topimage

2017-10

7月、、、佐渡金の道〜 - 2017.07.01 Sat



 新潟県と佐渡市は〜〜〜世界文化遺産登録を目指す「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」の国内の推薦決定が、、、7月にある。これまで、、、期待されながらも、、、2度外れているため、、、、今年こそは、、、3度目の正直、、、で目指すとか?
 (嫌な言い方ですが、、、二度あることは三度ある〜〜〜もあるが、、、(汗))

 はて、今日は、、、期待も込めての住民の「金の道」、、、要は、相川〜真野〜小木と運ばれた、、、島内の陸路ルートを昔的に歩くというもので、、、ちょうど、、、当方、集落がお昼地点、、、。

 ちなみに、現在ある海岸線の国道は、昔はなく、、、必ず、当地を抜けて小木方面に向かう、、、というのがルートであったので、、、山の集落ですが、、、、迂回などをしているのではない〜〜〜。

 その昔は、、、当地は、、、ま、今で言う、、国道沿線であったとでも言おうか〜〜〜。(以外に知られていないのが、、、現在の海岸線を越えることはできなかった、、、ということ〜〜)

 はてさて、、、今日は、、、昨日からの久しぶりのかなりの雨模様、、、ま、時折、豪雨ぽい感じであったが、、、、、100人近くが歩いていた(お昼の計算で、ま、ざっと100人)、、、、。

 さてさて、、、この7月、、、結果は〜〜〜。ま、結果がどうあれ、、、佐渡金山などは、、、誇れる宝なのですが〜〜〜。

IMG_2288.jpg


足腰の痛みを感じさせない踊り〜〜 - 2015.02.22 Sun



 年度末になると、、、昔の市町村単位、、というか、、佐渡市の各地区で、、サークルなどの発表会的な催しものが行われる〜〜〜。写真は、、今日の真野地区のもの〜〜〜。

 古典?伝統芸能?な文弥人形から、リコーダー演奏〜〜〜〜ジャズダンス、、フラメンコなどなど、、、そうそう、、、演歌にあわせての舞踊??などなど、、、小学生から高齢者まで、、と多彩であり、、結構、おもしろい!

 やはり、、、当人たちが楽しんでいるのが伝わるからではないか〜〜〜。

 アナウンスも冴えていた、、「・・・日頃の足腰の痛みを感じさせない踊りでした〜〜」NICE!である。介護予防教室などというより、、、好きな趣味で生きがいと健康なのである、、、、ゆえに「生涯学習」である。

 ちょと、いい感じでした、、、が感想!!

IMG_7340.jpg

向き合うこと、、、??? - 2014.07.28 Mon



 ・・・あまりとりあげていないネタ、、、かもしれないが、、、世界遺産関連ネタ、、、。

 写真は、地元中学生によるボランティアガイド、、、を知らせる張り紙、、、。興味本位で、観光客に混じり、、案内を聞いてみた、、、。。。。

 はてさて、、というか、、、市民的に世界遺産をどうみてるだろうか?
 ま、たいがいは、、、「世界遺産登録になれば、、、低迷路線の佐渡観光の復活につながり、、ひいては、佐渡の経済にも大きなプラスになる、、、」といったところではないか。。。。。
 観光関連でいえば、、、「世界農業遺産、、、、朱鷺の島、、、ジオパーク(地質の世界遺産?)、、などがあるし、、おまけに両津航路も小木航路も新しい船も就航するし、、、佐渡観光に弱みなし!」、、などとの期待になるのか?

 専門家的には、、「世界遺産への流れの中で、佐渡の歴史や知られていなかった遺産がさらに深められ、掘り起こされ、、将来への保存が可能となる」、、、なんてとこか?

 当方的には、、、「朱鷺も世界遺産も悪かぁ〜ないが、、、おいらの暮らしが大変すぎて、、、そんなことにうかれてる暇がない、、、。朱鷺並みに、、市民の暮らしや経済も扱って〜〜〜」、、ってなとこだろうか?
 もちろん、自ら住む地の歴史や先人たちがどのようにその時代をすごし、、、そして、現在に至っているのかは、そこに住む人のアイデンティティにもつながり、未来へとつながるものであり〜〜〜なんて、、ボーっと思ってますが(*_*)、、、、もちろんですが、否定するものではありません〜〜〜。(ので、よろぴく!)

 はてさて、、、ということで、、、。

 「・・・周辺にも効果は波及しているが経済効果がずっと続くわけではない。
前例として2007年に登録された石見銀山は登録後、観光客数は倍の80万人超になったが2013年には51万人にまで減っている。一度見ればいいと思われないように登録後の整備や保存の仕方なども工夫する必要がある。富岡製糸場は明治時代の建物で保存修理や周辺整備で30年間で100億円がかかると見られている。世界遺産として保存していくには整備と費用が重要だがむやみにそれをやればいいことではない。・・・
」(「世界遺産に観光客殺到・経済効果は?」6/20日経プラス)

 「2004年に登録されたドイツのドレスデンエルベ渓谷は、観光客が押し寄せて、渋滞解消のために渓谷の中心部に4車線の橋を架けることを住民投票で決めたが、ユネスコが景観を損なうということで2009年に登録を抹消したという事例もある。」(  同  )

 以前、、、奈良県は、世界遺産が3つもあるにもかかわらず、、、宿泊観光客では、全国最低(07年「宿泊旅行統計調査」)、、、というのをとりあげたことがあります。(09年9月議会質問)
 この時のテーマは、、、観光観光と言っているが、、「行革路線」で観光関連をバッサリ切り捨てる方向は、おかしいのではないか?、、、ってなものでしたが、、、。

 ・・・・(何が言いたいか????)、、、。
 ・・・朱鷺にしてもだが、、、こういった取り組みは、実は、きゃあきゃあはしゃぐだけでなく、、、実は、静かに息の長い取り組みが必要なのではないだろうか???
 ・・そうそう、、新しい技術が出たからといって、、、売れりゃ〜〜いいばかりに、、次々に製品を出す、、、が、結局、消費者に飽きられるみたいな(IT関連かな?。。。かなり強引に関連づけてるやも!)、、、、そんなんじゃ、、、よろぴくないだろ、、、かな?ということである。(ちなみに、、当方的には、、IT関連とは、もしかして、、そんな繰り返しで発展するのかもしれない分野とも、、実は思っていますが、、。この辺は、「スティーブジョブズ」的思考が入っています〜〜)

 ・・それにしても、、、「****」ということに、真面目にじっくり向き合うことも必要なんじゃないだろうか???などなど、、とも、、、、。(ま、つぶやき)


要予約???日本のエッセンス〜〜〜 - 2014.05.27 Tue



 両津から、、、国仲方面に向かう国道沿い、、、のこの看板、、、どうよ〜〜〜???、、と思った当方である。(個人的には、、、”観光戦略官”の意見も聞きたいところなのだが、、、(-_-;))

 さてさて、、、佐渡観光協会のHPのトップ、、、。「日本のエッセンス」というところでは、佐渡の簡単紹介、、、。

 「海があり、山があり、湖があり、川があり、田があり、
  畑がある。寒暖両系の果樹があり、実りがある。
  大和、京、そして江戸へと続く文化・芸能の伝承がある。
  日本の魅力の縮図が、ここにある。」


 ・・・ってな風に紹介されている、、、。(旅もの、観光客〜になったつもりで考えてみた〜)
 
 ・・・佐渡に上陸して、、国道を走るとこの看板が、早い内に目に飛び込んでくる〜〜〜。”文化”、、、”歴史”、、、?、、、なら、博物館にでも、、、と思ったが、、、、この「要予約」?????で、、、ある。
 ”はてさて、、、、(-_-;)、、、複雑な心境〜〜〜”、、、、これが、、当方的観光客のオチ、、である。

 (ま、たいがい、こんなことを書くと、、、「だったら、廃止してしまったほうがいい〜〜」となるのだろうが〜〜〜)

 ・・・・久しぶりに、そっち方面に行ったので、、、知らなかったが、、、、の出来事、、、。(もしや、新穂の資料館もそうなのだろう、、、が、、。)

 ・・・・・・・・・・・・(-_-;)

佐渡の博物館、、、 - 2013.10.30 Wed



 (財)佐渡博物館が11月で閉館するというニュースで、、、新聞にも惜しむ声がでていたはずですが、、。

 佐渡市は、この佐渡博物館を1億円余りで買い取って、市立で運営する、、、というのが、、6月議会でしたが、、、いろいろと問題があり、、、現時点では、その案を取り下げています。

 昨日の議員全員協議会では、この佐渡博物館問題についての市長の考えが示されました。(「博物館問題」といっても、、、この佐渡博物館は、佐渡市のものではありませんが・・・)

 ・・・6月議会時点で、市が示した計画は、、、、(財)佐渡博物館をやるかわりに、、、両津郷土博物館と新穂歴史民俗資料館、、を閉鎖する、、、というものです。
 この閉鎖も早いうちにニュースになり、、確か(?)島外の方が新穂資料館閉鎖を悲しむ声も新聞にでていたはずです、、、。

 今回、市は、、、佐渡博物館を無償で借りて、内装などを改修して、佐渡市の博物館として運営する。ついては、両津、新穂を閉館する、、、。職員は、両津にいるジオパークと佐渡学センターの職員配置で対応する!というのが、大ざっぱな計画です。(決まった訳ではない。議会側からいろいろ意見も出て、議会としては再度検討の場、、ということになっている。)

 では、、いったいどのような博物館になるのか?(考え方的には、佐渡博物館+両津+新穂といった内容にすべきと思うのですが・・)=ちと、分からないので、、、当方が質問した中身から見てみると・・・・。

 当方)「長年親しまれてきた(私立)佐渡博物館の財産をキチンと引き継ぐことは必要だが、閉鎖する両津、新穂の博物館の財産も引き継いで充実することが必要で、すべての財産を引き継ぐべきだ」、、、、「世界遺産やジアス、ジオパーク、朱鷺(生物多様性)などをメインに佐渡を売り出したいというのが、甲斐市政だが、、。当然、こういった中身も充実するということになるのではないか?」、、、、「そうすると、増築なしで、内装改修だけでは、入りきらないことになる」、、、。

 お答え(答弁)「佐渡市が今後、行おうとする博物館は、そんなに特徴あるものを特科したものではなく”総合”博物館として、現在と同じようなものを行う。面積もないので、両津、新穂のものは、あまり入らない。多くは保管しておく。世界遺産やジアス、ジオパークなどの関連は、あまり入れない。」、、、。・・・つまり、分かりやすく言えば、、、いまと同じものを佐渡市でやる、、ということ、、、なようです。

 閉鎖する両津、新穂について、、、教育長(教育委員会が所管)は、、、「・・・・両津、新穂を閉館することは断腸の思いだが、市の財政問題があるのでしかたがない・・・」、、とも!

 また、市長は今後運営する博物館について、、、「博物館は、収益事業(採算)になじまない施設だ」、、、とも!

 これまで、議会側は、、、、「採算の合わない博物館を点在しておくことは、問題だ」(=ってなことで「アマチュア美術館」などは、大きく縮小されてきました〜〜〜)という「行革路線」の対象となっていました。。。(市長の上記の発言、認識からすると、、、「行革」の対象ではないような、、気もしますが。。。)

 ・・・上記のフレーズは、、『主旨』ですので、、ご注意を!・・ちなみに、市長の方向・方針が知らされただけで、具体的にどうなるかは、、まだ決まっていません。。。



陶芸の人間国宝が身近に、、 - 2013.10.07 Mon



 真野地区新町地域での、、、明治造りのおいえでのお茶会、、、は、今年で10年目、、が、先日の土日に開催!
 ・・・お茶のおもてなし、、ってことで、、ジーパン、サンダルでは、、やはり”茶道の心”に反するかな?とそれなりに、、、と、いっても、、、でしたが、、、。

 1つの場所は、お茶を習っている子どもたちもお茶出しをお手伝いも、、あった。はじめての立礼(りゅうれい)ででした。・・・何と言っても、、こりゃ贅沢かな?と思ったのは、人間国宝の三浦小平二(ちゃわん)、伊藤赤水(みずさし)、佐々木象堂の置物、、、の3つに囲まれていた、、、。(実は、これはかなり贅沢なわけである、、)・・・さ、どう、、よ! 、、、。

 陶芸で人間国宝が2人も生まれている、、、。ジオパークつながりでもあろう、、、「土」だから、、、もっと、焦点が当てられていいはずの「無名異焼」である。。。

 学校給食の器にこの焼き物を使うとか、、あったら、、もっと楽しいし、、、子どもも楽しめるのだが、、と、、いった質問も取り上げたのだが、、実は、全く時間がありませんでした〜〜〜。(反省)

ちょぼくり・・・ - 2010.02.09 Tue

 2月7日の何十年ぶり(?)かの大雪後、、、決して町部とはいえない山奥の大崎地区で「大崎そばの会」が、、、、。

 山に向かう車の中で、、、「この大雪だし、、島外からも訪れるファンも多いというが、、船も欠航だし、、入り込みは、どうだろうか???」、、、と呟きながら、、、会場へ!

 なんのことはない、、、、大崎そばの会には、、、大雪も欠航も、、関係ない!駐車場には車車車、、、小型の観光バスやクレヨンツァーのバスも、、、いつもよりは少ないのだろうが、、、それでも盛況である。(ある種、びっくり)

 会の最後は、、、ドリフターズ真っ青、、、というか、ドリフターズ並の、、、、伝統芸能(?)でのエンディングとなるのですが、、、、これまた、、、大盛況、、、。

 調査で同行していた日本福祉大の木戸教授が呟きました、、、「こういった地域は残さなくてはならない」(と力強く)、、、。福祉の専門の先生らしく、、、”こういった伝統芸能やサークル活動が、この高齢者の多い佐渡では、まさに「介護予防」となっているし、地域内の自治をつくっている。こういった状況を広げる素地は、現に佐渡に多くある。ここに着目して、合併した佐渡にふさわしい住民自治を再構築することが必要。行政(政治=佐渡市)は、地域力を大切に・・・”(当方のまとめ)、、、といった感想??



 そこで、、図式、、、「行政力」+「地域力」=「住民自治」。「専門家(保健士とか、、)」+「住民参加」=「地域力」。。。。。などなどと、当方が勝手に図式化してみたが、、、(む~~ん。式が成り立たない~~)
 ・・・勝手に観光だとか、文化だとか、福祉、教育、産業、消防・・・などなどと勝手に細分化しているのが行政だが、、、、実は総てがつながり、一体的になっているのが、、、が実態。伝統芸能の伝承、、、が、実は教育だったり、観光だったり、介護予防、、、、、、などなどと一体になっており、個々に細分化して、個々でしかとらえると、、、問題が出てくる。。。。。生涯学習のグループの問題・課題が体育館の施設だったりすると、、、行政は「体育館は****課の所管で、うちではどうしようもないので・・・」ってな対応がかえってくるが、、、このへんが行政対応の弱点ではなかろうか?

 「温泉施設」の民間移譲でもそうだが、、、、温泉施設を核とした福祉や健康づくり・・・といった姿勢が必要ではないか?「温泉施設」の所管課は、社会保健部だが、、、総務部行革課では「浴場施設」と無味乾燥の風呂扱い、、、。

 「住民自治」の視点こそが佐渡市に必要ではなかろうか???、、、と。

写真上;「ちょぼくり」、、、お座敷芸が大道芸になったもので、ルーツは江戸時代で、浪曲につながっているものだそう、、。写真下;「蟹舞」、、、なんともなんとも、、このナンセンスさ?蟹が歩いているのを、どこからともなくきたカラスがつっく、、というもの!もっと強烈ものには「鳥さし」、、、鳥を刺すだけの話も、、、。)

佐渡検定・・ - 2010.01.21 Thu

 佐渡を訪れた人は、何をもって佐渡を評価するのか?、、、といえば、、。

 釣りが好きな人は、どこでも釣りが楽しめること、、、歴史的遺産が好きな人は、、神社仏閣などを見て、、、キャンプなどのアウトドアー派は、自然を楽しむ・・・などなど、訪れた人の好みによることは、間違いない。
 食堂に入ったが、、、そばを食べたいと思ったが、、まずかった!、、それもそのはず、その店はカレー屋さんだった・・みたいならば、、その人にとっては、、×なお店、、となるだろう。

 当たり前だが、、、佐渡の文化や歴史を知れば知るほど。。佐渡ファンも増えるという。

 佐渡市が「佐渡観光・文化検定」を3月28日に開催する。ま、全国的にも流行の「***検定」の流れではあるが・・佐渡に関心を持ってもらうにはおもしろいのではなかろうか?

 佐渡は、本土にない特異な歴史や文化、環境が存在していますから、、、、それに相応しい内容の検定か?
 
 佐渡検定は、、、どちらかといえば、、島外向けか?島内の人自身が、、、自らの足元を知って・・・うんぬん・・とは、ちと、違うかなぁ~?と思いますが。。。。ま、これもあり。

桜と鬼太鼓、、、 - 2009.04.12 Sun

 6月並の温かさだとか、、、陽気に誘われて、花見の宴席、、、、。ちょうど近くでは、春祭りの鬼太鼓(おんでこ)が廻っていたので、祝儀でお願いし、宴席でひと舞いをお願いしました。

 鬼太鼓は、いつ見ても芸術品と恐れ入ります。。。
 鬼太鼓のある集落では、祭り前に練習が夜な夜な開催されるそうで、、、。佐渡人でない人は「うるさくて眠れない」というが、佐渡人の妻は「いい音だ」、、、と言うとか。
 「夜中に聞いていても、太鼓のうまい人とへたな人では、やはり音色が違う」、「太鼓のうまい人と鬼のうまい人がいる」、「やっぱり、鬼をやったこと(舞ったこと)のある人が太鼓をたたいたほうが踊りやすい」、「俺の同級生が(定年組)、青年会のはっぴを着て太鼓をたたいていた。おれも来年は、やりたい」、、、とかとか。

 また、鬼太鼓は、集落の若い集がやるのだが、「若い集が足らなくなってきており、後継者や維持がむずかしくなってきており、近くの集落の若い集を子どもの頃から育成している」、、、「行政も直接は、だめだが、、、優しく援助、見守るといった姿勢でこんな問題を地域、佐渡の課題として、とりくめないか」などなど、、、、という現実的な課題も、、、。

 4月中旬は、佐渡では春祭り、、、の連続、、、はでやかではないが、鬼太鼓は、やはり一見の価値ありです。こんなのを観光目的でもいいから、、、、是非見て応援してくれればなぁ、、、。

 桜満開、、、プラス、鬼太鼓の半日でした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (61)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (703)
議会報告 (56)
一般質問項目 (30)
政治 (199)
議会改革 (49)
議員 (70)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (132)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (50)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (274)
落語 (12)
Macなやつ (39)
防災 (105)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (57)
不祥事と法令遵守 (23)
2016市議選 (6)
地方自治 (8)
公共施設 (4)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!