fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

観光客は増えているようだが佐渡汽船

dfr

 久しぶりの佐渡での大型イベント、、自転車のロングライド。。。。連休に続き、、佐渡もかなり観光客ぽい賑わいがあるような気がします。
 今日は、少し雨ぽかったが、明日はお天気もよさそう、、、。



 佐渡航路も賑わいであろうが、、、。

 県の第三セクターだった、、佐渡汽船が、完全民間化、、になったのが、4月からだが。。。。厳しいなかにあっても、ホッとする気分の航路かも知れない(そんなに甘くはありませんが)、、、。

 12日には佐渡航路確保維持改善協議会が開催されたそうである。

 13日付けの新潟日報さん、、、から、、、

 「佐渡汽船は3月末、みちのりHDを引受先とする第三者割当増資を実施し、同HD傘下で経営再建を進めている。新体制の下で自治体との連携の方向性が示されたのは初めて。

 「佐渡汽船の尾渡(おわたり)英生社長は「自治体や地元事業者などと協力し、グループを挙げてより良いサービスを提供する好循環を生んでいきたい」と語った。

 「協議会では、観光団体の委員から、高速カーフェリーを売却し、ジェットフォイルに切り替えた小木-直江津航路について、フェリーの再導入を求める意見が上がったという。尾渡社長は「こうした要望はいろいろな所で聞いている。経済的に成り立つかをしっかりと確認しながら、地元の声にお応えできるような形で検討したい」とした。」・・・などなどである。

 日経では、、、

 「佐渡汽船(新潟県佐渡市)は12日、佐渡島の宿泊施設の充実や物流・情報ネットワークの高度化など6項目で関係自治体に連携・協業を提案した。

 「地域振興のコンサルティングなどを手がける経営共創基盤(東京・千代田)グループのみちのりホールディングス(HD、東京・千代田)が3月末に佐渡汽船を子会社化して以降、具体的な経営計画が明らかになるのは今回が初めて。

 「佐渡汽船は①自然エネルギー導入支援や電気自動車のレンタカー・商用車への導入②スポーツイベントのさらなる誘致へ向けた合宿所整備や練習環境の提供③災害時の仮設住宅・平時の宿泊施設に使うトレーラーハウスの導入、キャンピングカーのレンタカーとしての導入④古民家を利用した民泊、大型宿泊施設の再生⑤宅配事業や行政・見守りサービス、港湾・ターミナルの開発⑥デジタル化を生かし、移動全体をサービスとして提供するMaaSの実現――の6項目を提案した。」、、、と報道されている。

一過性、、か?あいぽーと



 ゴールデンウィーク、、、、流石に久しぶりに観光客?が多いようである。運がよければ、車で走っていると10台に1台くらいが、島外ナンバーのような感じか???

 5月4日に用事があり、、、道の駅 あいぽーとに寄ってみたら、今日が一番、ここに寄った人が多い、、400名台が午後のカウントであった。

 まあ、世界遺産国内推薦、、とかも話題だったし、、、では、佐渡に行って見よう〜〜も少なからずいたはずであろう。

 しばらく、ぼーっと眺めていたが、、、京都や春日部などなどの島外ナンバーの車やバイクが次々にやってきていた。カーフェリーがついたのであろうか???

IMG_8975.jpg

 これには、かなりビックリした、、、一時期のゆるキャラ??のブリカツ君のガチャガチャ、、があった〜〜。最近、ブリカツ君もトッキー(かな?)も数年来、ほとんど見かけないし、、、もう廃盤のキャラと思っていた。
 まあまあ、、、所詮、一過性のブーム???流行??で、、、それが去れば、、、どこかへいってしまう〜〜のか??

IMG_8978.jpg

 おやおや、、、ここには、こんなものもいるではないですか?

IMG_9134.jpg

 そういえば、このあいぽーとの施設もコンセプトがいまいち、、、紆余曲折〜〜している。上は、施設にあったもの、、、、。

 施設を建てるときは、、鳴り物入りだったのですが、、、。これも一過性か、、、。

IMG_8988.jpg

 ちなみに、、こんなものも飾られていたが、、、、。どうせ、これも一過性〜〜。

憲法記念日



 ゴールデンウィーク真っ最中ですが、、、農村では田植えの準備で大忙しというのが毎年のこと、、、。ちらほらと、、、米価下落で、、、やめた、、、などの話も耳に入ってくるというご時世、、、。ま、ある意味、、採算が合わないから当然と言えば当然なのだが、、、。

 ある農家曰く、、、、やめられるもんならやめたいが、、、農機具の支払の為にやらないと返済出来ない、、、という悲鳴も、、、。

 さてさて、、、今日は憲法記念日、、、。

 ロシアの蛮行、、ウクライナの惨状から、、、これでいいのか論がかなり便乗している。特に憲法9条で守れるのか?などなど、、、。

 憲法9条は、それがあれば、、、盾のようにあるだけでなんとかなるというものではない、、、平和憲法の主旨を活かした積極的な行動が9条を活かすのであるが、、、、。それもせずに、、ただ、9条があるだけで云々、、というのは〜〜である。

 改憲のキャンペーン的ではあるが、、、NHKの世論調査、、、。


蘇る温泉施設?



 ブログのお休みの教訓か、、、笑。。。休み癖が出てます。ま、そもそも、自分自身の備忘録としてやっているので、、笑。


 さて、、上の報道、、、。佐渡市HPでも告知していた、、相川温泉の説明会、、、、。

 この件のおさらい、、、

 前市政時代に、、、市有温泉施設は、多すぎて生き残れないので、何とかする(減らすという意味?)として、相川、新穂、畑野、佐和田、羽茂、、、で市民との対話、、、、。
 民間の受け手がなかった相川は、廃止と決めたが、、、多くの住民から存続して欲しいの声が出たので、、、急遽、当時の市政は方針を転換して、運営してもらえる業者を強引に(*)、、、探し?契約したのだが、、、結局、契約どうり再開されず、、、放置されたまま、、、だった、、というのがザックリのあらましである。

 上記の新聞報道でいえば、、、「市が約束を守らない」、、、「業者が契約を守っていない」というのは、、当方的には当然、、、とも、、。

 *注:当時、執行部は、「こんなに赤字になる温泉施設を受けてくれる奇特なかたはいない」(主旨)と言っていたにもかかわらず、、、業者を見つけた???、、から

sでrt

 H29年3月の当方議会報告(上)

 ・・よく、行政は継続なり、、、なんてフレーズがありますが、、、何はともあれ、、、市長が変わっても住民への約束は約束だし、、、それを変更するなら、それなりの十分な手続きが必要な事は言うまでもありません。(娑婆であっても、それは常識中の常識で、それを反故にすれば、、娑婆では付き合ってもらえない〜〜)

 上記の議会報告を見ても分かるように、、、議会でも年度を挟んで継続審査などなどと、、おおもめにもめた、、、案件であったし、、、署名数もすごかった、、、、。おまけに、予算も7000万円以上使ったし、、、。

 当方的には、この問題は、対住民との行政の信頼関係につながる問題であるから新市政になったら早急に対応すべきだし、議会も同様に対応すべきと、、、言っていたわけである〜〜。結果的に、新市政、、、新議会になって、、、2年間放置してきた訳である。・・・・住民からすれば、、、上記の新聞記事のような声が多かろうが少なかろうが出るのも当然でもあろうなぁ〜〜と思う訳である。

 しかも、、、今年の当初予算では、、、将来的には、佐和田、畑野のみ、、、行政がやる方向の条例案も通したし、、健康寿命延伸に温泉施設を、、とも方針を出している市政なのだから、、、なんて、思う訳である。

 当方的には、、、議会もなぜ、放置してきたのか?もちろん執行部もだけど、、、、。やはり2年前のスタート次点での対応、、、かな???(ま、住民が忘れることを期待していたんだろうけど・・・とも)




議会クラス替え&新議長。。



 議会内部の申し合わせ(ローカルルール)で、議長、副議長の任期を2年間としていることから、議長、副議長選挙が行われた。ちなみに、、所属常任委員会替え、、、クラス替えは、ローカルルールではなく例規(条例)で決まっています。

 議長、副議長の選挙の結果、、、上記の近藤議員が議長に、、、副議長に駒形議員、、、となった〜〜。

っq

 佐渡航路(海空)や医療問題などの重大な諸課題に議会としてどうむきあうかも議論されたが、、、当面は上記の特別委員会を設置してあたることになった。

 クラス替え=常任委員会の所属変更は、議会HPで、、、。(まだ、更新されていませんが・・)

IMG_8954.jpg


長らくご無沙汰、、



・・・大変長らく、、ご無沙汰、、、笑。というか、意識的にblogをお休みしていました。・・・中には、心配しているとか?病気なんじゃないか?などと、、、ブログ更新がされないことを気に掛けてくれる方もいました、、、m(_ _)m。
 今日の臨時議会の初日、、、「blog更新していない??けど・・」みたいなことを市執行部からも言われたのですが。。。

 今回の長期休暇にはいっていた理由、、、1つは、ブログ更新しないとどうなるか?、、、いい方を変えると、、、blog更新には、それなりに色々考えている訳で、、、、つまりそれは、いち議員として市政等を感心をもって、議員としてみている、考えている訳で、、、、つまりつまり、、、考えている当事者(当方)にとっては、いろいろな関心事なのだが、、、はてさて一般的市民的には、果たしてどうなんだろうか????

 ・・・ということで、普通にしていると、市政などについて、、、どのようなうけとめになるのだろうか?という関心事からである。

 結論的には、、、当時者(議員や市長や幹部職員)が思うほど、、、中身は伝わっていないんじゃないか?、、、その結果として、、、独り相撲になってるんではなかろうか?というものであった。

 ボーッとしていて入ってくる市政関連の情報と言えば、、新聞の佐渡版くらいか?(サドTVもみなかった)、、、、議員的だと、、新規起業がどれだけ増えているとか、、、、現在の市政のコロナ対応は??とかなどなどが、、気になるのだが、、、、一般的なTVニュースによる社会情勢、、くらいである。

 つまり、、、行政側、、、政治側が、、しっかりといろんな手段を使って市民の関心ある情報とか、、伝えなければならない情報を関心を持ってもらうような手法でアピールするのかがないといけないなぁ〜〜である。

IMG_0291.jpeg

 例えば、、上記の歌代の里の民間業者公募の記事、、、これだけだと、、、1回の公募がなかったので、しょうがなく公募するために、、補助金を3億5千万円も、、、増やした、、、、となる。
 実態は、、、ロシアのウクライナ侵攻等の建築資材の高騰等に対応してその分を上げただけなのでが、、、、新聞報道だけでは、そんなふうに読み取れない気がした。(上記、新潟日報さんです)

 ・・・つまり、一般的には、、、上記のように感じ取ってしまうのではないか??ということである。(今日の臨時議会でも発言で触れましたが・・・)

zaisei.png

 ・・・当時者には分かるが、、当時者でない市民にわかりやすくとは??と強く感じた訳である。

 今日の臨時議会は、、、3月議会で1年間の当初予算が決まった、、、すぐに、、、大きな補正予算、、、、?事実上、今日の臨時議会の中身も含めて当初予算ではないか?これで、自治体の予算原則が貫かれているのか?というのがザックリした質問である。(もと、財政畑の副市長も、、当方質疑にいぶかしげにしていたかな???)
 原則、基本を踏まえた上でこそ、、応用編が効く、、、というのが重要と思うので質疑してみた〜〜。スポーツでもなんでも、基本が重要、、は言うまでもない〜〜〜。

 そうそう、、あるプロ野球球団は、3軍まであり、、、3軍では、、、高卒選手とか社会人選手に、、人間としての基本を教える場であるようなことをコーチがラジオで語っていた。
 そういえば、相撲なんかも、、授業なようなものがあり、、相撲道とはの基本、、、何かを教えるというような話も聞いたことがあるが、、、、これらも基本中の基本をしっかり、、ということなのではなかろうか?と思えた。

 つまり、、、公務員、、予算を組む立場の方が、、、自治体予算とは何かの基礎がやっぱないと、、、と。また、議員も同じで、、、議会の基礎が必要なのであろうな〜〜〜などなど、、とおもった、、、もしかするとそんなところが欠けているかも、、、、なんて、、、思えた訳である。

 よくあるのが、、、娑婆の常識がとおらない、、なんてのは、、土台が弱いのではないか、、、人間性とでも言ってもいいかも??その辺の磨きがやっぱ必要かな???などなどと、、blog休止中に思ったのであるが、、、。

 季節は、、、鬼太鼓の春祭りも終わりに近づいている。

(なんだか、ひさかたぶりで、、、まとまっていない〜〜。ま、常なんですけど、、、再開のはじめ)

議会クラス替え、、、

あすぇ

 以前にも書きましたが、、常任委員会の2年任期が近づいているので、、各議員の所属常任委員会の所属がえ、、実は、今日の臨時議会で行うはずでしたが、、、、議会コロナ発生で、、協議が出来ず、、、今日の臨時議会で行う事は、見送られました。。。。。

 (実は、常任委員会は、本会議でなくとも可能なのですが、、、申し合わせによる、、、議長、副議長選挙もあるはずなので、、、臨時議会にあわせています。 注:「はず」というのは、議長職の辞表が出されないとできないということですので、、、あくまでも「はず」なのです。)

 議長を選出となれば、、、議員の選挙権の行使です。

 ・・・ところが、、、複数会派から、、、一人や二人欠けても(コロナで欠席)、やるべし論がでた、、、、。

 当方的には、二元代表制の一翼を担う長を選出するという重大な事、、、また、、、どの議員も被選挙権(議長になれる)を持っているのであり、その権限を奪うべきではなく、特に、コロナという特殊事態による欠席であるから、最大限、全議員がいるときに行うべし、、、と。。。。

 (この時は、一名がコロナ待機)

 今日の臨時会前の昨日、再度協議になった、、、、、。

 当方は、、一応、、、、”前回複数会派から、多少欠席していてもやるべしだった。今日の時点で、4名がコロナ欠席だが、今後増える可能性もあるしやるか!!!”と逆に投げかけてみた〜〜。

 そうしたら、、、それはやめましょう、、と多少欠けていてもやるべきだった会派は方向転換であった〜〜。(当方的には、、心の中で、、、こゆうことなんだがな〜〜と)

 コロナはいろんなところに影響もするもんである〜。

自主PCR検査



 写真は、10日の真野公園の桜、、、今日は、暖かかったので一層花開いているのであろうなぁ〜〜。やっぱ、桜は、、はかない感じか〜〜(^^)/~~~。

 さてさて、、プレリリースもされましたが、、、議会、、議員のコロナ陽性が、、、計4人に、、、。

IMG_8662.jpg


IMG_8664.jpg

 ・・・ということで、PCR検査を議員が行った、、、時の模様、、、、。

 誰がかかってもおかしくないのがコロナですが、、、できるだけ気をつけるしかない。ちなみに、議会は、傍聴人数の制限のお願いや登庁時検温や会議も1時間に一回は、15分の換気をするなどなど、、、と気をつけていましたが、、、、です。

 ゴールデンウィーク前というのに、、、佐渡では、なかなか減らない感じを受けるのですが、、、。

C1FE0982-28FB-4A03-975A-96DA62C6DCB8.jpeg

 (「オミクロンの正体 など」黒木登志夫氏)

 すでに、、次の新しい型のコロナがでた、、、というから、、、

R4年3月議会報告

R4年3月議会報告1

R4年3月議会報告2


コロナ、、、



 昨日の佐渡のコロナ感染は52名、、、、今日は28名、、、と、、、。

 もうどどめることができない感じの広がりの様相か?ーーーー

 後遺症などもあれこれ言われているのでやはり心配です〜。

(アップされていなかった〜〜)

新生、佐渡航路5者連携



 すでに、報道でも発表されている、、、新生、佐渡汽船、、、佐渡航路に関する5者の連携協定について、全員協議会で報告があった。

 ま、当方的には、、、連携しました、、、という報告でしかありませんし、、、本来なら、、締結するまでにしっかりと、、、議会の意見は?、、、というようなじっくりした中身もありませんでしたから、、、執行部の責任で結んだものだし〜〜〜〜。という感じでしかありません。

 「佐渡航路の維持確保及び活性化に向けた協定書」というのが正式名称〜〜である。

 5者とは、、、みちのり HD、佐渡汽船、新潟県、佐渡市、上越市

 みちのりHDのアナウンスは、、、、「五者間での連携協定締結について」

地域づくりのエネルギー?



 4月に入り、、、めっきり春〜〜ぽすぎる感じですけど、、、。

 ここいら農村では、春の共同作業だったり、、、集落こぞっての道普請だったり、、、毎週末は、こんなものが目白押しである。

 ちょい前に書いた、今年度の市当初予算の、、、集落機能に着目した(これは、当方がそう思っているのだが)、、、、地域コミュニティ交付金、、、、がどのように活かされるのかなぁ〜〜??に、実はかなり関心を持っている〜。

 そもそも、、、国自体も注視している感じもする。・・・というのも、、、特に、平成の市町村大合併、、、により、末端の地方自治の規模が拡大したことにともない、、、自治機能が低下〜地域衰退にも結びつく=特に周辺部などや高齢化地域などなど、、、、、、という流れが、予想に反して生まれた。(・・「予想に反して」、、、、と書きましたが、実は予想されていたこと、、、。。なおかつ「住民自治」の視点から見たら、減速傾向になることは、論立てでも分かっていたのですけど。。。。)

 もちろん、言うまでもなく、、、これまでのお国の政策では、、、地方衰退になりかねないものですから、、、そこに人口減少や高齢化、、少子化(・・・これらへの国の抜本的施策もない〜〜し)などなどがありましたから、放っておいても、地方は衰退傾向だったのですが、、、平成の大合併により、、、加速された訳である〜〜。

 国も、、、集落支援制度とか、、、地域おこし協力隊、、とかなどなどでの地域へのてこ入れぽいものも生まれたわけである〜〜と文脈から思う訳である〜〜。

IMG_8337_2022040214353806a.jpg

 国も、、、実は昨年、今年度と自治会対策を交付税措置としているくらいである〜〜。(これも、質疑で聞いたんだが??)

 現局面の地域おこし???活性化???は、、、SDGs的文脈の中でも捉えられている訳だが、、、当方的に思うのは、いつの時代でも、、やはり内発的エネルギーをどう活かすか、、、引き出す(上から目線的なフレーズだが。。汗)が鍵のような気がする。外的刺激?外部人材型?なども、気づきを発見できるものですけど、、、そこはやはり、、、内発的エネルギーをどう発揮できるようにするか?のような気がするのである〜〜。

IMG_0282_202204021452467ff.jpg

 上記は、昨年一般質問でSDGsと地域づくりの質問で参考にさせて頂いたもの〜〜。(著者は、日本の交渉官としてSDGsにあたっていた方々〜〜)

IMG_0283.jpg

 上記、、「ぼくらは最終的には市民の力を信じています。課題が明らかになり、やれる手段があれば、その人たち自身でよい形にしていける」、、、、「そういう力を引き出すことが役割だと思っている」、、、、。

 けっして、、、有能な誰かが、、地域づくりを与えるの事ではないのであろうと、、、、笑。
 

国保、未就学児の均等割減額〜〜



 いよいよ新年度の4月1日〜〜。役所関係もなにやら新しい体制(部制、部長制)になり、、新しい活気?があるかな〜〜。

 さてさて、、、R4年度の佐渡市の予算関連ネタ、、、。

misyuugaku.png

 上は、お間違いのないように、、、佐渡市HPではありません。
 ネット検索で引っかかったもので、西東京市、、さんのものです。

 コロナ禍の中で、、普段でも、負担感の重い、、、国民健康保険税の未就学児の均等割が半額になるというものです、佐渡市も同じ、、、国制度を上回るような対応はありません、、が、、、。

 国保の税の重さは、半端ありません。収入の15%〜くらいはいきますから、、、すごく負担感が重いものである。で、なおかつ、おぎゃ〜と赤ちゃんが生まれれば、、、いやおうなしに、、、その生まれた赤ちゃん分の均等割(一人分=人頭割とも呼ばれる)がかけられるのである。

 この均等割負担分は、、、医療保険分、、ま、これは200歩譲って、、、よしとしても、、、後期高齢者医療分を支える人頭割、、、ということなのである。なんで、、生まれたばかりの赤ちゃんが、、、後期高齢者医療を支えなくてはいけないのか???and、、、、赤ちゃんには負担能力はない、、、(担税能力なし〜)、、なのだし〜〜。

keigenn.png

 ちなみに、、、前市政時代から、、、全国的にも評価されている、、、多子世帯の三人目の子どもの均等割は減額するという制度を独自で持っている。しかも、、、佐渡市の場合は、、高校卒まで(18才)を子どもというもので、、、国の未就学児、、、とは、考え方が全く違い、、、優れている。

 当方的には、、、議会答弁も、、、これまでのものを低下させないみたいな答弁だったし、、、少しは期待していたんですが、、、、(^^)/~~~。。。。おまけに、、子ども条例なんかもやっちゃう〜〜という勢いですから、、、少しは〜〜と、、、、、、。
 結果的には、国の制度分が入っただけ、、、、独自の制度の財源問題も、、、いまいち、、、涙。

IMG_8499.jpg

 これが現時点での推測。。。。まあ、、国保の本算定は、、、6月議会ですから、、、、それにならないと、明らかにならないかなぁ、、、、。



R4年度年度、(コロナ対)快適な生活応援事業



 めっきり、、春ぽく、、暖かい〜〜ので、、農作業モードも、、か??です。

 R4年度の新年度予算関連ねた、、、。

 コロナ対策として、、、3年度も2度ほど行ったという好評〜〜といえる快適な生活応援事業が今年度も、、、。

IMG_8530.jpg
 (少し解りずらい、、けど、、汗。最上段の事業)

 快適な生活応援事業、、、これは、エアコンや空気清浄機、、、浄水器、、、軟水器などなどの購入に対する補助事業〜〜です。
 引き続き、、、硬度が高い水道水などを軟水に変える、、、軟水器(純水器もか)への補助を継続しています。(特に、佐和田、真野、畑野地区は、硬度が高くスケールの付着が凄くて、ボイラーた湯沸かし器などの故障につながっています。このことにも対応するという現市政の考えであろう〜〜)

 昨年度、、好評な補助事業で、、、漏れてしまった方も多いのであろうし、、、今年度も、もしかすると、あっという間に予算が終わるかも知れない〜〜〜。

 とにかく、、、ものの値上がりも激しいし、、ガソリンも、、、なんでも〜〜。おまけに、、次回の年金から引き下がる〜〜などなど、、、とにかく、、暮らしが大変です。。。。くらし応援がどうなのか?もR4年度予算では、問われたものなのである〜〜。

 追:一応、討論でも触れたので、、、義理堅く、、書いてみたのである〜〜。

R4年度、地域コミュニティ交付金



 カテゴリは「地域」、、、、。新年度の地域づくりへの気持ちが表れているもの

 本題に入る前に、、、世界遺産に伴い、、地域づくりに一役買う、、とも言えますけど、、

 ニュースでは、、、『「佐渡島(さど)の金山」の世界遺産登録実現を目指し、自民党国会議員有志でつくる議員連盟の設立総会が28日、東京・永田町の党本部で開かれた。佐渡金山の視察や、登録の可否を判断する国連教育科学文文化機関(ユネスコ)世界遺産委員国への働き掛けを通じ、登録を後押しする方針を確認した。』(新潟日報3/28)

 『・・・新潟県の花角英世知事も出席し、「佐渡金山が江戸時代に持っていた技術を世界にしっかり伝えていく」と強調。佐渡市の渡辺竜五市長は「(ユネスコの諮問機関で現地調査をする)イコモスへの対応、価値の発信、受け入れ体制の整備に取り組む」と話した。

 佐渡金山を巡っては、韓国が「朝鮮半島出身者が強制労働させられた現場だ」と反発している。総会では日本政府に対し、韓国の主張に反論することや国内外への広報強化、関係省庁の役割分担の明確化を求める意見が相次いだ。・・・
』( 同 )

 世界遺産登録は、多くの市民が期待しているものでもあるが、、、、国連組織でもあるユネスコのルールに従ってどうなるかなのだが、、、、どうも、、、強制労働はなかった、、、という「歴史戦」(「南京大虐殺、従軍慰安婦、強制連行(徴用工)」の歴史修正主義的な3大テーマで、日本の起こした太平洋戦争の歴史認識にかかわるのである〜〜)。。。になる感じであるなぁ〜〜と。
 結果として、「歴史戦」道具になっては、なんだか、、変な感じである〜〜。・・これも佐渡、、地域づくりか?

 さてさて、、、本題の地域づくり、、、集落機能を活かした地域づくり、、に地域コミュニティ交付金が新設された、、、。

IMG_8493.jpg


IMG_8495 2

 地域の諸課題への取組を支援するもの、、、プラス支所や行政サービスセンター、、+外部人材活用、、、、で地域づくりに寄り添う、、、というもの、、(果たして「寄り添える」かどうか?は??だが)

IMG_8496.jpg

 平成の大合併による地域の疲弊化速度があがった、、、、さらに、新型コロナ拡大で地域コミュニティも、、、、ということ等、、、このような制度が上手く使われる。(単純に、予算がつくから・・・でなく)
 そのことにより、、、地域への何かにつながればいいと思うが、、、やはりそこには、本気の行政の地域への寄り添いが、、やはり必要ではないか?これは、ソフト的なものだが、、、、、。まさか、、ここでも「歴史戦」みたいには、、ならないだろうなぁ〜〜(^^)/~~~。。。である。

 追:笑。。。「歴史戦」ではないが〜〜。過去の教訓、、、。このコミュニテイ交付金と似たような趣があったのが、、、佐渡市発足当時から初期(?)にあった、、、チャレンジ事業、、、また、近年では、、地域づくり交付金(?)のソフトでも、、、地域で使えたのであるが。。。今回のは。。集落〜自治機能というところに着眼点がある当方は受けとめている。・・・・過去の似たようなチャレンジ事業、地域づくり、、、がいったいどうだっのか?という総括、教訓の上でのものでないと、、、同じ足取り(なくなったり〜〜)になるのであろう〜〜。

 このあたりは、議会がチェック、、、一足踏み込む必要があろうと思うのだが、、、、

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2022年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Nao

Author:Nao
こんにちは、佐渡市議会
議席番号18番、日本共産
党市議団の中川なおみ です!

カウント

最新記事

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

どうもでした!