、、、なんて、、、知り合いの方も言っていましたが、、、。こんなことから、、、地域の息吹や繋がり??絆???につながっていくのかも???


張り紙で終わる佐渡の夏、、、、、 - 2011.08.18 Thu

 まるで、季節を見ているかのように、、、お盆すぎから、雨、、、。この雨で、完全に秋に向かいます。もうすでに、田んぼに吹く風は、秋風色を感じます。

 はてさて、、、、、写真、、、合成ですが、、、、羽茂にある「カルトピアビーチ」なる海水浴場+少々キャンプ可、、、のものです。「お知らせ 平成23年8月21日をもってこの施設は閉鎖いたします。8月22日以降は、ご利用できません。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。佐渡市羽茂支所産業振興課、、、なる張り紙!

 ”あの~私の好きなカルトピアの施設、海水浴場が、どうしてなくなるのですか?”、、、、との市民からのご質問!

 ・・・だいたい、、、「ご迷惑をおかけしますが、、、」と言い、、、迷惑をかけるようなことは、すべきではないはずですよ!「羽茂支所産業振興課」さ~~ん。。。。となる訳である~~~。

 採算性、効率の悪いものは”行革”せよ!、、、という方針に基づいて、、、佐渡中の海水浴場を廃止するというのが、現在の佐渡市!(ちなみに、、、佐渡市のバイブル(高野市長の言葉)という”将来ビジョン”(計画)は、2本柱の1つが観光なのであるのだが・・・・)・・・・効率・採算性だけを言うのなら、、、もっと悪いものあんじゃないでしょうか?

 佐渡市になった直後の佐渡市が管理している海水浴場(委託されているものは除く)は、もともと14か所程度ありましたが、現在では8か所と半減しています。(めんどくさいから、、、どうせなら、本庁所在地だけ?佐渡に1か所にしたら~~~なんて想ってしまいますが・・・。ちなみに、本庁所在地の金井には、、、海はありませんが・・・)

 現在の公認(?)海水浴場は、二つ亀、赤亀、達者、入崎、佐和田、新町(長石)、素浜、城ケ浜、、でありますが、このうち二つ亀と入崎は民間譲渡で廃止する方向ですから、、今後は、6か所になることになります~~~。

 震災影響で、、、、今年、、茨城や千葉などの海水浴場では、、、人出が少ない、、、、というんだが、、、。

 ・・・佐渡の夏、、海水浴は、、、梅雨明けの7月下旬~8月のお盆過ぎ頃までと、、、確かに期間は短いかもしれないが、、、そこで楽しんだ方の心に残ることの重さが分かっていないんじゃないだろうか????twitterなどでみると、廃止されたところの評や楽しんでいることが、、、よく分かる、、、んだが~~~。

 ちなみに、、、カルトピアのH20の経費は608648円、、、、、。

能舞台改修助成??? - 2011.02.11 Fri

 先の1月19日の佐渡市議会で決まったこと、、、の概要は、すでに記載しましたが、、、佐渡市HPで、詳しく公開されています。。。。

 さてさて、、、全国的に経済対策として即効性があり喜ばれている「住宅リフォーム助成」や地域にある能舞台を守る取り組みの「伝統芸能継承活動支援」、「住宅火災警報器助成」などなど、、、当方議員団が提案・主張してきたものも実は、この経済対策で実現されています。(もちろん、住民のみなさんの声を聞いて提案したもので、、”住民の声”が届いた・・・というのが事実なんですが・・・。・・・ってなことで一応~~~。)

 ちなみに、「住宅リフォーム」、「能舞台」などのカテゴリで、そのころの執行部(?)とのやりとりなどの備忘録、、、がありますので・・・・。

 さて、、、能舞台の修復や改修に補助が出ることになったのは、、、、朽ちかけかねない能舞台が存在する中、大変、いいことで必要なことですが、、、、それでも、、補助はまるまる出るわけではありません、、、。
 つまり、、、自己負担のお金がいりますから。。。。”さて、、、どうだろう~~~”とも思ってしまいます。
 地域にある能舞台に、、それなりに誇りをもっていたりすれば、、、地域で”よしやろう~~”となりますが、、、、経済情勢の厳しいおりですし、、、、さてさて、、、です。(実は、、、このへんが重要なのです~~~)

 ま、、、、市の今回の提案は”佐渡を能の聖地”的な存在にしたい、、、との仕掛けもあるようですから、、こんなことが地域の人の心に響けば、、、なのだろうが、、、。と!


食欲の秋なのですが、、、 - 2010.10.31 Sun

 写真は、「かきあげ丼」、、、、でありまして、けしてケーキではありません。

 ちと話題性重視なのか?と思う感もある一品ですが、、、。なにはともあれ、、このボリュームは、圧巻ではなかろうか?隣で出ている注文品も、、このかきあげ丼ではありませんでしたが、、、これもまた、また、、、と感じ入りました。もちろん、お値段もリーズナブルです。(味は、、、、好みがありますから、、、、体験あれ~~~ということで、、、)

 ブリカツ丼だけでなく、、、結構、、いろいろあるんだなぁ~~~~と実感であります。
 
 ・・・新ジャンルのカテゴリに「佐渡ぐるめ????」を新設です。



罰あたり??? - 2010.08.26 Thu

 ええっと・・・・?今年の夏(今も夏ですが・・)能舞台でトランペットとピアノのミニコンサートが行われたところ。(笹川地区)

 今日の新潟日報でも・・・・「島の誇り「能舞台」次世代へ・・・
 佐渡島内各地に数多く残っている能舞台。県の文化財指定を受け観光客の人気を集めている能舞台もあるが一部だけで、多くは長年使われず傷みも目立っているのが現状だ。能舞台を集落共有の財産として保全していこうと、コンサートなど能以外での新たな活用法を模索する住民グループの動きも出始めている。

 佐渡市には現在、寺社の境内などに35棟の能舞台があり、「一つの地域にこれだけの数があるのは全国的にも珍しい」(佐渡市世界遺産推進課)という。」(新潟日報Web2010年8月26日)


 佐渡にあるホンモノノ能舞台を舞台に、、、、演劇や漫才???なんかやれたら、、”しあわせ~~~”って感じてくれる方々、、、募集しては、、いかがだろうか?(「ホンモノノ能舞台に一般人が上がるなんて罰当り~~」ってなことを言う能関係者もいましたが・・・・・)

原生林写真集、、、。 - 2010.08.18 Wed

 佐渡市が出した原生林の写真集、、、。

 こんなコメントをいただきました、、。
「・・・・・・・
 ・単に説明不足とは思いますが、あの金剛杉は関集落にあるもの。
 ・また、金剛杉を有名にした天野さんの写真集の大半は新潟大学演習林内のもの。
 ・今回の写真集は和木・石名地区にある巨杉群ですね。

写真集の説明について一言
写真集を作った*さんは、ともかく徹底的にこだわりましたね。
一切佐渡市が口をはさまないと言う条件で受けたようです。
即ち、佐渡市関係者がどうしてもあなたの写真集を出したいと言うので売り手市場でわがままを通したようです。(笑)
写真を強く印象ずけるために敢えて説明文字は全てカットしましたね。
但し、場所等諸情報の問い合わせについては佐渡市が答えられるように詳細が佐渡市に届いています。 ・・・・・・・・・」


 ・・・というものです。

 (写真は、写真集の裏表紙・・・です)
 ・・・関係者によると、、、写真集は好評だそうで、「欲しい」という問い合わせもあるようです。ちなみに、当方が差し上げた都会の方からは・・・「いつか佐渡の原生林に行けることをたのしみにしています」(Mさん)、、といった評が届いています。

 欲しい方は、、、佐渡市まで、、、であります。

原生林写真集、、、 - 2010.08.11 Wed

 ”将来ビジョン”にもとづく初年度の今年、、、、。洞爺湖サミットで使われた佐渡の原生林の写真集を佐渡市が発行して、観光戦略(?)に!

 すでに、この原生林のためのトレッキングコースも整備している。この写真集は90ページにも及ぶもので、1000円で販売するというもの、、、。

 この写真集、、、ぱっと見ると、、、、「む~~~ん??」、、、となる方も少なからずいるようである。これは、写真集の巻頭と最後尾に言葉、説明みたいなものがあるだけであるため、、、である。

 「最小限の説明がないのは、おかしい?」という意見があったり、、、「いやいや、、、説明文がないからこそいいのだ!」、、、というものである。

 当方的には、、、両者の中間をとって、最後尾あたりの数ページに説明みたいなもんがあってもいいんじゃないか?。。。などと思っていますが、、、。(こうすることによって、、、「説明が邪魔」と言う人にも、、はたまた「説明が必要」という両者を納得させるため・・・???)

 当方も、1回だけ、、、それなりに知られた原生林を見る機会があり、、、それを見た時は、少々価値観が変わった気がしました、、、、。何百年ともいわれる年輪を自然界のなかで耐えてきた、原生林の迫力!!
 ぜひぜひ、、、、、子どもたちに見せてあげたい、、、と、思いました。

 はてさて、、、この写真集、、、、どのような反響がでるであろうか?

ブリカツ丼、、、 - 2010.07.23 Fri

 ブリカツ丼、、、初挑戦記、、、。
 初挑戦メンバーは、、、新潟在住のお二人と当方を含む佐渡2人、、、。

 まずは、、、注文してから出てくるまで、、、の総評は、、、「出世魚のブリだが、、、本当にブリなのだろうか?ブリなら、、、生食の方が素材の味が出るのではなかろうか?。。。」などなど、、、。

 食、、、、「・・・」、、、、結果の総評は、、、「このとりくみは、大いに評価に値するが、、、ブリのづけ丼の方がいいのでは?、、、米粉分をブリの切り身に回して、、この時期のブリを味わってもらう」「海鮮丼系の方が、、いいかも?添え物の味噌汁とイカながも、、、の方が、、、佐渡の味を出している?」、、、、というのが、新潟のお方の評価でありました、、、。

 はてはて、、、当方感、、、、「む~~~ん?やっぱ、、、がんばっても1000円にして欲しかったかな?????」、、、かな??
 結構、ブリ丼評価もいいようですが、、、こんな感想もあるということで、、、、。

 「とりくみは、評価する」、、、ここにも、、大きな意味があるような気もするんですが・・・。

あつい、、、。 - 2010.07.22 Thu

 猛暑、、、で、”あちぃ~”、、、。もうこうなると、海に入るしかないでしょう~~ってな感じであります。

 日本観光協会「全国観光情報データーベース」H21.7によると、、、全国の海水浴場は、1221ヶ所で、新潟県は、74ヶ所で県別に見ると千葉県の76ヶ所に次いで2番目の数の多さ!3番目は68ヶ所の長崎県、、、、。(今後は、、、順位が下がる、、、なぜなら、、佐渡市は海水浴場をドーンと減らす計画を実行中である)

 ”へぇ~~”ってのが、当方的感想です。もっと海のイメージのある南、、例えば、沖縄なんかが多いのではなかろうか、、、と思っていたが、、、沖縄県は36ヶ所、、、。

 ・・・こう暑ければ、、、、きっと、インターネットなどで海水浴場を探すだろう、、、と考え、、、佐渡の海水浴場をネット検索をしてみました、、、。
 佐渡観光協会HPでの海水浴場は、9ヶ所(よくよく見ると10ヶ所)、、、。新潟県公式観光情報サイトでも、10ヶ所、、、となっております。・・・公式観光情報サイトと佐渡観光協会の海水浴場の紹介は、、、当方的には、、、”商魂たくましくない”というか、、利用者の心理をくすぐらない紹介のような気がします。

 観光もふるわない、、、深刻な景気、、、少しでも、、、利用したくなるような、、紹介があってもいいんじゃないか、、、(これが”商魂”?!)、、、と思うのでありました。(マル)

 ちなみに、、Googleマップ、、、で見ると、、、、これまた微妙に~~~であります。(ちなみに、Googleマップでは、、、現在、存在しないその他の施設ものっていたりします、、、。ちと、古い情報のようです)

 夏のこの季節になると、、、「検索キーワード」で「海水浴」、「磯遊び、海水浴」、「砂浜、海水浴」、「釣り、海水浴」などなどのキーワード、、当方のこのブログでもひっかっています、、、。つまり、、、ただ泳げればいいというのではなく、、、{****ができる海水浴場はないかなぁ~~??」と探しているのがわかります。

天然ブリカツ丼、、、は? - 2010.07.02 Fri

 七夕の7月7日に「佐渡の天然ブリカツ丼」がデビュー~~!!
 食通及び料理に詳しい人曰く、、、「なになに、、、カツ?、、、む~~ん??油で揚げるのか??・・・ということは・・・*********」などなどと意味深のご発言を聞きました、、、。

 ま、カツ丼好きな日本人だしいいかなぁ~~なんてのが、、当方の思いですが、、、はてさて、、評価がどうなるか非常に興味のあるところであります。

 天然ブリカツ丼とは、、、、こんな感じで、、、 食べることのできるお店は、、、このようであります。

 料理は、、、第一に素材、、、つぎに、料理技術であろうと、、、思うのであるが(あくまでも、素人当方~~)。素材が悪くても料理技術でカバーもできるが、、、また、いくら料理技術が良くても素材も大きく影響する、、、。この両方がそれなりにマッチしないと、、、ダメなもの、、、。
 ま、A級ラインなのか???B級ラインなのか?などなどによっても違うのだろうが、、、。

 興味津々で、、、、ブリカツ丼と出会う日を楽しみにしたいと思う訳である~~~。

 はてさて、、、少々の疑問は、、、夏ブリがどの程度とれるのだろうか???という疑問?昔、知り合いの漁師は、、、夏ブリ、、、あんまり獲れない、、、といっていたような気がするのだが??またまた、、、獲れても鮮魚で市場に出したほうが値がいいのではなかろうか??等など、、、、とド素人は、、、思ってみたりする訳で、、、(もしかしたら、、、冬場の獲れたものの冷凍かなぁ~~なんても???)

 (写真は、梅雨どきの加茂湖で、、、加茂湖の一番奥から海の方を写したもの、、、、画像悪しですが)

海水浴場・・・ - 2010.06.14 Mon

 こんな、、、、ご意見が、、、。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 10年以上毎年佐渡島の椿尾海水浴場に海水浴に行っているものです。2009年に海水浴に行ったら以前は使用できていたトイレが海水浴場でなくなったために使用できなくなっていました。 なんとかトイレの24時間使用ができるようにすることはできないのでしょうか。
とてもいい場所でトイレが使用できないと友達とキャンプや海水浴ができなくなりとても残念でなりません

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 おっしゃるとおり!!、、、この海水浴場は、佐渡市行革で、、、利用人数が少ないと、、、市管理を廃止したもの、、、(実は、、、地元と協議して海水浴場をどうするかは協議する・・・ことになっているものなのですが、、、十分な協議もなく・・・シャワーもトイレも、更衣室もなくなったものです。)
 ちなみに、、、赤泊の筵場海水浴場も今年はなくなるはずなのですが、、、。

 佐渡市将来ビジョンは、、、2本の大きな柱のうち1本は観光となっており、、、しかも「観光分野」では「おもてなしが重要」と叫んでいるんですが・・・・。今議会の一般質問でも、少し取り上げます。過去にもとりあげましたが・・・)

 ちなみに、、、、このシーズンになると、、、当方の「検索キーワード」でも、、、「佐渡 海水浴場」なるものが多くヒットします。「夏、観光 泳ぐ」などなどとなれば、、、検索でひっかかるのは、、、やはり「海水浴場」なんですが、、、、、。

里海、、、 - 2010.06.12 Sat

 「里山」という言葉は、それなりに聞くんですが、、、「里海」なる概念・言葉・・・????

 里海???・・・「人手が加わることにより、 生産性と生物多様性が高くなった沿岸海域」と定義されているんだそうで、、、また、最近、よく耳にする「生物多様性」の基本法や国家戦略で概念は・・・「・昔から豊かな海の恵みを利用しながら生活してきてい る、人の暮らしと強いつながりのある地域 ・自然生態系と調和しつつ人手を加えることにより、高い 生産性と生物多様性の保全が図られている海」、、、と。

 佐渡は、海の上に山が浮かんでいるようなものですから、、、、里山も里海も豊富(?)ってな地域で、おまけに島であることから「島嶼」のもつ性質的要素もあるわけです。。。。。

 どこから来たのだろうか、、、修学旅行のシーズンで観光バスなんかも、それなりに多く見かけます。そんでもって、、、海で釣りを楽しむ光景も、、、、。(写真)
 
 ま、里海とは、、、人の生活や暮らしに歴史的文化的にも大きくかかわっているのが里海ってことなのだろう?!
 こんな風に釣りをする子どもたち、、、きっと、海のない県かもしれない?そういえば、、、佐渡の子どもたちが釣りをしているってな風景に、、、あんまり~~~出っくわさないような気がするのは、、、当方だけだろうか?

 季節になると、、、餌を買って友だちと真っ昼間に釣りに出かけ、、、1~2匹も釣れればいいほどなんてのが、当方の子ども時代(だいたい、、、真っ昼間にそんなに釣れないんだが・・・)!!
 修学旅行の子どもは釣れたかなぁ~~~

能舞台群、、、 - 2010.06.01 Tue

 当方が住んでいるところから直線距離で4キロくらい(たぶん???もっと短いかも知れません)の半径に大正以前に作られた(たぶん)能舞台が4~5つくらいあります。

 平成20年3月発行の「佐渡能楽史序説ー現存能舞台三五棟ー」によると、、、小泊、村山、椿尾、大立、西三川、笹川のよう、、、。

 この集落の能舞台、、、特に茅葺き屋根のものは、それなりに痛みもあり、、、維持が困難(楽ではない)?ーーー限界集落ではないものの高齢化や厳しい経済状況などなど、、、、の理由もあろう~~。

 ある集落では、、、集落では維持しないで能舞台の身売り(かなり言葉が悪いですが・・・)もしくは、譲渡することを決めたというし、ある集落では、年次的に改修や大掛かりな補修、、、、、などなど様々のよう。
 当方の住む集落では、、、痛んだ屋根をどうするかで、、、けんけんがくがく(・・・でもなかったが)の議論の末、、、、屋根の改修に取組をはじめた、、、。(実は、譲渡するという噂の集落とは、目と鼻の先、、、ですから、この対応の違いは研究に値するのではなかろうか、、、などと、、。)

 市は「世界遺産」、佐渡らしさを活かした観光や産業振興、、、、、と真顔ですすめている、、、が、どうも市民レベルとは、、、温度差があるように思えてならない。
 佐渡の古い能舞台は、、、現存するだけでも35もあるというのは、、、全国的に見ても稀、、、というか、ここにしかない訳で、、、この能舞台群とその歴史は、、、貴重とも思えます。

 たしかに、、、現在、能を演じる回数もなく、、、能舞台の存在価値が現代的にあるのか???と言えば、無いのであろうが、、、、、(それを言うのなら、、、世界遺産だっておんなじですが・・・)。

 佐渡の能舞台は、、、それぞれの個々の建物としては、、、建築物的価値は高くないのかも知れないが、、能舞台群、、、としては1級の価値のはずなのであるが、、、、、、。

ちょぼくり・・・ - 2010.02.09 Tue

 2月7日の何十年ぶり(?)かの大雪後、、、決して町部とはいえない山奥の大崎地区で「大崎そばの会」が、、、、。

 山に向かう車の中で、、、「この大雪だし、、島外からも訪れるファンも多いというが、、船も欠航だし、、入り込みは、どうだろうか???」、、、と呟きながら、、、会場へ!

 なんのことはない、、、、大崎そばの会には、、、大雪も欠航も、、関係ない!駐車場には車車車、、、小型の観光バスやクレヨンツァーのバスも、、、いつもよりは少ないのだろうが、、、それでも盛況である。(ある種、びっくり)

 会の最後は、、、ドリフターズ真っ青、、、というか、ドリフターズ並の、、、、伝統芸能(?)でのエンディングとなるのですが、、、、これまた、、、大盛況、、、。

 調査で同行していた日本福祉大の木戸教授が呟きました、、、「こういった地域は残さなくてはならない」(と力強く)、、、。福祉の専門の先生らしく、、、”こういった伝統芸能やサークル活動が、この高齢者の多い佐渡では、まさに「介護予防」となっているし、地域内の自治をつくっている。こういった状況を広げる素地は、現に佐渡に多くある。ここに着目して、合併した佐渡にふさわしい住民自治を再構築することが必要。行政(政治=佐渡市)は、地域力を大切に・・・”(当方のまとめ)、、、といった感想??



 そこで、、図式、、、「行政力」+「地域力」=「住民自治」。「専門家(保健士とか、、)」+「住民参加」=「地域力」。。。。。などなどと、当方が勝手に図式化してみたが、、、(む~~ん。式が成り立たない~~)
 ・・・勝手に観光だとか、文化だとか、福祉、教育、産業、消防・・・などなどと勝手に細分化しているのが行政だが、、、、実は総てがつながり、一体的になっているのが、、、が実態。伝統芸能の伝承、、、が、実は教育だったり、観光だったり、介護予防、、、、、、などなどと一体になっており、個々に細分化して、個々でしかとらえると、、、問題が出てくる。。。。。生涯学習のグループの問題・課題が体育館の施設だったりすると、、、行政は「体育館は****課の所管で、うちではどうしようもないので・・・」ってな対応がかえってくるが、、、このへんが行政対応の弱点ではなかろうか?

 「温泉施設」の民間移譲でもそうだが、、、、温泉施設を核とした福祉や健康づくり・・・といった姿勢が必要ではないか?「温泉施設」の所管課は、社会保健部だが、、、総務部行革課では「浴場施設」と無味乾燥の風呂扱い、、、。

 「住民自治」の視点こそが佐渡市に必要ではなかろうか???、、、と。

写真上;「ちょぼくり」、、、お座敷芸が大道芸になったもので、ルーツは江戸時代で、浪曲につながっているものだそう、、。写真下;「蟹舞」、、、なんともなんとも、、このナンセンスさ?蟹が歩いているのを、どこからともなくきたカラスがつっく、、というもの!もっと強烈ものには「鳥さし」、、、鳥を刺すだけの話も、、、。)

佐渡検定・・ - 2010.01.21 Thu

 佐渡を訪れた人は、何をもって佐渡を評価するのか?、、、といえば、、。

 釣りが好きな人は、どこでも釣りが楽しめること、、、歴史的遺産が好きな人は、、神社仏閣などを見て、、、キャンプなどのアウトドアー派は、自然を楽しむ・・・などなど、訪れた人の好みによることは、間違いない。
 食堂に入ったが、、、そばを食べたいと思ったが、、まずかった!、、それもそのはず、その店はカレー屋さんだった・・みたいならば、、その人にとっては、、×なお店、、となるだろう。

 当たり前だが、、、佐渡の文化や歴史を知れば知るほど。。佐渡ファンも増えるという。

 佐渡市が「佐渡観光・文化検定」を3月28日に開催する。ま、全国的にも流行の「***検定」の流れではあるが・・佐渡に関心を持ってもらうにはおもしろいのではなかろうか?

 佐渡は、本土にない特異な歴史や文化、環境が存在していますから、、、、それに相応しい内容の検定か?
 
 佐渡検定は、、、どちらかといえば、、島外向けか?島内の人自身が、、、自らの足元を知って・・・うんぬん・・とは、ちと、違うかなぁ~?と思いますが。。。。ま、これもあり。

昭諷会 - 2009.11.15 Sun

 羽茂の昭諷会のみなさんの能の練習を少々、拝見させていただいた。

 (写真は、練習中の謡)何度か、本物の能を見た事はありますが、、、練習の迫力には感動・圧倒・・・・・もので、本番さながらのすばらしいものでありました。

 いま、、秋口の佐渡の観光の売り???は、、、当方がいろいろ見た範囲では、、、「能・能舞台」が多いようです。(JRの吉永小百合&能。。。にあやかっているのだろうが??)

 練習風景を拝見し、、、、「む~~~ん。本番を見てみたい・・・」とおもわせるのですから、、、さすがだなぁ~~~と。能舞台に出る人(やっている人)は全島で140人くらい、、とおっしゃっていましたが、、、若い人の参加で次世代につなげることができる仕組みもいるなぁ~~と。

能舞台CM - 2009.10.26 Mon

Scan 2(変換後)
 このJRのCMは、テレビでもばんばん流されています、、、。そのせいか、、、、先日、リュックを背負った夫婦づれ???なにやら能舞台巡りっぽかった、、、観光客を車から拝見しました。
 心配なのは、、、テレビCMでも佐渡の能舞台~~~なんてやっているが、、、果たして草ぼうぼうで入れない状態ではなかろうか???と?(絶対、、にそうだよなぁ~~と、、、思う当方ですが???)

 はてさて、、、、なんだか苦情がきそうな気がするのですが・・・(吉永さんごめんなさ~~い)

世阿弥、吉永小百合、能舞台・・ - 2009.10.20 Tue

 これが、、、噂の吉永小百合佐渡能舞台ポスター、、、。(駅構内のはでかいぞぉ!)

 ポスターのコピーは、、、「いまや佐渡が日本有数の   能の島だといったら、  世阿弥はどんな顔をするでしょうか。」、、、と吉永小百合が語っている(つぶやいている??)訳であります。

 ちなみに、、、JRの冊子ではこの写真の下に「ーたとえば、佐渡で世阿弥と出会う。ー   時の権力者に疎まれ、晩年佐渡へと流された世阿弥・・・(略)・・この島で独自の開花を遂げました。大人から子供までが身近な娯楽として楽しむ「能」。個人所有も含めると30以上もの能舞台が残り、今やここは日本屈指の能の島となっています・・・・・」、、、というもの。

 しかし、、、30もある佐渡の能舞台は、これから減少傾向!ある地区では、茅葺き舞台の痛んだ能舞台をどうするかと関係者で会合を開いたが、、、残念ながら、、、取り壊すことになったとか?
 下の写真は、取り壊す方向のやつとは、別の能舞台。。。。屋根が落ちるのを支えている写真、、、、。

 世阿弥がみたら、、、どう思うかなぁ。いやいや吉永小百合さんがみたら???

DSCF6964(変換後)

海水浴看板が消えた~~ - 2009.09.21 Mon

 泣く子も笑う(?)、、、いやいや、、、「泣く子も黙る佐渡市の行革」、、、、。

 写真を見ていただきたい、、、、8月までは、存在していた海水浴場を観光客に知らせる、国道沿いの大看板が、、、、撤去!!!

 今朝、、、通った、、、「あれ???何かが違う???」、、、と思い見ていたら、、、看板が消えているではないですか????(・・・・むむむむむっ!当方が質問で取上げたから???)

 ただただ、、、唖然、ぼう然、大笑い~~~~。(むむ、、、「お笑い佐渡市計画」か?) 
 「観光の島」から、、、海水浴場が消える、、、。観光客に喜んでもらうには、、、いろんな楽しみかたが出来る海がこんなにもあります・・・・としたほうがいいのではないか?(実際、、超浅瀬の海もあるし、、川が近くにあり、岩場もあり、、魚や貝を見たりできる子どもが磯遊び場、、、等々タイプは豊富です。)

 ・・・・・この看板撤去、、、びっくりしたというか、、、寒気がしたのは、、、今年度、市指定を外したんだから、、撤去するのも分からない訳ではない。しかし、、、シーズン中は平気でいたのに、、、質問があると、、、電撃石火の如く撤去するという姿勢は???おかしい、、、。(もともと、秋口に撤去になっていたのかもしれないが)
 もしくは、、、これまでの縮小方針を再検討するとか?(・・・・泣く子も笑う佐渡市行革が「再検討」するわきゃ~~ないけどさ!)


 観光部は、、、佐渡観光について「おもてなし」「おもてなし」、、、ということを良く口にするが、、、、、それとは、全く正反対の心根、、、と思うのは、、、当方だけ?

佐渡市の海水浴場って - 2009.07.22 Wed

 佐渡市の海水浴場は、担当課の話によると・・・・一定程度は残して後は廃止する方向とのことである。
 具体的にどのようになるのかと言えば、、、、事例「畑野地区の多田海水浴場」ー市指定を外し(廃止or委託)監視員を廃止し・遊泳区域のブイをはらない、地元集落にシャワー、トイレを夏の期間だけ委託し、、、シャワー・トイレが古くなったら(修繕がいるようになったら)設備は廃止する・・・・というのが具体的なやり方。

 先ごろ、水難事故のあった椿尾海岸は、、、報道によると「佐渡市によると、同海水浴場は利用者が少ないなどで今季から市指定海水浴場から外れた。市内10カ所の市指定海水浴場はこの日、波風のため遊泳禁止となっていた。」(7/20毎日新聞)、、、という。

 ちなみに、真野地区の2つの「新町」と「椿尾」の利用者数では、平成18年ー「新町」1200人、「椿尾」4280人、平成20年ー3020人と1460人だったそうで、近年は、椿尾海岸の方が利用者が少なくなっているから「廃止」したというものである。

 海水浴場の利用者とは・・・たぶん、監視員がいる期間での入込み状況。佐渡の海水浴は、7月中下旬~8月のお盆まで程度のことと思われる。現実的には、お盆頃になると、観光客も激減しているし、クラゲも発生し地元の人で泳ぐ人はいない・・・が、(短い期間での判断ではなかろうか。18年には、4280人とダブルスコアーの時もあったし、、、どうも十分な検討の結果や佐渡の夏の観光をどうするのか???といった視点が弱いのではないか?)

 佐渡市=佐渡が島は、「観光立島」もめざしているはずなのです。例えば、航路の車の航送料片道1000円、、、なども、その一環のはずなのですが・・・・。

 日曜日に「市指定」を外した椿尾海水浴場で死亡事故、、も、書いた通りですが、、、。
 当方の調べたところ、海水浴場で「廃止(済)」となっているのは、両津地区の住吉海水浴場施設も、、であります。
 ちなみに、その他の観光関係の施設では、「ドンデンキャンプ場」、「妙見キャンプ場」、「達者キャンプ場」、「沢根断層休憩場」「笹川砂金山施設等」は、今年度「すでに廃止済み」であります。
 
 泣く子も黙る???佐渡市行革を担っている「総務部行革課」の行革方針(21年4月1日現在)では、これまでの方針は「存続」となっていた海水浴場のほとんどは、「廃止」に変更されており、廃止年度は、来年の22年。
 
 ・・・果たして、、、、これで「観光の島」といえるのだろうか?????

 泣く子も黙る行革案は、、、これこれですと、ある市民にお話ししたら、その市民曰く、、、「これは、、、泣く子も黙るではなく、、、あきれて、泣く子も笑う」と。(納得)

 (ちなにみ、泣く子も笑う21年度の行革課案では、、、海水浴場・・片野尾、素浜、海の家さわた、新町(真野)、莚場、達者、入崎、松ヶ崎、多田、赤亀(両津)、城が浜、佐和田、水津などは「廃止」で「但し、指定海水浴場施設は存続」となっています。)
 これが、、、観光の島の佐渡市の実態。

海水浴場、、、 - 2009.07.19 Sun

 椿尾海水浴場で、観光客が海で事故、、、救助にをしようとした同行者がお亡くなりになったそう。今日は「大雨・洪水・強風・波浪・雷注意報」も出ていたほどの悪天候でした。

 「・・・同10時ごろから、知人7人と同海水浴場の波打ち際で遊んでいた。一緒に来ていた30代女性が波にさらわれたため、知人の男女2人と救助に向かった・・」(時事通信社)

 「・・佐渡市によりますと現場の海岸は去年まで市から海水浴場に指定されていましたが訪れる人が比較的少ないことなどから今年から指定から外され、監視員などはいなかったということです。佐渡市の海岸では19日、波の高さが2~3メートルもあり市が指定している海水浴場は遊泳禁止となっていました。」(NHKニュース)

 当方の近くということもあり、、、気になります。特に、NHKニュースでの「市の指定」が今年から外されていたということは・・・特に気になりました。
 もともと、合併前の真野町の指定海水浴場は、2か所で、中心部の「新町海水浴場」とこの「椿尾海水浴場」でした。しかも、、、椿尾海水浴場の方が当時は、中心部のよりも利用者が多かった。(記憶があいまいですが、、、少なくとも、、、同程度かそれ以上であったように思う。。)

 佐渡市になってからの状況は、把握していませんが、、、昨年等も、、そこそこだったように感じています。そして、佐渡市は行革の一環に海水浴場も入れており、椿尾海岸もその対象で、、、「民間移譲」という認識はあったのですが(昨年書き込み)、、、NHKニュースの報道の通りならば、、「廃止」したことになります。(市はいろいろかかる経費を削減したのだろう・・・と)

 佐渡観光協会のHPでの今日時点での「海水浴場マップ」ページでは・・・

 「佐渡の海開きは7月17日(金)から。海水浴場の安全祈願祭が終わると、各地で海のイベントが行われます。海水浴と合わせてぜひお楽しみ下さい。」
 「主に市指定海水浴場を掲載しています。佐渡は一周ぐるっと海に囲まれていますが、断崖絶壁あり港ありでどこでも海水浴ができるわけではありません。離岸流の発生する場所や、船舶の通過で高波が起きやすい場所もあります。海水浴場以外の海岸では安全確保の取り組みをしていませんのでご注意下さい。」


 ・・・として、今日事故のあった「椿尾海水浴場」など11か所を載せている。ちなみに、HPでは「監視員なし」と!
 監視員がいたら事故がおきなかったなどとは言い切りませんが、、、(豪雨ですから、監視員がいてもお休みだったろうが・・・)

 NHKニュースの通りかどうかは、市に確認しないと分かりませんが、、、。せっかく佐渡観光にきたのに、、、事故とは残念です。(合掌)

世界遺産と能舞台って? - 2009.07.04 Sat

 議会中継を見た方から、、、「市は、能舞台を保存する気はないんだろうか。使わないなら、指定文化財であろうと保存しないようなことを言っていたよね。じゃあ、世界遺産だとさわいでいる****は、佐渡市の基準なら使わないのだから本来、保存なんかいらなくなりますね」と、、、。

 ・・・・確かに!しかしである、、、本当に佐渡市は、地域にある能舞台がなくなってもいいと思っているのだろうかは、かなり疑問である。普通なら、、、「残していかなければならないのだが、財政的な面もあり難しいが、、、」といったあたりの答弁が妥当なところなのだろうけど・・・・。(しかし、、、、こんな能舞台はどうでもいい、、、なんて市政なら、、、世界遺産をめざすの所在地としては、資質が問われるし、失格!ではなかろうか)・・・・朱鷺、エコ、自然・文化、、、、が謳い文句の佐渡市なのに・・・?

 当方が見たところ、、、佐渡の能舞台で危ないのは、、「茅葺き屋根」の能舞台のようです。瓦屋根の方は、まだ大丈夫、、、といった感じ。結局、茅葺き屋根の能舞台の方が、趣がありますし、やっぱ、価値がある、、、と感じます。

 ただ、佐渡には200とも300ともいわれる能舞台が各地にあったとか、、、です。つまり、庶民が楽しむために能舞台を作った(?)ので、、、それ故、能舞台の作りが価値があるかどうかと言えば、、、そんなにも価値はないのかもしれない。(当方の素人判断)

 西欧では、茅葺き屋根の住宅が、人気だそう。環境問題の高まりもあり、自然素材に関心が高まっているという。オランダでは、ここ数年来、、、毎年2000棟を超える茅葺き住宅が新築されているそう。(写真)ー芸術新潮5月号よりー

 そうそう、、、佐渡には、能舞台がたくさんあって、、、、そんでもって、佐渡市も一生懸命に誘致した専門学校では、宮大工などの伝統技術を教えている(茅葺き職人も養成しているかどうか?)、、、、しかし、、、、能舞台の運命は、、、わからないのであ~~~る。市に積極性を求めたいところである。

十戸の村の 能舞台・・ - 2009.06.07 Sun

 「鶯や 十戸の村の 能舞台」(大町桂月)、、。佐渡の表玄関(?)の両津港には、写真のように「能の里」とおきなの面で出迎えています。

 佐渡には、大正時代までに建てられた能舞台が全国で80棟だそうですが、そのうち33が佐渡に残っているよう・・・。(・・・というのも、能舞台は特別に保存管理している訳ではなく、両津地区にあった伊豆神社の能舞台は大雨で潰れたり、、、していますから、、、現在、、果たしていくつあるのだろうか?・・と!)

 ふと気になり・・・近くの能舞台をちらり。。と見ると、、、、。茅葺き屋根の能舞台のため、かなりの老朽化(雨漏りなど、、)しており、「このままで、あと何年もつだろうか?」と思わずにはいられない感じであります。
 「佐渡百選」に選ばれ、看板がある能舞台も、、、なんだか寿命がなさそう~~~!!(これが、現在の佐渡の文化レベルなのかもしれない???)



 佐渡の能舞台はーー「 普通、能舞台は3間四方の間に柱、屋根、そして橋懸かりが基本ですが、佐渡の能舞台は3間四方に満たない小振りなものも多く見られます。以前は神社の社と兼用したり、演能の時だけ組み立てるよう普段は部材をバラバラにして保管している集落もありました。佐渡の能舞台は、佐渡島民独自の能の楽しみ方や工夫のほどを今に伝えています。」だそう(ネット検索)、、、。

 確かに、そんなにすごい作りではなさそうに見えます。しかし、これが逆に、、、いかに庶民の生活・日常と結びついていたかの証なのではなかろうか、、、と。

 (写真(右):ある佐渡百選と並んでいる能舞台で、茅葺きやねがかなり傷んで、なおかつ、草が生えている・・・・まあ、これも趣がありますけど・・・)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (60)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (680)
議会報告 (55)
一般質問項目 (28)
政治 (193)
議会改革 (43)
議員 (68)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (131)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (44)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (267)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (104)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (54)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (6)
公共施設 (2)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!