FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

合併特例債活用、、説明会?



 今日の時点で、当方世帯に届いた「防災拠点庁舎整備についての市民説明会を開催」の文書である。

IMG_0047_202008081730310f3.jpeg

 上記は、8月6日付の新潟日報さん記事、、、だが、ここでは「新庁舎建設」と報道されている。

 当方的には、、、ま、いいかな???的だが、、、。(市は「防災拠点庁舎」とは言っていますが、これまでのドタバタで合特債を使った、、、、現庁舎の横に、、、、というものですから、見方によれば、、、現庁舎の拡充案ですし〜〜。しかし、見る人によっては、、、、大きなちがいなのであろうが。。。)

 なぜ、ま、いいかな???的なのかと言えば、、、、庁舎建設に合特債は使わないと言っていた前市政時代の庁舎拡充案とは、大きな違いがない、、、現庁舎の拡充案と考えているからである。(過去の書き込み)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ・・・庁舎建設いらない(ザックリ)系さんからみたら、、、庁舎建設じゃないか?と言うかも知れないが、、、、、中央に防災機能が必要+市民対応の窓口業務が狭隘、、、で、一定程度の対応が必要、、、は、本庁舎建設いらないとしていた前市政時代も同じ事を言っていました。前市政時代では、3Fを防災拠点に改修し、1F窓口フロアーは増設、、、と議会に示していたはずである。

 当方的には、現時点では、何も大きな変化はないとも言えると思っている。ただ、大きく違うのは、前市政では、3Fを防災拠点フロアーにした場合、現在の部署をどこにどうするのか?という点は、明確にしていなかった。(当方的な見方では、「分庁論」に組していた前市政ですから、、、、佐和田とか新穂とかに移す方向だったのではなかろうか?と見ていました。)・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 では議会はどのような受け止めと考え方をしているかと言えば・・・合併特例債の特別委員会の報告では、、、

chousya1.png

 分かりにくいかもしれませんが、、、合併特例債は有利な起債だから活用した方がよかろうというものである。(注:特別委員会報告は、あくまでも本会議(議会)の下調査委員会が報告書を出したというものであり、上記の意見がすべて議会の意思というものではない。(議会ルール)・・・もちろん、各会派から選出された委員で構成されていますから、、、大まかな議会の意思、、、とでもいうべきものである。=これは、会派というものがきちんと機能していないのが現議会ですから・・・)

chousya2.png

 これは、市民から出された陳情に対する議会の結論である。上記の特別委員会とほぼ似ています。有利な起債で、庁舎建設も1つの案であろうが、これらも含め市民の意見を反映して合特債活用のルールに基づき使い道は決めるべきものというものである。(上記の常任委員会の結論は、議会議決していますから、これは全議員の意見で、特別委員会とは少々違う〜〜(マニアックですが))

 さて、市民的には????

カーフェリー2隻の時刻表示?

jikokuhyou

 今回の小木航路における、、、高速カーフェリー売却、ジェットフォイル化への変更は、単純に、小木航路だけの問題ではないことはすでに書きましたが、、、、。

 これは、冬場にカーフェリーの船舶整備(ドック入り)を必ず行うことから、このドック入りには、小木航路のカーフェリーが両津〜新潟間に回り就航しているのである。(冬場は、小木航路航路運行休止なので両津に回ります〜)。

 つまり、カーフェリーであり、中継ぎピッチャー?ピンチヒッター?ともいえる あかね を売却するとどうなるのか????

 上記の時刻表は、2020年、、、今年のものである。1月分だけだが、このピンチヒッターともいえるあかねの就航は1・12〜2・26までとなっているから、、、この間が、、、1隻のカーフェリーのドック入り期間ということになるである。

 ザックリ、簡単に言えば、、、1隻のカーフェリーがドック入りの間は、現在の5便が3便になるということであろう〜。(さてさて、、、これで人の移動や物流は大丈夫だろうか?少なくとも、今より不便になるということは、間違いなかろう〜〜)

 以下のようになる訳なのだが・・・・・(涙)。もし、この時、事故などが起きれば、、、(恐)、、、車も物資も動かない〜〜〜ってことにか〜〜????

jikoku.jpg


 さらに言えば、、、最近では、時化による全日(終日)欠航するということも、少なくない訳であり、、、ではでは。。。そんな時はどうなるのか????

 両津方面の、冬場の出荷の多い牡蠣の漁業者などは、、、深刻じゃなかろうか?という方がいたが、、、、すべての佐渡産品の出荷などにも言えることなのであろう?

 この辺がどうなるか?は、、、少なくとも議会、議員である当方は、よくわからない〜〜〜。(当方だけ??)

 これもすでに書きましたが、、、貨物船の更新や対応問題?貨物運賃を4月から10%値上げするなどなども、、どうなるのかが、、、島民には十分知らされていない中、、、8月一杯に決めてしまうってのは、、、どうなんか???と思う訳である。

IMG_0552.jpeg

 昨日の夕日の海だが、、、♫〜夕日が〜君の肩を優しく〜〜染めている〜 ♫

トップ4者会談で決まるの?



 8月6日付の新潟日報さん記事で、来年4月から航路のあり方を変更する=小木航路の高速カーフェリーあかねを売却し、ジェットフォイルによる運行などに変更する、、、ことに対する県知事の見解である。

 佐渡市、上越市の市長の4者協議(知事、佐渡市長、上越市長、佐渡汽船)による検証なしに小木航路の変更はあり得ない、、、ということを受けてのもので、筆頭株主の新潟県もこの4者協議が必要との認識。

 しかし、4者協議の検証は、、、9月にも変更手続きが必要なので時間的余裕は「せいぜい1ヶ月」しかない、、、との認識である。

 現在が8月の10日頃であるし、お盆も入る、、、8月下旬からはそこの自治体も議会ですから、、、当方的には、2週間程度しかない中で、、、検証するのか????できるのか???、、、だが、、、。

IMG_0570.jpeg

 これが今日の新潟日報さんで、、昨日の6日、上越市議会の委員会での佐渡汽船さんの参考人招致の模様を伝えている。

 「上越市議会は2020年7月6日、文教経済常任委員会に尾崎弘明社長ら経営陣を参考人招致した。・・・・・導入時の計画に比べて、旅客が減少し、修繕費、燃料費がかさみ赤字が膨らんだことについて尾崎社長は「判断が甘かった。甘く見ていたと言われてもしかたがない」と話した。
 あかねの不評を招く原因となった特有の揺れがあるカタマラン(双胴船)を選んだ理由について、港内のうねりに対し安定性に優れていることや、国内外で運航実績があり国内での部品交換などのサポート体制が充実していること、北陸新幹線開業に合わせた引き渡しが可能であったためと説明した。尾崎社長は「揺れの認識はあったが、船酔いする客が増える状況になるとは想定できなかった」と釈明した。
 一方、同社は、あかねから切り替える方針のジェットフォイルは、年間8000万円程度のリース契約で導入し、運航期間は現在の3月から11月中旬を、4月下旬から10月に短縮する方針も示した。

上越市、佐渡市は問題の検証なしに売却に同意しない方針を明らかにしている。同社は9月中の手続き開始を目指しており、今後、県を含む4者協議などで交渉が進められる見通し。
」(上越タウンジャーナルweb 2020年8月6日)

 当方的、、、蛇足的に言えば、、、、4者協議で決めるとすれば、、、佐渡航路確保維持改善協議会とは、、、一体なんなんだろうか????とも!!!!!!!!


市議会の公式議会だより



 改善を目指している公式の議会だよりが、HP上で公開されています。たいして改善されいませんが、、、、。


どこへゆく佐渡航路???



 「日本航空(JAL)<9201.T>が3日発表した2020年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、純損益が937億円の赤字(前年同期は129億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内線、国際線とも旅客需要が急減。09年に次ぐ規模の四半期最終赤字となった。21年3月期の業績と配当予想は再び公表を見送った。
 会見した菊山英樹専務執行役員は「非常に重く受け止めている」と発言。新型コロナが同社の経営に与える影響は、「リーマン・ショックをはるかに上回る」と語った。
 JALは今年度から国際会計基準に変更した。従来の日本基準で比較すると、09年4─6月期に計上した990億円以来の赤字幅となった。・・・
」(2020年08月03日、ニューズウィーク日本版)

 JALもコロナ禍もあり、、、深刻、、、、。佐渡航路とて、言うに及ばない訳である。

IMG_0043_20200804075813231.jpeg

 これは、昨日の佐渡航路確保維持改善協議会の模様を伝えている、、、新潟日報さん記事、、、。

 記事は、、、新潟県は佐渡市長、上越市長が求めている4者会談は容認する意向だが、、、佐渡汽船は、兎にも角にも、、、小木航路のあかね売却&ジェットフォイル化への変更は、、、何がともあれとにかく進める、、、というもの。

 離島航路は、県、対岸両市、事業者が協力し合いながら、航路維持や改善を行うべきというのが方針だが、、、なんだか、、、チグハグではないのか???温度差を感じますが・・・。さて、この温度差は何故か?

 また、別記事では、、、

 「・・・会長を務める新潟県交通政策局の田中昌直局長は、カーフェリー「あかね」の終了に関し「佐渡市および上越市におかれては多額の公金を(佐渡汽船に)投入していただいているが、こういう結果(あかねの運行終了)になったということに、十分に両市へ説明を尽くす必要がある」と話した。また、就航船舶の変更など個別の問題については、「まだ協議と調整を尽くす必要がある」と語った。・・」(にいがた経済新聞web8/3)

・・・佐渡汽船の尾﨑弘明代表取締役社長は、小木・直江津航路において車両が乗れなくなることなどについて、「個別に利用者の皆様に説明をしているし、極端に利便性が悪くなったり、負担をかけてしまったりすることがないように対応していく」と語った。
 また、あかねに代わるジェットフォイルの就航時期については、「新型コロナウイルスの影響もあるが、来春には契約ができればと考えている。現在詰めている状態」と話した。一方、更新時期にさしかかっている新潟・両津航路のカーフェリーに関しては「資金調達に目処が立っていないため、今後検討を進める予定」という。
 佐渡汽船は今年7月、小木・直江津航路に平成27年に就航した高速カーフェリー「あかね」を売却し、代わりに来春ジェットフォイルを中古かリースで導入し、収益改善を目指す方針を発表している。また、ジェットフォイルに代わることで収益改善に加え、運行時間も短縮される。・・・
」(  同  )


梅雨明けと約4ヶ月



 佐渡でも梅雨が明けたらしい、、、、少しカラッとした空模様と空気感である。梅雨明けは、例年に比べて遅いのであろう、、すでに8月であるし、、、、。

 新しい市政と新しい議会、議員になって、約4ヶ月である。

 この4ヶ月間、、、、新型コロナウィルス関連の補正予算の臨時議会が、新生市政と議会では連続するとともに、いろんな出来事も起こっている。

 両津中等教育学校の募集停止問題、、、佐渡汽船の両津Jフォイル新造船負担問題、小木航路のあかね売却、Jフォイル化問題、、、合併特例債の期限が迫ることに対応する特別委員会?、、、、上記の航路問題に対する特別委員会、、、、4月から施行された議会倫理条例に伴う倫理審査会、、、、、コロナに対応した新しい生活様式にともなう議会会議や傍聴のあり方、、、更に言えば、、、執行部が最上位計画としていた「将来ビジョン」もこれから、、、などなど、、、。

 執行部も忙しかろうが、、、議会も似たようなものである。・・・議会的に愚痴れば、、、執行部は重層な組織と人の人数もいるが、、、議会事務局は、、、従来と変わらなく、、、結構忙しそうだが、、、。

 議会体制で如実に現れたのが、、、新型コロナに対応した特別委員会の設置問題で出た。少なくない他市議会では、特別委員会が立ち上げられ、どのような対策や補正予算が必要なのか?と対応している。
 しかし、当市議会の場合、、、上記に対応するとしたら、、、執行部から国の予算や方針を聞きながら進めなくてはならない。つまり、結局、執行部の速度を遅くするわけで、、、本来、議会として国の方針などを分析してやるには、、、調査などの人材がなければ具体的には、議会としても対応できない訳で、、、、結果的に、特別委員会を立ち上げると、執行部のコロナ対応を遅らせることになるのではないかと、、、、”特別委員会は立ち上げないが、執行権側からすれば、、、、議会側からもだが、、、、しっかりと議会との意見交換などを行う場(事前協議?=これは、本質的にやるべきでない!!!)を持ちながら進める”(当方理解)、、、としたのである。

IMG_0508.jpeg

 さてさて、、、5ヶ月目に入ろうとしている8月だが、、、さてさて、、どうなるかなぁ〜〜。



航路問題特別委員会(市政の姿勢)〜1〜



 今日の、、、新潟日報さん記事、、、。昨日の議会の航路問題特別委員会に熱心にも2名の記者〜〜。

 (当方的理解の上・・・)ザックリ言えば、、、小木直江津航路のあかね売却&リースによるジェットフォイル1隻体制に来年4月から変更したい、、、という計画に対して、、、これで島民の生命線である海上交通が守れるのか疑問である???というものである。

 何が、疑問かと言えば、書かれているように、、、現在のあかねは、、、高速カーフェリーであり、貨物も運べるものだが、、、これを売却すれば、、、、佐渡航路では、両津航路のカーフェリー2隻体制ということになる。(現在は、あかねも含めて3隻体制)

 カーフェリーは、冬場に1ヶ月近くのドック入りとなるため、、、現在は、小木航路のあかねが冬期間、両津航路に回りドック入りしているカーフェリーの代替えを担っている、、、つまり、カーフェリー2隻の場合は、この1ヶ月間が1隻で運行されるわけであり、、、、事故など何かあれば、、、貨物運送も含めた、、、カーフェリーが止まるので、、、果たして物流などなどが大丈夫か?、、、ということである。

 実は、今回の小木航路問題は、、、両津航路=佐渡全体のあり方に大きく関わるものなのであり、、、ハイハイ、わかりました、、、とならない、こういった問題もはらんでいるのである。

IMG_0470 2

 これは、農業団体から議会に出された、、、陳情であるが、、、小木航路の物流がなくなって大丈夫か?そして、何よりも、何がどうなるかもしっかり分からないまま、、、8月いっぱいで決めてしまうってどゆうこと???というものである。(当方ザックリ理解)

 当方的にも、、、同感である〜〜。

 今回の小木航路のあかね売却、ジェットフォイル変更、、、、の計画などの中で、、、実は、いろんなことが示されているのである。

=島民に直接関わる問題=
1,両津航路Jフォイル建造費の島民負担に続いて、すぐに次には、カーフェリー老朽化に伴う新しい船の建造が費負担のあり方にも関わる問題である。(建造費を佐渡市が負担するということは、直接的な島民負担につながるわけである。)

2,小木直江津航路の航路のあり方変更
 1)貨物輸送体制にともなう、両津航路における大型貨物船検討(日海丸 運行体制見直し。R4年1月〜)
 2)貨物運賃の10%値上げ(R3年4月〜)
 3)あかね建造費支援の8.1億円の返還問題。(あかね建造に対して、佐渡市が支援負担したこの8.1億円は借金であり、現在佐渡市も返済が終わっていない〜ものである。)


 航路の事業者の問題などなども示されていますが、、、、市民に直接的に関わる点は、こんなところである〜〜。



対岸市どうしの一致か?



 雨があがり青空が、、、雨があがり、、、笑顔が、、、、。

IMG_0037.jpeg

 今日の新潟日報さん、、、、。航路の対岸自治体どうしの市長が、、、「検証なければ認めず」と一致した模様だが!ま、ある意味当然と言えば、当然ですけど、、、。

 さてさて、、、筆頭株主の新潟県は、、、どんなんだろうか????



陰性?陽性?と新しい生活洋式の議会傍聴



 佐渡での新型コロナウィルス感染者のその後、、、。

 要は、抗原検査では、陽性だったが、、、その後のPCR検査では陰性だった、、、けど、国の方針では、抗原検査で確定診断としているので、、、陽性という診断は変更なし、、、というもの。。。。分かったような分からないようなですが、、、。

IMG_0429_20200729173327f97.jpeg

 今日の議会運営委員会では、、、新しい生活様式に対応した、、、議会の傍聴のあり方が協議・結論となった。

 要は、発熱などのない場合は、本会議9名、委員会は3名の一般市民などの傍聴を認めるというもので、、、現在、傍聴規制している枠を撤廃するというもの、、、、。すでに市LINEなどで、告知が始まっていますが、、、、。

ssw3

李下に冠を正さず



 佐渡も大雨、、、、とにかく降雨がダラダラと続いている。。。、、、10件近くの大雨に伴う法面崩落などの被害が出ているから、深刻。。。これまでの雨で、土壌が降雨による飽和状態になっていますから、、、今後の被害も予断を許さない。

 さてさて、、、議会的ネタ、、、。

dt567

 議員発議による初の条例制定での「議会政治倫理条例」に基づく審査会が、、、行われている。

IMG_0413.jpeg

 この倫理条例は、、、市民から見てもおかしくない、、、かっこ悪くない、、、議会を目指そうというもので、、、法令に違反しているかどうかが、、、焦点ではないのである。

IMG_0415.jpeg

 まさに、、、李下に冠を正さず、、、なのだが、、、そろそろ結論が出そうであるが、、、。

議会か執行部か?伝えるべき情報〜

sでt

 これは、今日の時点での市議会公式HP、、、、。

 現在、広報特別委員会をやっているところから、、、色々と考えさせられている。今、広報特別委員会は、この議会HPやSNSなどの広報についても、取り組むことになっているのですが、、、議会だよりについては、やっと着手したというところで、HPやSNSについては、準備段階である。

sで3

 ある方から、、、なぜ、市長や教育長が減額したのか?全くわからないが??、、、と!

 仰せのとおりである!!!最低限、どういった理由で提案され、議会はどう判断したのか?、、、くらいは必要である。言い訳的に言ってみれば、、、、次号の、、、これは、9月議会の後ということ、、、議会だよりでは、その程度のことは掲載されるはずであるが、、、、それにしても、、、タイミングが悪いというか遅すぎます〜〜〜。
 やはりこの辺もHPの改善は必要でしょう〜〜〜。

 さてさて、、、8月に発行される議会だよりでも、、、色々注文が出てきそうと思っていますが、、、、。実際の編集・企画作業は、、、、なかなかメンドイ!!そもそも、、、一癖も二癖もある議員集団で編集方針や企画、などなどは、、、基本的にムズイ訳である〜〜〜。(もう少しわかりやすく言えば、、、例えば、、、使用料の値上げに賛成する議員とそれに反対するする議員がいるとすると、、、、この問題をどのような切り口でやるのかが問題になるのである。)

 もう一つは、、、、例えばですが、、、議会だより(広報)は、当然出された議案や予算などが書かれるのですが、、、、その中身を詳しく伝えるのは誰か?ということが出てきます。

 議会側から言えば、、、、予算化された事業などは、本来、執行部が市民に伝えるべき!、、、ぽくなる訳です。そうすると、、、上記のように何が決まったのか分からない、、、という点も生まれるわけで、、、それもそのとおりである。

 つまり、、、誰が?、、、議会か執行部か?どちらが伝えるべき情報か、、、ということなのである。(議会広報的には、予算がなくなかなか難しい〜〜という感を受けていますが・・・(涙)。これもまた、必要なことでもあるが・・・)

 このへんの塩梅が難しいのかもしれないと思うこの頃ですが、、、さてさて、、、。

IMG_0402.jpeg

 いつも思うのですが、、、、、一癖も二癖もある議員をまとめて、、、、議会改革を進めている議会が少なくありませんが、、、、何がキーポイントなのだろうか????と思うわけである〜〜〜。

原作??



 演劇の世界が描かれているとかで、ふとした興味で、、、読んでみたもの。オヤジには、似合わぬ、、、青春と男女の成長、、、関わりが描かれている。・・・ま、それでも、誰でも似たような青春時代の葛藤があるよなぁ〜などと、、、。

 この原作が映画化されて無料公開されているというので、、、、これもまた、興味本意で、観てみた〜〜(-_-;)。。。

 小説が映画化されたりすると、、、やっぱ原作のほうがいいよなぁ〜なんて方が多いような気がするのですが、、、(-_-;)。そうそう、、、当方的に最近、原作と映画とのギャップでは、、、「マチネの終わりに」では、、、やはり小説、原作の方がいいよな〜〜なんて思ったものだが、、、、。
 この「劇場」の映画は、、、最後の、、、ラストシーンが原作と大きく違っている。。。というか、、、発展しているともいえるけど、、、。。。。当方的には、このラストシーンが全体を引き立てたのではなかろうかなどなどと、、素人談義、、、。・・・・未来が過去をつくる、、、的か???



 ・・・・という、、雨降り四連休のおもろくない暇つぶしネタ〜〜〜。

IMG_0400.jpeg



Go To・・・



 とりあえず、、、陰性、、、で、一安心か、、、。

korona.png

 夕方の全国ニュースでも「感染拡大ついに離島に・・」と報道されていた。

korona3.png

 昼間出かけたが、、、Go Toトラベルか、、、観光客の多さや島外ナンバーが多かったです。。。

四連休、、、。



 経済優先、、、観光需要喚起を狙った約1・3兆円も投じる「Go To トラベル」もスタート!

 新型コロナ感染拡大を抑え、国民生活を支えるには、徹底した補償と一体の休業要請を、業種・地域を限り実行するべきで、「Go To トラベル」の予算は、観光関連などに支援に向ける方がよかろうと思う訳であるが、、、。どうも、予算の使い方が、、、と!!!

 感染者が急増しているさなかに、全国に感染者を広めかねない「Go To」事業前倒しを決めた安倍政権の判断そのものが大問題であることは、多くのかたが認めるところである。

 佐渡模様がラジオで流れていた、、、。

IMG_0339_2020072321044859f.jpeg

 これが、今日の感染状況、、、。

IMG_0026.jpeg

 四連休中に読み切ろうと、、、途中の本を開いてみた、、、。

IMG_0025.jpeg


IMG_0027.jpg

 「・・・・冒頭の5行に途方もない仕掛けが用意されていて・・・・一語一語がこちらの体にしみ込んでくるような・・・」、、、妙に納得、、、。

船酔い率、、、とあかね。。



 備忘録を兼ねて・・・昨日の佐渡航路関連のの備忘録、、、。

 新聞なども書いているが「船酔い率」、、、、確かに、あかねは揺れましたが、、、、面白い見方だなぁ、、、、と。

IMG_0023_202007221958505f5.jpg

 今日の新潟日報さん

3456.png

 TVニュース、、、。

1902.png

 来年、4月から、このようにしたい、、、。分かったのが7月7日で、、、8月末までに決める、、、、という超スピードなわけであるが、、、。これでは、、、、船酔いも起きそうな気分である。

 備忘録〜〜。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号18番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!