topimage

2017-08

世界遺産??? - 2017.07.31 Mon



 3度目の挑戦、、、の佐渡の世界遺産の候補入り????。。。。。結果は、、、。

 「・・・文化審議会は今回、「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道と青森、岩手、秋田3県)、「金(きん)を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟県)とともに審査。古墳群を選んだ理由について、文化庁は「(世界遺産登録に欠かせない概念の)『顕著な普遍的価値』が比較的理解されやすく、推薦書の準備が相対的に最も進んでいる」と説明している。

 世界遺産の推薦は1国につき年に文化遺産と自然遺産が1件ずつに限られている。来年の世界遺産委員会で審議される推薦候補には、文化遺産の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)と自然遺産の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)が決まっている。・・
」(朝日新聞7・31)

 ちなみに、、、、「・・・10年に国内候補の「暫定リスト」に記載されたが、13年から国内候補を3度落選し、今回が4度目の挑戦。今年、保存状態が万全ではない10基を除外した。・・」( 同 )、、、というもので、、、4回目の挑戦だったのが大阪古墳群〜。

 そう、もう一つの、、、縄文遺跡群は、、、「・・・「縄文遺跡群」は4道県17資産で構成し、09年に暫定リスト入りした。国内候補を絞り込む文化審議会で13年から4年連続で「落選」。構成資産や地域設定、保存管理などの課題を指摘され、15年には保全状況に問題がある八戸市の長七谷地(ちょうしちやち)貝塚と北海道の鷲ノ木(わしのき)遺跡を除外した。・・」(岩手日報7・31)

 こちらは、、、5度目、、、。

 ふむふむ、、、。


レプリカ、、、、 - 2017.04.22 Sat



 不本意であるが、、、カテゴリは「観光」にしておいた、、、、、。ま、観光的施設の位置づけの方が高いような気もでぁ〜〜ですから、、、、。ちなみに、写真は、やらせでも、、、レプリカではありません。。。。

 「新潟県佐渡市の相川郷土博物館に展示されていた1つ当たり1キロの金塊のレプリカ5つが17日未明、何者かによってショーケースから盗まれ、佐渡西署が窃盗事件として捜査に乗り出した。犯人は本物と勘違いして盗んだらしく、すぐ横にあった本物の銀塊や金鉱石は手つかずで無事だった。本物の金塊なら計2400~2500万円相当だったが、レプリカには転売するほどの価値はないという。・・・」(4月18日産経新聞)、、、という騒動〜〜。

 この展示は、、、「佐渡金山から産出された最後の金、銀展示中」と銘打っていたから、、、これは、これは、、、である。

 「被害額が計51万2024円だったと報告。主な内訳は金塊レプリカが5万円、ショーケース背面と鍵の破損分が44万8200円」4月21日新潟日報)、、、ムムム、、、、ショーケースの方が高かった、、、という顛末である。

 不謹慎だが、、、(本当に、不謹慎ですが、、、(汗))、、、、このレプリカの金塊を盗んだ方の現在の心境は、、、どうなんだろうか、、と。。。。。。さてさて、、、、ではでは、、、、「佐渡金山から産出された最後の金、銀」は、実は、あるのだろうか?(そのことを聞くのを忘れた〜〜)

 あるのなら、、、まだレプリカであったことは、、、ま、とりあえず、、、ホッとするのだが、、、、ないとすると、、、、そりゃ〜〜ないぜ、、、まるで、、落語的である〜〜。(ちなみに、結構な噺家さんが枕話で語っているが、、、、「とれたばかりのオオイタチ、、を見ないか?近くに寄ると危険だ〜」と見せ物小屋をとっていた。木戸銭を払って入ってみると、、、「大きな板」に「血」がついていた=「オオイタチ」、、、。怒って、「どこがとれたばかりで、危険とはなんだ」と問い詰めると、、、、「最近、とったばかりの板で、、、、近くに寄ると倒れて危険だ」、、、というオチ〜〜。ま、これは、巧妙なる騙し、、、というか、間違いないと言えば、間違いないなぁ〜なのだが)

 当方的には、、、盗まれたこともだが、、、、、レプリカを本物と称して、展示していたことも、、、かなり強烈と思うわけであるが、、、。

観光が問われるかなぁ? - 2017.02.23 Thu



 いよいよ、23日には、新市政の初めての当初予算編成=市政方針=具体的施策などなどが明らかになる3月当初予算議会の告示となる。とりあえず、議員への概要説明も開かれるので、議員的には、明らかになる。
 よく、ニュースなどでやっている、、、「新年度予算」といった対マスコミ向けのものがあるのかどうかは?わからないが〜。

 はてさて、写真記事は、22日付けのものだが、、、、観光分野を大きな柱にするのか?・・・・ま、もともと、佐渡市に限らず、、、特に地方都市(市町村)では、、、、「地方創生」などの掛け声もあるのだが、、、”どこでも観光振興による地域づくり”が進められているから、、、ま、ま、ま、、、、、ある意味驚くべきでもないのであるが、、、、(涙)。

 ちなみに、、、”どこでも観光振興による地域づくり”というのは、、、ま、それくらいしか地域経済や人口減対策や活性化の打開方向がないというのが、、、今の日本の政治の状況であろうが、、、、。(つまり、全国各地で「観光振興」による争奪合戦化、、、しているということでもある。)

 (ま、ザックリ言えば、、、、”リゾート”、”一村一品”、”テーマパーク”などなど、、、、こんなブームに踊らされた過去の経過もあり、、、それらに地方自治体も翻弄された〜〜と言えなくもないので、、、「さてさて」とも〜〜。
 また、記事のこの施設とて、、、計画時には、、、、このような書き方をされるような現状にするつもりもなかったはずであろうが、、、、。それにしても、、、。)

 記事によれば、、、もう、決まったかのような書き方になっていますが、、、、議会的には、、、、”執行部から相談をかけられている”といった状況で=ま、検討中〜〜というものなのだが、、、。(はて?)

 ま、どちらにしても(力を入れようが入れなかろうが〜)、、、、世界遺産登録などもありますし、、、「観光」をどうするのか?ということが大きく問われることも間違いないであろうと、、、、。

「観光ビジョン」2〜〜〜 - 2017.02.15 Wed



 今日の議会の産業経済常任委員会、、、。ちょい前に、総務常任委員会で示された、、、「あいぽーと」の抜本的改善案(かな〜?)として、、、、あいぽーとに、、、観光協会+地域交流ネット+観光課+観光DMO(準備室か=当方理解)を配置換えするというもの!
 この、観光が所管である常任委員会が、、、、開催、、、。ということで、、、、昨日の観光案内所ではないが、、、、佐渡市の観光に関する姿勢が明らかになるはず、、、ということで、、、、傍聴に〜〜〜〜。。。。

 ふむふむ、、、と思いながら説明を聞いていたが、、気になるフレーズは、、、副市長曰く、、、「観光DMOは?(に?)佐渡の命運をかけている(かかっている?)」(主旨=ほぼ原文)が出た!!!=命運というくらいですから、、、かなり力が入っているはず、、、と!!!

 当方メモ=1Fの窓口後ろの事務室に観光協会を配置。2Fの現在の展示場に観光課ー17人規模。自転車置場改修してー交流ネットワークを入れる。・・・・DMOの準備室は????施設そのものは、観光課が管理し、窓口業務は現行のように、直営で運営する。

IMG_0648.png

 議論になった1つは、観光客などの動線、、、、、で、あいぽーとは遠いし、、、動線ではないのでは?、、、というものであった。また、降りて直前の両津支所が案内所なら分かるが、、、という意見も〜〜。
 論評は避けますが、、、人が集まる、、、という「人の動線」は、商売する上では、実は、かなりの重要ポイント、、、というか、生命線(ま、命運と言ってもいいかも〜〜)であろう。。。。ま、動線を無視してもやるというやり方もありますが、、それには、それなりの戦略がいる、、、、、😎。

4

 「私のグーグルアースでは、、***mと両津支所と変わりません!」、、、などなどとGoogle地図の言い合いが議員側と執行部で、少々あった、、、、。(なんだか、AIごっこみたいで面白く感じた〜〜)

IMG_0649.png
 (2015年夏には全面が緑化される予定、、、となっているのだが、、、)

 面白いなぁ〜と感じたものに、、、、「案内所などは、現在では、タブレットでもカーナビでもできますし・・」とそんなものはいらないてきというフレーズ!(・・・実は、、、心の中で、、、、AIペッパー君の方が嘘をつきませんので、、、と言った感じで呟いた〜)
 =つまり、2つ目は、、、、こういった、、観光への捉え方なのである。(昨日の観光案内所廃止、、、とも通づるのである)

2

1

 恐らく、新年度の目玉施策の1つであろうと思われる「観光」なのだが、、、、傍聴議員であったが最後に、1つだけ聞いてみたのが上記の世界遺産ガイダンス施設の件!
 専門家も入れた報告書では、、、メイン(相川)+エントランス(両津、小木)+サテライト、、、と大きく3分類されている、、、。しかも、3資産などと言いますが、、、一番は、、、何と言っても金銀山関連でしょう〜〜〜。(「世界遺産」を観光の喰い物にするのは、当方的には不本意ですけど)

 「一連の話をい聞いていたが、、、世界遺産関連の言葉が一つも出てこないというのは、不思議!専門家も含めた報告書では、両津はエントランス施設機能が求められているが、、、、それをどうするかも出てこないのは???、、、DMO,DMO、、、というが、結局、それ任せじゃねぇの〜〜云々」と問うた!!!

 当方的には、上記の写真の両津のエントランス施設は、、、、なんだか、、あいぽーとの位置のように見えるのだが、、、、。それとも、別に建てたりするのかなぁ〜〜〜と。。。。はてはて、、、、。

 さて、、、今、経済も低迷、、観光も低迷で、、、深刻な状況の中で、、、「命運」というなら、、、それなりのリサーチや計画、ビジョンがあってこそではないか!!!!・・・・そうそう、民間企業なら、、、この程度の企画・プロジェクトなら、、、練り直し、、、、であろうと!!強く言いたい訳である。・・・・・・・また、怒られますが、、、安易すぎる〜〜〜と!!!

 ま、これが現在の佐渡市の「観光のビジョン」であろうと理解した!!!

(恐らく、、、「そんな意味で言ったのではなく、、、」と後日、言われるだろうが・・・・「動くゴールポスト」だなぁ〜)

「観光のビジョン」??? - 2017.02.14 Tue



 ここ、、、ここ2、、、関連の続き、、、、。

 前回(「ここ2」では、住民側から、下駄(その後の回答=住民「もう一度考えてくれ!」に対して、担当課長は「市長に伝えます」、、、と言って終わっているから、、、、要は、、、、その結果などを伝えるかどうかというのは、、、、市側に下駄が預けられたという形であった!)を市側に預けた形で1月24日は、終わっていた、、、。

 地元の議員ということもあったのであろうが、、、、急遽、呼ばれた。当方的には、上記のように下駄は市側に行っているのだから、、、市側からのアプローチなのだろうと思ったが、、、、違った!

 聞くところによると、、、関係の市民が市長に手紙を出したところ、、、では、来てくれ、、、、という形だそう!

 ・・・ということで、、、なりゆきを静かに見守った(「黙っていた」ということである)。

 住民側は、「これから世界遺産を目指し、、住民共々、世界遺産への関心を高め、観光客にもおもてなしができることが重要。自らの地域活性化の種々の取り組みの中で、地元の観光資源、歴史を学び、これらを観光や地域づくりに活かしていくことが重要で、案内所とともに協働しながら、観光客にも喜ばれる取り組みを強めたいと考えていた最中に、廃止とは?
 観光協会の出先機関(窓口)というが、市の施策の大きな柱が観光であり、協会まかせでなく力を入れるべきでは!」(主旨)、、、といったものである。(当方文責)

 市側は、「案内所は、あくまでも観光協会のものである」( 同 )、、、ということに要約される返答内容であった。

 やりとりの中で、、、、「観光をどう捉えているか?」という住民側からの問いかけがあったが、、、、、興味深かった!。。。。つまり、今後の「佐渡観光」というものをどう捉えているか?=観光のビジョン、、、、、である。
 要は、この案内所の位置付けが、、、、住民側と市側では、違うということなのだろう!

 「せめて、市は、*****と考えて対応するつもりなので・・・」といったビジョンでも示してくれたら、、、と呟いた住民がいた、、、、。

(呼んだ割には、、、そっけない中身、、と、、、当方感想〜〜〜)



予算を見れば、、、中身が分かる??? - 2017.01.25 Wed



 介護や医療、、、国保などなど、、、、社会保障関連では、目がテンになっているのが、、、国の来年度予算案の方向である。

 医療費負担の月額上限を定める「高額療養費制度」では、17年8月から一定以上の収入のある70歳以上を対象に負担額を引き上げ、220億円を削減。
 75歳以上の後期高齢者医療では、低所得者の保険料を5割軽減する特例を17年4月から2割に縮小。扶養家族だった人の保険料を9割軽減する特例も、7割にして190億円を削減。
 療養病床に入院する65歳以上の居住費(水光熱費)を値上げして20億円を削減。中小企業の従業員らが加入する「協会けんぽ」への国庫補助も320億円を削減します。(超高額の抗がん薬「オプジーボ」の値下げで200億円を捻出。)
 介護保険では、40~64歳が支払う保険料を収入に応じた「総報酬割」に見直し、440億円を削減。


 ・・・といった感じで、、、社会保障の伸びを3年間で1兆5000億円とする方針を決定。これにもとづいて概算要求で6400億円に削減、今回の削減で5000億円の削減目標を達成する構え〜〜〜なのである。

 いわゆる、、、自然増分の削減路線。しかも、、、先に削減ありき、、、総額ありき、、、なのである。

 自然増、、、わかりやすく言えば、、、現行の制度内容で、、、例えば、高齢者の介護だったとすれば、、100人だったが、、それが、120人になる。そうすれば、何もしなくても、、、当然、その自然増分は、、、、増えて当たり前、、、なのである。

 はてさて、、、、時節柄、、、国も、佐渡市も、、来年度予算編成がどうなるのかが、焦点である。

 (ここから、本題〜〜。写真:1・24)

 佐渡市的に言えば????大きな目玉といえば、、、「世界遺産」があろう、、、来年度で3度目の正直であり、、、期待も高まっているはずである。実は、言うまでもないが、、、、世界遺産登録に向けての受け入れ体制や観光対策は、ここ数年来の大きな目玉となってきている。(恐らく、、、あの「あいぽーと」なども、、、、ま、言わばその一環でもあろう〜〜)

 また、、、国の号令(ぽい)、、「地方創生」などという中でも、、、地域産業を活かした地域おこし、、、観光を活かしたまちづくり、、、などにも取り組んでいる真っ最中である。(「観光DMO」〜〜とか〜。文科省なども地域文化を活かしたまちづくり路線である〜)

 ・・・ところがところが、、、、佐渡市にある観光協会の4つある案内所の1つを来年度から、廃止するというのである。(両津、相川、真野、小木の内、「国仲エリア」と位置付けられている真野地内の案内所を廃止(両津と統合なのだそう〜)する。

 ・・・ということで、、、、地域の街並みづくりや活性化に取り組んでいる住民と観光協会+市との話し合い(写真)と!・・・・すでに、書いていますが、、、、11月8日には、市長、副市長などに意見の申し入れをしており、、、、その時の感触で、関係者もホットしていた感じだったのであるが、、、、。(記事リンク

 24日の報告は、、、結論から言えば、、、12月14日の観光協会と市長(佐渡市)との話し合いの経緯の中で、案内所を廃止することが語られ、、、翌15日には、観光協会の常務が14日を受けて(観光協会として)廃止の方向を示した。(ほぼ、発言どうり) 
 ・・・ので、、、廃止することになりました〜〜〜という報告であった。

11
(観光協会予算=HPより)

 当方的には、、、黙って聞かせてもらうつもりでいたのだが、、、、あまりにも曖昧な説明だったので、、つい口を開いた〜。

 廃止の理由は、、、年間の事務所経費の30〜40万円を削減させるため、、、というもの!

 ちょい前の議会では、、当方が質疑したが、、、、本来、佐渡市が自前(自分の予算)でやる予定だったものに国の地方創生予算がついたりして、、、今年度だけでも数千万円が市独自予算と置き換えられている。(つまり、その分は、市の予算が浮いたということになるのである。)=== この事例の1つをとってみても、、、30〜40万円削減が必要かと言えるのである。

 住民からは、、、「これから世界遺産を見据えて、佐渡中で頑張っていかなければならない重要な時期なのに・・・」、、、、「観光と地域づくりを市はどう考えているのか?」とか、、、「自分らのボーナスは上げておいて、それはないだろう!」とかなどなど、、、と厳しい声が連発した!

 ・・・・・たぶん、、、世界遺産を目指して、、、、受け入れ体制や観光体制の充実、、、の最中、、、広い佐渡を見たら、、、現在の4箇所くらいの案内所は、最低限必要であろう、、、、これは、小学生でも分かるような気がしますが〜〜〜😆。

 (市長や議員の対する厳しい意見も連発しましたので、、、でもないが〜)当方的(議員)に解説!=”佐渡市の来年度予算一律5%を受けて、、観光協会本体予算(補助)を削減するところから、、、そのしわ寄せが案内所廃止になっている”と!(課長や観光協会は「同意」!)

 ”11月8日には、、、今日参加の住民には、それなりの希望をもたせておいて、、、1ヶ月後の12月14日には、市が廃止方向を持ち出す?とは、一体全体、どういったことか?11月から1ヶ月の間に考えが変わったのか?住民に責任ある説明があってしかるべきではないか!”

 ”市課長は、今日の話を市長に伝えます、、、とか言っているが、予算は決まっており、変更はできないのではないか?また、期待をもたせるような素振りは問題ではないか?”(これについて(予算分削減)は、「決まっている」と答えた)

 (ついでに〜〜)”市民に曖昧なことを言うべきではない!自分らのボーナスをあげる予算はありますが、観光や案内所の予算は厳しくてありません!!と言うべきではないか!”、、、とも〜〜〜〜。(議員の期末手当値上げは「必要な予算」と言う賛成議員がいましたが、、、。もしかしたら、、、その値上げ分が、、、こういった予算に影響が出ているとも言えなくもありません〜〜〜。・)


 観光協会の歳入予算の75%は佐渡市の補助などで成り立っている〜〜〜。(上表)分かりやすく言えば、、、、経済不況の中で観光業などなどが厳しい中で、、、予算を削減されれば、、、、一層、身動きできなくなる傾向があることは、当然であろう〜。

 ま、これだけで、、、来年度予算や、、観光関連に対する市の施策が決まった訳ではありませんが、、、、、。しかし、しかし、、、である。11月8日には、、、市長、副市長、観光課長が対応している写真をまじまじと見てしまった〜〜。

 「何か言うことはありませんか?」とさされた参加者の一人は、、、、、、

 「馬鹿馬鹿しくて喋る気もしない・・・・・」と話を続けた、、、、、。



地域の協働??観光案内所がなくなる??? - 2016.11.09 Wed



 昨日のネタ、、、。観光協会の国仲案内所=真野観光案内所が来年度、事実上の廃止となるということから、、、地域で観光や地元おこし、、、地元学(久しぶりの単語)、、、でがんばっている住民が、、、、、市としても存続・拡充してほしい、、と市長に要請!

IMG_7992.jpg

 担当課長曰く、、、「廃止」とは言及せず、、案内業務などは年間約1300件であり、両津案内所に人員を移す方向であり、、、、貸し自転車は、民間に委託方向である旨が語られた。。。。結局、「廃止」に〜〜(^_^;)。。。。要は、採算があわないから、観光協会がやる方向と!

 1111

 これが、観光協会の案内所の4つ、、、。(観光協会HPより)

 1121

 確か、、、この観光協会のHPは、佐渡市のもの(6か国語対応にすることで佐渡市予算でつくり、佐渡市所有のもの)。左上には、、、「佐渡市公式観光情報サイト」とも記しているのだが、、、「公式」というまでもなく、佐渡市の所有のHPを観光協会が使っているだけ?(なんだかよく分かりませんが〜〜。こういったことの筈です)

 当方も、少しだけ語りましたが、、、今回の要請では、観光協会まかせにするだけでなく、、、自分たちも協力しながら、佐渡観光や地区観光、ひいては地域活性化のためにつなげていきたい、、、と!積極的に関わる姿勢を明らかにしています。===ここは、従来型と違う地域住民の決意ではないかと!!!(要請文に)

 市長は、、、「費用対効果」、「観光協会がどう考えているかわからない?」、、まずは、話をしてみては?、、、といったあたりである。

 当方的には、、、、市の大きな柱として観光を掲げており、市としての考え・計画があるべき、、、観光協会まかせでなく、、、協働こそ、、、と呟いたが、、、、。

 10日の観光協会の総会で決まる、、、のだそうだが、、、さて???


春についで冬のお得な佐渡旅行割引なのだが、、、はて? - 2015.11.20 Fri



 写真:今朝の”漁師の朝=真野湾”ですが、、、。今んところ、、、海も穏やか〜〜〜です。

 はてさて、、、佐渡旅行がお得なキャンペーンが始まってます。ここ

13

 これは、、、どうも(?)、、、地方創生関連予算を使ったキャンペーンのようである〜〜〜。そうそう、春先にも、地方創生予算での「プレミアム宿泊券」などがあった〜〜〜〜。

12

 春先のキャンペーンとどう違うんだろうか?とふと疑問に、、、、ということで、、、、佐渡市HPの告知(新着情報にある)を見に行った〜〜〜。。。。

44

 ・・・とととところが、、、、リンク先は〜〜〜〜〜ぁ????!!!!

45

 むっ??おや???、、はて???、、、もしかして??、、やっぱり??、、、まさか〜〜???、、、などなどのフレーズが浮かんだのである。。。。でも、どうしてリンク切れなのであろうか?????、、、と!!!!



夏と、、、GDP、、、。 - 2015.08.17 Mon



 (写真:スマホの万が一の水没も覚悟で、、夏の海を撮影したもの〜〜( ^o^)ノ)

 はてさて、、、GDPの年率マイナス1.6%、、というニュース、、、、。
 ま、当方的には、、、、アベノミクスのやり方なら、、、こんなものだと、、、思わなくもないのですが、、。だいたい重要な個人消費を冷やす施策ばかりですから〜〜〜〜。。。

 なのだが、、、やはり個人消費の冷え込みが大きいよう〜〜〜。



・・・ということは????夏がシーズンである、、、佐渡の観光は???はたしてどうであったのであろうか???・・・観光も個人消費の影響をもろにうけることは間違いないし、、、、、。などなどと心配になるわけである〜〜。。
 そうそう、、、甲斐市長は”高値観光”をめざす、、と言ってきているし、、、なお、、、??(「高値観光”という意味は、、「薄利多売をめざす」のではない、、、という意と「安かろう悪かろう」の逆という意、、、を含んでいると。。。当方受け止め〜〜)

IMG_1146.jpg


IMG_1145.jpg


 GDPショック、、、、。はたして、これで地方がよくなるかなぁ〜〜〜とも、、、。市民の暮らしは極めて深刻ということには変わりなし、、、、。

 「・・・内閣府が17日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・4%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は1・6%減で、3四半期ぶりのマイナス成長となった。天候不順や物価上昇で個人消費が振るわず、海外経済の減速により輸出も低迷したことが響いた。・・・」(共同通信)

観光シーズンか? - 2015.05.27 Wed



 「日本一、お客様に愛され、選んでもらえる島」というのが甲斐市政での佐渡市のキャッチフレーズ〜〜なのだが、、。
あかねの就航で、、、佐渡観光が潤っている??というのである。

 「・・・佐渡汽船(佐渡市)の直江津―小木航路の高速カーフェリー「あかね」が21日で就航から1カ月となった。1カ月間(4月21日~5月20日)の乗客数は2万1905人と前年同期の約1・5倍。北陸新幹線の開業を追い風に、ゴールデンウイーク(GW)の島内観光もおおむね好調だった。一方、あかねの発着港となる佐渡市小木地区の住民は、観光客を素通りさせない取り組みに力を注ぐ。
 佐渡汽船と佐渡市によると、GW中(4月28日~5月6日)のあかねの乗客数は1万712人(昨年同期比約7割増)。往復であかねと新潟―両津航路を使い分ける動きもあり、寺泊―赤泊航路を含む3航路全体では7万2千人(同約1割増)だった。島内の主な観光施設である史跡佐渡金山やトキの森公園など約10カ所の来客数は全体で約13%増加。あかねの就航は島内全体の観光を押し上げた形だ。・・
」(5/22、新潟日報)

 ・・・・さて、、、これは、間違いないのだろうが、、、。関係者の声は、、、少々違う感じを当方は、受けていますが〜〜。ま、小木航路を昨年と比較して1,5倍、、まあ〜〜就航初年度であり、昨年との比較で低迷というのでは、、話にならないのであるが、、、。

 ある「旅もん」と「佐渡観光」の話になった。ま、一言で言えば、、、「サービス精神」がなっていない。。。(いわゆる「おもてなし」ということか?)その方があげたのは、、、「5時閉店直前(4時45分頃)にお店に入ったら、嫌そうな顔をされ、対応された・・」、、、などなど、、。

 当方的には、、、「日本一、、おもてなしの悪い佐渡〜〜」なんて、逆打ち出しは、どうだろうかと言ったら、、評価は悪くなかった、、。

「・・・住民から、あかねの就航効果を「実感できない」という声が聞かれる。佐渡市小木町の商店街で食料品店を営む男性(61)は「港町の歴史が残る小木の町並みも立派な観光資源。PRしたい」と話すが、あかね就航後も「相変わらず人通りは少ない」と感じている。
 島全体の観光客増加に向けた課題は、リピーターの確保と滞在日数を増やすことだ。市観光振興課の大橋幸喜課長は「地域の祭りへの参加など、住民との交流はリピーター増加につながりやすい。体験体感型のコンテンツを磨いていきたい」と展望を語る。・・」( 同 )

 ・・・・む〜〜ん、、、後段のこれは、、、これまでの観光と同じか?「観光波及効果が島民を潤す」のかどうか???、、、という実感・実態ではないのかぁ、、、。

プレミアム宿泊券 - 2015.05.11 Mon



 「・・・島内の宿泊施設が格安で利用できる「佐渡プレミアム宿泊券」の第1弾の売り出し分5千枚が先月末、発売から1週間で完売した。・・・・・プレミアム宿泊券は島内約60のホテル、旅館、民宿などで使える。宿泊施設側も食事や土産品などをサービスする企画に取り組んだ。先月21日に発売し、首都圏や県内などを中心に順調に売れ、27日に用意した5千枚が売り切れた。宿泊施設の中ではプレミアム宿泊券の利用で6、7月の予約が順調に入るなど効果も出始めている。
 宿泊券の利用は購入から3カ月以内。8月の観光ハイシーズンでも使ってもらおうと、市では第2弾5千枚を21日から発売する予定。これに合わせ直江津―小木航路に高速カーフェリー「あかね」が就航し関心の高まった関西、中京圏でも佐渡観光をPRしていく。・・・
」(新潟日報)

 よもや、、、売れ残りは、、、あるまい〜〜と内心、、、心配でもあったが、、、1週間で完売〜〜〜!第二弾も出る〜〜〜。・・・・これで、とりあえず今期の観光は安泰なのであろうか?
 問題は、、、このあと、、、、、、であろうけど、、、。

まじかよぉ、、、あいぽーと〜〜(*_*) - 2015.04.09 Thu



 (かなり〜〜怒られるのを覚悟で書いています〜〜。と言うのも、、、先日の書き込みの本庁舎2Fフロアー〜〜〜ではないが、、、今年度の力の入っている関連でもあろうし、、、今春オープンした訳でもあるし、、、(^_^))

 待望の観光インフォメーションセンターなる、、、「あいぽーと佐渡」、、、に、、、ちらりと立ち寄ってみた〜〜。

 もちろん、イベントが催されていれば、、それなりに違うのであろうが、、、、離れ小島の、、、流刑の島、、とでも言おうか、、、非常に、、、暗い、、寂しい〜〜印象であったのが第一印象である〜〜〜。・・・こういったコンセプトの打ち出しなのであろうか、、、と、、、、(あくまでも当方的)・・・中心部のホールでは、、佐渡のどこかの組織の会合が開かれていたが、、、、。

IMG_8250.jpg

 怖い物見たさで、、、有料の300円なる2Fの展示場に勇気を出して散財〜〜〜してみた。。。。たまたま、、、当方以外にもうお二人がいた、、、、。

IMG_8249.jpg

 当方的には、、、承知と覚悟をしていた訳だが、、、それでも、、、唖然呆然〜〜〜。実は、、、、他のお二人さんも、、、ほとんど同様の意見と感想であった。
 写真を見ていただきたいのだが、、、、この小さな部屋の真ん中に、、、展j物棚の2列、、、、だけ、、、。おまけに、、、壁の4面中、、、、写真のように、、、何もディスプレイもされておらず、、、むき出しの白い、、、壁である〜〜〜〜〜〜(*_*)。。。まだ、展示されていないか、、準備中とでも言えそうな、、、なんと言ったらいいのか分からない雰囲気なのである。

 ご一緒、したお二方も、、、、「これなら、、半年間は無料にするとか?」の方がいいのではないかと同意である。。。(気の強い、、都会人なら、、、「金返せ!!」となるのではないか?当方的には、、、「半分返せと3人で言いませんか?」と同意を求めたら、、、まんざらでもない雰囲気のお二人でもあった〜〜〜。
 これでは、、まるで、、落語の「お化け屋敷」では、、などなどと、、、。(「ええ〜〜見ていきなさい。。。この中には、、命の元が公開されている〜〜」、、、と言っていたので、、見世物小屋に入ると、、、茶碗1杯のご飯が盛られていた、、、という落語の前振り〜〜のごとく〜〜である、、、などなどと、、)

IMG_8251.jpg

 1Fの売店の方などとも、、いろいろ話をしましたが、、、、、(^_^)

 たまたま、、、担当課の補佐がいたので、、、2Fの感想や、、こうしたらいいのじゃない、、、などと話をした。となりに居合わせた方も、、、当方と同様の意見であったわけなのだが、、、。

 (さすがは、、、公務員???担当課〜〜)、、、「・・・そういった意見もあるでしょうけど、、、いい展示だという意見もあり、、、いろいろあるのだ!!!!」、、、というもので、、、、、こちらの言い分には、、けして、、同意の仕草は、、、なかった〜〜〜。(別に、怒っているのではなく、、、少しでもよくなるように、、、といろいろ言ったのですが〜〜)

 本庁舎の2Fフロアー〜〜〜〜。。。。観光戦略官も広報戦略官も、、、観光課長も、、、総合政策課も、、、、、、そうそう、、、いわゆる「観光大使」も、、、果たして、、、この状態を見たのだろうか?、、、これでよし、、と思っているとしたら、、、、(あくまでも当方的ですが)、、、唖然呆然である〜〜〜。

 佐渡市直営の、、待望の観光施設???です、、、これでは、、、「おもてなし」以前の問題ではなかろうか。。。というのが、、個人的な感想である、、、、。(担当職員さん的に言えば、、、あくまでも1つの意見でしかない〜〜〜のだろうが、、、)

 ・・・そうそう、、、「褒める客ほど、、買わない、、」これは、、、鉄板の原則〜〜〜なのだ〜〜と。。


3月のカーフエリーの時刻さえ分からない〜〜 - 2015.01.24 Sat

名称未設定 2

 (へんな意味、、いやみ、、でも、、なんでもなく、、ただなんとなく・・・な書き込みです)

 そういえば「さどの日」(3月10日)があったよなぁ、、、と、さーっと、、ネット界隈を見てみたが、、、2015年のさどの日、、、が分かりにくい、、、。(あくまでも、当方的ネット技術とでもいいましょうか、、、の範囲なんですが、、、)

 北陸新幹線開通などもあるのだし、、、さぞ!気合いを入れてやっているものだろうと、、、考えていましたが、、、どうも、、そんな感じではない、、、のである。。。。
 もちろん、佐渡市のHP(一応、観光協会は別組織ですし・・・ここも実は、わかりにくい、、、)にも、そのような打ち出しもない感じである。。。(あるのかも知れないが、、、当方的技術の範囲では、、よく分からない〜〜のである)・・これって「日本一、お客様に愛される・・・」うんぬん、、、を完璧に裏切ってるのではないか、、、とさせ、、、思うわけである。。。

 北陸新幹線がらみで、、、TVなどの報道では、、、北陸地域のがんばりや取り組みが結構、、眼に入ってきます、、、。当方的にも、、、TVなどから感じるのは、、、「佐渡に行ってみようか?」、、、とは、全く思えない〜〜というのは、、、当方だけであろうか????
 む〜〜ん???佐渡(市)の観光????と、、、。

 おそらく(あくまでも、当方的推測でしかありませんが・・)、、、、現時点で、、佐渡に渡るための船、、、の佐渡汽船の3月以降の時刻表が、、、佐渡汽船のHPにな〜〜い。。。。(;_;)
 (すでに、何度も書いてますが、、春から、佐渡汽船は、カーフェリーなどの便数の減など行おうとしていることから、、、掲載できないでいるのであろう、、、が!!)

 ・・・しかし、しかし、、、あきれるほど、、、あまりにもお粗末と言うしかないのではないか、、、。「さどの日」(今年、、あるのかどうかも分かりませんけど???)がいくらあるあると言っても、、、佐渡に渡る船の便さえ分からなくて、、、いったい誰が来るだろうか????

 もちろん、、、春だけでなく、、、夏向きだって、、計画もできない訳である。。。(観光客だけでなく、、、島民にとっては生活航路でもあるし、、、島民だって困るのであるが。。。)

 北陸新幹線、、、小木航路「あかね丸」、、、、などなど、、、といくら言っても、、、結果が見えてしまう気がするのは、、、当方だけか????と!!!!


北陸新幹線開通と佐渡観光???=2 - 2014.12.28 Sun

扇

 ・・・これが、、「扇の要」論観光戦略。。かな?

 (昨日のつづき〜〜)>禁句??いや、禁フレーズかもしれないなぁ、、、。
 ぐたぐた書く前に、、結論的に言ってしまえば、、、「現在、佐渡市が力を入れて、”最上位”的にやっている『観光』は、、もしかして、無駄ではないのか?!」、、ということなのである。(かなり、怒られそうですし、関係者のみなさんから、、どやされそうな気もしますが、、(汗))

 もちろん、、、「観光資源も豊富であるし、移動人口(としておく=観光客など)が増えることにより、地域経済に寄与する」、、というものを否定もしませんし、ある意味、これは間違いではない、、と思っていますが。

 ではなぜか?、、、その昔、、、リゾートブームってのが国をあげてありましたが、、、それぞれにテーマパークみたいのが、あちこちにいろいろできたりした、、。結果として、全国リゾート熱で、、、あったのである。
 今回の、北陸新幹線開通〜〜これも、ある種、、北陸地域全体が、、観光客(移動人口等)対策でやっきになる、、、おまけに、消費増税などで個人消費が冷え込んでいる、、、という状況下で、、離島であり、交通不便、なおかつ高い、、、から、過大な期待は??・・・というもの。。。(もちろん、扇の要観光が成功してくれることは、いいことだと考えていますが・・)

 ついでに、、蛇足的にいえば、、、朱鷺は、佐渡だけですし、、、放鳥も08年から行われたし、、、、つまり、朱鷺観光(という言い方しますが)は、佐渡にしかなく、、ある意味ネームバリューも高いし、、TVなどでもかなりの宣伝的効果がありました、、、。。。。にも、かかわらず今の現状ともいえるのではないか???と!

 (ま、逆に言えば、、「朱鷺観光」もなかったら、、今以上に、、惨憺たる状況になっているはず、、とも言えなくもないのだが・・・(^^;))

 ・・・12月議会の中で、ある議員が、、、外から来た現執行部のお偉いさんに佐渡の感想を問うた、、、そしたら、、、来る前に考えていた以上に、、「****で****などもあり、、***いいとこだ」的な感想答弁だったが、、、質問議員は、、、「***や***なんかは、どこにでも実はあるものなのだが・・・」と斬りかえしていたが、、、、。ある意味、、大当たり〜〜と思って聞いていた、、、。

 いわゆる「旅もん」で佐渡に住み着いたかた曰く、、、、。
 質問「どうして佐渡だったんですか?」
 旅もん「・・・”どうして”と言われれば、偶然です。たまたま、佐渡に来たらいいなぁ〜と思って住みたいと思うようになっただけで、、、逆に言えば、、北陸の違う、いいところに佐渡にくるより前に行っていたら、そこに住み着いたかも知れないし、多分、佐渡よりいいところも他にあるのでしょうが、、たまたまです。」と、、、なりほど〜〜〜nya!でした。

 9月議会で市長は、、、「観光とあわせて商店が連携できるようなしくみ・・・」のようなフレーズを言っていたが、、、本気なら面白い、、と当方的には、関心しました〜〜〜。
 観光関連で波及効果が小さくないことは、当然理解します。しかし、、、観光は「来てもらわなくては、はじまらないのである」、、、。(実は、この意味では、島内の課題解決(例えば、高齢化や特養不足などなど・・・)は、現に困ってる人がいる、、、ゆえに、、、やれば、すぐに波及効果も生まれるのである〜〜が、、とも〜)

 ・・・・という怒られの、、つぶやき、、、。




北陸新幹線開通と佐渡観光??? - 2014.12.27 Sat

ときわ

 禁句??いや、禁フレーズかもしれないなぁ、、、。

 今年も、、師走のドンズまりなので、、、佐渡市的(議会視点=当方視点)での、、10大ニュースみたいのを、、ぼーっと、、考えてみた。。。

 当然ランクインするであろうが、、両津〜新潟航路、、、写真の4月から就航した新造船の「ときわ丸」、、。佐渡市が21億円出したということも、、大きなニュースですが、、、。

 で、、、来年の4月21日には、、、今度は、小木〜直江津航路で、、「あかね丸」(佐渡市は、約8億円)の高速カーフェリーが就航、、、するのである。

あかね

 おまけと言おうか、、、北陸新幹線の開通するので、、直江津〜小木、、、はたまた、、大阪方面からも増える???などなど、、、。。。ということで、、佐渡市的にも、、市民的にも、でもあろう〜が観光に注視しているのでもある。。。

 今年の「ときわ丸」就航効果も期待していたが、、それほどでもない、、、というか、、「よくない」ようである。ちと、前に佐渡汽船「経営改善計画」なる書き込みをしましたが、、実は、その時の社長の今後の見通しについて語っていたことが、、当方的には、、強烈に残っているのである。

 それは・・・「(ええっと?どこだったか忘れましたが、、)昨年(H24)は、***方面に観光がとられていたが、それも終わったので、今年は、「ときわ丸」効果も含めて期待していた。6月くらいまでで下げ止まると考えていたが、7〜8月は、昨年よりも厳しかったので、、、「経営改善計画」を県と金融機関と相談してつくった」(あくまでも、当方の受け止めの理解の要約です

 ま、「経営改善計画」が島民にとってよくない方向なので、、そのへんをわざと強調したのかも知れませんが。。。。。この言葉どうり受け取れば、、、「観光」は、かなり厳しいということであるのだが、、。

 佐渡市的には、、、朱鷺、世界遺産登録前、ジォパーク、世界農業遺産、、それに新造船就航〜〜で、北陸新幹線開通〜〜〜、、、、そんでもって、、、観光・情報戦略官も採用してるし、、、来春には、国際会議ができるという観光インフォメーションセンターが両津にオープンもする。。。。
 おまけにというか、、「日本一お客様に愛され、選んでもらえる・・・」というのが、甲斐市政の現キャッチフレーズ、、、、なのである。

 観光関連の低迷は、、当方的には、、消費税増税も含め、、深刻な不景気による個人消費の低迷の影響が大きいと考えていますが、、、、。

 さて、、そこで問題となるのが、、来春の北陸新幹線開通で、、果たして、、佐渡観光に少しは光が差し込むのか、、、ということである。
 佐渡汽船社長的フレーズで見れば、、、「おや?」、、と思わざるを得ない。。。つまり「やばい」のではなかろうか????ということ!

 北陸新幹線にあわせて、、「扇の要の佐渡観光」みたいなことを強調しているのが佐渡市である。扇の要=北陸への観光客がその足で〜〜佐渡で観光(ま、佐渡が目的の場合もあるが)〜新潟へ〜〜という三角(扇)、、ということなのである。

 北陸新幹線停車が新潟県に少ないことも問題視されていますが、、、。はて?本土側のみなさんにしても、、「うちまで来て、そして佐渡で・・」といった感じにはならないのではないか?。。つまり、できるだけ自分のとこでの観光をしていただく、、という方向にもなろう、、、と思うのだが、、、、。扇にならない〜〜扇はあっても、、要はいらない〜〜となりはしないだろうか???と、、、、、(つづく)

9議会、一般質問で言いたかったこと!1 - 2014.10.12 Sun

名称未設定-1

 どたばたしてるのと、、、最近、facebookなんかも、、適当にやりはじめたら、、、何をどこで書いたか分からない感じになった、、、。(これも書いたかも??ですが)

 はてさて、、、消費税8%への増税で、、、内需が極端に落ち込んでいる、、、おまけに、アベノミクス、、円安などによる物価高騰〜〜〜であって、、娑婆の世界は、深刻である。
 いまだに、、、安倍君などは、、、このことは認めようとせずに、、、10%への再増税を決める姿勢である〜〜。

 こんな中、、佐渡市は、将来ビジョン計画(最上位計画)での成長戦略の柱の1つとして、、、「観光関連にによる」地域づくりを目指している。

 今年の春先からの観光は、、といえば、、、「消費税増税による落ち込みを見誤った」(公式見解)ってなもの、、、。。。
 (写真)消費の落ち込みは、、、本当にひどい!このようにグラフで見るとさらに、深刻さがわかるのである〜〜と、、、。

 当方的には、、、、これだけの深刻な状況で、、、観光分野が、、、もつのだろうか???と思うのである〜。(しかも、、市長曰く「安かろう観光ではなく、高値の単価で稼ぐ」みたいな方向を言及している、、。

 今春は、、、「朱鷺まで3センチ」なる施設や新造船、、、それに、昨年は、、TV関連(高千、、渡辺なんとかさん企画も)でも佐渡番組みたいのもあったし、、、それほど知られてはいないのだろうが、、、世界遺産関連、、じぉぱーく、、世界農業遺産、、などなどと、、、他の観光地や地域にみることができないくらい、、、結構な話題性があった中で、、、今春のシーズンに入った、、、にも関わらずの落ち込みだったのである。(ちなみに、夏場は、、、ま、前年並、、、程度だったそうだが、、)

 ・・・佐渡市の必死の取り組みも、、、アベノミクスや消費税増税で、、、木っ端みじん〜〜〜ってなととも、、。さらに、消費税増税10%なぞやられたら。。。。。。と考えると、、、ぞっと〜〜とする。

 佐渡の「観光」のためにも、、、消費税増税はやめましょう、、、と安倍政権にアピールしよう〜〜と言いたかったのである、、、。

〇市長(甲斐元也君) 1点目の消費税の問題であります。基本的に、私はこういうふうにこの導入に当たっての根底にあるものは、実は経済成長が年に20%も伸びているというようなこういう高度経済成長下においてできた制度そのものが、今成熟社会、安定経済の中に入った段階でそれが維持できなくなってきている。これを何とか埋めていかなければならない。特に高齢化等がここに加味されているということであります。もう一点は、1,000兆円を超える国の赤字、これの対策ということが根底にあるというふうに考えております

 ・・・ま、基本的には「消費税は賛成」、、、、。

 しかしながら、増税後の経済状況を顧みますと、GDPの大幅な下落、円安誘導、これによって輸入が拡大をしている。それに伴いまして物価上昇あるいは国民の負担が非常にふえているという現状が今あらわれているところであります。まして離島である佐渡にとっては、その影響はまことに大きいものがあるというふうに考えております。増税につきましては、経済の立て直しを基本として、セットとしてやるべきものであるというふうに考えており、したがって今後このような経済状況の中において増税することは、私自身は反対であります。

 ・・・しかし、、、現状は深刻だし、、、「経済の立て直しがない中では、、、賛成できない。=今後の増税は反対」〜〜〜。。。というもの〜〜〜。

 さらに、、、当方的には、、、ちがった意味での強気〜〜と思ったのですが、、、。

 〇市長(甲斐元也君) 観光客が減少したということを単なる消費税とか、雨が降ったとか、台風が来たところにかこつけるというのがやっぱりおかしいということを私申し上げたので、影響がないわけではない。特に今回の5業種の、私どもずっと佐渡において5業種において追跡調査をやってまいりました。そこの中でやっぱり一番のものは複合的なものが出ていまして、特に増税によって家計への圧迫を回避するため、節約志向が非常に高まっているということなのです、つまり自分の財布がかたくなって出て行かないということで。したがって、そこのところに例えばさっき佐渡汽船の話が出ましたけれども、そういうものというのは一番身近に感ずるわけでありますから、そういう影響が大きかったということで、単なる消費税が上がったことの影響だけではなくて、複合的なものがいっぱい重なった大きな影響が出てきていると、こういうことです。

 ・・・(なんだか安倍君の言い訳に似ている気がします。=経済の低迷は、、「消費税だけでなく、、複合的なものである」と、、。でも、グラフ見ても分かるのだが、、、)当方的には、、、もちろん、佐渡観光の低迷の原因を消費税だけに押しつける気はないのだが、、、。

 観光は、、、その土地のありようも大きな要素です。(ちなみに、、市長は「もう光を観る、、という観光は終わった」(不正確ですが、、こんな言い方)、、との認識ですが、、、当方的には、、、「観光地そのもの。。。中身=住民がいきいきしていることが、まずは、重要だと考えますが〜〜(*_*))=ま、いわゆる「地元学」的要素こそが重要〜〜〜なのであると。。。
 消費税増税は、、、来訪者だけでなく、、その土地の中身まで暗くしているのであり、、、当方的には、、その辺が「複合的」と思うのでもあった、、、、。


 

北陸新幹線〜〜〜 - 2014.09.20 Sat



 上記イメージ図は、佐渡汽船HPよりで、、、来春、北陸新幹線開通にあわせるように小木〜直江津間に就航する高速カーフエリーである。。。名前は「あかね」ちゃん〜〜〜。

 北陸新幹線開通は、、、佐渡観光にとっても「チャンス」とか、、新しい佐渡観光への幕開け、、などなどと、、、世界農業遺産関連の北陸の圏とも連携などなど、、、と佐渡市政は、、、強調してきている。
 ところが、、新潟県内を新幹線が通るが、、、停車数が少ない、、、。

 ということで、、、「来年3月に開業する北陸新幹線沿線の新潟県上越、糸魚川、妙高の3市長と県幹部が18日、JR西日本、東日本の本社を相次いで訪れ、東京-金沢を直通する最速列車「かがやき」を県内の上越妙高駅、糸魚川駅に停車させるよう要望した。」(9月18日、産経)

名称未設定 1

 ・・また、このことをめぐっては、、、いろいろな地元対応策的要望(別の形での停車数を考えるなどなど)も上がっているようであるが、、、、

 「佐渡市の甲斐元也市長と上越市の関原貢副市長は2日午前、佐渡汽船(新潟市中央区)を訪れ、小木―直江津航路に来春導入される新造高速カーフェリーの就航日を早めて、北陸新幹線開業日と同じ来年3月14日にするよう要請した。両市と同社が実現に向けて努力することを確認した。・・・」(新潟日報9月2日)、、、といったのもあった。。。

 はてさてである、、、。上越市議会がこの停車に関する決議を上げたこともいち早く報道されたが、、、当方が出会う佐渡市民も「・・・佐渡でもなにかやるべき・・」との意見も少なくない、、、。
 こんな流れもあり、、9月議会はじめころから、、、議会の各派代表者の会議でもテーマになり、、、、なんらかの意思表示をすべきである、、ということで一致していた。
 しかし、、この種の問題では執行部と足並みをあわせることも重要であろうということで、、一旦、保留となっていたが、、、昨日の各派代表者会議で議長から報告されたのは、、、

 「執行部としては、議会がやることにあれこれ言わない」、「議会がやるなら、どうぞお勝手に〜」、、、というものだそうである。(詳しくは、説明されなかったが、、、実は、、このへんが、、、政治的に胡散臭い〜〜〜(*_*))

 これを聞いた議会(各派)では、、執行部がそんな気持ちなら、、、「やる必要なし」、、、、という会派が多くなり、、、没となる。。。

 実は、昨日のこの各派会議では、、、別の案件で、、執行部の要請を受け、、似たような案件の意見書が執行部から、、要請され、、、いろいろあったが、、、これは、、この方向で議会も対応する方向となった。。。

 佐渡市としてのある種の交渉ごとは、、、当事者間同市での「交渉」であるから、、、それには、それなりの「戦術?戦略?」もあり、、交渉にあたっている当事者間でしか分かりにくいこともあるので、、、議会としては、、その推移などを慎重に、、、見る、、、。

 はて?今回の北陸新幹線県内停車問題、、、???

 少なくない会派からは、、、「執行部がその程度なら、、なにも、議会がやる必要もなし」、、、というものであった、、、。
 当方的(会派)では、、、執行部の「戦略、戦術」上、、議会が意見書を上げたりすることには、、、何か問題、支障となる点があるのか、、ということを、接触した議長(議長自身は、明確に発言しなかったが、議長筋(議会事務局)に何度か質したが、、、「議会が勝手にやることは、何ら問題なし」(主旨)というものであったことから、、、、。「観光面でもそうだが、、、この観光面を除いても、、停車問題は、、、離島にとって本土と連携する重要な公共交通の問題であり、、、改正離島振興法の角度で見ても、、、、放置できないから、執行部がどうあれ、議会としての自主性で対応すべき」、、、と提案、、、。

 ・・ところが、、、世界遺産議員連盟関連の重鎮(相川)系の議員の会派でさえ、、、「必要なし」、、という簡単なものであった。。。。(今議会でも、、深刻な景気の中での、、観光問題がかなり議論されていたのですが。。)

 会議終了後、、、聞いていた(傍聴)ある方も、、、「佐渡市は、観光観光、、といっているが、、、議会も含めてやる気があるのかなぁ〜」、、とのつぶやきも、、、。

 上記新聞の記事の最後では、、、、、

 「・・・村山秀幸上越市長は要望後、記者団に「新幹線がまちづくりに果たす役割は大きい。地元もかがやき停車の実現に向け努力していきたい」と話した。」(産経)、、と!

 しごく、、当たり前の発言であるのだが、、、、はてさて、、、。

小木港400年〜〜〜 - 2014.05.10 Sat



 ほぼ、、、一人で春耕、、田植えをやっておりますので、、、田植え休み、、でありました。。。。もちろん、まだ終わっていませんが、、、。(なんせ、一人で苗を運び、、植える〜〜などなどでして、、、かなり疲労困憊〜〜気味〜〜。6月議会も近いので、、、気分だけは「焦ってますが」、、、。)

 はて、今日、行われた「小木港開港400年式典」〜〜〜〜。400年前というと、、、、大阪冬の陣、、、秀吉が落ちていく〜〜なんて時代からの計算ですから、、、こりゃ〜〜なにはともあれ、、、凄いかも知れない、、、。

 はてはて、、、では?!佐渡の開港(人が住む)は???などなどと〜〜〜。

 祝辞は、、これ〜〜〜〜。。。。ちと、多いんじゃないの〜〜ともである〜〜。
IMG_0826.jpg

 だいたい、、、共通していたのは、、北陸新幹線開通を見据えて、、、世界遺産もあるし、、、高速カーフェリーも導入されるし、、、、、などなどの中、、、このビックチャンスを活かすべき、、、うんぬん、、、というものである。(それぞれ、表現は違いましたが〜〜〜???!!!!)

 はてさて、、、「ビックチャンス」というわりに、、、少々、しょぼい感のイベント(この式典だけをいいます!明日あたりもいろいろあるようですし、、、。)、、、と思ったのは、、、当方だけであろうか??
 ちなみに、地元の実行委員会に佐渡市が加わってのもののようです、、、。(地元のみなさんご苦労様〜〜です)

 課長クラスも現地でいろいろ采配しておりましたが、、、、この式典だけで、、、佐渡を去ったとすると、、、、少々、、、気になる訳である〜〜〜〜が、、、はてさて。。。。

 あくまでも、式典だけの、、、当方感想でしかありません。。。。。ので、ご注意を、、、、。

観光の耐震化、、、 - 2013.11.05 Tue



 佐渡市は、「将来ビジョン」でも言っているように、、、観光や農林水産業振興で頑張る!!というのは、大きな目標である。。。

 いまでも、、深刻な不景気ですから、、、やはり個人消費の回復なしには、、やはり観光業とてなかなか難しいとおもえますが、、、、そこに、、消費税値上げ〜〜〜〜。
 農林漁業の地域の重要な産業だが、、、、そこに、、TPPやいまの自公政権による農政〜〜〜。

 む〜〜んと考えざるを得ないのである。地域や地方がいくら一生懸命、がんばったところで、、やはり、国の施策、政策の影響が一番大なのである、、。

 はてはて、、今日、観光関連の話にも、、、。

 観光関連では耐震改修促進法、、、が、かなり前から話題になっている。

 これは、「2015年末までに耐震診断と診断結果に基づく改修を義務付け、現在の耐震基準を定めた1981(昭和56)年以前に建てられた建築物の耐震化促進が目的だ。対象の建築物は、旅館やホテル、病院、店舗など不特定多数の人が利用する建築物および、学校、老人ホームなどの避難弱者が利用する建築物の大規模施設(学校や保育園以外は5千平方メートル以上)。診断結果に基づく改修指示に従わなかった場合は、施設名が公表される。」(旅行新聞)、、、というもの、、、。

 ・・・同法は1981年の耐震基準強化前に建てられた、一定規模以上のホテルや病院などについて、2015年末までに耐震診断を義務付けた。結果は公表され、診断を受けないと100万円以下の罰金が科されるというものでもある〜〜。

 耐震化は、もちろん必要なことなのだが、、、観光など、、極めて厳しい状況下で、、改修できないというのが、、全国的な傾向であるのだが、、、。

都合のいいように勝手に切り取り〜〜 - 2013.09.05 Thu



 今日の地元紙、、別刷りで「飛べダコタ」PRにあわせてか?。。市長へ「観光」関連のインタビュー記事である。

 都合よく〜〜〜勝手に切り取り、、、です!!

 「(ジオパークや世界遺産で・・)・・・その上で自然や人間の営みができた。その経過を10か所のサイトで見ることができます。13年に日本ジオパーク、15年には、世界ジオパーク登録を目指して準備をすすめています」

 「小・中学校、高校でのキャリア教育に取り組み始めました。・・・単純に100人中77人が本土に出ます。出てもいい、その人たちが佐渡の宣伝マンになってくれれば。宣伝により77人分、新たに他の人が入ってくればいい。しかし、宣伝するにも、佐渡のことを知らなければならない。そこでキャリア教育をし、総合的に取り組みたいと考えています。」


 もち、、観光面?でのPR記事なのだが、、、当方は、、、小中高学生をキャリア教育で、、、「宣伝マン」、、、というのは、、、どうだかなぁ〜〜。(もち、言いたい意味は分からないわけではないが、、)
 いまの教育の現場や社会の状況の中で、子どもたちが置かれている状況を考えると、、、、「宣伝マン」育成ってのは、、、、ちゃうでしょう〜〜〜と????

 この島に、、、この土地に生まれ、、育ちよかった、、できれば、また帰ってきたいと思える人間に成長してもらえることの方が、、、「佐渡PR」になるのではないか、、、と思わずにはいられないのである。。。

 (もち、都合のいいように勝手に切り取りです。。記事をご覧下さい〜〜〜)

いよいよ、、、本格的な秋、、。 - 2013.08.25 Sun



 おそらく、、、佐渡が島で、、一番外国人が多い日が、、、アース・セレブレーション 2013、、の時であろう〜〜〜。。。。

 金曜日の初日は昼間から、、大雨で大変なようでしたが、、、昨日と今日は、、、まあまあのお天気のようです〜〜。あまり、夏っぽくなく梅雨っぽい感じもしますが、、、、。

 誰かが言っていましたが、、、「不思議だね〜〜。。。ECは、毎年少し日にちが違うんだけど、、これを堺に、、、佐渡は秋本番になるね。。。」、、、。な〜るほど、、、である。・・・確かに!!!

 佐渡は、お盆〜このEC、、、には、人がそれなりに多い、、、。ま、9月はじめのトライアスロンもありますが、、、。それを過ぎると、、、、島色ぽい、、秋になります。。。。。

 確かに、、秋本番かもしれない、、、。

新造船の名前は???? - 2013.02.15 Fri



 「・・JR東日本のICカード乗車券「Suica(スイカ)」などで運賃を支払えるサービスを3月23日から始めると発表した。1枚のカードでフェリー、鉄道などが利用できるようになり、両社は「観光客の利便性向上につながる」と期待している。
 IC乗車券は事前にチャージ(入金)することで、現金を持たなくても精算できる仕組み。今回は新潟―両津航路のカーフェリー2等座席が対象。他に首都圏私鉄などの「PASMO(パスモ)」を含む8種類のカードが利用できる。佐渡汽船や県などでつくる「佐渡航路活性化協議会」の事業として3500万円掛けて整備した。・・・」(新潟日報2/12)


・・観光にとってイメージアップにもつながるとか???・・・ここでも、、、文明の利器か?、、、スイカ〜〜〜。はてはて、、、現在でも自動券売機や写真のように、、改札バーコード機?、、、。
 ”スイカだかメロンだか知らないけど、、、年寄りには、分からん!!・・・改札に人がついているなら、、別にバーコードでなくともいい〜〜”、、、、と、、横で聞き耳、、、。おっしゃるとおり〜〜です。。。。

 また、現在、建造中の新しいカーフェリーの名前も佐渡汽船では、、募集しているとのこと、、新造船は、全長約125メートル、総トン数約5200トン、速力約18.7ノット、収容旅客は1500名。車両搭載台数は大型バスまたは、大型トラック28台及び乗用車8台/乗用車のみの場合は168台だそう〜〜。

 深刻な不景気、、、観光低迷、、、の中、、、さてさて、、、である〜〜。

 先日、湯沢の、、、”東京都湯沢町”の話では、、、ピーク時から比べたら3分の1の観光客、、、バブル期に建てられたマンション群も、、、も〜う格安販売でも(確か、数千万円だったのが、、*百万円〜にと)、なかなか売れない〜〜民宿などの廃業も生まれている〜〜とのこと、、、。
 日本で一番安いマンションを探していたら、、、湯沢のマンションだったので、、購入した人もいるとか?・・中には、災害時の避難場所確保の目的で購入している場合もあると、、、。

 ・・・きびし〜〜い、、、観光状況なのである〜〜〜。


 

海水浴場、、、 - 2012.08.01 Wed



 ・・・観光客が少ないのかなぁ????それとも、まだ時期が早いのか??
 心なしか、、、海水浴シーンを見る機会が少ない気がします。。。。この暑さです。。。多くてもいいんじゃないかなどなど、、、と!!!

 はてさて、、、、海水浴がターゲットなら、、、佐渡は、最高ではなかろうかと!!・・以前、千葉の九十九里の海岸での海水浴、、、。(これは、本格派の海水浴場〜〜)
 もう〜〜これは、、人が多すぎる、、、おまけに、、波は結構高い、、、・・・これでは泳げません〜〜。”へえ〜〜こんなところで泳ぐんだ〜〜”、、と思ったことがあります〜〜〜。

 それから、比べれば佐渡の海水浴場?海は、、、ほとんど貸し切り状態〜〜〜。釣りなどの磯遊びもできるし、、、最高なのだと、、思うわけであるが、、、、。

観光??? - 2012.07.02 Mon



 「・・平成23年度の佐渡の観光客入込数は前年度比2・2%減の53万2288人で、2年連続で減少した。東日本大震災による旅行自粛の影響で県外客が4~6月に大幅に減少したことが年間通じて響いた。ピークの3年度の123万人からは半数以下に落ち込んでいる。・・・」(産経)

 ・・・む~~ん????

 「自然界で36年ぶりとなるトキのひな誕生で関心が高まったことから、佐渡島を訪れる観光客が、4月以降の約3か月間で前年よりも10%以上増加したことが29日、分かった。佐渡の観光客は1991年度をピークに年々減少し、昨年度は過去最低だっただけに、関係者らは早くもトキ効果が出始めたとみて、夏の観光シーズンに期待を寄せている。・・」(読売)

 ・・・む~~ん、、、「観光大使」=「佐渡市長」、、、、は、安売り観光でなく、、グレードアップの観光をめざすというが???はて?ま、その一手??か?、、、北埠頭国際会議ができる観光施設???

どうなんだろう~~~。 - 2012.06.14 Thu



 「佐渡市の児童が故郷の魅力をPRしようと、14日、新潟市で佐渡の伝統芸能を披露したり、佐渡産のコメを販売したりした。

 佐渡のPR活動をしたのは、佐渡市立二宮小学校の6年生、35人だ。この取り組みは、二宮小学校が去年から修学旅行にあわせて行っているもので、児童自らが佐渡の魅力を発信することで、訪れる観光客を増やすのが目的だ。
 児童は、新潟市中央区の中心街で、「佐渡おけさ」や「鬼太鼓」といった伝統芸能を披露したほか、佐渡でとれたコメや塩、イゴネリなどの特産品を販売した。児童は元気よく通行人に佐渡の魅力をアピールしていた。
 特産品を販売して得た収益は、東日本大震災の被災地のために寄付されるという。」(テレビ新潟)


 ・・・・むむむむ、、、。
 市長の「観光大使」の影響???・・・長引く地域の観光低迷を救うため???・・・キャリア教育???ま、子どもにとっては、、、貴重な体験なのかもしれないが。。。。。どうなんだろう~~~と、かなり悩む訳なのであるが、、、。はてさて????

 カテゴリは???と悩んだ結果、、、「観光」にしてしまいました~~~。(かなり、観光大使の市長には、、、プレッシャーではなかろうか????)


車のカーフェリー代がタダになるキャンペーン?? - 2012.06.09 Sat



 「夏はみんなで佐渡に行こう」キャンペーンを佐渡市が行っています。乗用車の航路の輸送料が無料になるそうで、3000名だそうですから、、以外に当たるかもしれませんね。。。。(これは、、チャンス??)

 応募するには、、、三問のクイズと、、、四問のアンケートに答えるだけですし、、、これも以外に簡単、、。おもしろい企画かも知れないが????はてさて、、3000名の応募数に、、果たして達するのだろうか~~~などなどと、、、老婆心ながらなのであるが、、、。
 ま、イベントもあることだし、、、、予定を考えている方は、、、要チャレンジ、、、ではなかろうか~~~。

 ちなみに、、、応募資格は、7月1日(日)~8月31日(金)(*2)に佐渡島へお越しになるご家族(大人と高校生以下のお子様)で、佐渡の宿泊施設に一泊以上ご宿泊の方とさせていただきます。、、、でありますので、、ご注意!!!
 応募締め切り???は、、、よくわかりませんが、、、(HPを見たが分からなかった、、、、リンクしてあるので探して下さい)、、、、「当選された方には、6月20日までに乗用車輸送無料券をお送りします」となっていますので、、締め切りは、、、かなり早そうなのでご注意を!!

 応募は、、こちらから!

肩書きは??? - 2012.05.30 Wed



 「・・・客の立場に立ったメニューを組み立て交流人口を増やします。私の名刺をご覧なさい。肩書きは、佐渡営業本部長と観光大使で、市長の字が小さいでしょ」(「島の新聞」より)、、という甲斐新市長~~~。

 そんでもって、、、「次世代の為の元気ビジョン」という政策の「5つの誓い」の「その2」では「島民が一体感を持った観光振興」と観光を大きな柱に位置づけている。・・・その説明の中では、、、「旅行料金のディスカウントを競うのではなく、今ある佐渡観光の視点を変え・・・」となっております~~~。

 マグマ大使、、、いやいや、、、観光大使の甲斐新市長????

 「大使」は、、、「国家を代表して他国に派遣される最上位の外交使節。またその外交官。。。」(大辞林)なのであるが。。。。ってことは、、、佐渡にいないつもり~~(ま、)???
 観光振興を大きな柱にしているのだが、、、、写真は、、今日のものですが、、、。最近よく閉まっている、、との近隣のみなさんのお声であるので、、、撮影とあいなりましたが、、、、。

 ・・・・・はてさて、、、、


トイレで気を抜くな!!!!! - 2011.10.15 Sat

 やった~~トイレがあった~~~。

 「なんであんなところのトイレが閉鎖されているのか?」、、とのご意見、、、。
 写真が、、ご指摘を受けたトイレの全景、、、、。確かに、ご指摘のとおり、ドアにはロックが掛かっていて開きません。使えません。。。。

 ここは、今シーズンから海水浴場として、道路脇に面したところ、、、。

 確かに、海水浴シーズンが終わったといえばそれまでですが、、、海に面して駐車場もかなりの数があるところですから、、、海岸線の眺めを楽しんだり、、、ドライブの休憩に、、、などなど使うところ???じゃなかろうか~~。

 「まあ、、そうトイレトイレ、、言わなくても、、、佐渡には草むらもあるし・・・」ってな意見も聞いたことがあります。。。。。(ま、これもある種「エコ」「環境に優しい」のかも???)
 道路脇を車で走っていて、、、眺めてみる限り、、、このトイレが閉鎖されているとは、、、きっと誰も思わないんじゃなかろうか~~~。

 故に、、、「あそこまで我慢すれば、トイレがあるから・・・」、、とか、、、「やった~~トイレ発見~~~」などなどと、、、安易に考えて気を抜くと、、、これは、かなり大変なことになります。。。。

 ・・・・という、、、佐渡のトイレの噺~~~~~~。(実は、「あそこまでいけば、、トイレがある~~」と失敗した体験談でもあります。。。。)

 む~~ん?これで観光の島?????

秋へのイベント、、、 - 2011.08.21 Sun

 19日からの恒例の太鼓集団(?)鼓童のアースセレブレレーションのイベントが今日で終演!

 鼓童ファンに外国人が多いことから、、、この期間は、恐らく佐渡にとって外国人が一番多い日なのであるが、、、、やはり、、今回は、少なかったように、、、思えましたが、、、はてさて?(やはり、、原発の影響がここいらへんにも出ているのかも知れないなぁ~~)

 それでもそれでも、、、それなりに、、、多い人出のイベントであります。

 佐渡的でない、、、イベントってな感じ???(いやいや、、、、このイベントを通して佐渡ファンになった方も多く(少なからず?)いるわけですから、、、実は”佐渡的”なのかも知れないのですが。。。。)
 ただ、、、当方的には、、、ある種、、、佐渡的である面と佐渡にない面が、、うまく融合したイベント(祭り)になっているのではなかろうかと?・・・つまりですね~~~、このイベントから、佐渡が学ぶべき点が大いにあるんじゃなかろうか、、、などと、、、素人的に思う訳でありまして・・・・・。(参加するそれぞれが、、それぞれの楽しみ方ができる、、、みたいなところかなぁ~~)

 ちょうど、この頃は、、、夏から秋への変わり目、境目、、、で天候も揺れるのですが、、、、今年は、はっきりそうした感じで、、、半袖では、、、少々、寒いかなぁ~~ってな感じもあった訳であります。いよいよ、、、秋!

海水浴、、 - 2011.08.11 Thu

 お盆も目前で帰省客も増えているよう、、、。恐らく、、お盆開けか。。。はたまた~~~この8月が佐渡の人口が一番多いのであろう、、、。

 暑いので、、少々休憩でいろいろ眺めていたら、、、、なるほど???

 観光関係での、目的別観光の上位は、「温泉」、「産業観光」、「まつりイベント」で、、、「海水浴」や「登山・キャンプ」が下位、、、、というのが、、新潟県観光、、、、。(「産業観光」・・・ものづくりなどの体験やを見ること、感じること)

 例えば、、、H21年は、「温泉」「産業観光」「まつりイベント」が各12000~14000千人代であるのに、「海水浴」は2181千人で、「登山・キャンプ」は1758千人、、、、。(H21新潟県観光動態の概要)注:あくまでも新潟県傾向~~。

 少子高齢化の世の中のせいもあるのだろうが、、、、、夏といえば、、、”海”なんてのは、、、、もう古いのだろうか?(ま、スキー関係が減っているのに似てるかなぁ~~)

 ちなみに、H21の海水浴場入込み状況は、下越地区62.3万人、、、中越地区89.7万人、、、上越地区61.7万人、、、、で、、佐渡は4.1万人、、、、県合計で、218万人~~。
 海水浴を活用した観光って健康的でいいし、、、現代の子どもなんかにも、、、最高なんじゃないだろうか???、、などなどと猛暑に~~~。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号13番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

since08.7.5~

最新記事

カテゴリ

動画編 (7)
過去の記事一覧 (1)
Mail (1)
市民アンケート (18)
庁舎建設問題 (119)
住民投票 (24)
温泉 (60)
ブログについてのご注意! (60)
公契約条例 (4)
こえ、声 (7)
おもしろ!しんぶん赤旗 (30)
議会 (680)
議会報告 (55)
一般質問項目 (28)
政治 (193)
議会改革 (43)
議員 (68)
政務調査費 (12)
議員報酬 (5)
市長退職金 (3)
佐渡市ビジョン (42)
市町村合併 (22)
条例と要綱 (3)
ブラック行政? (9)
佐渡市できごと (68)
佐渡呼名 (2)
改正離島振興法 (6)
図書館 (197)
縮小計画 (50)
新聞報道? (7)
地域の図書館・図書室は? (14)
図書館協議会 (3)
意見交換会 (12)
図書館建設? (13)
教育委員会 (31)
図書館戦争関連動画 (6)
教育 (19)
いじめ・不登校 (4)
子ども/少子化 (142)
学校給食 (17)
学校統廃合 (24)
保育(民営化) (50)
福祉 (131)
高齢者 (22)
社会福祉協議会 (1)
敬老年金 (3)
医療・介護 (39)
国保 (48)
後期高齢者医療制度 (2)
買物難民 (7)
新型インフルエンザ (8)
財政 (12)
平和 (68)
ガメラレーダー (18)
行革 (18)
農業 (80)
生物多様性佐渡戦略 (5)
地元・地域学 (18)
観光 (75)
佐渡ぐるめ???? (36)
文化 (9)
能舞台 (10)
海水浴 (8)
原生林 (5)
朱鷺・環境 (86)
地域 (44)
限界集落 (8)
経済 (69)
地域経済 (37)
住宅リフォーム助成 (19)
雇用 (3)
原油高騰 (6)
消防力 (10)
交通権 (24)
空港 (14)
佐渡航路 (44)
未分類 (18)
落石注意 (3)
請願権 (21)
水道水 (13)
防犯灯 (14)
CATV (1)
道路 (2)
防波堤立入禁止 (10)
趣味 (4)
魔女の一撃(ギックリ腰) (5)
ひといき (267)
落語 (12)
Macなやつ (38)
防災 (104)
地域防災計画 (35)
エネルギー・原発 (77)
本 (6)
公務公共労働って? (22)
日本共産党〜 (5)
(0)
地方創生(再生) (54)
不祥事と法令遵守 (21)
2016市議選 (6)
地方自治 (6)
公共施設 (2)
自治基本条例 (6)
奨学金 (2)

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!