topimage

2017-09

道路ネットワーク、、、 - 2010.10.21 Thu

 鹿児島県奄美地方の集中豪雨は、高齢者ら3人が死亡するなどの生活弱者を直撃。道路や電話回線などの寸断で、連絡が取れない住民らの把握が難航する状況が続いているにもかかわらず、自然の猛威は続いている。

 近年の異常気象現象なのだろうが、、、、、不測の事態への対応も考えなくてはならない状況である。特に、社会資本としては、基盤中の基盤である道路ネットワークの構築は最低限の対策であろう。

 こんなこも含めてなのだろうが、道路ネットワークについて「常時」と「異常時」における2つの分類による検討が行われています。特に「異常時」、自然災害などの観点で、「緊急輸送道路」や「孤立集落」という角度からの再検討がなされています。(前回、記した)

 佐渡の場合、岩山が海に浮かんでいるといった感じで、島の周辺を主要道路が回っています、、、から、この道路が分断されると、、、山の中腹にある集落経由で迂回するか、、、、はたまた、、、逆回りで迂回(かなりの時間がかかりますが、、、)ということになろう。
 分断された近くの集落に繋がっている道路による迂回の場合は、道路の幅員等が十分かどうかが問題???です。急傾斜地あたりの島の周辺が分断されると、、、、道路幅員がないなどの道路も少なくないような気がします。

 「豪雨による土砂崩れで、死亡者も出た奄美大島北部の龍郷町。奄美市笠利町方面から国道58号の屋入トンネルを抜けた先では21日、数十メートルにわたって土砂崩れが起き、国道をふさいでいた。
 樹木が立ったまま、大量の茶色の土砂とともに押し流され、道路上に覆いかぶさっている。この場所を迂回(うかい)するように通る山道も複数の場所で土砂崩れが起きており、笠利町は孤立状態となっている。
 トンネル近くの土砂崩れ現場や、龍郷町の山道では、地元の建設業者や消防が復旧作業を進めた。作業に当たっていた40代男性は「あしたまでには行き来できるようにしたい」と意気込むが、トンネルの先にも冠水や陥没などがあり、孤立状態の解消は困難な状況だ。
 奄美市笠利町にある奄美空港の土産物店店長吉永逸也さん(54)は、道路の通行止めのため、20日は同市名瀬の自宅に戻れなかった。21日午後、仕事が終わった後も通行止めは解消されず、「きょうも空港内の事務所に泊まる」と疲れた様子。
 大きな被害が出た同市住用町の実家に、83歳の母親が1人で残されているという。「すぐ行かなきゃいけないのに、道路が行ける状態ではない」と不安が消せない様子だ。
 「薬がない」。同市名瀬の神経外科に通院する龍郷町の男性(70)は、病院で処方された薬が1日分しか残っていない。「あすも車が道路を通れなければ、バイクを使ってでも病院に行こうと思っている。雨でも行かないといけない」と困り果てた様子で話した」(時事通信)


 ・・・・・他人事でない、、、と思うのであります。

佐渡市の市道は??? - 2010.04.24 Sat

 冷春???のおかげで、桜のシーズンが長い、、、。佐渡は、、、満開かと言った雰囲気、、。
 結構広い佐渡のため、、、場所場所によっては、、、見ごろがいろいろであろう、、、、。ここいらでは、山桜も見ごろ、、、山菜とりのいよいよ本場である。

 こんな風にいろいろ山地関係を回ってみて気がつくのが、、、道路の整備状況が地域によってかなりの差があることに気づきます。「こんな山奥まで道路が舗装されている」と思うところがあるかと思えば、、、「何でこんなところが舗装でないのだ~~?」なんて感じであります。(ま、、、山道は山道であるのが良いのであろうが?!)

 はてさて、、、「道路」って何だろう???というと、、、「道路は国民一人ひとりが利用者であり、交通ネットワークの要として、人の移動や物資の輸送にかかすことのできない基本的な社会資本」「道路は、交通機能と空間機能の2つの機能を有し・・管理においては、これらの機能のうち「通行機能(安全・円滑・快適な通行)」を確保し、人の移動や物資の輸送を安定的に提供し続ける事が必要である」(道路保全技術センター道路構造物保全研究会)、、、というのが、、、小難しく言う、とこれが「道路」である。

 ついでに、、、道路ネットワークなるものを、、分類すると「広域幹線」「拠点連絡」「生活・産業確保」「日常生活基盤」の4つに分類して、、管理(水準)が設定されるものだそうである。(同)

 先の3月議会でも取り上げた「橋梁・道路の安全化(長寿命化)」の関係では、、、新潟県の橋梁長寿命化検討委員会(H21年度)では以下のように分類(管理方針)としている、、、。
「*道路ネットワーク機能について「常時」と「異常時」の2つの観点から道路の分類を再検討
*「常時」については、これまでの「交通量」のみの視点から、地域 特性、交通特性、ネットワーク特性などを考慮し、以下の視点に 着目して道路の分類を検討
・ 広域的な幹線ネットワーク ⇒例:隣接する県の県庁間を結ぶ広域的なネットワークなど
・ 拠点間の連絡ネットワーク ⇒例:地域内の物流拠点を結ぶネットワークなど ⇒物流の観点から大型車交通量などの視点も導入
・ 生活・産業を確保するネットワーク ⇒観光地へのアクセス道路など
・ 日常生活の基盤となるネットワーク

*「異常時」については、これまでの「緊急輸送道路」や「孤立集落」という視点による分類」


 ・・・とし、「管理目標」分類を
「*高規格幹線道路、*幹線道路 ー空港・駅を連絡する道路など、*生活幹線道路 ー市町村役場へのアクセス道路 、病院へのアクセス道路、*地域密着型道路」・・・の4つに分類して検討している。

 佐渡は、広い面積にそれぞれに集落等があり、少ない人口が点在しているため、、、なかなか道路整備・管理というと難しさがあるのだが、、、、。右表のように旧市町村時代の道路についての考えが反映している結果がこの格差となっているのではなかろうか???と、、、思うのである。(注意:表の最後の「全体の舗装率」は未舗装率のことです)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (60)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (693)
議会報告 (55)
一般質問項目 (30)
政治 (193)
議会改革 (48)
議員 (70)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (131)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (49)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (271)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (56)
不祥事と法令遵守 (23)
2016市議選 (6)
地方自治 (8)
公共施設 (2)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!